<< 動きが多かったルボナー製品の現在の在庫状況について。 | main | Workers(ワーカーズ)のウルトラライト半袖スウェットについて。 >>
2018.03.26 Monday

半年ぶり!に石川硝子工藝舎(石川昌浩)のガラスたち、様々で入荷できました!!

0

     

     CIRCLEの4周年も週末を越えて一息がつき、新しい5年目をどんな風にしていけるかを少しずつ考えています。

     

     あぁしたいこうしたい、はたくさんあるけれど、ただの希望や雰囲気でやることが良いことではなくて。

     

     しっかりと先を見据えながら、それでいて「今の愉しみ」をしっかり表現していければ、なんて感じています。

     

     5年目はきっとCIRCLEとしてというよりも、ごく一般的にも店舗や企業からすると一つの節目。大切な年なのだと思います。

     

     また来年のこの季節には、何か一回り成長した姿のCIRCLEでいられたら(店主でいられたら)素敵だな、なんて。

     

     さて本日は、長らく長らくお待たせいたしました!!

     

     なんと気がつけば半年ぶりとなりますが、石川硝子工藝舎こと石川昌浩さんのガラスたち、様々なバリーエーションでまとまって入荷ができました!!

     

     

     石川さんのガラスは全国的にいろいろなところで少しずつ展開していたり、個展を開いたりもしながら、一年通して多くを吹いてくれています。

     

     それでもどこのお店でもどこの個展でも、なんだかんだと需要と供給のバランスがなかなか大変で、店舗だと「入荷一年以上ないな……」とか「この形、もう2年以上入荷してないな……」とかあったりする。

     

     CIRCLEはまだそれでも、比較的定期的に入荷ができていて、その度にいろいろな形が並べられている方だなぁと感じつつも、今回ばかりはかなり久しぶりな具合になりました。

     

     でもその代わりではないけれど、いろんな形が並び、素敵な風景になってます。

     

     

     種類によって正直、入荷の個数はまちまちです。

     

     たくさん吹いてくださった!というのもあれば、1点だけなんとか届きました!というのもやっぱりある。

     

     でも合計するとCIRCLEの規模感からするとなかなかの量を届けてくれて、非常に嬉しい。

     

     

     定番のコップたちもあれば、CIRCLEでも久しぶりな形もあったり、また初めて並ぶようなタイプも。

     

     ずらりと揃ってテーブルに並ぶと雰囲気やっぱり良い。

     

     

     そんなわけで今日は、入荷したアイテム含め今の石川硝子工藝舎の作品、全てをご案内します。

     

     型数がかなりあるので、画像もたっぷり多めです。長くなりますが、ぜひ美しいガラスの世界をご覧いただき、ご興味あるものがあればぜひ愉しんで頂けたらなぁと思います。

     

     

     石川硝子工藝舎 無地コップ(小) ¥1,800+税

     

     まずは定番の一つ、やっぱりコップは石川さんの一番大事なアイテムで。

     

     無地コップの小サイズは、ちょこんとした大きさがかわいい。

     

     起き抜けいっぱいの水、とりあえず喉を潤すビール、お子様が使う感じのサイズにも良いかもしれないし、洗面所用にもほどよい。

     

     

     石川さんの無地コップは、無地といってもさらっと何もないわけではない。

     

     吹く時に型として使っている木型のポコポコした表情が下の方に残り、上の方は滑らかにすっと撫でられている。

     

     

     手にすっぽり収まる小サイズ。

     

     

     そして底の裏にはポンテ跡。

     

     石川さんのガラス製品は、基本的に底面にポンテ跡が残ります。あえてこれも表情としてお楽しみいただく具合です。

     

     これはもう、全部で共通なのでご了承くださいね。

     

     ちなみに無地コップの小は3つあります。

     

     

     石川硝子工藝舎 無地コップ(小) 茶 ¥1,800+税

     

     そして形は同じく無地コップの小サイズなのですけれど、色違いの茶色。

     

     ヨーロッパのアンティークなんかを思い起こさせる、茶色のガラスはやはり綺麗。

     

     

     光が透けるとこんな感じ。

     

     

     前に吹いてくださったものだけれど、あと一つだけあります。

     

     

     この底部分の茶色の溜まりが圧倒的に好きです。

     

     

     石川硝子工藝舎 網目コップ(小) ¥2,000+税

     

     続いては小サイズコップでも柄違い、今度は石川さん独自の模様でもある、網目。

     

     サイズ感は小サイズのものでほぼ一緒。(もちろん、若干の個体差などはありますが)

     

     

     網目の模様はまた面白い。無地とも異なる風合い。

     

     

     無地が好きか網目が好きかは結構好みで、店主はどちらも好きなので両方持っていたりします。

     

     日常で使うガラスの筆頭はもう、10年以上にわたって石川さんのガラス。(他にもいろいろな作家さんやブランドのガラスを山ほどもってるのに、不思議なものでやっぱり使い良い)

     

     

     網目の小サイズも3つあります。中から見ても綺麗。

     

     

     石川硝子工藝舎 猪口(ちょこ) ¥1,800+税

     

     続いては石川さんのガラスの中でも、「フリーカップ」というニュアンスが一番よく似合う、猪口。

     

     いわゆるそば猪口、という感覚で吹かれているものではありますが、このサイズが絶妙でいろいろに使える。

     

     

     もちろんそのままにそば猪口として使っても良いですし、これでお茶や飲み物を飲んでも結構飲み切りやすい。

     

     またはデザートやフルーツを盛ったりしても良いですし、小鉢的な使い方もあり。

     

     

     コンパクトなサイズなのですが、これがほんと万能です。

     

     

     シンプルゆえの使いやすさ。

     

     猪口は結構多めに吹いてくれました。しばらくご案内できそう。

     

     

     石川硝子工藝舎 六角ぐい呑 ¥1,800+税

     

     ちょっとお酒のモードに行きましょう。

     

     六角ぐい呑はまさに日本酒向けにぴったり。ちょこんとしたサイズでぐっと飲みやすい。

     

     そして何より、見た目が美しすぎる。

     

     

     くっと煽りやすいくらいのサイズで、たっくさん入るわけではありません。まぁぐい呑ですから。

     

     

     硝子の美しさをダイレクトに感じる。お酒の時間も楽しくなる。

     

     飲み口はまろやかな感じになります。ガラスの厚みがそれなりにあるので、丸くほんわりした感覚。

     

     

     六角の形が素敵すぎる。

     

     

     石川硝子工藝舎 六角ぐい呑 緑 ¥1,800+税

     

     そんな六角ぐい呑、クリアだけではなくて今年のシーズナルカラー的に吹いてくれた、グリーン。

     

     いや、やっぱり緑と和名でいった方がしっくりくる、濃いめで渋さもある緑。

     

     これもまた美しや。

     

     

     形はクリアともちろん同じ感じです。

     

     

     洒落感溢れる緑。クリアと並べてお酒を楽しむのも素敵すぎる。

     

     

     もちろん底も美しく。

     

     

     石川硝子工藝舎 網目ぐい呑 ¥2,300+税

     

     そしてもう一つのぐい呑。今度は丸みを帯びた形が愛らしい、網目ぐい呑。

     

     六角よりほんのちょっとだけ大きめかな?くらいなサイズです。

     

     やっぱりこれも、日本酒でしょうね。

     

     

     ぽってりしたフォルムが可愛くて、これまた素敵な。

     

     

     やっぱり飲み口はまろやか系です。

     

     

     ぐい呑は気分やお酒に合わせていろいろで楽しむのもオツなものです。

     

     器が変われば味も変わる。そういう楽しみ方も面白いですよね。

     

     

     石川硝子工藝舎 八角コップ ¥2,000+税

     

     ここからはコップを連続して行きましょう、まずは面のある形が美しい、八角コップ。

     

     サイズ感としては小コップたちよりもしっかり大きくて、猪口よりもちょっと大きいかな…くらい。

     

     

     日常使いしやすいコップサイズ、です。いやもう、この風景美しい。

     

     

     八角の面の部分はいわば木型のうねっとした模様が見える。これがもうなんとも言えぬ良さ。

     

     

     底面が八角。男女ともに、お子様も使いやすい八角コップ。

     

     これは2個だけ。

     

     

     石川硝子工藝舎 八角コップ 緑 ¥2,000+税

     

     そんな八角コップでも、緑を吹いてくれました。

     

     なんと良い色合いでしょうね。普段のはちみつ色的な石川さんのガラス色も大好きだけれど、時に出るイレギュラーな色もやっぱり素敵。

     

     

     この透け具合はもう。

     

     

     サイズはもちろん定番の八角と一緒。

     

     

     どちらの色も素敵なものです。

     

     緑バージョンは片手くらい吹いてくれました。

     

     

     石川硝子工藝舎 六角コップ(大) ¥2,000+税

     

     続いては隠れ人気サイズの六角コップ大サイズ。

     

     大と言ってもすごく大きいわけではなく、八角よりも細めででも背を高くした感じ。

     

     

     日常使いにほどよい、と男女ともに実は結構お声いただくこの六角。

     

     見栄えももちろん美しい。

     

     

     女性でも握りやすい感じがあるのかもしれない、細さ的に。

     

     

     これ、今回一番たくさん吹いてくれましたが、すでに引き合いのお声もいただいていて。

     

     でもまぁしばらくはご案内できそうなくらいあります。

     

     

     石川硝子工藝舎 無地コップ(中) ¥2,300+税

     

     そして石川さんのコップの中でも、一番のど真ん中定番である、中サイズ。

     

     無地の中サイズコップは本当にいつでも使いやすい。性別年齢とわず、とにかくスタンダードに便利。

     

     

     無地と名前はあっても、もちろん表情たっぷり。

     

     

     バランス良いサイズです。

     

     手の収まりもよく、内容量的にも200ミリ弱はしっかり入って、使い勝手抜群。

     

     

     定番になるというのは、やはりそれなりのことがあるなぁといつも思う。

     

     

     石川硝子工藝舎 網目コップ(中) ¥2,500+税

     

     そんな中サイズコップの網目バージョンも。

     

     これはもう、単純に見た目の違いです。

     

     

     あみあみした感じの表情もまたよし。

     

     

     ロックグラス的にも良い感じ。

     

     

     中サイズのコップなくして、石川さんのラインナップはやっぱり語れない。

     

     それくらいの定番サイズ。

     

     

     石川硝子工藝舎 網目コップ(大) ¥2,800+税

     

     いやいやでもね、もっとたっぷり飲みたいんですよ!お茶も水も。

     

     という方へ向けて(店主もそう)、大サイズももちろんあります。

     

     300ml弱は普通に入るこのサイズもやっぱり便利なのですよ。

     

     

     今回は網目バージョンだけ届きました。

     

     

     男性の手でこれくらいな感じ。女性には若干大きいかもしれないけれど、でもその大きさで飲むのもまたかわいい。

     

     

     たっぷりがっつり飲みたい方へ。

     

     これも、今回は結構しっかり多めに吹いてくれました、嬉しい。

     

     

     石川硝子工藝舎 網目ワイングラス ¥4,500+税

     

     そしてドーン!!とこれを待ってくださっていた方もきっと多い、網目ワイングラス。

     

     いやもう、素敵すぎるこのフォルム。

     

     網目ワイングラスは一年でも3回くらいしか吹かれない。しかも一度の個数も他のコップに比べたらたくさんは吹けない。

     

     だからなんだかんだといつも入荷を待っている気がします(笑)。

     

     

     ステムは短めで、ぽてんとした丸い感じのデザインが良い。

     

     そして網目のグラス部分がまた素敵な雰囲気。

     

     

     しっとり、ゆったりと楽しみたくなるワイングラスです。

     

     

     ワイングラスと言っているけれど、これでジュースとか飲んでも素敵なんですよね、実は。

     

     これも少し多めに(といっても、前回の入荷ほどではない)もらえました。

     

     

     石川硝子工藝舎 網目丸壷 ¥2,000+税

     

     続いてはこれも石川さんのガラスの中では、やっぱり欠かせないと店主は思っている。

     

     網目丸壷、いわば一輪挿しです。

     

     このコロンとした小さなサイズと、ガラスの雰囲気がとっても良いのです。

     

     

     かなり小さめなので、本当にすっと一輪を挿す感じで。まぁ、実は水を入れて置いておくだけでもかっこいいんですけどね。

     

     

     網目の細かい感じがまた良い。

     

     

     この上からのアングルがもう呆れるくらい好きです。

     

     これもそれなりに吹いてくれました。でも、お声いただくのも早そうです。

     

     

     石川硝子工藝舎 網目片口(小) ¥2,500+税

     

     今度はちょっと変わり種。

     

     網目片口はサイズ違いで揃えられました、それぞれほんと少しずつですが。

     

     小サイズは片口といってもお酒よりも、ドレッシングを作ってテーブルで使ったり、そんな使い方も洒落ている気がしています。

     

     

     網目コップの小をベースとして、口をくにょんとしてあげて片口に。

     

     

     もちろんお酒入れたりしても良い。

     

     でもやっぱりこれでドレッシング出てきて、サラダどうぞなんて言われたら、そりゃ素敵でしょ。

     

     

     このくにょん具合がかわいい。

     

     

     石川硝子工藝舎 網目片口(中) ¥2,800+税

     

     続いての中サイズ。このサイズは一般的にお酒の片口として使いやすいかも。

     

     1合くらいを移して、ぐい呑と合わせて楽しむのが素敵。

     

     でもこのサイズも、ファミリーで他の使い方するのも良いですね。

     

     

     使い方は結局自由なわけです。注ぎやすいコップ、と思っていただければいいわけで。

     

     

     中サイズのコップがベースです。

     

     

     いいでしょ、このやわらかそうな感じ。でもしっかり硬いですから。

     

     

     で、中サイズの片口ですが網目の雰囲気で個体差はもちろんあります。

     

     

     そんなに違う?とわかりにくいかもしれませんが。

     

     

     網目で上の方だけ少しスムースになでた感じのものも。

     

     まぁこの辺りは個体差でもあり、それも面白さなので楽しんでください。

     

     基本的に、石川さんのガラス製品は「個体差とか、気泡とか、歪みとかは耐えられない!!」という方には向きません。

     

     そういう場合はどうぞ工場量産のガラスを使うのが一番、と店主も感じています。

     

     そうでない強さや柔らかさ、魅力を石川さんのガラスからは感じて楽しんで欲しいです。

     

     

     石川硝子工藝舎 網目片口(大) ¥3,500+税

     

     そして片口の最後に大サイズ。

     

     大コップをベースとしているので、結構しっかり容量です。

     

     もはやお酒だけでなく、シェアしたい液体もの全般に良い。

     

     

     網目の美しさ。

     

     

     がっしりしっかり、の片口です。

     

     

     もちろん口はくにょんと素敵な塩梅。

     

     

     で、大サイズも中サイズ的な個体差あります。

     

     

     まぁ、店主が細かすぎるだけ、という風に言われそうな気もする。

     

     

     網目だけれど、こちらも上の方は少しスムースに。

     

     

     こういうガラスの柔らかい表情が好きです。

     

     

     石川硝子工藝舎 筆筒・花瓶 緑 ¥5,000+税

     

     そして久々!の登場となります、筆筒。

     

     筆立として使うも良し、箸立てでもよし、花瓶として使うのも良い。

     

     しかも今回は緑で届きました。深く深く、とても良い緑。

     

     

     この形自体、あんまり吹いてくれてません。

     

     CIRCLEでもかなり久しぶりな気がしますし、個展とかでも多く出てない。

     

     

     大サイズよりがっしり感あるこの筆筒。

     

     いや、良い。

     

     

     この口周りの丸みがまた素敵なのです。

     

     やっぱりご家庭では箸立てか花瓶にするのが使いやすいと思うけれど、素敵な空間になること間違いなし。

     

     

     石川硝子工藝舎 網目徳利(とっくり) ¥6,500+税

     

     そしてお酒ものをもう一つ。これもとっても久々だなぁ……という網目徳利。

     

     この美しさ、ちょっともうなかなかないですよ、と思う徳利。

     

     今回のはなんだかまたフォルムがキュッとメリハリあって、もう素敵。

     

     

     こんなのでお酒注がれたら、そりゃ空気ですでに美味しい。

     

     

     器見ていて呑みたくなるというのは、すごいことだと思う。そういう魅力がある。

     

     

     これは3つだけ届きました。

     

     店主は個人的に自分で一つ欲しい。もし余ったらそうしよう、と思っています。

     

     

     石川硝子工藝舎 角瓶 緑 ¥8,500+税

     

     そしてこれも久々な形、しかも今回の緑バージョンで。

     

     角瓶です。どーんとした存在感。

     

     この格好よさはなかなかない。

     

     

     面の木型のうねり感もよく、緑の色合いも最高。

     

     使い方は自由です。お酒移しても良いですし、花瓶にしても良いですし。

     

     純粋にオブジェとしてももはや美しい。

     

     

     四角い感じです。角の丸い感じも気持ちいい。

     

     

     でもやっぱりこの面のうねり感が良いのですよね。

     

     

     これも滅多に吹かれないし、たくさんは吹かれません。だから今回も一つだけ、です。

     

     

     石川硝子工藝舎 網目丸壷(大) ¥10,000+税

     

     そして一つ、ずどーん!!と大迫力で届いてくれた、網目丸壷の大サイズ。

     

     これ過去に一度だけCIRCLEでも入荷できたけれど、それ以来のひっさびさ。

     

     小サイズとはもう、驚くくらいのサイズ差があります。大サイズというか、特大といってもいい気がする。

     

     

     これはもう完全に、良い感じの花瓶としてメインで楽しんで欲しい。

     

     きっと、どんな花にも負けませんし、良い具合に引き立ててくれるはず。

     

     

     網目の模様も綺麗で、迫力ある。

     

     

     上から見てもやっぱり美しいのです。網目丸壷の最大サイズ。

     

     

     これもなかなか多くは吹かれません。なのでやっぱり一つだけ。

     

     

     石川硝子工藝舎 燭台 緑×クリア ¥9,500+税

     

     今回のトリを飾ってくれるのは、この燭台。

     

     CIRCLEでは初の入荷。燭台そのものが吹かれるようになったのは去年一昨年とか最近のこと。

     

     店主は実は青のバージョンを持っていますが、緑バージョンで今回届けてもらえました。

     

     これがもう、すっごく整ってて美しいのなんの。

     

     

     下の方はクリア、徐々に緑になる真ん中は色濃く緑。

     

     そこから上のクリアにつながっていって、クリア部分にちょうどろうそくがささる。

     

     

     美しいのですよ、ひたすら。

     

     

     とっても良い雰囲気で、形もバランスよくて綺麗な燭台。

     

     

     一般的なろうそくはだいたい刺さる。HAZEさんのろうそくを挿してます。

     

     ちなみに、「ろうそく付属します」ってことで一緒に送られてきたのだけれど、そのロウソクは良いのだけれどすごく太いやつで、この燭台のサイズではなかった。

     

     なので、もはや燭台ご希望のお客様には、CIRCLEよりHAZEさんのロウソクを1本代わりにお付けします。

     

     

     もうそこにあるだけで雰囲気が素敵な燭台。

     

     緑、今回の緑はすごく良いです。もちろん、燭台に限らずですが。

     

     あ、この燭台もやっぱり一つだけ、です。

     

     

     ということでこんな具合で揃いました、ズラリ!!

     

     数多めのもあれば、少ないのもあります。でもこれだけ種類が並ぶのは壮観。

     

     ちょうど良い具合に暖かくもなってきたこの頃。

     

     ぜひ石川さんの素敵なガラスの世界を、また様々な形でお愉しみいただけたら幸いです。

     

     あ、オンラインショップへの反映は、すでに代表画像とかあるものは数字をつけていきます。ただ新しい形や画像のないものは、しばらくお待ちくださいませ。

     (その前にもし、ご遠方のお客様で「これ!!」という場合はどうぞメール等にてご連絡くださいませ。たぶん、オンライン用の画像整えるには結構時間かかると思うので……)

     

     どうぞ、宜しくお願い申し上げます!

     

     

     

     CIRCLE

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM