<< Workers(ワーカーズ)のライトマウンテンパーカーについて。 | main | KUON(クオン)の新しい試み。襤褸パッチワーク・アップサイクルジャケットについて。 >>
2018.02.11 Sunday

KUON(クオン)のちょっと特別な刺し子織りバックパック(リュック)について。

0

     

     冬の時期に少し暖かい日が来ると、なんだかそれはそれで嬉しくて、春の風を感じたくなってきます。

     

     春が好きです。いろいろなイベントや出来事もあって、嬉しいことも悲しいことも、楽しいことも切ないこともあったりする季節だけれど、それでも春が好きです。

     

     春のころそのものももちろんそうなのですけれど、こうして冬の時に。「春はまだか」と少しずつ移り変わる時を過ごしているのが、本当は一番面白いかもしれません。

     

     2月はまだまだ始まったばかりと思いながらも11日。あっという間に、気がつけば過ぎていきそうです。

     

     さて本日は。

     

     本来、昨年仕上がるはずだったのですが、なかなかに大変で今年になって仕上がってきたKUONさんのアイテム。

     

     でもむしろ春前に良いよねという気もしているからちょうど良かったし、何よりCIRCLEがワガママ言っていたからきっと大変だった、バックパック。

     

     これはまた、素晴らしい子たち、ですよ。

     

     

     KUONさんのバックパック、リュックと言えば襤褸生地の裏面にPVC加工を施して、強さと防水性を与えながら作られたバックパックがあります。

     

     それは店主も愛用していて、すごく気軽に襤褸の味わいを楽しめて、単純にリュックとして便利なもので大活躍しています。

     

     そんな襤褸PVCリュックと同じような感覚で、異なる生地でまた制作をされた子達。

     

     

     KUONさんでは衣類でももちろん使われている、日本でもただ一人しか動かすことの出来ない機械で織られる、刺し子織を用いています。

     

     本来は白黒で柄が出来ている刺し子織生地に、藍染をしっかり施し、そこからさらに裏面にPVC加工をしてバックッパックに。

     

     なかなか、すごい話。見た目ももちろん機能性も良く、味わいの変化も楽しめる。

     

     ちなみに藍染バージョンはコレクションラインなのですが、日本国内ではCIRCLEのみでの展開という特別感。

     

     

     そしてそれに留まらずワガママを言ってしまうのがCIRCLE店主の悪い癖。

     

     「藍染ももちろん素敵なのですけれど、これ、新万葉染の茜色もきっと良いですよねぇ……」と無理難題を投げかけて。

     

     でも、やってくれました。かなりいろいろ言われたけれども、やってくれました(笑)。

     

     カーディガンでも使われた新万葉染の茜色に刺し子織を染め上げ、もちろん裏面にPVC加工を施し、バックパックへ。

     

     無論、これは国内はもちろん海外も含めてCIRCLEでのみの展開です、はい。

     

     

     KUON 刺し子織藍染PVC バックパック ¥40,000+税

     

     まずは藍染バージョンをご覧いただきましょう。

     

     しっかり良い藍色に染め上げられた刺し子織。黒糸の柄部分がまた良い具合に馴染んで見えて、シックでなおかつちょっとエキゾチックさも感じさせてくれる。

     

     形は襤褸PVCのリュックと同様で、オーソドックスなアウトドアスタイルで、容量しっかりたっぷりの仕上がり。

     

     

     藍染の色がほどよい。濃すぎず、薄すぎず、経年変化を味わいながら楽しむのにうってつけな感じ。

     

     使い込んでいくと色合いは淡くなったりムラ感もより出てくるはず。それがまた美しい。

     

     

     刺し子織の凹凸感が良い表情になっていて、普通のリュックにはない存在感。

     

     でも派手にならない感じなので、すっとファッションに馴染む。

     

     

     藍染なので洗ったりする際は色の淡いものとは分けてもらって。まぁカバンなので、水拭きとかそれくらいで十分ではありますが。

     

     

     前部分のポケット、実はここがかなり便利でしっかり容量。

     

     店主も襤褸バージョンでこのポケットめちゃくちゃ使ってる。

     

     

     マチがあるんで、結構入るんですよね。

     

     ミニ財布入れて、パスケース入れて、ハンカチとかも入れて……とよく取り出すものを集中的に入れると便利。

     

     

     裏側を見ると、しっかりPVC。ちょっとした雨はまるで気にならないです、はい。

     

     もちろんファスナー部分など含めて完全防水ではないのでアウトドアの防水リュックのようにはアレですが、日常的な雨な分には全然気にせず背負えます。

     

     

     背負う側も見ていきましょう。

     

     裏面はしっかりとパッドを入れて化繊。

     

     

     この上部分の引っ掛けるリボンはありがたい。

     

     電車乗る時とかに、ここで掴んでもったりも出来ます。あると無いとでは、かなり違う。

     

     

     パッドがしっかり入っているので、背中面も楽チンです。

     

     

     そしてショルダーにもしっかりパッドが入っているので、中にたくさん入れても疲れにくい。

     

     幅もきちんと確保されてるので肩の負担が軽減されてます。

     

     

     ショルダーパッドの裏面はメッシュ。通気性重視。

     

     

     そしておもて面はもちろんボディと同じ刺し子織藍染。

     

     縁はネイビースエードで縁取りされてます。

     

     ショルダーパッドも初めのうちはもしかしたら色落ちなどの懸念もあるかもしれないので、色の薄いものとの合わせの時は気をつけてあげてくださいね。

     

     まぁ、藍染だとかレザー系ではどうしてもここは避けられないので。その分、味わいが深いとも言えるわけですが。

     

     

     長さはもちろんしっかり調節可能。

     

     

     調節の時に引っ張る部分にも、こうして刺し子織PVC。

     

     細かい部分も手を抜かないありがたさ。見栄えに結構差が出ますよね。

     

     

     こういう部分とかもね。

     

     

     そして底面はネイビースエードでどーん!と。

     

     なんか贅沢感ある。

     

     

     それではメインの部分へ。

     

     ファスナーはかるく蓋がかぶさる感じになっているので、なお雨でも安心。

     

     ダブルファスナーで、引き手ももちろん刺し子織PVC。

     

     

     ざっと開けて中を見ると、どーんと広い。

     

     底面には裏地でナイロンあしらわれてます。

     

     かなりたっぷり容量なので、ちょっとした遠出ならこれだけで済んでしまうはず。

     

     

     生地の裏面見るとしっかりPVC。裏からの見た目もまた良し。

     

     

     背中側にはパソコンなどを入れても便利な、パッドつきのポケット。

     

     

     もちろん普通に書類入れたり雑誌を入れたりしても便利です。

     

     

     と、機能性もしっかりと、そして見栄えと使い込んでからの風合い変化の楽しみもある、素敵なバックパックに。

     

     襤褸PVCバージョンとはまた異なる、きれい目な魅力も強くなりますね。

     

     

     KUON 刺し子織新万葉染PVC バックパック ¥40,000+税

     

     そしてお次は、CIRCLEのワガママ新万葉染バージョン。

     

     藍色とはまたまるで違う色キャラクターの茜色。

     

     オレンジのようなイエローのような、優しい温かみのある色味。

     

     これがね、とっても素敵な感じなんですよ、実にね。

     

     

     あまりこういう色合いのリュックってないなぁと感じていました。

     

     なのでせっかく作ってもらえるなら……と。

     

     世界でたった二つの新万葉染バージョンです。(と言っても、藍染バージョンも国内だとCIRCLEだけなので、KUONさん分と含めても二つしかないはず。海外は除いて。)

     

     どちらも素敵だと思ってます、はい。

     

     

     良い塩梅ですよねぇ、黒糸の刺し子織柄部分がぐぐっときれいに浮かび上がる。

     

     白黒の感じよりも柔らかさが出て、それでいてなおぐっと力強さもある。

     

     

     もちろん、こちらもPVCを裏に加工してます。

     

     

     形は基本同様で、この前のポケットが大きいのも一緒。

     

     

     こんな風に中も同じ色です。

     

     と、ここですでにこの新万葉染バージョンのちょっと特別なところに気づく方がいたら、すごい。

     

     

     裏面のPVCもしっかりと。

     

     

     背面を見ていきましょう。

     

     もちろんパッドがしっかりで背負いやすいのは同じく。

     

     

     上の部分に引っ掛ける持ち手が……と、ここで気付いて下さるやも。

     

     そうなのですよね、新万葉染バージョンはCIRCLEがワガママで押し通した色なのに、まさかのパーツのいろいろな色味を全部それ用に色を変えてくれてるのですよ。

     

     ブラウンになってます、リボンが。

     

     

     さすがに背中の大きな部分は共通で黒だけれど。

     

     

     ショルダーパッドの部分も縁取りをブラウンに。

     

     

     メッシュはブラック。

     

     

     でもこの色の感じ、素敵ですよね。

     

     

     調節部分のリボンの色などもブラウンに変えてくれてます、すごい。

     

     

     もちろん、先には刺し子織PVC。

     

     

     ここだってもちろんです。

     

     

     底面はと言いますと、こちらもやはり色を変えてブラウンスエードにしてくれてる。

     

     デザイナー石橋氏、ありがとう。

     

     

     ファスナーもそうなんです、ブラウンに変えてくれてるんですよね。

     

     

     さらには内装のナイロン等の色まで全てブラウンに!

     

     いやなんというか、マジでワガママ言ってすみません……と思うけれど、CIRCLEはばっちり好意に甘えるタイプなのでただ喜んでます。

     

     藍染とのそれぞれの違いが出て、とても面白い二つになりました。

     

     

     裏面のPVCの方の柄もきれいなんですよね、実に。

     

     

     もちろん、このパッド入りの部分もブラウンです。

     

     

     どちらの色も雰囲気良くて、悩ましいこのリュックたち。

     

     

     雨の日でも風の日でも雪の日でも使えます。

     

     いつでもざっと背負って、気軽に使って味わい深まっていくリュックです。

     

     

     それぞれ数は極めて少ないわけですけれども、ぜひお愉しみいただけたら幸いです。

     

     ちょうど、春が来る頃にはとっても気持ち良く使えるのではないでしょうか。いや、冬でも活躍してくれるだろうけど。

     

     ちなみに、襤褸PVCバージョンも一つだけ在庫していますので、「やっぱり襤褸のあの特有の空気が良いじゃないの」という方はそちらもお愉しみいただけたらと思います。

     

     

     

     CIRCLE

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      CIRCLE 青山 (09/17)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      ルボナーファン (09/17)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM