<< akihamaの素敵な存在感ある、フェザーブローチについて。 | main | akihamaの日々美しく愉しめるピアスたちについて。 >>
2017.12.03 Sunday

ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!

0

     

     CIRCLE店主はトランクとかアタッシェが大好きで、それゆえに店頭在庫のいろいろは概ね様々なトランクに収納しています。

     

     ヴィンテージのトランクでも新品のトランクでも、雰囲気がよければどちらも好きなわけですが、先日久方ぶりに「おぉ、素敵だ!」という古い古いトランクに巡り合った。

     

     近々それは、店頭にまた在庫収納用として届けられるけれども、個人的にはとっても面白いと思っています。

     

     でも古いから、まずは丁寧に拭いてメンテナンスして、太陽に当ててあげて……ですね。全然売り物ではないけれども、どうぞお愉しみに。

     

     さて本日は、長らくお待たせいたしました!!のル・ボナーさんのデブペンケース。

     

     思えば、前回の仕上がりは今年の2月ほどでした。少し遅れて3月近くにも入荷はありつつも、なんやかんやと9ヶ月ぶり。

     

     今回はまた、ものすごいカラーバリエーションで届きました。ぜひ、お愉しみいただけたら幸いです。

     

     

     

     すでに事前にお声いただいておりましたお客さまには、メールないしはお電話をさせていただいておりますが、メールが届かなかったりお電話が繋がらない、ということもちょっとあったりしています。

     

     もし連絡がまだ届かないよ!という場合には、何卒ご一報をいただけましたら幸いです。

     

     ルボナーさんのデブペンケース、とっても人気で在庫がまるでない間もお問い合わせは多くいただいておりました。

     

     それはもう、若くして小・中学生の方から、ご年配の方ももちろん、男性も女性も文字通り老若男女。

     

     

     素材と大きさとつくりと。

     

     やはりその絶妙なバランスがあって、使いやすくて楽しくて、便利なデブペンケース。

     

     ボナーさんの製品でもっとも多くのお客様にお届けしている製品と思うけれど(CIRCLEの話ではなく、全体として)、それも頷けるよさがやはりあります。

     

     

     使い込んでいって味わいがまして、簡単にはへこたれなくて。

     

     しっかり容量が入って、それでいて無駄に大きくもなくて。(デブと名前はついているけれども、実際はほどよいサイズに思える)

     

     

     カラーバリエーションもスタイルや気分に合わせて選べて、ペンケースとしてだけでなく他のもろもろ細かいものをまとめるにも使える。

     

     メガネケースにされる方もいらっしゃれば、電源アダプターやコードなどを整理する方もいらっしゃれば、さまざま。

     

     

     使い方は自由ですし、ついついいろいろな色を愉しみたくなる。

     

     今回も、そんな魅力溢れるラインナップになりました。

     

     

     でいや!と集まった14種類のデブペンケース。

     

     いや、こんなに種類のあるペンケースなんて、そうないですよね(笑)。

     

     お好みに合わせて、ビビっときた色でお愉しみください。

     

     在庫はCIRCLEなりには結構しっかりいただきました。でも早々に追加ももらわないとという色もあるのだけれど、決して全体としては少ないわけではないので、ぜひもろもろと見比べて、素敵な相棒を見つけてくださいね。

     

     

     素材は2種類で、固めでハリあるブッテーロと柔らかくしなやかなシュランケンカーフ。

     

     いずれもそれぞれの魅力がありますが、まずは色種類のすっごく多いブッテーロバージョンをご案内。

     

     デブペンケースってどんな構造だっけ?というところから改めてざっくり。(もちろん、過去のブログでたっくさんご案内しているので、どうぞそちらもお目通しいただけたらと)

     

     全体のサイズ感はふっくりしっかり。万年筆もボールペンもメカニカルペンシルも、定規もなんもかんもざっくりと入る長さがあります。

     

     

     引き手もブッテーロで作られて、引きやすいいつものひし形。

     

     

     ファスナーはもちろんYKKのエクセラファスナー。

     

     エクセラの5番は初めの頃は比較的ちょっと開閉は硬く感じるかもしれません。でも、それが使い込んでいくうちに良い感じに馴染み、するする軽快になる。

     

     エクセラは務歯どうしが噛むことが極めて少ない。そういう意味で長く安心して使えます。

     

     

     ブッテーロのハリ感はがっしりしっかり。

     

     最初のことはマットな質感ですが、これが使い込むとギラっと強い光沢を放つようになり、色もぐぐっと深く奥深くなる。

     

     光沢は透明感があり、始めの姿からはまた全く違う美しさを味わえます。

     

     

     ブッテーロバージョンは、ルボナーさんの刻印は素押しでぐっと。

     

     これ、結構好きなんですよね、素押し。

     

     

     使っていくとブッテーロのハリ感は少しずつ落ち着き、徐々にペンケースも丸みを帯びてくる。

     

     そこから先がまた絶妙に使いやすくて、手放せなくなる。

     

     多くの方に愛される、やっぱり上質なペンケースだと思う。

     

     

     ファスナー開けると中はこんな風に、裏地などはなくブッテーロの床面を。

     

     外に色に応じて、中の色味も淡い感じになるので、それも愉しみの一つ。

     

     

     良いでしょ!と凛とした空気を出すブッテーロバージョン。

     

     今回も彩豊かですよ。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ ブラック(赤ステッチ) ¥12,000+税

     

     まずはもちろん欠かせない、ブラック。

     

     ブラックに赤ステッチはデブペンケースでも定番的な配色で、キリっとした表情が良い。

     

     赤のステッチはブラックの上によく映える。

     

     

     コバ面に関しては、今はブッテーロバージョンも顔料で仕上げてあります。

     

     ブラックにはもちろんブラック。

     

     

     どんなシーンでも使いやすい、革と言えば!とまず外せないカラーですよね。

     

     ブラックにレッドはまず高相性の素敵配色。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ ブラック(グレーステッチ) ¥12,000+税

     

     そしてブラックは赤ステッチだけでなく、CIRCLEで強く希望していたグレーステッチも作られました。

     

     とっても嬉しい。ブラックに赤ステッチの綺麗さも良いけれど、グレーステッチでぐっとスタイリッシュな印象も良いのだよな、と毎度思っていて。

     

     ブラックにグレーステッチはかなり久々な気がします。

     

     

     地味と言えば地味かもしれないけれど、そのおとなしい感じが素敵で。

     

     

     ブラックにグレーはよく合うと思っています。事あるごとにボナーさんに「ブラックはグレーステッチやらないんですか」といろんなものでリクエストしている気がする。

     

     通ることもあれば通らないことももちろんいろんな都合であるけれど、やっぱり格好良いよね、と。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ ネイビー ¥12,000+税

     

     続いては、ブラックじゃあないのです、よく見ると青みがしっかりある、ネイビー。

     

     濃いけれどブラックと並ぶと確かに青くて、さらにブルーのステッチが効いてくる。

     

     ネイビーは昨今の革業界では(アパレルでもだけれど)、もはや主役級になりましたね。

     

     

     ネイビーにブルーステッチは非常に綺麗。これは外せない組み合わせ。

     

     

     パッと見ると黒いですけれどもね。

     

     もちろん使い込むとやっぱりブラックとはまた違います。

     

     ネイビーはネイビーとしての良さがばっちり。もちろん、床面もほんのり青いですし。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ チョコ ¥12,000+税

     

     無論、経年変化の愉しみ溢れる茶系だって素晴らしいのです。

     

     チョコ色は濃いめの茶色。渋い風合いが素敵な子。

     

     

     ステッチは微妙に赤みのある茶色になっていて、その感じも良いのです。

     

     

     使っていくと、ムラ感が少しずつでながらより濃くなる部分と淡くなるところも出てきて、奥行きある質感に変わる。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ キャメル ¥12,000+税

     

     そしてもちろん、薄茶のキャメルも並びます。

     

     キャメル、今回はなんだかすごく人気ですでに多くお声いただいていて、数はそれなりにもらったのだけれどもう半分しかありません。

     

     CIRCLEだけではなくて各所で同じみたいなので、キャメルブームが少し来ているのでしょうか。

     

     

     キャメルにグリーンのステッチ、というのがヨーロッパ的なテイスト。

     

     

     使うとやはり濃くなっていきます。こげ茶、まではなかなか時間がかかるけれど、間違いなくツートーン以上は濃くなるかなぁと。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ ワイン ¥12,000+税

     

     続いてはサンプルでも見ていただいた、ワイン色。

     

     今回のワイン、ちょっと特殊です。がっちり全体的に色味が深くて、濃い。

     

     赤みもしっかりあるけれど、ぐぐっと濃くてもはやチョコ色よりも濃さで言えば濃い。

     

     ワインの中でもこの色合い、ちょっと個人的には好きです。

     

     

     ワインの中でもまさにボルドー。

     

     これを使い込むとものすごく味が良い感じに出そうな気配がビシバシする。

     

     

     良い肌合い、明るめのワイン色が好き!という方にはアレですが、ぐっと奥深い色合いがお好みの方にはむしろうってつけ。

     

     今回のワイン、ちょっと面白いです。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ パープル ¥12,000+税

     

     対して、今回のパープルはちょっと明るめな感じのパープル。

     

     しっかりワインと色の差があって、紫感があって良い感じ。

     

     個体差が若干あるけれども、紫感はどれも綺麗に出てはいる。

     

     

     明るめなので少し血筋などもワインより見えやすい感じがありますが、この発色はなかなかない。

     

     

     上品なパープルです。明るいけれど、ケバくない。使い込むとより味わいがまして、しっとりした空気になるとなお素晴らしいでしょうね。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ レッド ¥12,000+税

     

     お次はぐっと華やかになりまして、レッド!

     

     ブッテーロのレッドはもう、しっかり赤い。さすがイタリアですね、と。

     

     使い込むとこれが渋い風合いある赤に育っていくのが、たまらない。

     

     

     濃い色合いと比べると、好き嫌いは多少分かれるのかもしれない。でも好きな人はものすごい好きなレッド具合。

     

     

     ガシガシ使い込んで欲しくなる明るい色です。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ ブルー ¥12,000+税

     

     お次は、前回から仲間に加わって、個人的にすごく好きなブルー。

     

     なんで今までブルーなかったんですか、というくらいにデブペンケースにがっしり良い感じにハマッている。

     

     これもはっきり青いのが良いのですよね、またね。

     

     

     使っていくと当然濃くなっていくので、ネイビーに近づく。

     

     でもやっぱりたどり着くところはネイビーのそれとも違う。

     

     

     発色良いブルーです。青みが特にお好きな方はきっとドンズバ。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ グリーン ¥12,000+税

     

     そして、デブペンケースではもはや、絶対に欠かせない最重要カラーである、グリーン。

     

     毎度とっても人気で、デブペンケースの中でもここ数年はたぶん一番お声をいただいている気がする。

     

     なんていうんでしょうね、この緑感、良いんですよね。

     

     

     使い込むとさらに深いグリーンに変わるところがなお。

     

     

     今回もきっと、人気なのだろうな、と思っています。

     

     CIRCLEではしっかり在庫もらいました。できるだけ長くご覧いただけるようにしていたいな、と思っています。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース ブッテーロ オレンジ ¥12,000+税

     

     最後の一色は、ブッテーロの中でもとりわけ発色鮮やかな、オレンジ。

     

     今回のオレンジはぐっと色合いも濃くて、良い発色。

     

     

     明るい色味のペンケースは、バッグの中でも探しやすかったり、なんというか元気が出る。

     

     

     使い込むと、熟れた柿のようなしっとりと一層素敵な濃さに変わる。

     

     

     と、こんな風にブッテーロバージョン、並びました。

     

     これだけ色とりどりに並ぶと圧巻ですね。

     

     

     ぜひ、これぞ!という色と巡り合っていただけたら嬉しいものです。

     

     

     そして、今回は3色と色数は少ないけれど、CIRCLE店主的にはもうなんとも嬉しい3色。

     

     「この色があったら、きっと良いと思うんですよね!!」とさりげなくしっかりアピールしていた色合いが、がっちり組まれてくれた。

     

     

     シュランケンカーフのバージョンも、改めて見てみると。

     

     大きさや基本的な作りはもちろん、ブッテーロバージョンと同じです。

     

     でも革が柔らかい分、ちょっと丸みを帯びて感じると思います。

     

     

     持ち手ももちろんシュランケン。

     

     

     ファスナーはしっかりエクセラ。

     

     

     ブッテーロバージョンとは違って、ふよんと柔らかくてポヨポヨした手触りでそれも気持ちいい。

     

     

     柔らかいので、口の開きはシュランケンカーフの方が幾分広めに開く。

     

     

     刻印は素押しだとシボの関係でほぼ見えなくなるので、銀の箔押し。

     

     

     CIRCLE店主はシュランケカーフのデブペンがかなり好きです。

     

     手触り柔らかくて、中が少ないときは適度に形が変わってくれて柔軟性のある感じが。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース シュランケンカーフ ブラック(グレーステッチ) ¥12,000+税

     

     そんなシュランケンカーフバージョンではまず、ブラックにグレーステッチ。

     

     この組み合わせはもう、とっても綺麗。

     

     シュランケンカーフのほどよいカジュアルさと、グレーステッチのスタイリッシュな感じがなんとも言えぬ塩梅。

     

     

     あらゆるシーンでこれも使いやすいと思っています。

     

     

     シュランケンカーフもまるでエイジングしないわけではなく、より柔らかくなり、うっすらと光沢感が全体を覆うようになる。

     

     そういう変化もまた楽しいものです。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース シュランケンカーフ アントラジス ¥12,000+税

     

     続いてはボナーさんの別注カラーの一つである、アントラジス。

     

     絶対これ、かっこいいと思ってたんですよね、デブペンになると。

     

     案の定、出来上がってみると素晴らしい。ひたすらにかっこいい、アスファルトカラー。

     

     

     ステッチはグレーにて。その合わせもシンプルで良い。

     

     

     かなり好きです、この感じ。

     

     女性には少し地味に映るかもしれないですが、男性にはものすごく美しい色ではなかろうか、と。

     

     

     ル・ボナー デブペンケース シュランケンカーフ トスカニー ¥12,000+税

     

     一方、明るい色で素敵な子として、トスカニー。

     

     これもデブペンケースになると絶対にかわいい!と思っていた。

     

     可愛らしさだけでなく、大人っぽい空気もある赤紫系だから、女性だけでなく男性が差し色で使うのも良い。

     

     

     いやー、素敵ですよこれ。これがバッグから出てきたら、なんと華やかなことか。

     

     

     作ってもらってよかった、と強く感じるトスカニー。

     

     これも別注色なので、今度はいつ作れるかわからないけれど、一度は見たかったもの。

     

     

     というわけで、使いやすさと格好よさと可愛さと、それぞれ良い感じの3色のシュランケンカーフ。

     

     色数は少ないけれど、ぐっとこれまでとも違う面白さがあるなと思っています。

     

     

     ズラリ!と、店頭に。

     

     もちろん、オンラインショップにもすでに反映しております。

     

     相変わらず「一つ画像を撮っては、一つずつ在庫更新」という手法なので、お声いただくと次の画像に更新するまで在庫なし、となりますが、店頭にはストックはまだあったりもしますので、その際にはどうぞお問い合わせください。

     

     なるべく、良いリズムで更新はしたいと思いますが。

     

     今回のデブペンケースもぜひ、お愉しみくださいませ。心踊る、ラインナップです!

     

     

     

     CIRCLE

    コメント
    こんにちは。
    デブペンケースのワイン若しくはキャメルを購入したいのですが、在庫はございますか?
    • Kun16
    • 2017.12.07 Thursday 22:51
    Kun16さま

    コメントありがとうございます。
    在庫に関して、別途メールにてご案内させていただきますね。
    どうぞよろしくお願い申し上げます!
    • CIRCLE 青山
    • 2017.12.08 Friday 12:10
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      CIRCLE 青山 (09/17)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      ルボナーファン (09/17)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM