<< FABRICさんが作ってきた、いろいろイレギュラーで面白いミニトートについて | main | F-lineに特注した、izumiペイント・パスポートケースについて。 >>
2017.11.27 Monday

JOIE INFINIE DESIGNさんにお願いした、リプロダクト壁掛け時計について。

0

     

     初心に返る、という言葉は本当によく聞く言葉で、それは仕事でも趣味でもいろいろなことで考えられることなのだけれど。

     

     ふと、CIRCLE店主もまた今少し初心に返ろうといろいろと考えています。

     

     とても嬉しい事にこの3年半でCIRCLEは少し大きくなって、取り扱えることやできる事も増えて、そして何よりCIRCLEをご覧下さるお客様、さらにはお足運び下さるお客様はなお多くなってきてくれました。

     

     でもだからこそ、なんというか様々な意味での情熱を胸に燃やし続けていたい。大きくなったり小さくなったりすることは多少あっても、無くさないように。

     

     その先に何があるかはわからないけれど。答えは心のずっと奥の方にあって、きっと美しい何かに繋がっていくと思っている。

     

     さて本日は、ぐっと魅惑的なヴィンテージ感満載の子達について。

     

     久しぶりにJOIE INFINIE DESIGNさんにリプロダクト時計を作ってもらっていました!

     

     

     CIRCLEが1周年を迎えた頃に、一度作ってもらったことのあるリプロダクト壁掛け時計。

     

     古い壁掛け時計や置き時計の文字盤は、今の時計とはまるで異なるデザインだったり、手のかけ方だったり、あるいは自由度だったり、いろいろな意味で面白く、魅力的な文字盤が多い。

     

     そんなヴィンテージの文字盤を活かして、古い針を加工して取り付け、さらに気軽に使えるように電池式クォーツの機械をつけて、今に使って美しいヴィンテージ時計を作ってもらった。

     

     その時の時計は今でもやはり美しいと思っているし、こういうリプロダクトあるいはアップサイクルとも言えるものづくりは非常に愉しくて素敵なものだと感じています。

     

     

     実は、もう半年以上前にこの時計たちはお願いをしていて、出来上がってきてからも少しストックしていました。

     

     出来上がって素敵だ!と思っていたものの、なんだか「でも、お披露目するのは今じゃない気がする」と、倉庫で大切に保管。

     

     今月に入ってしばらくたち、「あ、今すごくこのリプロダクト時計たちの気分だ」と道を歩きながら思い、晴れてご案内。

     

     そんな自由なやり方は普通のお店はないだろうけれど、まぁそこもCIRCLEらしいねと思っていただければ。

     

     

     今回お披露目の時計は3種類。

     

     どれもが雰囲気が違って、風合いも違って、でもデザイン的には非常に面白い子達が揃っていると思います。

     

     文字盤は基本、JOIE INIFINIE DESIGNさんがいろいろと持っていた中から、CIRCLE店主が特に面白いなぁというのを選んで作ってもらいましたが、出来上がって大正解。

     

     

     ヴィンテージの文字盤は、ヨーロッパの蚤の市(フランスのヴァンヴやクリニャンクール、イギリスのポートベローやカムデン、イタリアのポルタポルテーゼでもなんでも)にを細かく歩いていくと、見つかるには見つかります。

     

     それはきちりと時計の形をまだ成していたり、あるいは文字盤だけになっていたりパーツだけになっていることもある。

     

     状態はジャンクでさらに汚いものもあれば、驚くほど美しいものあったりする。

     

     けれどデザイン的に「おぉ、これは面白い!!」となるとそこまで実は多くもない。実際に見て歩いて感じた事で、もちろんその面白いの価値基準は人それぞれかもしれないけれど、そんな感じがあります。

     

     そんな中でも、かなり面白い子達が揃ってます。

     

     

     JOIE INFINIE DESIGN リプロダクト壁掛け時計 クリーム文字盤(1970's スウェーデン) ¥9,000+税

     

     まずはクリーム色の風合いとふんわり丸い形が綺麗なスウェーデンの文字盤。

     

     ローマンインデックスの周りにはレイルロード的なボックスが囲み、さらにその周りにはアラビアンインデックスで分表示。

     

     優しく優雅な空気がありながらも、実用性にも優れた盤面が素敵。

     

     

     表面はホーローのような感じになっていて、ツルっとしてます。

     

     でももちろん数十年前の古い盤面なので、割れている部分もあれば剥げた部分もある。

     

     しかしながらそのバランスもまたよくて、絶妙なヴィンテージ感が綺麗に出ている。

     

     大きさは直径で16cmほどで、ほどよい感じ。

     

     

     今の時計の盤面がつまらない、と言いたくはないけれど、面白いものは少ないと思っています。

     

     昔の時計の盤面はそれに比べると、とてもデザイン的に凝っているし、深い味わいがあるような。

     

     実用を考えたドットやラインだって、今見ると洒落感あるデザインに感じられる。

     

     

     ヴィンテージ風、ではなくリアルなヴィンテージ文字盤。

     

     今はいくらでも加工をすれば似たような表現はできるのかもしれないけれど、それとは異なるただ一つが時間を通り抜けてきた魅力があると思う。

     

     これはスウェーデンのWesterstlandのもの。今でもブランドの名前自体はあるようで、スポーツウォッチなんかも作っているみたいだけれど、かつてはとっても優雅な、なんとも豪華な感じの掛け時計を多く作っていました。

     

     

     画像はネット上(オークション等)から探してお借りしているので、問題があればその際は削除します。ご了承くださいませね。

     

     こんな感じの優雅さ。というよりも、もうもろにこの感じの文字盤ですね。

     

     今でも掛け時計としてオークション等で取引はさかんにされているようだけれど。

     

     

     表面か削れているとこもあります。でも視認できないほどではなくて、むしろこれは味。

     

     

     フォントも優雅で愛らしくて、細かなところまで良いデザイン。

     

     

     クリーム色の塩梅はもしかしたら昔はもっと淡かったかもしれないし、濃かったのかもしれない。

     

     時とともに色が濃くなったり薄くなったり、そういうことも考えられる。

     

     なんせ、数十年前だもの。

     

     ちなみに、針はまた異なるヴィンテージ時計の針をさらに加工して、新しい空気になるようにつけられています。

     

     

     オリジナル文字盤の感じとはまた違うわけですが、これがまたシャープな印象を適度に与えてくれていて、よく似合う。

     

     このあたりの加工、用意は全てJOIE INFINIE DESIGNさんにお任せして、良い塩梅で!と。

     

     その通りに素敵に仕上がった。

     

     

     きっと愉しいと感じてくださる方は愉しいし、そうでない方にとって見ればボロボロやんけ、という話かもしれない。

     

     それはどこか、モノや方向性は多少違えども、KUONの襤褸を使ったアイテムにも近しい感覚。

     

     CIRCLE店主はむしろ、こういうのがひらすらに好きなのです、はい。

     

     

     裏面はこんな感じですっきりと。

     

     さらさらとした梨地のメッキみたいな感じ。

     

     

     そして裏面には電池式クォーツの機械がとりつけられています。

     

     セイコーのもので単三電池で稼働するシンプルなもの。

     

     そこに壁掛け用のフックもついていますので、すっとかけてください。

     

     電池を入れるとすぐに動くので、気軽にヴィンテージの空気を愉しんでいただけたらと思います。

     

     

     JOIE INFINIE DESIGN リプロダクト壁掛け時計 金属文字盤(1900年代・詳細不明) ¥12,000+税

     

     続いての文字盤は、まだうって変わって金属系。

     

     こちらも元は大きな壁掛け時計用の文字盤だったと思われますが、四角いシュっとした感じ。

     

     この文字盤がまた、とっても洒落ている。

     

     

     実はこの文字盤は、国などの詳細が不明。年代も正確なところはなんとも言えないけれど、ひとまず1900年代ということらしい。

     

     この辺は文字盤を仕入れる際にきっと得られていた情報なのだと思うけれど、いずれにしてもかなり古い感じはよくわかる。

     

     のぞき見える部分からすると、素地は真鍮っぽい薄めの合金でそこにヘアライン的なマットなシルバーで色をつけられています。

     

     

     国などがわからなくとも、なんせデザインが素敵すぎた。

     

     別に情報うんぬんで格好よさがあるわけではないと思っているから、この文字盤の美しさを味わえたら素敵だなと。

     

     

     何をイメージしているんだろう、とわからないけれどモティーフが可愛い。

     

     

     数字の並ぶところは少しこんもりと盛り上がっていて、その他の部分はフラット。

     

     そういった加工の具合もなんだか昔らしい。

     

     

     フォントの愛らしさももちろん。

     

     ごく個人的にはこれはドイツかアメリカじゃないんかなぁ……と思っているけれど、まぁそこは。

     

     

     針がまた素敵な感じで合う。

     

     ヴィンテージ加工もさらにされているのか、色合いも文字盤との相性が良い。

     

     

     こっちの形もすごく好き。

     

     電池入れるとじわじわ動きます。

     

     

     金属だけれどすごく重い感じでもないので、気軽に使っていただける感じです。

     

     20センチ四方くらいのサイズなので、部屋でも適度に良い存在感出してくれると思います。

     

     

     裏はまた違う板っぽいのがついて、黒くなっている。

     

     

     そして機械は先ほどと同じ電池式クォーツ。

     

     なんかこの裏の感じがドイツとかアメリカ感漂うのだけれど、うーん。

     

     ま、どの国でも優れたデザインはあるもんですからね。

     

     

     JOIE INFINIE DESIGN リプロダクト壁掛け時計 木製文字盤(1970's 旧ソビエト) ¥15,000+税

     

     そしてもう一つが、これまたまるっきり雰囲気の異なる、木製文字盤。

     

     これはもともとは壁掛けというよりも、置き時計としても使える感じの時計だったよう。

     

     ボディ(と言っていいのかアレだけど)は木でできていて、その木目もクリアラッカーのフィニッシュも綺麗に残っている。

     

     

     円を描く文字盤の中下部に、made in USSRと入る。

     

     USSRはUnited of Soviet Socialist Republicsでということで、ソビエト社会主義共和国連邦。

     

     一般的には旧ソ連という呼び方をしているけれど、その時代のもの。

     

     それにしても優れたデザイン製で、もう美しいバランス。

     

     

     木目もとっても綺麗。

     

     でもこれは木材無垢の塊ではなくて、中は木の細かな屑を合わせて圧縮して作る、集積材。

     

     そこに木目が綺麗な突き板を施している感じの仕上げです。なので、そんなに重くなくて、むしろ見た目よりは軽く感じます。

     

     

     Majakというブランドのもののようで、今は聞かない。

     

     旧ソ連時代の向こうではメジャーなブランドだったのかもしれない。

     

     

     やっぱりこれも海外ではオークションなどで取引されているようだけれど(画像、問題がある場合はこちらも削除をします)。

     

     これはもうズバリ同じような感じで、でもたぶんこっちの方が古いような感じ(50年代くらい)。

     

     他にもMajakで調べると木を使った時計が結構出てくるので、得意分野だったのかもしれない。

     

     

     文字盤の並びが極めて美しい。

     

     二つのラインで結ばれるローマンインデックスのボックス。

     

     しかもそれも真四角ではなく、微妙に台形。

     

     

     いちいち芸が細かいと思う。

     

     でもそれがきっとデザインであると思うし、この形状も本来は見た目だけではなくて、デザイナー的には何か意味があってのことなわけで。

     

     デザインは表現ではなく問題解決だと思っている。それが結果的に美しくあるようにしている、というだけで。

     

     

     無論、そうはいっても数十年前のものなので、様々に小さな傷もあれば、剥げてる部分などもあります。

     

     それは味わいとして。

     

     

     針がまたよく似合うのをつけてくれている。

     

     もはやこれに至っては、オリジナルの感じよりも好き。

     

     

     リプロダクト時計には秒針はついていませんが、しっかり正確に時は刻んでくれるのでご安心を。

     

     そこはもうあれですね、セイコークォーツの安心感で。

     

     

     ぜひ、お楽しみいただけたらと思います。

     

     

     裏面はこんな風になっていて、ここにフックあります。

     

     

     で、ボコっとへこんだところに機械が。

     

     この面を見ると木の中が集積材なのがわかりやすい。

     

     表と裏や側面に突き板を貼っている感じですね。

     

     でもかなり丁寧にできているので、この掘り出した部分を見ない限りは無垢に見えるくらい。

     

     

     そしてこれはなんだかちょっと不思議な手書きつき。

     

     1982年って書いてるので、きっとその当時に所有していた人が何かこう、メッセージでも書いたんだと思うのだけれど。

     

     残念ながら解読するほど語学に長けているわけではないのでわからないけれど、こういうのもヴィンテージ的な面白さだと思っています。

     

     チャンピオンのダブルフェイスTシャツに、思い切り外国人の名前がマジックで書かれてるみたいな、そんな気分。

     

     いや、それよりはなんか雰囲気良いから断然素敵なんだけれど。

     

     

     と、このような具合で色艶素敵な塩梅の子です。

     

     

     当然ですけれど、どれもが1点ものとしての製作販売です。

     

     よくある時計じゃ面白くないなぁ……と感じている方へ。

     

     ただ古いわけでもなく、ただデザインなだけでもなく。

     

     古くも新しい時計というあり方を楽しんでみてくださいね。

     

     

     

     CIRCLE

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      CIRCLE 青山 (09/17)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      ルボナーファン (09/17)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM