<< 2017年冬のCIRCLEベアは、クリスマスよりちょっと早くに仕上がりました! | main | JOIE INFINIE DESIGNさんにお願いした、リプロダクト壁掛け時計について。 >>
2017.11.25 Saturday

FABRICさんが作ってきた、いろいろイレギュラーで面白いミニトートについて

0

     

     とっても嬉しいことに、昨日からご案内しているCIRCLEベア君たちは早々に半数の旅立ちが決まって(発送がまだのお客様、追いついていなくて、すみません)、あと5体となりました。

     

     個人的に好きな子達がまだまだいて、どんな方に可愛がっていただけるだろう……とワクワク。

     

     やっぱりクリスマス前にはすでにいなくなりそうな気配がするけれども、それはそれで嬉しいことです。

     

     さて本日は。

     

     すでにトップ画像で「お……あれ?」という感じもあるかもしれませんが、ふとFABRICさんが持っていらっしゃったミニトートのご案内。

     

     なんだかいろんな意味で面白い感じになってます(笑)。

     

     

     FABRICさんはCIRCLEでもちょこちょこベルトや小物を取り扱わせていただいているファクトリーブランドで、さらに突っ込んで言えばCircus of HappinessのMou-Toteの製作もお願いしているブランドさん。

     

     なんやかやとフレキシブルに、結構自由な感じでお付き合いをさせていただいているわけですが、ある意味で自由の極みという感じもするミニトートを今回は持ってきてくれました。

     

     

     おぉ、小さいMou-Toteやんけ……という感じもものすごくするけれども。

     

     もともとMou-Toteの製作をFABRICさんとしている中で、「女の子向けに小さいちょこんとしたのも可愛いよね」という提案はFABRICさんサイドから出ていました。

     

     CIRCLE店主としても「それは確かに良いなぁ、可愛いよなぁ」と思いつつも、いろんな大人の事情もありますし、ちょっとそこまで今は広げられないかなぁというのもあり、作っていません。

     

     そんなこんなもあって、FABRICさんがご自身のところの名義にて、またいろいろなCircus of Happiness的な感じとは違うディテールを組み込んで、ミニトートをサンプル的に作って「これ、店頭にどうかな!!」と持ってきてくれた。

     

     各色でこの一つずつだけ作ったそうで、CIRCLE店主的には「可愛いし、なんだか自由な感じが愉しいから、ご案内していきましょう」という感じで今回は販売することに。

     

     まぁなんというか、まるでそのまま小さくしただけなら色々とアレだけれども、FABRICさん的な解釈をして考えてくれたのなら、それはそれで。

     

     

     基本的な作りの考え方や構造パターンは、Mou-Toteに近い。

     

     でもサイズ感はまるで違うし、パーツも違えば、FABRICさん的な「これも可愛いでしょ」を出してくれてます。もしCircus of Happinessで作るなら違うアプローチをするなぁという部分も当然いくつかあるけれど、それはそれ、これはこれ。

     (Circus of HappinessのMou-Toteでこのサイズを作る予定はまず今のところありません。仮に作るとなると諸々違う部分が多々出てくると思います、はい)

     

     ただ、1つずつのサンプルロットとしての製作なため、微妙にいろいろと個体差があります。まぁそういうのもたまにあると愉しいから、CIRCLE店主としてはアリ。

     

     

     そういうわけですので、「このシボ感の個体じゃないやつ!」とか「ここがこっちの色みたいなやつ!」という話をいただいても、難しいバッグたち。

     

     いろいろな部分でご理解をいただきまして、でも革の風合いも良いしサンプル的なところも愉しいね、とご賛同いただける方向けです。

     

     誠に勝手な話ではございますが、そんな風にご理解の上お楽しみいただけたら幸いです。

     

     

     FABRIC ミニトート ゴールド(キャメル) ¥29,000+税

     

     今回持ってきてくださったのは、5色。まずはゴールドを見ながら、詳細をご案内です。

     

     パッと見た形はシンプルなトートバッグに飾りがついた感覚。

     

     サイズとしては上の横幅が30cmほど、底面横幅が21cmほど、高さが21cmほどです。

     

     Mou-Toteよりはキュッと全体が10cmちょっとずつ小さい。

     

     

     コンパクトなサイズなので、男性というよりは女性向けです。

     

     あれですね、某ディーン&……さんのコットントートみたいなそんな感じのサイズ感。

     

     お弁当入れたり、ちょっとしたお出かけにこれ一つで、という女性にはほど便利な大きさ。

     

     男性の場合は職場内の移動とかそういう感覚くらいかも。

     

     

     革はもちろんペリンガー社のシュランケンカーフです。この辺りはもちろん良い感じ。

     

     水気や傷にも強いですし、ガシガシ使ってもタフに耐える。

     

     それでいて使い込むとより柔らかさやもっちり感が出てくるので、まさにバッグ向き。

     

     

     横から見るとこんな風に。マチ幅は12cmくらいです。

     

     全体の大きさに対してマチはしっかり取ってあるので、コンパクトですが意外にしっかり収納力はあります。

     

     

     底部分の作りとかはもう、基本Mou-Toteと同じ。

     

     この形式、個人的にはとても気に入っているので、小さいバッグになっても可愛いですね。

     

     

     持ち手の部分を手縫いでぎゅっと、というところも同様。

     

     

     ハンドルそのものの作りもシュランケンカーフを折りたたんでふっくらさせて、という感じも一緒です。

     

     

     まぁMou-Tote自体製作してくれてるのはFABRICさんなわけなので、同じように作ればそりゃ同じ感じになる。

     

     

     ハンドルの長さはハンドバッグ的な感じで短めです。

     

     ボディ上から垂直に計ると12.5cmくらい。

     

     肩にはさすがにかからないので、手持ちか腕にちょっとかける具合の長さです。

     

     

     ファスナーはダブルで、軽めのYKKのコイルファスナー。

     

     そこに引き手の補助兼アクセントとしての飾りがつく。

     

     

     端っこの方ももちろん、つまんで開け閉めしやすくしてあります。

     

     

     引き手につく飾りがこのタッセル。

     

     結構しっかりした大きさあって、シンプルなバッグにドンとアクセント。

     

     これもシュランケンカーフで作られていて、なんだかちょっと贅沢な感じがする。

     

     というかこういうタッセルのキーホルダーをシュランケンカーフで作ったら、それこそタッセルキーホルダーとして数千円で売るような話だけれども、引き手に二つもつけて良いのだろうか。

     

     まぁそもそもサンプル的に作っているわけだから、採算とか関係ないのかもしれない。

     

     

     ファスナーを開けて中を見ると、どーんと広い部屋。

     

     裏地はつけていなくて、シュランケンカーフの床面をそのまま活かした作りです。

     

     パイピングで革はまとめて……という構造はMou-Tote同様。

     

     なのでその分しっかり厚みをもって革を使いつつも、軽くなってくれる。

     

     

     すごく細かく見ていくと、わずかに粗が見える部分も無きにしもあらずだけれど、そのあたりはどうぞご了承ください。

     

     無論、機能的にはしっかりがっしり愉しんでいただけますし、基本的には綺麗にしっかり作ってあります。あくまでもCIRCLE店主の異様な細かさからすると……というだけです、はい。

     

     

     そして両面にフリーのポケットが。

     

     ここにはFABRICさんのネームタグが縫い付けられてます。

     

     

     もう片方はこんな感じでシンプルに。

     

     

     色々、入れてみました。ラウンドファスナーにメガネケースに、名刺入れにキーケース。

     

     まだ余裕あってもうちょい入るなぁという感じ。

     

     マチがあるとやはり見た以上にしっかり容量ありますね。

     

     

     側面ポケットはミニウォレットくらいまでが入ります。

     

     

     と、こんな風になんだか色々と面白いミニトート。

     

     この時期ならではという感覚もありますが、楽しんでもらえたらと思っています。

     

     

     FABRIC ミニトート バイオレット 29,000+税

     

     続いてはバイオレット。この色の感じ小さいとまた上品に見えますね。

     

     基本的な作りやサイズ感は先ほどのゴールドと同じ。

     

     コンパクトでちょこんと可愛いミニトート。

     

     

     バイオレットのタッセルがやたら良い感じに見える。

     

     これ本当にタッセルキーホルダーとしてFABRICさんは作る気はなかろうか……と色々考えてしまう。

     

     

     もちろんシュランケンカーフなので個体ごとにシボ感などは異なります。

     

     

     バイオレットはシボの差が大きめに一つの個体に入ってます。

     

     これもまたシュランケンカーフらしさであり、ある種Mou-Toteのコンセプトとも近い。

     

     

     バイオレットの中はもちろんこの発色。

     

     この発色があるからこそ、濃いめの色味で床面を活かした作りも面白いというもの。

     

     

     FABRICさんとはかなり自由な付き合いだから出てくる、こういう話。

     

     そういう距離感だからこそやれることもあるもんなぁとしみじみ。

     

     

     FABRIC ミニトート イエロー ¥29,000+税

     

     続いてはイエロー。パキっと明るく綺麗なイエローは、小さいサイズでまた綺麗に見える。

     

     こちらも基本的な作りやサイズ感はこれまでの二つと一緒。

     

     

     イエローのバッグってあまり多くないと思うのだけれど、かなり可愛いですね、これ。

     

     

     濃い色味に比べればもちろん明るい色味のシュランケンカーフは、汚れも目立つ。

     

     でも他の一般的な皮革の明るい色味と比べると、手入れもしやすいし汚れもつきにくい方なので、明るい色味も使いやすい。

     

     

     イエローは片面に少しトラがありますね。

     

     全体に散っているので、模様のようでこれはこれで。

     

     

     中もイエロー全開。

     

     ただ縫い合わせの関係で革を薄く漉いている部分はイエローではなくちょっとグレージュ的な色が見えてます。

     

     シュランケンカーフは基本は芯通しで薄く染めてから、さらに表面に顔料で色付けしているけれど、明るい色味はその芯通しの色が薄いことが多い。(それも、色によって異なるのですが)

     それゆえの色の差かなと感じています。

     

     タッセルの裏部分などもなのでイエローというよりもグレージュ的な色味です。

     

     

     そういえば、ここをご案内していなかった。持ち手の裏はもちろんもう一枚革を当てて強くしてます。

     

     

     で、イエローのサンプル的な要素がこの横。

     

     他の色味は特にそういう感じになっていませんが、イエローのみ脇に手縫いステッチが一箇所ずつ。

     

     小さなところですが、そういう違いが地味にあります。

     

     

     FABRIC ミニトート ライトグレー ¥29,000+税

     

     そして次の色味はライトグレー。この色味、個人的に好きです。

     

     トープをぐぐっと色を薄くしたようなグレーで、でもホワイトよりはやっぱり濃いグレー。

     

     シュランケンカーフでも比較的使われることの少ない色味ですが、淡い色の雰囲気が綺麗なんですよね。

     

     

     こちらも大きさや作りは基本、これまでと同様。

     

     

     ティングレーともまた違う、淡いグレー。

     

     

     ふっくりした感じが可愛い。

     

     

     内側はやはり淡めのグレーの床面になります。

     

     

     で、このライトグレーのサンプル的要素はこのファスナー。

     

     他の色味はほぼボディと近い色味でファスナーをつけていますが、このライトグレーだけトーンの明るい色味でついてます。

     

     

     FABRIC ミニトート ピンク ¥29,000+税

     

     そして最後の色味が可愛いピンク。

     

     これはもう始めの段階でサンプル的要素が出ているのですが、他の色味に比べると2cmほど高さが低いです。

     

     なので画像で写した時も縦横比率が違って見えるかな、と。

     

     横幅やマチの感じなどはほぼ同じ。

     

     

     よりコンパクトな感じに見えますが、ピンクの可愛い感じにはまた似合っているようにも。

     

     

     Mou-Toteでも1つだけピンクを作ったものですが、このシンプルなトートにはピンクは結構合う。

     

     

     ただし、このピンクにはサンプル的要素だけではなくて、ちょっとこれはCIRCLE店主的に気になる部分が。

     

     ごくごく僅かになのですが、側面部分にポチっとピンホールのような感じで跡がしっかりと。

     

     これがあるため、ピンクだけはオンラインショップでは在庫をつけていません。

     

     店頭でご覧いただいてご理解くださった場合か、メール等でのやりとりにてご理解くださった場合のみ、もろもろアレしてご販売となります。

     

     

     まぁ、それ以外はすっごい綺麗なので、気にならないでしょ!と言われればそうなんですけど。

     

     でも気になったからそういう感じです。

     

     

     と、こんな具合でいろんな意味でイレギュラーで、いろんな意味で面白いFABRICさんのミニトートたちです。

     

     それぞれ一つずつの並びとなりますが、ご興味ありましたらぜひお愉しみいただけたら幸いです。

     

     

     

     CIRCLE

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      CIRCLE 青山 (09/17)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      ルボナーファン (09/17)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM