<< KUON(クオン)のまた傑作の逸品・襤褸ジャケットLサイズについて。 | main | FABRICさんが作ってきた、いろいろイレギュラーで面白いミニトートについて >>
2017.11.24 Friday

2017年冬のCIRCLEベアは、クリスマスよりちょっと早くに仕上がりました!

0

     

     とある大きくおしゃれなショップさんを見て、まだまだ勉強をしていかねばなぁと強く感じています。

     

     表面的な洒落感ではなくて、そういうものを通して何をしたいのかということが目に見える、あるいは肌で感じとれるようなお店がきっと素敵なお店なのだと思う。

     

     それを体感すると、もっともっとCIRCLEはそれを目指さねばいけないなぁとしみじみしたり。

     

     2017年もだいぶ後半だけれども、いろいろ気がつくことが多い一年。

     

     さて本日は!!

     

     CIRCLEでももう随分と定番とも言えるようになってきた、CIRCLEベア。

     

     年に幾度か、タイミングを見ながら作ってきて、今年も冬もクリスマスよりちょっと早いですが出来上がりました!

     

     

     CIRCLEベアは、正藍染めの生地の織りから小物作成など様々行っている小島屋さんと、CIRCLE店主がもろもろ考えて、Circus of Happinessとコラボレーションという形で作ってもらっているベアです。

     

     初めて作ったのはもう2年前とかだと思いますが、CIRCLEの周年記念であったり、あるいはクリスマスシーズンなんかに、日常生活を彩る他ではあまりないぬいぐるみとして、毎年作っています。

     

     小島屋さんの生地をベースに用いて、いろいろ手を加えたり組み合わせを工夫したり、あるいはボタンなどを特別にしたりしながら、「二度と同じベアは作らない」というポリシーを掲げて、世界で一つだけのベアを愉しんでいただけたらなぁと頑張っています。

     

     

     毎度毎度、作り手職人さんは本当に素敵に仕上げてくれて、手前味噌ではあるけれども正直他の一般的なベアよりも、数倍形は綺麗だと思っているし、圧倒的にかわいいと思っている。

     

     顔や手足、ボディのバランスがよく、ポンと飾っておきたくなる素敵さがそこにはある。

     

     CIRCLE店主はもともとぬいぐるみ好きなのですけれど、同価格帯でだけ取って言えば、決してドイツの某ブランドにだって面白さはひけはとらない、と考えています。

     

     

     今年の冬も10体、様々な風合いで作っていただきました。

     

     今回のテーマは、「可愛いだけでなく、格好良い」。

     

     なんというか柔らかく優しい感じの可愛さだけでなく、ぐっと渋く力強く、いわゆる可愛さに加えてシュっとした格好よさのあるベアもありじゃないかね、と。

     

     

     相変わらず素材選びと組み合わせは、結構な時間をかけてうんうん唸って。

     

     小島屋さんサイドからも素敵な素材提案もあって、まさにイメージ通りのラインナップに。

     

     

     老若男女問わず部屋に飾りやすくて、まぁまず他では見られないだろうなという雰囲気のベアたちに。

     

     今年もまた、ぜひ愉しんでいただけたら嬉しい。

     

     

     小島屋さん、作り手さんから話があり、このコストで製作できるのはどうやら今回まで。

     

     次の製作からはコストがちょいと上がってしまうということに。

     

     まだその上がり幅はいただいていないのだけれど、「けっこう上がります」なんて言われると少しビクビクしている。

     

     今回がラスト製作、なんてことにならなければいいけれど、それもまだわからず。

     

     

     今回もわずかにコストは上がっているけれど、そこはもう気にせず今回分は前と価格は同じです。

     

     ぬいぐるみとしてはちょっぴり贅沢なCIRCLEベアですが、ぜひその贅沢さを味わっていただきたく思います!

     

     

     CIRCLEベア 漆黒染め刺し子×市松模様正藍刺し子 ¥11,000+税

     

     まずは初めの一体目をご覧いただきながら、全体のご案内も。

     

     CIRCLEベアは座っている姿が基本で、この状態ですと全長23cmくらい。個体差はやはりありますが、ものすごく大きくて邪魔になる感じでもなく、かといって小さすぎて寂しい感じでもなく、という絶妙な塩梅。

     

     いわゆるテディベア的なことになりますが、形はふっくりと愛らしいフォルム。

     

     

     頭の大きさやボディバランスが極めて良い。

     

     どうしても生地のテディベアになると、多くのものがなぜだか妙にひょろっとしていたり、全体的に頼りない子が多い。

     

     でもCIRCLEベアはどっしーんとしていて、まるんとしていて、あれですね小グマみたいな感じ。

     

     

     素材は贅沢に刺し子を用いたり、その他もろもろを組み合わせますが、耳や手などで生地を切り替えたりもします。

     

     

     このぷっくりボディ。中にはパンッパンに綿が詰まってます。これも贅沢。

     

     触り心地もしっかりしていて、ちょっとやそっとではへこたれません。

     

     

     手の部分は先だけ切り替えがあります。

     

     

     そして手足はもちろんしっかり動く。

     

     お好きなポーズにして楽しんでもらいたいものです。

     

     

     足もぷっくりしていて、長さが短めなのが可愛いのです。

     

     ここがやけに長い子が巷には多い気がしていて、それはそれで悪くないのかもしれないけれど、個人的にはこれくらいに愛らしい具合が好きなのです。

     

     

     もちろん、足だって自由に。

     

     

     横から見るとこんな感じにどっしーん!

     

     えー、横から見ると「メタボじゃん!!」と思われそうですが、前後にボディがぷっくりしているだけで、決して太っているわけではありません。たぶん。きっと。

     

     いや可愛いからこのスタイルがいいんです。触っていても気持ちいいし。

     

     

     後ろから見ると、ほらほっそり。でも必要な分はぷっくり。

     

     どこから見ても愛らしい佇まいに。

     

     

     背中にはCircus of Happinessのネームと。

     

     

     小島屋さんのネームが並びます。

     

     

     今回、まず一つ目のメイン素材として漆黒染め刺し子を使っています。

     

     このベアではメインボディ部に。

     

     本来は正藍染めで作る刺し子生地を、染めていない白で作る。これまではCIRCLEでその生地をカラフルに染め上げたりもしました。

     

     でも今回はなんとそんなCIRCLEの勝手な功を奏したのか、小島屋さんサイドですでに染め刺し子を幾つか作ってくれるようになっていました。

     

     その中にぐっとしっかり濃いめに染まった漆黒があり、これはもうカッコ良いイメージにぴったりじゃないか、と。

     

     

     藍だけが刺し子じゃない、そんな風にCIRCLE店主は思っています。

     

     漆黒の持つこのスタイリッシュさと引き締まった風合い、非常に素敵です。

     

     

     そして耳や手足切り替え部分には、こちらも初めてですが、正藍染め刺し子を市松模様にブリーチした生地。

     

     これもまた贅沢な感じで、しっかり厚みのある刺し子生地をこんな風に綺麗に柄ブリーチできるとは。

     

     薄い生地で抜染というのはあるけれども、刺し子でこんなのはなかなかない。

     

     

     さらに、可動部の手足にアクセントでついているボタン。

     

     これまでも水牛を使ったりいろいろ自由にしてきましたが、今回は黒蝶貝を上からさらにレッドで染めて、混じった感じの綺麗な赤茶ボタンに。

     

     黒蝶貝の持つ複雑な光り方と柄感、そこに赤が加わることで渋さと華やかさが合わさった良い塩梅に。

     

     ブラックボディにも綺麗に映えます。

     

     毎度毎度、このボタンのせいでコストがまた跳ね上がっているのは明白だけれど、でも特別なものにしたいので。

     

     せっかくの世界で一体だけのベアを作っていくのですから。

     

     

     角度が変わるとまた色の感じが変わったり、そういう意味でもこのボタンはまた面白い。

     

     

     そしてもちろん、手足のバランスをうまくとってもらえれば、スッとCIRCLEベアは立ちます。

     

     こうすると30cmちょっとくらいの背の高さに。

     

     立ち上がった姿も凛々しく、そして可愛い。

     

     

     「オレは……立てるぜ!!」と強気な感じで。

     

     

     その割には足はひゅっと揃った感じに姿勢良いのが面白いから好きです。

     

     

     でもまぁ、基本的にはこうして座っている状態で飾るのが良いと思います。

     

     お渡しの際には、そのまま飾れるように透明な袋に口はリボンで飾ってのお渡しをしています。

     

     もちろん袋に入れずに飾っても素敵なので、そのあたりはお好みで。

     

     

     渋さ漂うベアくんたち、今回の10体もぜひご覧ください。

     

     

     CIRCLEベア 漆黒染め刺し子×横白ブリーチ刺し子 ¥11,000+税

     

     お次はボディ部分は漆黒染め刺し子、そして切り替え部分には正藍染めの横白刺し子を、さらにブリーチして爽やかな色にしたもの。

     

     ぎゅっと引き締まった空気と軽さが相まって、良いコントラスト。

     

     

     可愛さと凛々しさのバランス。

     

     

     黒と青がよく似合う。

     

     

     刺し子の風合いもしっかり感じられて、贅沢な気持ち。

     

     

     正藍染め部分は経年変化もしていく。

     

     漆黒染め部分は反応染めなので大きな変化はないけれど、でも時間が立っていくと少しずつ生地そのものの風合いは変化していくので、長く長く楽しんでもらいたいです。

     

     

     この子、ものすごい可愛くできているのですが、実はちょっと部分的に店主が気になるポイントが一つあって。

     

     店頭にはもちろんお出ししていますが、オンラインショップでは画像だけで在庫をつけていません。

     

     なのて基本的にはCIRCLE店頭でご覧いただいて店主から少しご案内をさせていただきます。

     

     もしご遠方のお客様でこの組み合わせにご興味がある際には、メールかお電話にて詳細ご案内させていただきます。

     

     細かすぎる、という感じもあるかもしれませんが、どうぞご理解賜れますと幸いです。

     

     

     CIRCLEベア 横白ブリーチ刺し子×漆黒染め刺し子 ¥11,000+税

     

     続いては、先ほどのベアくんの逆パターンバージョン。

     

     ボディには横白刺し子をブリーチした生地を用いて、切り替え部分に漆黒染め刺し子を。

     

     またまるで雰囲気が変わって、軽やかな空気にぎゅっと濃いめの手足のポイントが美しい。

     

     

     反転させるだけでこうも変わるベアの表情。

     

     

     横白刺し子のブリーチは糸によって色の落ち方が微妙に異なるので、そのムラ感がまた素敵なのです。

     

     

     糸の段階で藍染めをする武州正藍染めならではの愉しみです。

     

     

     手足の漆黒とのコントラストがやはり美しい。

     

     

     CIRCLEベアに目はありません。

     

     でもそのおかげで見る自分のタイミングによって、いろいろな表情が感じられる。

     

     部屋に飾って、どことなく安心する。

     

     

     CIRCLEベア 漆黒染め刺し子 ¥11,000+税

     

     そして漆黒染め刺し子を全身に用いて、漆黒の空気を全体から感じられる子も。

     

     これは黒クマを作りたいなぁと思った瞬間から、まず真っ先に作りたかった雰囲気。

     

     切り替えももちろん素敵で好きだけれど、こういう潔さも素敵だと思うのです。

     

     

     前に作った白クマやサクラクマ、そんな単色クマたちの親分的な空気漂う。

     

     

     しっかり黒いです。この深くツヤのある黒が良い。

     

     

     可愛いだけでなく、格好良い。

     

     それをまさに体現してくれている。

     

     

     あ、でももちろんボタン部分は赤茶なのですけれど、それがまたアクセントになって素敵なのです。

     

     

     ドヤ感が一番強いかもしれない、漆黒くんです。

     

     

     CIRCLEベア 市松模様正藍刺し子×横白刺し子 ¥11,000+税

     

     今度は市松模様刺し子を大きく使った子も。

     

     ボディ全体には市松、そして切り替えにはブリーチしていない横白刺し子生地を。

     

     

     市松模様のモダンな素敵さ。

     

     

     ギンガムチェックではありません、市松。

     

     英語的に言うなればチェッカーフラッグという感じ。

     

     

     手足の横白刺し子はブリーチしていないので、濃いめの色。

     

     それがまた市松に溶け込んで良い感じ。

     

     

     この個体の綺麗さがまた個人的には気に入っている。

     

     チェックが好きなだけだろ、と言われればそれもあるのだけど。

     

     

     これまでのベアたちともまた違う空気感です。

     

     

     CIRCLEベア 横白刺し子×市松模様正藍刺し子 ¥11,000+税

     

     さらにその反転バージョンも。

     

     ボディに横白刺し子、そして切り替え部分に市松模様。

     

     これもまた市松がアクセントにほどよくて、テディベアっぽい可愛さがぐっと出ていると思う。

     

     

     ぷっくりしている顔がなかなか他にはないと思う。

     

     

     耳に市松、プチファンキーな感じが可愛い。

     

     

     飾っているとまた経年変化で色が渋く変化していくのも、愉しみの一つ。

     

     

     汚れた時は、軽く濡らして絞ったハンカチとかで、水拭きして乾かしてあげてくださいね。

     

     

     正面からアップだと凛々しさもある。

     

     

     CIRCLEベア 市松模様正藍刺し子 ¥11,000+税

     

     そしてこの市松模様の刺し子があまりに素敵なもんで、全身市松模様も良いでしょ!と。

     

     今回のベアの中でもとりわけ派手な一つかもしれない。

     

     色は落ち着いているけれど、総柄。かなり存在感あって面白い。

     

     

     市松模様の模様向きなども、良い塩梅。

     

     この辺りはもう作り手さんにお任せしているのだけれど、いつも良い感じに仕上げてくれる。

     

     

     どことなく、末っ子ぽい感じもする可愛さ。

     

     

     飾るのも素敵ですが、ベアとして遊んでもらうのも本望。

     

     

     お子さんが楽しんでくれるのも良いなぁと思いますし、大人だってたまに動かして遊ぶと楽しい。

     

     

     CIRCLE店主の姪っ子もCIRCLEベアを、友達として一体可愛がってくれています。

     

     藍染めは蚊除けの効果もあるので、地味にそういういろいろもあって、良い感じです。

     

     

     CIRCLEベア 五倍子(ゴバイシ)染め刺し子 ¥11,000+税

     

     今回はそれだけ……ではありません!さらにまた違う面白い色合い。

     

     グレーです。濃すぎず薄すぎずの、味わいあるグレー。

     

     このグレーがまた綺麗なのですけれど、白刺し子の状態の生地を「五倍子(ゴバイシ)」という天然染料で染め上げたもの。

     

     五倍子(ゴバイシ)は別名でフシとも言われる、ウルシ科の植物であるヌルデ、その木の瘤です。

     

     虫がヌルデにアブラムシが寄生する際に出来るいわば虫瘤。日本では昔から生地の染めだけでなく、お歯黒などにも使われていた染料。

     

     

     その染料で染め上げた刺し子は、ほどよいグレーに。

     

     触媒としては鉄を少し入れていると思いますが、それはわずかのよう。

     

     鉄を多めに入れて媒染すると、もっと紫色っぽくもできたり、アルミで媒染するとベージュっぽくもできたりしますが、今回はこのグレーが良い感じで。

     

     

     すっごく綺麗に染まってます。重すぎない色合いのグレーで、今回のラインナップの明るい色味担当。

     

     

     天然染料は面白いなぁと強く感じています。もっともっといろいろと勉強したい。

     

     

     落ち着いた色味ですが、爽やかさも感じます。

     

     

     しっとりした風合いのあるグレーは、化学染料のそれとはやはりまた異なる味わい。

     

     

     CIRCLEベア 五倍子(ゴバイシ)染め刺し子×花柄抜染 ¥11,000+税

     

     グレーをボディに用いて、手足の切り替えにはまた異なる面白い子を。

     

     手足部分には刺し子ではない薄手の藍染生地を、複雑な花柄に抜染したもので。

     

     抜染した部分の色合いがまたグレーの感じとよく馴染んでいて、すごく綺麗。

     

     

     花柄そのものは結構大きめなので、切り替え部分にくるとランダムな感じで全て違う表情が見えて、良い。

     

     

     ちょっと生意気そうなグレーの子。

     

     

     でもお腹はやっぱりぷっくりで可愛いんですから。

     

     

     手足の柄の違いも味わってください。

     

     

     光の質や当たり方でグレーの見え方は少しずつ変わります。

     

     その色の違いもまた愉しみの一つです。

     

     

     CIRCLEベア 花柄抜染×五倍子(ゴバイシ)染め刺し子 ¥11,000+税

     

     最後の一体が、ボディに花柄の抜染生地、そして切り替え部分に五倍子のグレーを用いた子。

     

     全身市松模様か、この花柄抜染の子が今回の中での存在感はものすごい。

     

     花柄抜染の渋い感じを強く味わえます。

     

     

     かっこいい。前に作った家紋柄などと同じような感覚で、かっこいい。

     

     

     あれですよ、カタギじゃなさそうなこの顔。可愛すぎる。

     

     

     ボディだって強気ですよ。

     

     

     でも手足は優しいんです。心は優しいんです。

     

     

     こうしてみると愛嬌ある子でしょ?と。

     

     

     と、こんな具合で10体が並びます。

     

     撮影ではこんな風にしていますが、店頭では入荷時のビニールに入れて展示をしているので、お声がけいただければもちろん袋から出してご覧いただきます。

     

     

     ぜひ、それぞれのベアの個性を可愛がっていただけたら嬉しく思います。

     

     

     どんな方の元へこの子達が旅立っていくか……楽しみです。

     

     ご自身さまで可愛がるもよし、もちろんプレゼントでもぐっと素敵かなと思っています。

     

     どうぞ、よろしくお願いいたします!

     

     

     

     CIRCLE

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      CIRCLE 青山 (09/17)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      ルボナーファン (09/17)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM