<< Workers(ワーカーズ)のN-1V・袖レザーメルトンジャケットについて。 | main | Workers(ワーカーズ)のヘビーベンタイル・シングルトレンチコートについて。 >>
2017.11.06 Monday

サンプルは続くよ、どこまでも。

0

     

     久々にちょっとびっくりしてしまうようなことがあって、反省しつつただただ驚いてしまった今日。

     

     その兼ね合いでご迷惑をおかけしてしまったお客様、本当にすみませんでした。もっと気をつけていかねば、と感じています。

     

     と、この連休中くらいから建物の外壁工事などがさらに本格化していて、午後の時間帯(夕方まで)は結構音がするように。

     

     落ち着かないなぁと思いながらも、建物全体のことなので致し方あるまいなぁと。

     

     時に工事音がうるさいタイミングもある今月ですが、何卒宜しくお願いします!

     

     

     さて本日は、以前に少し覗き見をしていたサンプル。

     

     サンプルはどこまでも続く。作り手サイドにはいつも申し訳ないと思いつつも、サンプルは「これで良くなったなぁ」と納得できるまで続きます。

     

     ようやく、これで次のステップに進めそうです。

     

     

     Circus of Happinessの製品に関しては、たぶんいちショップのオリジナルを作るにしては、サンプルを作りすぎだとも感じています。

     

     きっとセレクトショップ的なところの多くのオリジナルは、もともとある程度の形や型があって、そこからちょいと素材をいじったりとか、あるいは組み合わせをいじったりとかしつつ、よほど肝いりの形でない限りサンプルアップを何度もするなんていうのはあんまり無いと思う。(というか、そうでないと動きが遅すぎて商売にならないと思う)

     

     実際、店主もちょいと昔に他のブランドさんのものを作ることをしていた時に、ファーストサンプルは当然上げるわけだけれども、そこから「ここはこんな感じで変えて〜」となって、もう次のタイミングでは量産だったりした。もちろん、先あげで最終確認はしていましたが。

     

     言うほどそんな小さなブランドさんではなくて、たぶん若い世代や30代のファッション好きな世代はまず間違いなく知っているだろうところだったけれども、あっという間にいろいろを進めてうまいこと春夏・秋冬とシーズンが回っていた。

     

     それと比べてしまうと「こんなのが無いから作りたい」とイメージしてから形を考え、素材や作りを検証して、ファーストサンプルを作って、手直しして次のサンプルを考えて、またサンプルを作って……なんてのを1年もかけてやるなんてのは、いかにも非効率に思える。

     

     でもなんというか、三島由紀夫だったか誰だったかが書いていたような気がするけれど。

     

     「時間をかけずに気持ちよくすっと、さらさらと書けた時の文章を後から読み返すと、なんとも平べったくて重たくてつまらない。逆に時間がものすごくかかって、なんども書き直してじっくり進んで書いた文章を読み返すと、驚くほど流れがよく疾走感のある面白い文章になる」

     

     みたいなことで(原文ママではなくて、あくまでも意味合いとしてそんな感じだった)、どことなくそんな風にCIRCLE店主も感じている。

     

     

     作りたい!という衝動は突然ポンと生まれてくるし、そこからこんな風にあんな風に!という一次アイデアも同じようにすすっと出てくる。

     

     でもその衝動とアイデアをそのまま具現化すると、なんともチグハグな部分や落ち着かないところが多くて、ものすごく抽象的な言い方をすれば「なんだか気持ち悪い」感じがする。

     

     そこからその「気持ち悪い感じのするもの」の何がチグハグなのか、どこか落ち着かないのかを幾度も考えて、手直しして、ああでもないこうでもないと移り変わって、最終的には余計なものは削ぎ落として……なんてしていると、これも突然ふと「あ、これでいいんだ」と落ち着く瞬間がある。

     

     今回こうして出来上がったサンプルは、またストンと落ち着いた。

     

     あとは本当に細かなところの確認を詰めていくだけで、これが使えたら良いな!は実現する。

     

     

     量産がしっかり仕上がって、完成品が販売できるようになればまた細かくご案内したい。

     

     でもざっくりその前に言ってしまえば、ポーチが作りたかった。

     

     ポーチと言えばルボナーさんのポーチピッコロがすごく出来がよくて、便利で使いやすくて、素敵な作品だと思っている。もちろん変わらずこれからも愉しんでもらいたい作品だし、取り扱っておすすめをしていく。

     

     ただそれとはまた異なる使い勝手で、「こんなのあったら、絶対便利なんだけどなぁ」というポーチ。

     

     

     ・どんなシーンでも傷や水気も気にせず気兼ねなく使えて、ザクザクものを収納しっかりできつつ出し入れもしやすくて。

     

     ・中に入れるものの量が少ない時はぺったりして薄くて、でもしっかり中に入れた時はふっくらして、なおかつ自立もしてくれて。

     

     ・何より外面だけでなく内面も手入れがしやすく、洗えるくらいの感覚で使えて。

     

     ・大きさと場面によってはクラッチバック的にも、もちろんポーチとしてバッグインバッグとして便利に。

     

     ・素材はうまいことコストバランスをとって贅沢に、使っている愉しみや喜びを感じられるようなもので。

     

     ・最終的にはもちろん価格だって「え、これでいいの?」という気軽さが欲しい。

     

     

     とまぁ、言ってしまえばCircus of Happinessで昨年作ったMou-Toteと近いコンセプトのポーチが作りたかったのです。

     

     それはもう、Mou-Toteを作る時からすでに「ポーチも作ろう」と言い続けていたことで、初めの衝動から生まれたデザインからはずいぶんかけ離れているし、全く別の立体的構造を通過して、今のこのサンプルの具合に落ち着いた。

     

     こうして良いじゃないの!というサンプルが出来ると、初めからここを目指していたように感じてしまうものだけれども。

     

     

     いつもそんな風な流れでものづくりに携わってくれる作り手さんたちには、本当に足を向けて寝られないと思う。

     

     今回も紆余曲折しながらも、かなり良い感じになってきた。

     

     ここからは「年内に間に合うのかどうか」が一番気になるところになるけれど、そこも頑張ってくれると信じている。

     

     ファスナーが仕上がってくれるかというのがもっともネックなわけですが、信じている。

     

     

     最終的な製品をご案内していくときっと、なるほどそういうことねと思っていただける気はします。

     

     どこにでもありそうだけれど、実はそんなにない形。

     

     作り手サイドからすると、素材の関係もあってちょいと作りづらくて大変そうなのですが、使う側からしてみると独特な使い勝手の良さがある。

     

     

     どうやら内装の素材使いが一番やりづらいようで、そこが意外。

     

     普通そんな風に使わないもん!と言われて、確かにそうだなと今は納得しているのですが。

     

     ぱっと見では分かる部分ではないにも関わらず、「そこが一番大事なんです!」と言うのは、まぁCircus of Happinessではよくあること。

     

     

     もう少しの間、お待ちいただけたらと思います。

     

     良い塩梅に使っていただけるポーチ、出来上がります。

     

     サイズは大きいものと小さいものの2種類。

     

     カラーはすっごく悩んだけれど、ひとまず5色ほどになります。

     

     ただ革在庫の関係でちょっとそのあたりが諸々まだありそうです。

     

     

     普通だけれど普通じゃなくて。

     

     お仕事でも日常でも、国内でも海外でも便利さを感じてもらえるポーチになればと思います。

     

     あと少し、もう少し。

     

     続いてきたサンプルが素敵な形になってくれれば良いな。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      CIRCLE 青山 (09/17)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      ルボナーファン (09/17)
    • Circus of Happinessのセミロング・ギャルソンウォレットについて。(ドラーロシリーズ)
      CIRCLE 青山 (07/17)
    • Circus of Happinessのセミロング・ギャルソンウォレットについて。(ドラーロシリーズ)
      ateliertte (07/17)
    • CIRCLE3周年の特別製akihamaアクセサリーについて、その1(ネックレス編)
      CIRCLE 青山 (06/23)
    • CIRCLE3周年の特別製akihamaアクセサリーについて、その1(ネックレス編)
      樹 (06/18)
    • ル・ボナーさんより届いたパパスショルダーの愉しさ。
      CIRCLE 青山 (01/23)
    • ル・ボナーさんより届いたパパスショルダーの愉しさ。
      谷地雅枝 (01/23)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM