<< 秋真っ盛り、CIRCLEの今年の秋を今一度。(革製品編) | main | Workers(ワーカーズ)のN-1V・袖レザーメルトンジャケットについて。 >>
2017.11.03 Friday

ル・ボナーさんより、パパストートがズドンと届きました!

0

     

     待ちに待っていたサンプルが今一度届いて、その仕上がりがだいぶ理想的になってきていたので、嬉しくなっています。

     

     もう少し微調整を加えて、そこからまた量産かなぁというなんやかやでまだ時間がかかる流れですが、独特な面白さがあるものになりそうです。

     

     サンプルはまた違うタイミングで少しご覧いただこうかなと思いますが、またそれは後日。

     

     さて本日は、ルボナーさんからガシっとしっかりサイズのトートバッグ、パパストートが久しぶりに届きました!

     

     なかなかの迫力、出張に旅行にドドドと入れて便利な大型トートです。

     

     

     パパス、と言えばルボナーさんでは代表的なパパスショルダーがありますが、いわばそのデザインソースを組んで作られている大型トートバッグが、パパストート。

     

     たっぷりしっかりの容量で、トートと言いながらもショルダーストラップもついてショルダーバッグとしても使えて、大きけれど細かなところまで考えられた、長く愛されているバッグです。

     

     

     今年のロットは多色で少しずつが作られました。

     

     CIRCLEでも全色!と言いたいところですが、パパストートは大きさも結構あったりするので、はじめに入荷してもらった分は色を選んで入れてます。

     

     ネイビー・ティングレー・ダークグリーン、そしてオレンジと入荷。

     

     でもオレンジは入荷前から「もし入荷出来たらぜひ」とお声をいただいていたので、すでに店頭にはありません。画像も撮る前に旅立って行きましたので、ありません、ごめんなさい。

     

     

     パパスショルダーよりもさらに倍!というような勢いでモノが入るパパストート。

     

     縦に二つ分とは言いませんが、1.5倍にさらに広がったようなサイズ感。

     

     どっしりとした迫力もあって、これだけシュランケンカーフをどーんと持てるのもなかなかない。

     

     

     ルボナーさんでも毎年作られるわけではなくて、今回も1年半ぶりくらい。

     

     その度に作られる色が毎度変わるのは、ボナーさんではよくあること。

     

     せっかく色数のあるシュランケンカーフなので、色々愉しみたくもなりますものね。(特にボナーさんは別注色も多いので、なおさら)

     

     

     はじめの入荷の色合いは、店主の独断と偏見で「これ、雰囲気あるでしょ〜」というのを揃えてみました。

     

     本当はライトグレーも欲しかったのだけれども、オレンジと同様にボナーさんサイドにももう1個しかない、みたいな状況だったのでひとまずオレンジをいただいてライトグレーはボナーさんの店頭へと。

     

     もしぜひライトグレーで!というのがあれば、どうぞお声がけください。在庫あるうちは頑張ります。

     

     また、他にはブラックとオリーブ(これは作られてるのに後から気づいた)があったけれど、そのあたりもご希望あらばどうぞお声がけを。

     

     

     ル・ボナー パパストート ダークグリーン ¥100,000+税

     

     ではまず、ダークグリーンをご覧いただきながら「パパストートってどんなだっけ?」というのを今一度。

     

     なんせ1年半ぶりなわけなので。

     

     ドシっと大きいパパストート、でもハンドルの部分を抜かしても高さは39cmくらいあります。横幅も36cmくらい、そしてマチも16cmはある。

     

     ボナーさんの作るバッグの中でも、マエストロやビジィーリュックと並び、ぐっと大型。

     

     

     ダークグリーンの色合いが、大好きです。シュランケンカーフの落ち着いたカラー系の中でも、個人的に言えばとりわけ大好き。

     

     緑感もしっかりありながら、渋さもある。シックだけれどちょっとした洒落感もある。

     

     パパストートは大きいバッグだけれど、キュッと引き締まった印象にもなって、ちょうど良いボリューム感。

     

     

     シュランケンカーフを贅沢に全面に。もちろん水気や傷に強い皮革ですので、お手入れも楽チン。

     

     ガシガシとヘビーに使うバッグには本当に向いた革だなぁと思っています。

     

     

     トートバッグとしてのハンドルは、肩掛け仕様ではなくあくまでも手持ち。

     

     平たいベルトの感じからくっとつまんで松見のあるハンドルへ。

     

     

     で、そのハンドルから続くベルト部はこんな風にさらにボディに続いていく。

     

     

     ずーっとボディを続き、下まで。

     

     この作りはいかにもボナーさんらしいけれど、やっぱり丈夫で長く使える。

     

     

     ベルト部分やハンドルのこのダブルステッチの感じも素敵だと思う。

     

     大きめなバッグはどうしても表情がのっぺりしがちだけれど、こうしてステッチ等で細かく表情をつけていくと、全体の印象が立体的に奥行きがあって見えて、バランスが良い。

     

     

     こんな風に、下まで。

     

     

     そして底の部分はと言えば、ここはパパスショルダーと同様にぐっと横までせり上がったパーツになり、パイピングでしっかり底を作る。

     

     アディダスのカントリー(スニーカーです)の雰囲気からイメージしたこのディテールは、見た目の面白さもあるけれど、底がしっかりすることでより丈夫に使いやすくなる利点が大きい。

     

     

     肝心な底面には、もちろん5点の底鋲が。

     

     小さなことだけれど、これだけ大きいとカチっと地面におきたくなる瞬間もあるから、それは嬉しい。

     

     

     そしてショルダーストラップもついているわけですが、ストラップはこんな風にドイツホックでついているので、取り外しも可能。

     

     

     ショルダーストラップそのものはしっかり幅広で、重みがかかっても肩が疲れにくい仕様。

     

     ここはパパスショルダーとまさに同様ですね。

     

     

     ストラップに関しては表がシュランケンカーフで裏面は生地テープ仕様。

     

     これはこれでストラップのしなやかさもより出て、使いやすい。

     

     ダークグリーンにはベージュ系。

     

     

     そして上面は実はファスナーで閉まるようになっている。

     

     大型のトートでは珍しいかもしれないけれど、蓋がしまるというのは地味に嬉しい。

     

     やはり、中を見られたくない時もありますし、長距離移動などの際にもしっかり蓋がしまることは大事。

     

     

     ファスナーは端っこにつまみも付いているので、開閉はしやすいです。

     

     もちろんYKKのエクセラ。

     

     

     ファスナーを開くと、どーん!!と広いメインスペース。

     

     トートバッグですから、ガッシガシと自由に色々なものをポイポイ入れて使ってください。

     

     もちろんバッグインバッグを使ったり、別にポーチやしきりになるようにモノを配置するのも良いですね。

     

     とにかく広いスペースなので、たっぷり収納可能です。

     

     

     内装のナイロンはグリーンで、イタリアはリモンタ社のナイロン。

     

     適度にハリがあって、それでいてもちろんしなやか。

     

     前のロットから内装はこのナイロンに変わった。

     

     

     中にはフリーのポケットがまず2室。

     

     ここもすでに結構大きいです。

     

     

     逆側にはこうしてファスナーポケットも。もちろんここも広い。

     

     

     さらに、蓋の部分をペラっとめくると横にも隠しポケットがついていたりします。

     

     大きいだけではなくて、細かな区分けもしっかりついてる出来る子。

     

     

     女性には少し大きいかもしれないけれど(でもショルダーかけで持っていたらそれはそれで可愛い)、男性で荷物が多めの方にはぴったりのトート。

     

     これだけ贅沢で機能も備わった「トート」もすごいことですよね。

     

     長く使い込んで、クッタクタにして味わってほしいものです。

     

     ちなみに使い込むとかなり柔らかくなっていくので、何もモノが入っていない状態では自立しません。クタンとなります。

     

     そこまで行くともう使い勝手はなお良い。

     

     

     ル・ボナー パパストート ネイビー ¥100,000+税

     

     続いてパパストートで欠かせないな、と感じているのがこのネイビー。

     

     ビジネスにもプライベートにも、幅広く対応出来るカラーであるのはもちろん、適度な軽さがありつつもしっかり濃い色味というのが便利。

     

     

     無論、全体的な大きさやつくり、ディテールは一緒です。

     

     

     ネイビーにはブルーのステッチ、これが良い感じに効いていてパパストートのバランスによく合っていると思う。

     

     

     ハンドルはしっかり強いです。容量たっぷりで入れても、安心。

     

     

     それは底面も同様です。気兼ねなくドシドシ入れましょう。

     

     

     ショルダーストラップだって、ドイツホックの強さですもの。

     

     取り外しも簡単なのでフレキシブルに用途に合わせて。

     

     

     ネイビーのショルダーストラップは、テープはブラックが配色。

     

     そこにもブルーのステッチが効いてて良い。

     

     

     もちろん、蓋は閉まりますよ。

     

     

     内装に関してはどの色も全て共通で、グリーンです。

     

     革でパイピングしてある部分のみ、表の色ともちろん合わせてあります。

     

     

     ル・ボナー パパストート ティングレー ¥100,000+税

     

     そしてこのティングレーが、パパストートにまた良い雰囲気。

     

     ティングレーは定番色ではなくてあくまでもボナーさんが別注でお願いしている色味なわけですが、広い面積で使ってもまた綺麗。

     

     トープからベージュを抜いたような、淡目のしっかりグレー。

     

     

     大きいはずのパパストートが、軽く見える。

     

     

     ステッチは生成り色で、その塩梅もよく似合う。

     

     

     ハンドル部分ももちろん一緒。

     

     よくハンドルのお手入れは?という話になるけれど、夏場など特に汗をかいた際には、ハンドルは特に内側などもしっかりと、水拭きしてしまって、乾拭きしてよく乾かす、というのが良いです。

     

     汗に含まれる塩分やアンモニア成分を取ってあげることで、比較するとやはり拭いたほうが長持ちする。

     

     まぁそれは、パパストートに限らず他のバッグでも同様です。

     

     

     ドイツホックは綺麗で好き。

     

     外す時はつまむように引っ張るだけ、つける時はただ押し込むだけ。なんとシンプル。でも強い。(いえ、シンプルなほうが得てしてモノは強い、と言いますものね)

     

     

     もちろんショルダーもティングレー。

     

     

     生地テープはベージュ系で合わせてあります。

     

     

     蓋もきちんとしまって、安全安心。

     

     でも開けっ放しにしておいて、ドカドカ出し入れしやすいのも便利です。

     

     そのあたりはTPOやスタイルに合わせてお楽しみを。

     

     

     こちらも中はグリーンのリモンタ。

     

     やはりリモンタのナイロンって質感良い。以前のより柔らかい茶色のナイロンもそれはそれで良かったけれど。

     

     

     と、こんな風にどーんと3つ。

     

     でも在庫は実はこれだけじゃありません!

     

     

     ル・ボナー パパストート ジーンブルー ¥100,000+税

     

     前のロット分から引き続き、CIRCLEではジーンブルーを在庫しています。

     

     これ、個人的にすごく良い組み合わせと思っている。

     

     この広い面積でジーンブルー……と言葉だけでは派手に映るかもしれないけれど、実物見るとこれがまぁ端正な感じもして、ほどよいカジュアル感と革の綺麗さが際だって良いのです。

     

     今回ロットでは作られなかったので、これ一つ。

     

     実質明るい色味のオレンジも完売してしまっているので、華やかなカラーですっと持ちたいという方はジーンブルー、素敵です。

     

     そしてまた、実はトープも1つ在庫しているけれど、これは今現在お客様のキープになっています。

     

     どうぞ、宜しくお願いいたします。

     

     

     と、パパストートのご案内をしつつ、こちらも少し。

     

     ボナーさんの在庫分から半ば無理やり(?)もらった、コンフェッティがズラリ。

     

     6色揃いました。トスカニー・ミント・ブラック・ジャングルグリーン・ジーンブルー・バイオレット、です。

     

     もう11月になりましたから、すでにクリスマスに向けて動く方もいらっしゃるやも。

     

     素敵なコロンとした可愛い子を、またお愉しみ下さいね。

     

     

     そしてさらに、ご案内していた通りですがしっかりお財布たちも揃いました。これは壮観です、はい。

     

     店頭にぎっしり、そしてもちろんオンラインでもご案内しておりますので、どうぞ合わせてお愉しみくださいね。

     

     こんな風に年末近くを迎えられるとは……まだ2ヶ月はあるけれども、色々見比べていただけて嬉しい。

     

     バッグも小物もしっかり揃えてます。

     

     どうぞ、宜しくお願い申し上げます!

     

     

     

     CIRCLE

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      CIRCLE 青山 (09/17)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      ルボナーファン (09/17)
    • Circus of Happinessのセミロング・ギャルソンウォレットについて。(ドラーロシリーズ)
      CIRCLE 青山 (07/17)
    • Circus of Happinessのセミロング・ギャルソンウォレットについて。(ドラーロシリーズ)
      ateliertte (07/17)
    • CIRCLE3周年の特別製akihamaアクセサリーについて、その1(ネックレス編)
      CIRCLE 青山 (06/23)
    • CIRCLE3周年の特別製akihamaアクセサリーについて、その1(ネックレス編)
      樹 (06/18)
    • ル・ボナーさんより届いたパパスショルダーの愉しさ。
      CIRCLE 青山 (01/23)
    • ル・ボナーさんより届いたパパスショルダーの愉しさ。
      谷地雅枝 (01/23)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM