<< Workers(ワーカーズ)のECWCS・撥水加工(DWR)コットンコートについて。 | main | KUON(クオン)のモールスキン藍染・3つボタンジャケットについて。 >>
2017.09.24 Sunday

ちょっと急に追加で並んだ、ルボナーさんのディプロマ・トートについて。

0

     

     色々と考えることが多い1日で、良い意味でも悪い意味でもまた一つ勉強になったなぁと感じています。

     

     お店をしているといろいろあって、「本当はこんな風に言いたくはないけれど、どうしても言わなくてはいけない」こともあったり、逆に「本当はあんな風に言いたいけれど、それはそれで言うことは出来ない」こともあったりする。

     

     CIRCLE店主はどちらかと言えば、極めて正直にもろもろを話すタイプで、あけすけにベラっと喋ってしまう方だと思っているのだけれど(時折、驚いている方もいらっしゃるくらい)、それでももちろんたまには葛藤があったりする。

     

     朗らかに心地よい時もあれば、胸が痛い時もある。もっとうまいこと、良い感じに言葉を扱えるようになりたいなと感じています。

     

     さて本日は、ちょいと急ですが少しだけ店頭に並んだ、ルボナーさんのディプロマ・トートついて。

     

     なんやかや、やっぱりサイズ感が便利で質感良い子たちです。

     

     

     ディプロマ・トートは今年の真夏に2年ぶりに仕上がった、ボナーさんの中でも中間サイズの汎用性高いトートバッグ。

     

     シュランケンカーフの特性を活かして、内装に生地を用いずに革の床面の質感を綺麗に使い、ダイレクトにシュランケンカーフの味わいを感じられる。

     

     A4もしっかり入るサイズ感、それでいて大きすぎずにどこにでも持ち歩きやすいくらい、さらに肩掛けも手持ちも便利にできる絶妙な長さのハンドルと、すっごくシンプルなのだけれどもじんわり使いやすさを体感できるかたちです。

     

     

     夏の仕上がり時には、CIRCLEでも結構たくさんをご覧いただいて、ものすごいスピードでお声もいただきながら展開をしました。

     

     だいぶ愉しんでいただけたなぁと完売したタイミングで、ちょうどまたボナーさんからは様々なバッグが仕上がったりしていたので、しばらく店頭から姿を消しておりました。

     

     そんな最中にまたひょんなタイミングで色々なことが重なって、紆余曲折がありながらも、少しなのですが店頭に並びました。

     

     ダークグリーンにブラック(赤ステッチ)、アパレルのシーズンが秋冬で進んでいく中で、また良い感じに合わせていただけるのではないでしょうか。

     

     

     ル・ボナー ディプロマ・トート ダークグリーン ¥54,000+税

     

     ディプロマトートそのものの機能性だったりは、どうぞ真夏のころの入荷ブログをご覧いただければと思いますが、ダークグリーンのこの落ち着いた風合いはやっぱり良い。

     

     太陽光に当たるとグリーンらしさがしっかりと顔を出しつつ、室内や暗めのところではブラックに近い雰囲気のシックさを醸し出してくれる。

     

     飽きのこないグリーン、そんな感覚のあるシュランケンカーフのダークグリーンは好きです。

     

     

     使い込んでいくと少し光沢感が表面を覆うようにもなり、それからの風合いもまた素敵で。

     

     

     秋冬シーズンに似合うのはもちろんだけれど、一年を通して使いやすいカラーであるなと。

     

     

     ハンドル部分の裏が、ブッテーロのグリーンでちょっと華やかになるのもまたオツで。

     

     ニヤリと出来る面白さがあるカラー。

     

     

     ル・ボナー ディプロマ・トート ブラック(赤ステッチ) ¥54,000+税

     

     そしてもう一色のブラック、赤ステッチバージョン。

     

     ブラックの鉄板的なシックさの中に、すっと浮かぶ鮮やかな赤の美しさ。

     

     重くなりすぎず軽やかな雰囲気も出てきて、ブラックだけれど差し色的にも使える子。

     

     

     黒赤はもう、それこそ鉄板の色組み合わせ。

     

     基本的に服装選ばずさっと使いやすいと思います。

     

     

     ダークグリーンとはまた異なる落ち着きと華やかさ。

     

     

     持ち手の裏面はブラックのブッテーロで、そこにも赤いステッチはまた映える。

     

     使い込んでこのブッテーロの部分のツヤがグンと上がっていくのも、一つの愉しみです。

     

     

     どうぞまた、それぞれのカラーでお愉しみいただけたら幸いです。

     

     秋冬シーズンはまた革が愉しみやすい季節。

     

     様々なテイストを味わっていきたいものですね。

     

     

     

     CIRCLE

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM