<< KUON(クオン)の奄美大島泥染め・襟コーデュロイシャツについて。 | main | ル・ボナーさん製品のちょっと地味に入荷したもろもろについて。 >>
2017.08.25 Friday

KUON(クオン)の味わい深い泥染・藍染を施した、刺し子織り6パネルキャップについて。

0

     

     急な陽射しの強さにすっかり肌がやられて、ヒリヒリと痛いCIRCLE店主。

     

     まぁこれも夏の醍醐味といえばそうかもしれないなと思いつつ、もっと日焼け止めをしっかり塗ろうと決意している今日。

     

     残暑はどうやらしっかりあるみたいなので、気をつけていきたいなと。

     

     本日は、ぐぐっと味わい深い子をご案内。

     

     春夏シーズンには爽やかな白黒で作られたKUONさんの刺し子織りキャップ。秋冬シーズンでは琉球藍染と奄美大島泥染を施して、またぐっと渋い色合いに仕上がってくれました!

     

     

     KUONさんのキャップは毎シーズンいろいろな素材感と色合いで出来上がってくるけれど、そのどれもが他のブランドではやはりまず見られない、独特な味わいに溢れています。

     

     秋冬シーズンではカラフルな裂き織りを用いたキャップも入荷して、ご好評いただけてすぐに旅立って行きました。

     

     続いて入荷したキャップは、またまるで違う表情を見せてくれるキャップたち。

     

     

     軽やかな素材をぐっと深く染めることで、色の深みを出した。

     

     春夏シーズンで仕立てた爽やか刺し子織りキャップとはまたキャラクターがまるで違う刺し子キャップ。

     

     

     泥染と藍染はKUONさんの得意とするところで、やはり味わい深い。

     

     刺し子織りの表情の上にさらに一味が加わり、素敵な風合いになっています。

     

     

     KUON 刺し子織り泥染め 6パネルキャップ ¥16,000+税

     

     まずは泥染バージョンの方を見て行きましょう。

     

     泥染はおなじみにもなってきた、奄美大島の泥染め。ぐっと深い色合いを出していて、先日ご案内した襟コーデュロイシャツと同じような深さ。

     

     刺し子織りの軽やかな素材に深い色合いが乗り、独特な風合いを醸し出しています。

     

     

     形はベースボールキャップ的な6パネル。

     

     被りは浅く、さっとスタイリッシュに被れるキャップに。

     

     いわゆる野球帽的なもっさりした感じはなくて、大人の上品さがある。

     

     

     ツバの部分にはゆるやかにカーブした芯材が入り、数本のステッチ。

     

     ステッチも色が浮く感じではなく泥染で溶け込んでます。

     

     

     深い茶色の上に黒で入る刺し子柄が、なんとも美しい。

     

     この渋さはなかなかない。

     

     

     真ん中でとまって、放射状に6枚のパネルで形成されています。

     

     もちろん止めの部分も刺し子織り。

     

     

     ボディ部分には空気穴も空いていて、すっと風通しよく。

     

     

     それにしても良い表情ですよね。

     

     刺し子織りの凸凹感も素敵で、単調な柄にならない。

     

     

     そして地味なポイントとして、パネルの後ろ部分の一箇所だけ、あえて裏面を表に出すことで柄違いの部分があります。

     

     ちょっとした差なのだけれど、そういう工夫がまた面白い。

     

     

     帽子の大きさは後ろのパーツで調整ができます。

     

     数センチは自由に動かせるので、ゆったりでもぴっちりでも男女問わず合わせられます。

     

     

     こんな風に金具を立てて緩めて、ベルトをシュルシュルっと。

     

     

     続いては裏側へ。

     

     ツバの裏面ももちろん刺し子織りしっかりです。

     

     良い染まり具合。

     

     

     裏側からメイン部分を見るとこんな風に。

     

     継ぎ目の部分はシームテープでしっかり補強されてます。

     

     

     タグもほんのり泥染色。

     

     製品染めということで帽子を仕立ててから泥染にかけているので、全体的に染まっている。

     

     

     もちろん帽子内側には汗止めのパイル。これがかぶり心地としては大事。

     

     

     裏から見ると、柄を変えている部分はこんな風に。

     

     

     良い存在感がありますね。落ち着いた色味だけれど、単調でなく複雑な立体感と深みがある。

     

     もちろん泥染なので水洗いなどする際は、色の薄いものとははじめはお避けください。

     

     といっても、帽子なのでそこまで頻繁に洗う感じではないと思いますが。

     

     

     KUON 刺し子織り藍染め 6パネルキャップ ¥16,000+税

     

     そして続いては今度は同様の刺し子織りキャップを、琉球藍染にて深い青色にしっかり染め上げて。

     

     これまたまるで雰囲気が違う具合になっていて面白い。

     

     爽やかだけれども、どこか深い落ち着きもある。

     

     

     被りなどの構造はもちろんまるで一緒で、染めだけが違うと思っていただけたら。

     

     

     ツバの部分は好みに応じてカーブはきつくしてもらっても良い。

     

     それにしても、色が綺麗だ。

     

     

     こちらも生地の凹凸感を感じつつ、藍染の深い味わいが加わっていて、なかなか他ではない風合い。

     

     

     深い藍色に黒い刺し子がまたこれも綺麗に映えている。

     

     

     通気穴はもちろん。ここも染まってる。

     

     

     泥染めに負けじと素晴らしい表情。

     

     

     そしてもちろん、こちらも1パネル部分だけわざと裏が表に出てます。

     

     地味な柄の違いだけれど、これがほんのりアクセント。

     

     

     後ろの調整部分も同様です。

     

     

     結構ベルト部分は長くあるので、調整幅は大きいです。

     

     

     なんなら、こうしてギリギリで止めて大きくもできる。

     

     

     あるいは、キューっと絞り上げて小さくもできるので、気分に応じて締り具合を変えても面白い。

     

     

     ツバ裏ももちろん藍染しっかり。

     

     

     構造は泥染と同じですが、雰囲気はまた違って感じる裏側。

     

     

     タグもほんのり藍色。

     

     

     無論、汗止めパイルは気持ちいいです。

     

     

     そしてこちらも裏から見た生地の切り替え。

     

     こういう遊び心があるのは嬉しい。

     

     

     こちらも製品染めとしての藍染なので、水洗いする際には少しだけご注意くださいね。

     

     青だけれど爽やかだけでないぐっと渋みも味わえるキャップです。

     

     

     と、それぞれが入荷いたしました。

     

     今回のキャップは展示会の時に店主は何を思ったのが、なぜか一つずつの入荷にしたようなので、1点ずつとなりますことご了承くださいませ。

     

     秋冬はもちろんですが、一年を通して愉しめるアイテムに仕上がっています。

     

     どうぞお愉しみくださいね。

     

     

     

     CIRCLE

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      CIRCLE 青山 (09/17)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      ルボナーファン (09/17)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM