<< ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。 | main | KUON(クオン)の味わい深い泥染・藍染を施した、刺し子織り6パネルキャップについて。 >>
2017.08.22 Tuesday

KUON(クオン)の奄美大島泥染め・襟コーデュロイシャツについて。

0

     

     今年は海に行くことはもう諦めたCIRCLE店主。いえ、沖縄へ行けばきっとまた海水浴も楽しめるのでしょうが、なかなかそうも行かないので。

     

     その代わりにおやすみにはなんとかプールに入りたいよねと思っていますが、明日明後日はどちらかでもガリっと晴れてくれるでしょうか。

     

     ひとつ、ご案内が。短い時間ではありますが、オンラインショップのシステムBASEが来週メンテナンスが入るようで、オンラインショップがご覧いただけない時間帯がございます。

     8月28日(月)の深夜2時〜早朝6時まで、です。まぁ日曜日のあと寝静まった深夜帯なのでまだアレとは思いますが、どうぞご理解のほどお願い申し上げます。

     

     さて本日は、グググと渋さ満点の格好よさが溢れるシャツをご案内。

     

     KUONさんは先日ご案内した襟刺し子シャツも名品と思うけれども、この泥染シャツも最高の雰囲気ではないでしょうか。

     

     

     KUONさんの洋服は襤褸や刺し子や裂き織りだけでなく、製品染め、とりわけ藍染や泥染を用いるアイテムも毎シーズンいくつか入っています。

     

     中でも奄美大島の泥染めを施した服たちは、その素材によって染まり方も違ったり、風合いの出方が異なってとても面白い。

     

     化学染料では出ない色合いや味わいがそこにはあって、着込んでいく愉しみもひとしお。

     

     

     KUON 奄美大島泥染め 襟コーデュロイシャツ ¥27,500+税

     

     そんな奄美大島泥染めをがっつり濃いめに施したこのシャツは、なかなかどうして雰囲気がものすごい。

     

     染めによる色合いもさることながら、染めによって生まれるシワ感や生地の表情、全体の渋い佇まいがもうなんとも言えない。

     

     

     光の当たり具合によって色合いは少し違って見えて、黄色めの光や室内だと少し赤みがかって感じるし、青系の光や太陽光だとこげ茶のニュアンスが強めに出る。

     

     その加減もまた面白く、1枚でさらっと着るだけでも格好良いし、もちろん上にジャケットやブルゾンを合わせるのもなお良い。

     

     

     一見シンプルに泥染めのようにも見えるけれど、実はアクセントがしっかり入っていて、その面白さもある。

     

     

     シュっとスタイリッシュな印象もありながら、泥染特有のほの優しい空気感も感じられて、絶妙なバランス。

     

     

     素材のコットンは軽やかでサリっとしたハリのあるコットンで、泥染によりまた細かなしわや凸凹が加わり、サラリとした質感が増している。

     

     

     襟の部分は本体と同じコットンの上に、コーデュロイの襟になっていて、このほどよいアクセントがまた素敵。

     

     シックな中に少し遊びがあって、でも上品な組み合わせなので大人っぽいニュアンス。

     

     

     このコーデュロイの畝の細さはとっても好みです。

     

     柔らかさと繊細さがあり、それでいてきちんと畝の凸凹感もわかるぐらい。

     

     14か16ウェルくらい、かなぁと。

     

     

     襟は厚すぎず、野暮ったくないフォルムでコーデュロイがあしらわれているので、スッキリ着られます。

     

     

     ジャケットやブルゾンを上に羽織ったときも、この襟が適度な存在感を出してくれるのが良い。

     

     

     ボディはKUONらしいふっくら感や軽やかさがありつつ、泥染によってシワ感がプラスされて、なおかつ生地がぎゅっと引き締まっている感があるので、シュっとスタイリッシュな空気が漂う。

     

     サラリと羽織りやすく、アウターとしてもインナーとしても活躍できるかたち。

     

     

     左胸にはポケットが。もちろんがっつり染めによる表情、出てます。

     

     

     前たてはカジュアルに、ここでもやはり染めによるこの凸凹感が素晴らしい。

     

     

     ボタンは茶色で合わせて、今回はこれナットボタンのような感じ。

     

     ボタンにもしっかり表情があって、よく合っています。

     

     

     裾まわりは柔らかくラウンドして。

     

     着丈もきちんとあるので、タックインして着ていただくことも可能です。

     

     

     縫製もしっかり丁寧に、そして裏を見てもしっかりがっしり染まっているのがわかりますよね。

     

     この雰囲気、たまりませんよ。

     

     

     肩周りも動かしやすいくらいのゆとりはきちんと。

     

     そしてシワ感もよく入っているので、腕すら表情が良い。

     

     

     KUONさんが好きな、パーツを分けてシャツジャケット的な腕。

     

     

     そしてカフはちょっと小さめでノーブルに。

     

     スクエアな形も綺麗に出ていて、ボタンもここも綺麗に合う。

     

     

     ボタンを開けるとここにもポイントが。

     

     カフ裏もコーデュロイになっていて、襟と同じくちょっとしたアクセントに。

     

     

     こんな風に一重に折るとコーデュロイが表に出て、雰囲気がまた変わる。

     

     そのまま一枚のときに折っても良いですし、上からジャケット着たときにあえてまくってジャケットの上に、コーデュロイを見せながらカフを被せるのも素敵。

     

     

     ボタンをあけて中もしっかり染まって。

     

     ラフな見え方なのに、上品さが漂う。

     

     

     タグもうっすら染まってます。

     

     

     で、サイズ表記やもろもろはこっちの左裾にタグがあるのですが、そうですねこれもがっつり泥染の影響でてます。

     

     でもしっかり一応内容は見えるのでご安心くださいね。

     

     サイズはS・M・Lと入荷しています。基本普段はSサイズの方はS、Mサイズの方はMという具合で綺麗に着ていただけます。タイト目が好きだなという方はワンサイズ落としても着られるかな、というくらいです。

     

     また、泥染ゆえこのタグにももちろんご注意は書いてますが、洗濯時はやはり始め色落ちが考えられますので、色の淡いものとは分けて洗ってくださいね。

     着るときも何回か洗ったりするまでは色の移りもありえますので、色の薄いものとの合わせはお気をつけくださいませ。

     

     

     後ろ姿のこの感じ。すっごく良い表情ですよ。

     

     

     奄美大島の泥染って、なんでこうまで美しいのか。

     

     

     素材によって染まり具合や硬さなども変わるけれども、それぞれに良い具合に馴染んでくれる。

     

     今回の濃いめの染めもまた、味わい深い。

     

     

     化学染料でこの染めの雰囲気は、やはり出ない。

     

     それはCIRCLE店主も自分で染色などをすることも多いから、余計に強く感じること。

     

     天然にはやはり天然のよさがありますね。(もちろん、化学染料にも化学のよさがまたありますが)

     

     

     後ろ姿でここまで語れるシャツは、すごい。

     

     シワ感、凸凹による陰影、色合い、いろいろな味わいがぎゅっと詰まる。

     

     

     離れて見ても、近くでアップで見てもその美しさを堪能できます。

     

     

     今シーズンのKUONのシャツはまた、素晴らしい傑作揃い。

     

     袖を通すとなお、その素敵さ、面白さを感じていただけるシャツです。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      CIRCLE 青山 (09/17)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      ルボナーファン (09/17)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM