<< Workers(ワーカーズ)のD-オックス・モディファイドボタンダウンシャツについて。 | main | CIRCLEのショッパーが、徐々に新しいものに切り替わっていく予定です。 >>
2017.08.12 Saturday

Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その3(さらに新しい色へ)

0

     

     ふと気がつけばサラサラとした雨が降ってきたり、今年の夏の雨は読めませんね。

     

     とはいえ暑い日ばかりではなくて、そこそこの温度の日があったりするのは嬉しいことです。(できれば、湿度もさらに低ければなお良いのですけれども)

     

     去年の夏は店主の水運があまりにもなくて、海に行きたいと思ったら休みの日はことごとく雨に降られ、「じゃあせめてプールに!」と思ったら心無い事件や云々があってプールにも恵まれず。

     

     今年こそ夏に水に入りたいところですが、次のCIRCLEのおやすみの17日(木)の天気に全てがかかっています。晴れて欲しいなぁ。そこまではCIRCLEは毎日ひたすら開いてます。

     どうぞ、宜しくお願い申し上げます!

     

     さて本日は。

     

     定期的に行っている、Circus of Happinessのドラーロシリーズの定点観測。今回はお財布をまた異なる色味に切り替えて、エイジングサンプルを増やしてく過程に突入しましたので、その区切りでの観測。

     

     なかなか素敵なことになっていますので、ぜひご覧いただけたらと思います!

     

     

     Circus of Happinessが現在革小物で展開しているのは、イタリアはワルピエ社のドラーロという革と、ブッテーロを組み合わせた革小物。

     

     ドラーロは大元はブッテーロと同じで、そこに型押しを施してさらにグレージングを施したもの。

     

     型押しだけれど経年変化や艶が楽しめて、買った直後ではなくて使って行ったあとが素敵に変わっていく、珍しい型押し革。

     

     基本はおもて面にそのドラーロを用い、内面には型押ししていないブッテーロを合わせて、ちょっと贅沢な製品に仕上げています。

     

     

     で、昨年の夏前くらいから使い込んできた店主のお財布たちがコチラ。

     

     ミニウォレットをグリーンにて、ギャルソンウォレットをキャメルで使っていました。

     

     正直使い勝手はあまりにも良かったですし、ここから綺麗になってもっと楽しくなるところ!ではございますが、エイジングサンプルというのはそういう地点で「こんな風になっていきますよ〜」というのも大切。

     

     なので、新しいお財布に切り替えて、次の色味のエイジングサンプルを作っていければと泣く泣くここでサンプルへ。

     

     でも、この雰囲気かなり良いと思うのですよね、大したメンテナンスはしないタイプの店主ですが(あ、お客様のものはちゃんとします!!)、それでも素晴らしい雰囲気に育ってくれてます。

     

     

     ワルピエ社のブッテーロ、そしてドラーロもそうなのですが、始めより使ったあとの方が表情が豊かで、光沢に透明感が圧倒的に出てくる。

     

     それが分かりやすく変化として出てくれて、良い具合。

     

     

     ちなみに、使っているともちろん型押しでつきにくいとはいえひっかき傷やザリっと擦り傷などもついたのですが。

     

     「あ〜、傷ついちゃったよ、なんとかならんかな」とぐりぐり撫でておいて、それからしばらく気にせず使っていたら、ほとんどがわからなくなっていました。

     

     革の復元力がしっかりあって、そこはさすがワルピエ……とイタリアを褒めちぎりたくなる瞬間でした。

     

     

     グリーンのミニウォレットは使って1年2ヶ月くらいじゃないかな、と。

     

     色はしっかり深くなっていて、さらに時間をかければもう一段階さらに深まりそう。

     

     そして何より艶はもう、素敵な具合で透明感に溢れて、しっとりしたツヤ感になってます。

     

     

     型押しの表情もより渋くかっこよくなっていて、ドラーロの面白さを再認識。

     

     

     型押しの革だっていうのに、こうして指の反射がしっかり映るレベル。

     

     スムースの良い革なら指が反射で見えるのもわかるけれど、型押しでこんな風になる革ってそうないですよね。

     

     この他にない愉しみが、良い。

     

     

     キャメルの方は、ちょうど1年くらい。

     

     色は黄色味が弱くなってその代わりに茶色みが強くなった感覚。

     

     ちょっと写真で映りづらいですが、キャメルもツヤはしっかり上がってきらめいてます。

     

     

     もっとこれからがさらに楽しくなるところ!だけれど、進み方の方向性が見えるこの段階がエイジングサンプルとしては良かったりもする。

     

     完璧に進みきった状態を見てもらうのも良いのだけれど、それって使っていく愉しみが薄くなると思っています。

     

     人によってエイジングの進み方は違って、誰もがその色や艶になるとも限らないけれど、だからこそ「こんな方向にエイジングしていきますよ」という感じで見てもらって、「そこから先はぜひ使い込んで自分だけの変化として味わってください」という方が、なんかこうあくまでもお店としては面白い気がしている。

     

     

     キャメルだって指、映りますもん。

     

     薄めの色合いで指が映るって、よっぽどです。

     

     

     新品とも比べてみましょう。

     

     上が使い込んだグリーン、下がまだ新品のグリーン。

     

     もう、明らかに色味も違えば、何より光沢の質感の差が歴然。

     

     やっぱりワルピエ社の革はブッテーロにせよドラーロにせよ(もちろん、マレンマにせよ)使う前より使っていった先の方が、美しく迫力もある。

     

     

     中身の入れすぎでふっくらしてるじゃんか!というのはスルーしていただいて(笑)。

     

     さらに二年三年と使い込んでいくと、もっと風合いは深くなり迫力が増していくのは明らかです。

     

     

     見る角度によって光の反射も色合いも異なるけれども、違いはもう分かりやすい。

     

     

     裏面だって、もちろんです。

     

     この色と質感の差はすごい。

     

     まぁドラーロはグレージングも施しているので、始めから綺麗さやある程度の型押し由来の光沢はありますが、それでも使っていくと違いがかなり出てきますね。

     

     

     右が使用したもの、左が新品。

     

     どっちがかっこいいかは好みかもしれないけれど、概ねたぶん、使ってる方が良い雰囲気じゃんかと思っていただけるのではないかと。

     

     

     左が使用したもの、右が新品。

     

     もっとさらに変化させていくのも愉しいですし、もっと違うさらに迫力ある変化を出す方もいらっしゃると思う。

     

     グリーンに限らず、各色でそれぞれの持つ面白さを味わっていただけます。

     

     

     キャメルも新品と比べましょう。

     

     上が使用したもの、下が新品。

     

     ミニウォレットに比べるとエイジングがゆっくりなのですが、色味のトーンが変わっています。

     

     黄色っぽさが無くなって、茶色っぽい感じが色濃く出るようになる。

     

     そして光沢はやはりグンと増していきます。

     

     

     もっともっと使い込むと、さらに茶色のニュアンスが深くなる。

     

     

     良い変化をしつつ、さらに型押しの表情が深く感じられるようになるのが魅力。

     

     使ったらシボ感無くなったよ……という感じはありません。むしろ雄弁に時の流れを語ってくれるように育ちます。

     

     

     より明るいところで持ってみるとこんな違い。

     

     右が使用したもの、左が新品。うん、全然違いますね。

     

     

     左が使用したもの、右が新品。

     

     始めの色味も美しいですが、やはりより深い表情と艶に育つとキャメルも大人の魅力をググっと発揮してくれるように。

     

     

     あ、これはギャルソンウォレットの魅力になりますが、使い込むとこのジャバラ部分の開きが本当にスムースに柔らかくなって、めちゃくちゃ使いやすいです。

     

     使って気がつく、ギャルソンウォレットの便利さ。「便利なんだろうな」がスタートで形作っていったけれども、想像を超える使いやすさがあって、なるほど……と勝手に自分で驚いてました(笑)。

     

     コバは擦れたりもするけれど、そこは少しだけクリームをつけて磨いてあげるとツルツルと綺麗に。

     

     

     そして何がまたすごいってこのホックですね。

     

     丸一年使っても、全くもってホックのパチって感触が弱まる気配すらない。

     

     パチン!と小気味よく音はなるし、しっかり止まる感触はあるし、普通のホックとはまるで違う耐久性というのをリアルに感じます。

     

     これはたぶん、使ったあとのものを試してもらうのが一番なので、エイジングサンプルをご覧いただく時にどうぞお試しを。

     

     通常のホックは1年すぎるとなんとなく少し弱くなり、二年たつとまぁまぁ軽くなっていて、丸三年すぎると「あー、結構弱いな」と感じて、4年すぎるころには「もう交換だな」と多くの方がなるはず。もっと早い人は早いですよね。

     

     このホックの安心感を強く感じるサンプルになりました。

     

     

     そして、新しくエイジングをご覧いただくのは、ミニウォレットでオレンジ、そしてスポットカラーで作ったグレーもロングの方は少し数多めだったので、自分が使ってみたいから使います。

     

     オレンジの経年変化は特に気にしてくださる方が多いですし、またグレーはまだエイジング見本そのものがほとんど世にないはずなので、しっかり使ってみましょう、と。

     

     

     始めはこんなでした、という意味合いで。

     

     

     それぞれの色合いを記録していきたいと思います。

     

     

     オレンジは明るいオレンジ。これが熟れた柿のような色合いに育つのが定番だけれど、店主が使ってどう育つのかはまたおいおい。

     

     グレーはトープに近い茶色味も見え隠れするので、茶色っぽい変化を遂げていくのは明白ですが、でもどんな過程を通っていくかのおおまかな方向性をご覧いただきたいな、と。

     

     ちなみにロングは数まだそれなりにありますが、ミニウォレットのグレーは在庫わずかなのでグレーを狙っている方はミニは特にどうぞお早めに。

     

     基本スポットカラーなので再生産はしません。よほど、数年後とかに「あ〜、また作りたいわ〜!!」とならない限り。

     

     

     中身を移し変えました…………パンッパンですね(笑)。

     

     

     すでにまるんと丸みを帯びるウォレットたち。

     

     ヘビーに使って、柔らかく使いやすく早く育って欲しいものです。

     

     

     まぁ、育ったら育ったで「まだ他の色のエイジングが……」となるので、寂しいことになるわけですが、でも良い色の変化を見ていただけるように頑張ります。

     

     

     明るいところで撮ると、ちょっとグレーにある茶色みを感じる風にも。

     

     この辺りは、照明の当たり方などで微妙に見え方変わります。

     

     

     まずは年内使い込んでみてと思っていますので、どうぞお楽しみに。

     

     

     こちらのオレンジの方が、変化は早いと思います。

     

     

     毎日毎日、ヘビーに使うので。

     

     

     上二つから、下二つへ以降します。

     

     エイジングの定点観測も、下二つの観測に移っていきます。

     

     魅力的な変化を見せてくれるドラーロ、引き続きお楽しみいただけたら幸いです。

     

     

     と、ちょっとおまけのご案内。

     

     Facebookではすでにご案内しておりますが、店頭にテルコ雑貨店のノートたちが戻ってきました。

     

     前にはなかった種類の罫線バージョンも増えたりしながら、色鮮やかに豊富な種類で。

     

     

     イベントの中で在庫がかなり動いて、あと1冊だけとか数冊で終わり、というノートももろもろいます。

     

     

     どうぞこちらもまた、お楽しみいただけましたら幸いです。

     

     宜しくお願い申し上げます!

     

     

     

     CIRCLE

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      CIRCLE 青山 (09/17)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      ルボナーファン (09/17)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM