<< 夏真っ盛りのCIRCLEの、アパレル夏物について。 | main | Workers(ワーカーズ)のD-オックス・モディファイドボタンダウンシャツについて。 >>
2017.08.10 Thursday

Workers(ワーカーズ)の6オンス・長袖ヘンリーネックTシャツについて。

0

     

     昨日、今日とお盆シーズンゆえの臨時オープン日としてCIRCLEは営業をしておりましたが、それぞれの日で様々なお客様がお足運びくださり、本当にありがとうございます。

     

     こういった連続オープンの時期は普通のときとはまたちょっと違うテンションだったりもして、店主もついたくさんの話をしてしまうこともありますが、やんややんやと愉しんで夏を過ごせたら素敵だなと思っています。

     

     明日は山の日で8月初の祝日。山登りは好きです。登っているときはもう二度と登るもんかと思うけれど、登り切ったり目的地に着くと、「あー、このために頑張るのも悪くないな」とまた思ったりして。

     

     山の日、このところの気候を鑑みるとおいそれと「山に行きましょう!」とはちょっと言い難いけれども(あまりに突然異常な天気になったりするので)、せっかく祝日になったのでお盆シーズンとくっつけて愉しんでくださいね。

     

     さ、今日は意外と涼しい日にはすぐにでも使えて、秋冬のインナーに大活躍してくれるWorkersさんのヘンリーネックTをご案内です。

     

     

     ヘンリーネックはこれまでほとんどCIRCLEでは取り扱いませんでした。嫌いなわけではなくて、どことなく素材や見栄えが今じゃない気分が続いていたので。

     

     でも今年はまるで逆で、ものすごく「ヘンリーネックな気分」が溢れていて、シンプルにさっと着るのも良いし、上にベストを羽織るのも素敵だし、ジャケット着てもシャツ着ても良いし、と思っていた。

     

     そんな最中にWorkersさんが秋冬でちょうどヘンリーネックを作ってくれて、しかもその雰囲気がクラシックなのだけれど野暮ったくないバランスだったもんだから、なんとも嬉しいタイミング。

     

     ということで、便利に使いやすいヘンリーネックT、入荷しました。

     

     

     首の開き具合やボタンの数に質感、それと全体の生地感のバランスがとっても良いヘンリー。

     

     なんというか、普通に巷で溢れているヘンリーネックってどこかこう「肌着感」が強く出てしまっているものが多いと思っています。

     

     もちろんファッション的に作っているものはあれども、その肌着感から抜け出せてないように思えて。

     

     でも今回のWorkersさんのヘンリーネックはその「肌着感」がなくて、カットソーとしてしっかり綺麗。

     

     

     ルボナーの松本さんがまたヘンリーネックを着て、その上にベストを着て過ごしているのを見て、その感じがまた素敵だった。

     

     若き学生さんはもしかしたらピンと来ないかもしれないけれど、シックで落ち着いた大人の雰囲気を出すには、このバランス感のヘンリーは最適かなと感じています。

     

     厚すぎず薄すぎず、柔らかいけれどテロテロすぎない。

     

     でもどこかきちんと力は抜けていて、ふわっと気楽に着られる。

     

     

     そんなわけで、今年のCIRCLEにはヘンリーネックが並びました。

     

     早い時期には一枚でサラリと、秋冬にはしっかりインナーで楽しんでいただけると思います!

     

     

     Workers 6オンス 長袖ヘンリーネックTシャツ グレー ¥7,500+税

     

     色ごとにご案内してまいりますが、まずは霜降りというか杢グレー。

     

     この杢感がとってもよくて、グレーの色合いも明るすぎない感じでシックに着やすい。

     

     

     生地は6オンスの天竺になっていて、ペラっとはしないけれどゴツっと肉厚すぎもしない。

     

     適度にインナーとして使いやすく、それでいて1枚で着てもダランとしすぎない感覚。

     

     春夏には1枚でほどよいですし、秋冬には絶妙な暖かさもあるので、一年を通して活躍できるはず。

     

     

     ヘンリーネックは首からボタン部分へのバランスが、キュッとミニマルである方が見栄えが良い。

     

     ここにゆとりがありすぎたり、やたら強調されると野暮ったく見えやすい。

     

     でも今回のヘンリーは大丈夫。

     

     

     ネック部分はあえてシンプルに仕上げられていて、そこがノーブルさにつながる。

     

     

     もともとボタンを外して首を通せるので、ヘンリーの首は通常のクルーネックTなどより型崩れはしにくい。

     

     それならスッキリと見せて首回りが主張しすぎない方が、すっと上着を合わせやすい。

     

     

     前たてもくどくない感じにスッキリと。

     

     

     ボタンは二つボタンで、このボタンにはしっかりこだわりを。

     

     白のタイプはヤシのボタンです。

     

     さりげなく碇マークも彫られているボタンですが、ここもさりげないくらいだから良い。

     

     これで碇部分に色が入っていたりしたら、まず野暮ったい。でもこうして削られているだけだと、適度なアクセントで気持ちいい。

     

     

     ボタンを外すと、ホール側の裏にはしっかり補強が。

     

     ヘリンボーンのテープで施されているので、ここもグダグダになりにくくて強くなってます。

     

     

     ボタンは閉めていても、開けていても良い感じに着れます。

     

     

     タグはおなじみのランキャットタグ。

     

     サイズはCIRCLEではSmall(S)とMedium(M)を入荷しています。

     

     全体的は少しゆとりがあるふわっとしたフォルム。

     

     SサイズはS〜タイトMくらい、MサイズはM〜タイトLくらいの感覚で良いと思います。

     

     

     ボディ部分は極めてシンプルに。

     

     柔らかでほっこりした着心地が良いです。

     

     

     裾周りはいわゆるTシャツの感じ。

     

     

     でももちろんですが、端処理などの縫製はすごくしっかりしてます。

     

     

     はじめからしっかり柔らかさがありますが、着込んで行くとさらにこれは柔らかさが出て、肌馴染みがよくなる感覚です。

     

     

     アームホールもシンプルに、でも動かしやすいように狭すぎず。

     

     

     適度にゆとりを保ちながら細くしていってます。

     

     

     そしてキュッとしたと思ったら、袖の先はリブに。

     

     

     ここのクラシックな感じがまた、一味あって面白い。

     

     特に秋冬インナーとしても使うときには、ここでキュッと締まるのはまた機能的にも嬉しい。

     

     

     リブ部分がまたしっかり凝って編まれていて、ちょこちょこと模様が織り込まれます。

     

     先の方は2本のラインが、そして根元の方にはヘリンボーン的が模様。

     

     

     リブはそのまま着ても、もちろんこうしてまるっとまくってもいい。

     

     これは長さ調整をかねてお好みで。

     

     

     もちろんこうして細くしても良いですしね。

     

     

     そして個人的に地味に気に入っているポイントが、この袖の縫い合わせ部分。

     

     他の縫製部は通常のやり方なのに、この袖のつなぎだけなぜかフラットシーマで行われていて。

     

     同色なので思い切り目立つわけではないですが、本当にちょっとしたアクセントになってくれているのが素敵です。

     

     

     後ろ姿はもう、シンプルにTシャツそのもの。

     

     

     気軽にざっくり着てあげてほしいヘンリーです。

     

     

     このグレー感、なんだか良いんですよね。

     

     

     Workers 6オンス 長袖ヘンリーネックTシャツ ホワイト ¥7,500+税

     

     続いては、ホワイト。名称はホワイトなのですけれど、これ真っ白な白ではなくてどちらかといえば生成りやオートミール。

     

     自然な風合いを残した色合いのオフホワイト系で、着込んで行くとまた少しずつ色が変わっていくであろうパターン。

     

     ちょっとしたムラ感のある部分なども素敵な色味で、これものすごく好み。

     

     

     白いんですけれど、優しい。そしてちょこちょこと落ち綿とかによくある粒とかも見えたりして、この自然な風合いが良い。

     

     古着の生成りの感じに近くて、これは独特な雰囲気が出しやすい。

     

     

     真っ白だとやはり肌着感が出過ぎる。でもこの色のおかげでやっぱり野暮ったくない。

     

     首回りのスッキリさとも良くあっていて、絶妙な塩梅。

     

     

     この色の方が、首のステッチなどはグレーより見やすいかもしれませんね。綺麗な運針。

     

     

     型崩れはしにくいですが、長年たっくさん着込んで行ったらコレ、贅沢な部屋着にも良いですもの。

     

     

     こちらも前たてシンプルに、ボタンは白。

     

     

     ヤシボタンの風合いがとっても良い。ボディの色合いにもマッチしている。

     

     

     見えづらいですが、もちろん裏に補強はしっかり。

     

     

     素敵な表情で、上にやはりベストを着たくなる。

     

     

     こちらもサイズは同様です。SとMで入荷。

     

     

     ボディのゆったり感はダボダボとはまた違って、ストンと滑らかな雰囲気。

     

     

     何よりこのカラーはもう、生地の風合いを味わってほしい。

     

     

     作りはしっかりしているので、安心して着倒してください。

     

     

     上にしっかりモノが着れるくらいの腕の太さ。

     

     

     優しい色合いは、実はボトムスは選ばず合わせやすい。

     

     

     袖のリブの感じもたまらない。

     

     

     模様がはっきり見えやすいですね。

     

     

     もちろんこのフラットシーマ部分もよし。

     

     

     シンプルなヘンリーネックTなわけですが、地味に細かいところがやっぱりWorkersさんらしい。

     

     

     ふわっとしなやかで柔らかな感じを味わってくださいね。

     

     

     Workers 6オンス 長袖ヘンリーネックTシャツ ネイビー ¥7,500+税

     

     最後に、これはもちろん外せませんよの定番カラー、ネイビー。

     

     青みがきちんとあるネイビーで、濃すぎない感じ。

     

     またこれまでの2色とも雰囲気が変わって見える。

     

     

     生地の重さなどは基本一緒なのだけれど、ほんのごくわずかにネイビーの方がハリがあるように感じる。

     

     それは糸の染色によるものなのかもしれないけれども、その微妙な差も色のイメージ通りで面白い。

     

     

     ぐぐっとシックな感じがまた。

     

     綺麗に合わせやすく、使いやすいカラーだと思っています。

     

     

     首もとの上品さが、野暮ったさを感じさせない。

     

     

     首元をキュッとしてもヘンリーはボタンを外して脱ぎ着しやすい、というのは良いポイント。

     

     

     よりシックな感じもする、ブラックのボタンに。

     

     

     ブラックのタイプは水牛ボタンです。

     

     こちらも碇マークは削りでできていて、主張しすぎないのが良い。

     

     にしても、ヘンリーネックのTシャツでボタンが水牛とかヤシって、なんとなくちょっと贅沢感ある。

     

     でもこのプライスでうまいこと抑えているのは、さすがのWorkersコストパフォーマンス。

     

     

     裏の補強はこんな風に。表からはもちろん見えません。

     

     

     ネイビーは落ち着きある雰囲気が一段とする。

     

     

     サイズはこれまで同様、SとMで入荷です。

     

     ちなみに、入荷直後にネイビーは旅立っていったりもして、嬉しい限り。

     

     

     着込んでいくと、きっと良い意味での古着っぽいかすれ感も出てきそうな。

     

     

     インナーにせよ1枚にせよ、着こなしやすいカラー。

     

     

     縫製の部分を見るのが、好きです。

     

     

     カットソーやTシャツの肩周りは、動かしやすいにこしたことはない。

     

     

     全てノンウォッシュなので洗うとわずかに縮みますが、着るとその分伸びて落ち着きます。

     

     度が詰まった天竺なので、サイズ感はそこまで着て洗ってを繰り返しても変動が少なめです。

     

     

     リブも良いのだけれど、実はそのリブに行く直前の、ぎゅぎゅっとギャザーのよる感じがもっと好き。

     

     

     模様がまた見やすい感じで撮れました。

     

     

     たぶん普通はどうでもいいのかもしれないけれど、やっぱりここの縫製部が素敵だと思います。

     

     

     Tシャツだけれど、ちょっと洒落感にこだわったTシャツ、という具合で楽しんでいただきたいです。

     

     

     Workersさんのスタイリングにて、グレーはこのように。

     

     ボトムスはデニムでもチノでも合うと思う。

     

     

     ホワイトのこの感じ、良いでしょ。

     

     デニム合わせも良いでしょうし。ウールツイードとかと合わせても雰囲気でそう。

     

     

     ネイビーはもう安定感が抜群です。ボトムスに何持ってきてももちろん大丈夫。

     

     

     と、このような具合でとっても便利に使っていただきやすい3色で、バランスの良いヘンリーになってます。

     

     「やっぱり今年はヘンリーネック良いよね」という方はぜひ、この上品な感じをお愉しみいただけたらと思います。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • Circus of Happinessのセミロング・ギャルソンウォレットについて。(ドラーロシリーズ)
      CIRCLE 青山 (07/17)
    • Circus of Happinessのセミロング・ギャルソンウォレットについて。(ドラーロシリーズ)
      ateliertte (07/17)
    • CIRCLE3周年の特別製akihamaアクセサリーについて、その1(ネックレス編)
      CIRCLE 青山 (06/23)
    • CIRCLE3周年の特別製akihamaアクセサリーについて、その1(ネックレス編)
      樹 (06/18)
    • ル・ボナーさんより届いたパパスショルダーの愉しさ。
      CIRCLE 青山 (01/23)
    • ル・ボナーさんより届いたパパスショルダーの愉しさ。
      谷地雅枝 (01/23)
    • CIRCLEよりとても大切なご案内です。1月後半より、定休日を変更させていただきます!!
      CIRCLE 青山 (01/15)
    • CIRCLEよりとても大切なご案内です。1月後半より、定休日を変更させていただきます!!
      ハセ川 (01/15)
    • 久しぶりに、ル・ボナー製品の在庫状況について。
      CIRCLE 青山 (12/16)
    • 久しぶりに、ル・ボナー製品の在庫状況について。
      服部蒔士 (12/16)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM