<< 7月のCIRCLEの営業予定のご案内です。(どうぞ、お目通しくださいませ) | main | こっそり、ちょっといつもと違うポンテについて。 >>
2017.07.02 Sunday

辻和金網さんの手編み銅製コーヒードリッパー、久方ぶりに入荷できました!!

0

     

     色々と店舗として考えることが改めて多かった、ここ数日。

     

     なんやかやと、やっぱり胸のどこかで違和感があることはしないことにして。パキっと「それでいこう!」と割り切れる方向を向いていこう、と感じた今日。

     

     今CIRCLEは4年目。

     

     丸5年、いわゆる5周年を迎えることができたなら、きっと素敵だろうなと今からそこに想いを馳せています。無論、その前には4周年があるわけですが。

     

     変わりながらも変わらず、進んでいきたいと思っています。

     

     さて本日は!

     

     久しぶりの、そして待っていましたこの出来上がり。店頭にはやはりこれが必要です。

     

     辻和金網さんの手編み銅製コーヒードリッパー、仕上がって届きました!

     

     

     発注はずいぶん前に出していたけれど、いかんせん時間がかかるので数ヶ月たってようやく出来上がってきた子たち。

     

     辻和金網さんは家族経営というか、職人家族と言いますか、まさにそういう規模感でリアルに作っているため、毎月毎月作れる種類や量には当然限界があります。

     

     特に手編みの工程がほとんどのものとなると、なかなかたくさんは出来ない。

     

     今はおじいちゃん、お父さん、息子さんと珍しいと思うけれど3代が一緒の空間でものづくりを進めるという、すごいことになっていて。

     それでもおじいちゃんは修理などで手がいっぱいになることも多いし、息子さんはまだ手をかけれる種類は少なめとなると、メインでドっと作るのはやはりお父さん。

     

     全身をかけて編み込んでいく辻和金網の手編み製品。CIRCLEの思うコーヒーには欠かせない、手編みの銅製コーヒードリッパーがまた少しずつ出来上がりました。

     

     

     辻和金網 手編み銅製コーヒードリッパー 小サイズ(1〜3人用) ¥5,000+税

     

     サイズは2種類で、いずれもメインの銅ドリッパーの部分が手編み。

     

     小サイズは1人前〜3人前くらいの間で基本は使うサイズ。

     

     豆の量で言えば10グラム〜36グラムくらいまでかな、と。

     

     

     

     辻和金網 手編み銅製コーヒードリッパー 大サイズ(3〜5人用) ¥6,500+税

     

     大きいサイズの方は、3人分〜5人分くらいを基本とするサイズ。

     

     豆の量で言えば、28グラム〜48グラムくらいまでは大丈夫かなと。

     

     もちろん、少ない分には20グラムとか12グラムでも使えなくはないけれど、お湯を注ぐのがちょっと大変になるので、少ない量で淹れる場合はやはり小サイズの方が良いです。

     

     

     銅の手編みは相変わらずとても綺麗に。

     

     良い具合にハニカム柄を描きながら、円錐のように編み込まれていく。

     

     

     さらに細い銅線も用いながら、ぎゅっと編み込んで作っていく。

     

     ドリッパー部分は黙々と手作業の世界。

     

     この手の込んだ作りが、もう見栄えとしても素晴らしい。

     

     

     赤っぽい銅色の素敵なこと。

     

     そしてもちろん、使い込んで深い色合いにずんずん変わっていくのも、素敵なポイントです。

     

     銅鍋といい銅の卵焼き焼くアレといい、どうしてこうも素敵なのか。

     

     時間を経て、使う人の時の流れとともに、さらに素敵さを増していく。

     

     

     もちろん抽出に慣れると味わいもコントロールしやすく、こっくり深くまろやかにも入れられるし、すっきり爽快にさっぱりとも淹れられる。

     

     見た目の機能が良い具合にバランスよく備わったドリッパーだと思います。

     

     使うペーパーはハリオやコーノ式の円錐型ペーパーにて。小サイズには小サイズ。大サイズには大きいペーパーで。

     

     

     大小のサイズはこのような具合に。

     

     隣にあると一目瞭然でどんと直径も違います。

     

     それぞれに適切な豆の量の範囲の方が、抽出はしやすいです。

     

     あまりに多すぎると新鮮なコーヒー豆でお湯を吸って膨らんだ時に。紙以上に膨らんでしまってこぼれたりする可能性。

     

     少なすぎると今度は、円形に広がった豆にお湯を注ぐ際に、円の真ん中の方を捕らえにくく紙にお湯を注いでしまったりうることもあるので。

     

     

     高さもこうして違います。

     

     付属してくるステンレス製の台座ももちろん大きさがそれぞれ違います。

     

     大の方が、わかりやすく背が高いですね。

     

     

     長く使い込んで、ぜひそれぞれの銅色に育ててもらいたいものです。

     

     耐久性もしっかり高いので、そう簡単に壊れません。

     

     じっくり長く楽しんでもらいたいドリッパーです。

     

     

     コーヒー豆もCIRCLEは改めて揃ってます。

     

     夏でも暖かいコーヒーはもちろん、アイスコーヒーも美味しく淹れたい。

     

     味わいそのものも大切なのだけれど、やはり淹れている時の雰囲気や気分で、一層美味しく感じるということもあるのだと思います。

     

     きっと辻和さんのこのドリッパーは、そういう意味でも素敵に日々を彩ってくれるはずです。

     

     今回の分もぜひお愉しみくださいませね。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      CIRCLE 青山 (09/17)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      ルボナーファン (09/17)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM