<< KUON(クオン)のさらりふんわり、刺し子織り半袖カットソー(シャツ)について。 | main | 辻和金網さんの、美しき手編み銅製コースターについて。 >>
2017.05.09 Tuesday

Workers(ワーカーズ)のインド手織りカディ・半袖ワークシャツについて。

0

     

     明日明後日はなんだか久しぶりにおやすみをいただくので 、少しゆっくり目の保養でもしようかなと思っています。

     

     目の保養と思っていろいろ見に行くと、なんやかやで仕事のことを考えてしまうのはありますが、やはりおやすみにもろもろ見に歩けるのは大事。

     

     美術館や博物館を巡ることは、仕事でも趣味でもなく、もはや生活の一部とかしている気もします。時間があればふと「今はなんの展示やってるっけな」とまず考えたりする。

     

     日本の展示はもちろんだけれど、世界の美術館と博物館をもっと見てみたいという欲はある。一泊二日とかで弾丸でいければいいのになぁなんて、さすがに厳しいことをたまに考える。

     

     明日は、良い展示が見られたら良いなぁ。雨だけが心配です。

     

     さ、本日はと言いますと、この夏に気持ちいい半袖シャツ、昨日のKUONに続き、今日はWorkersさんより。

     

     インドの手織りカディを用いたシャツは、やっぱり軽くて気持ちいい。半袖も、素敵な出来なんです。

     

     

     インド手織りカディと言えば、ブルーのストライプでふわっと軽く、ごく薄手のシャツとして長袖をすでにご案内しています。カディについてのおおまかな部分は、ぜひそちらのブログもご覧いただければと思います。(もう、サイズ15の一枚しかないけれど、サイズ合う方はぜひ)

     

     糸から手紡ぎ、そして手織りで少しずつ少しずつ織っていくカディは、よくもわるくもハンドクラフト。織りそのものは密度も甘めで、ふんわりと。

     

     軽やかで柔らかくて、涼しい。でも、織りムラはかなりあるし、日本の規格ではオーケーが通らないような傷や穴もあったりする。

     

     でも、そのカディが気持ちいい。贅沢といえば贅沢な素材ですし、そのムラ感も楽しんでいただかなければいけない素材だから、なかなか大手はシャツには出来ないと思うけれど。

     

     夏に着ると爽やかでサラリとして。素敵な一枚です。

     

     

     長袖と同じく3オンスほどと極めて軽い。

     

     でも長袖よりはわずかに厚さというか、生地の密度とハリを感じます。

     

     長袖はガーゼシャツ的な薄さだったけれど、これは薄めのシアサッカーくらいな感覚かもしれません。でもなんにせよ薄くで、軽くて、爽やかで涼しい。

     

     

     淡めのグレーっぽい色合いのチェックは、決して派手な感じではなく、シックに。

     

     落ち着いた風合いでありながら、暑い感じはない爽やかチェックです。

     

     

     織りムラは当然あります。カディに関しては、そのあたりはご了承くださいね。

     

     

     こういう感じもあったりする。でも、それがカディの面白さでもある。

     

     

     Workers インド手織りカディ 半袖ワークシャツ ¥14,000+税

     

     長袖のボタンダウンとは異なり、半袖はワークシャツです。

     

     よりカジュアル感がしっかり出ていて、夏の半袖としてはすごく着やすい。

     

     

     でも襟はさほど大きくなくて、ちょっとコンパクトな感じが素敵。

     

     夏場の暑い時期に襟が大きすぎるとちょっと暑苦しいですし。

     

     

     そして、ワークシャツなのでステッチが太めで、かつピッチも少し広め。

     

     このザクザクとした感じがまた、カディの独特なシワ感も生み出していて面白い。

     

     

     首元には、チンストラップがついてます。

     

     まぁここまでキュッと留めるかどうかはともかく、ワークシャツとしてのかわいいディテール。

     

     

     タグはワーカーズさんの防縮だよ、のサンフォライズドタグ。

     

     サイズは13.5(XS〜タイトS)、14.5(S〜タイトM)、15.5(M〜タイトL)の3種で入荷してます。

     

     ワークシャツではありますが、ズドンと大きい感じのパターンではなくて、結構細身な感じなのですっきり着られます。

     

     

     両胸にはポケット。この辺りのワーク感。

     

     

     右胸も。

     

     

     左胸も形は同じく、ホームベースのボタンつきポケットです。

     

     

     そして前たては別布がまたついて縫ってある、カジュアルな感じ。

     

     ワークシャツとしてはもちろんこの方が良い。洗いこんでいくと、この部分がちょっとパッカリング的にシワ感が出てきたりするのも素敵だ。

     

     

     そして、今回のボタンはWorkersさんオリジナルの、14ミリという絶妙なサイズの貝ボタン。

     

     しかもよくある高瀬貝とかではなくて、より真っ白く、それでいてよーく見るとその白のマーブル加減の光沢が美しい貝ボタン。

     

     このボタン、良いんですよね、個人的にすごく好きです。使いたいくらい。

     

     

     あ、忘れてました、左胸のポケットにはペンポケットついてます。

     

     ヴィンテージの小さめなペンとか刺さってるとかっこいいなぁ。

     

     

     ボディは決してぎゅっと絞っている感じではありませんが、全体的にそこまで大きくなく、スッキリ。

     

     生地がふわっとしているので、それでも窮屈感なくふんわり綺麗に着られます。

     

     

     この裾のラウンド加減がとても良い。丸く、滑らか。

     

     

     そして脇の部分の縫製は3本で、そしてはみ出して。

     

     これは縫製ミスとかでなく、こういう仕様の縫いなのでご理解を。基本ありませんが、万が一のためにもちゃんとその上にカンドメされてます。

     

     

     ワークシャツはこのステッチ加減くらいが良いですね。細かすぎると、ワークシャツじゃなくなってしまう。

     

     もっと着て洗っていくと、裾まわりのデコボコ感もさらに出て良い感じになっていくはず。

     

     

     袖はセットインでアームホールは細すぎず。

     

     

     要所要所は3本針のステッチで、ワーク感しっかり。

     

     

     腕周りはしっかり動きやすいくらいのゆとりを設けて。

     

     

     袖先の処理もしっかり折って縫ってくれてるので。

     

     

     もちろんこうして一つ折り曲げて、ちょっと袖にボリュームをもたせても良い。

     

     半袖シャツはなんだかこうして袖にボリュームを出した方が、綺麗に見える気がしています。

     

     

     このシャツの魅力はもちろん、なによりカディの質感。

     

     薄くて柔らかくて、ちょっとだけサリっとした感じもする。この涼しげな素材感はたまらない。

     

     

     長袖のタイプほど透け感は強くないようにも。

     

     

     そして後ろも見ていきましょう。

     

     

     ヨークの部分なども3本ステッチが効いていて、良い見栄え。

     

     

     ここがよりデコボコとして陰影が生まれてくると、よりワークっぽくてかっこいい。

     

     これはもう、着る人だけが見られる経年変化の味わい。

     

     

     タックはなく、シンプルにすっきりした背中。

     

     

     そして裾まですーっと。

     

     後ろはとってもシンプルですが、夏にはそれくらいで良い。

     

     

     こういう感じですね、ワーカーズさんのスタイリング。

     

     こちらでも袖はまくりあげてますね、少し。うん、この袖ボリューク感のほうがなんだかしっくりきます。いやもちろん、普通に着てもらっても綺麗なんですけどね。

     

     ボトムスはあまり選ばず、基本ほとんどなんでも夏場に履くものは合わせられる便利さ。

     

     

     カディ独特の味わいを感じながら、夏に涼しく軽やかに楽しんでくださいね。

     

     今年の夏も、きっと暑いでしょうから。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      CIRCLE 青山 (09/17)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      ルボナーファン (09/17)
    • Circus of Happinessのセミロング・ギャルソンウォレットについて。(ドラーロシリーズ)
      CIRCLE 青山 (07/17)
    • Circus of Happinessのセミロング・ギャルソンウォレットについて。(ドラーロシリーズ)
      ateliertte (07/17)
    • CIRCLE3周年の特別製akihamaアクセサリーについて、その1(ネックレス編)
      CIRCLE 青山 (06/23)
    • CIRCLE3周年の特別製akihamaアクセサリーについて、その1(ネックレス編)
      樹 (06/18)
    • ル・ボナーさんより届いたパパスショルダーの愉しさ。
      CIRCLE 青山 (01/23)
    • ル・ボナーさんより届いたパパスショルダーの愉しさ。
      谷地雅枝 (01/23)
    • CIRCLEよりとても大切なご案内です。1月後半より、定休日を変更させていただきます!!
      CIRCLE 青山 (01/15)
    • CIRCLEよりとても大切なご案内です。1月後半より、定休日を変更させていただきます!!
      ハセ川 (01/15)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM