<< ル・ボナーさんのちょっといつもと違う、キーケース・ポンテについて。 | main | Workers(ワーカーズ)のインド手織りカディ・半袖ワークシャツについて。 >>
2017.05.08 Monday

KUON(クオン)のさらりふんわり、刺し子織り半袖カットソー(シャツ)について。

0

     

     ゴールデンウィークを通してお客さまからよく「オリジナルはこれから何作るの?」というお声をいただきました。

     

     CIRCLEは小さいお店のわりに、やらたとオリジナルのものを作りたがるのでちょっと変なのかもしれません。

     

     オリジナル製品は企画から制作にかかるまでが、なかなかに時間がかかる。それはもちろんデザインや構造的な考えもそうだし、素材探しもそうだし、サンプルアップを重ねていく場合も多いので。

     

     結構今年は頑張っている方だと思うのだけれど、もちろんもっと頑張って!ということなのだと思う。大変なことだ、と思いつつも、「そんな風に期待をかけてくださるのは嬉しいことだな」と改めて感じたゴールデンウィークでした。

     

     さて本日は。

     

     今日から半袖のアパレルも順次、さらにご案内を。

     

     まずは、さらりふんわり心地よい、KUONさんの素敵な雰囲気の半袖です。

     

     

     昼間に関して言えば暖かい日がずいぶん多くなって、そろそろやはり半袖をいろいろ考えなければ!という方も増えてきた気がします。

     

     夜はまだ相変わらず意外と冷えて、長袖やスプリングコートを店主は手放せない感じなのですけれど、心地よい半袖もそろそろさらにご案内をしていきたいな、と。

     

     KUONさんの刺し子織りを用いた半袖カットソーというか、半袖シャツと言いますか。

     

     これがなかなかに、ふんわりした感覚が良い感じに出来上がってます。

     

     

     この半袖シャツは、KUONのファーストシーズンでは襤褸で基本的には作られました。

     

     今シーズンも襤褸でも作られたのだけれど、襤褸の価格がすごいことになっていて、なかなかなお値段にプライスアップされていたので(片手です)、CIRCLEは入荷せず。

     

     その代わりに、今シーズンからのもう一つのアイコン的な感じもする刺し子織りで作られたバージョンが、あまりに良い感じだった。

     

     

     刺し子織りの生地は国内でただ一人だけが動かせる織り機でおられる、オリジナルの生地。

     

     生地としてはコットンなわけだけれど、高級なコットンや麻どころか、ウール、いやなんやかやで軽いメルトンよりも高級な素材だったりする。(生地単価を聞いて、おぉ……と唸る)

     

     でもその風合いは言わずもがな良くて、この半袖シャツになるとまた軽さがあって心地よい塩梅になっています。

     

     

     KUON 刺し子織り 半袖カットソー(シャツ) ホワイト ¥35,000+税

     

     今回の刺し子織りは2色で作られましたが、まずはホワイト。

     

     全体を見ると、ちょっと凝ったTシャツのような雰囲気もある。

     

     ふんわりとほのかにバルーンシルエットっぽくなっていて、柔らかく軽やかな空気。

     

     

     タイトに着るシャツではなくて、ちょっとふわっと羽織る感じで着る半袖シャツ。

     

     でも昨年の襤褸のタイプより、ちょっとだけシュっとした感じのフォルムにもなったような。

     

     

     シンプルに1枚でも着られるし、下にカットソーを着ても良いし、長袖シャツを仕込むのも良い。

     

     Tシャツとも言えるし、シャツとも言えるし、なんとも表現が難しいけれど、独特な使い勝手の良いカットソーに。

     

     

     シンプルに見えて、結構いろいろ細かいことはしていて、ギミックもちょこちょこ。

     

     それをさらっと着こなすのが気持ち良い。

     

     

     刺し子織りの柄は、遠くから見るとシンプルな柄に見えて、近くにくると複雑な織りが感じられる。

     

     デコボコ感の表情もまた美しく、ドレープができた時のシワの動きや影も綺麗。

     

     

     ゆったりめにクルーネックのカットソー。

     

     この顔もどこか優しさが漂う。

     

     

     首回りは決して狭すぎず、下に着るものをほどよく見せることもできる。

     

     シャツを下に着れば、襟もちゃんと出せるくらい。

     

     

     綺麗なラインです。

     

     リブではなく生地を折り返して縫い上げているので、だらしなくビロンと伸びてしまう心配はありません。

     

     

     肩のラインは滑らかに。肩幅は狭すぎず。プルオーバーのかぶりタイプなのでキツすぎると、脱ぎ着もしづらくなってしまうので。

     

     

     ボディはバストあたりはふっくらとゆるやかに。

     

     そこから裾にいくに従ってほんのり細くなっていくシルエット。

     

     この感じがまた柔らかさが出ていて良い。

     

     

     裾までいくとキュッと。

     

     でも小さくすぼんでいるというほどではなく、ふんわり感は裾にも残ります。

     

     

     気軽に、サラリと着こなすのが素敵だと思うシャツ。

     

     

     裾は折り返してやはり縫い上げて。

     

     折り返し分を多めに取られているので、適度に裾に重みがかかり、ボディのふんわりした感じがしっかり出て、生地も揺らぐようになっている。

     

     KUONさんのものづくりのこういう感じが、好きだ。ここを細くするか太くするかだけでも、服の出来上がりが確実に違う。デザイナーがそれを意識しているのかいないのかは分からないけれど、「そうなってて欲しいな」がきちんとなってる。

     

     

     そしてこちらは右脇部分に、結構大きくファスナーがついています。

     

     これを閉めた状態ですと、これまで見ていただいたようなふんわりほんのりバルーンなシルエット。

     

     

     これを思い切って開けると。

     

     

     裾がヒラっと広がり、シルエットがまた変わります。

     

     今度はボディから裾がストンとそのまま落ちるようなフォルムに変わる。

     

     こうして表情を変えながら着るのも良い。

     

     そして広く横が開くことで、脱ぎ着もかなりしやすくなる、という。

     

     

     袖はセットインスリーブで、アームホールは適度に広めです。

     

     やはりかぶりのシャツなので、ここがせまいとしんどいですから。

     

     

     ふんわりしながらも、袖先までちょっと細くなっていく。

     

     

     袖も処理は期待通りに。

     

     

     だから、こんな風に縫い目分だけ袖を一度折り返して着るのも良いと思っている。

     

     袖先にボリューム感が少し出て、スタイルを作った時にメリハリが出来て美しい。

     

     

     ブランドネームは背中部分に。

     

     サイズ表記はここでなく左裾の製品表示のところに。

     

     SサイズとMサイズで入荷しています。基本的には普段の洋服がSの方はS、Mの方はMで良いと思いますが、「タイトに着たいんだ!」という方はあえて下げても着れなくはないと思います。

     

     逆にできる限りぼわっと着たい、という場合はサイズアップしても綺麗です。

     

     

     後ろ姿はこんな風に。

     

     シンプルにふんわり丸い感じ。でも縦長にシュっともしている。

     

     

     刺し子織りの柄は、離れてみるとまた独特な雰囲気で面白い。

     

     

     近づくと複雑な柄が現れて、良い存在感。

     

     

     着て洗ってを少ししていくと、もっと生地がふんわりして面白いはず。

     

     

     背中の表情。これまもまた綺麗で。

     

     

     背の真ん中はスリットが入って、ちょっと動きやすく脱ぎ着もしやすく。

     

     もちろん、それが後ろから見た時の表情の豊かさにもなる。

     

     

     このボタンの雰囲気もまた良くて、細かいこだわりを感じる。

     

     

     個人的に刺し子織りのこのタイプはファスナーを開けて着る感じが気に入っています。

     

     生地の軽さがすごく良く表現されるようで。

     

     

     様々な着方で楽しんで欲しい一枚です。

     

     

     KUON 刺し子織り 半袖カットソー(シャツ) グレー ¥35,000+税

     

     続いてはもう一色のグレー。

     

     もともとは白い刺し子織りの生地を、反応染めでグレーに染め上げたもの。

     

     これは泥とかそうう染めじゃないので、極端な色落ちなどはありません。

     

     でもグレーの色塩梅、とても綺麗だと思うのですよね、柄と合ってる。

     

     

     色が変わるとまるで違うシャツのようにも。

     

     シックな空気がぐっと増す。

     

     

     基本的なつくりはもちろん、ホワイトと一緒。

     

     

     ほんわり柔らかくて、優しいシャツです。

     

     

     近づいてみた染め刺し子織りの具合。

     

     デコボコ感がより見えやすいような気もする。

     

     

     この正面からの顔もまた、渋い感じになりますね。

     

     

     クルーネックの良い開き具合の感じも一緒。

     

     

     でも色が濃いぶん、よりキュッと引き締まっては見えやすいのかもしれない。

     

     

     グレーはMサイズで写真撮ってます。

     

     

     生地のゆらぎによる影が、素敵で。

     

     

     この生地の面白さは柄だけでなくて、そもそものこの質感にやはりあると思う。

     

     

     サラリとしてふんわりで。着ていてもちろんとっても心地よいコットンの質感です。

     

     

     裾の感じもしっかり。

     

     

     脇にファスナーがもちろんついてます。

     

     

     開けていくと。

     

     

     また雰囲気が変わって素敵になります。

     

     

     袖周りはタイトになりすぎないように。

     

     

     それにしても良い柄と色のバランス。

     

     

     袖の処理もホワイトと一緒です。

     

     

     だからやっぱり、こうして縫い目分まくっても綺麗だと思う。

     

     

     ネームはこちらに。

     

     

     後ろ姿がちょっと生地がすぼまって裾がかなり細く見えているけれど、思い切り極端に細いわけじゃありませんのでご安心を。

     

     

     基本的には、ファスナーを全て閉めてもきつい感じなく着られるフォルムです、もちろん。

     

     

     ホワイトとはまた異なる雰囲気が、素敵。軽やかというよりもシック。

     

     

     でも、実際着るとすっごい軽いので、ふわっと楽しんで欲しい。

     

     

     背中の表情ももちろん良い。

     

     首回りの補強というか作りの形も地味にこだわっているので、ちょっとニヤリとする。

     

     

     スリットが優しげな空気。

     

     

     こちらのボタンもやはり雰囲気あるんですこれが。

     

     

     まるでホワイトとは違う世界なので、それぞれの色でお好みがありそうですね。

     

     

     一枚さらっと着れば、もうそれで雰囲気出ます、このグレー。

     

     

     KUONさんのスタイリングでは、ホワイトには下にあえて白シャツを合わせてる、これも洒落てる。

     

     下をカットソーにして、ぎゅっと袖をあげてる感じも綺麗だと思う。

     

     

     もちろん、そのまま1枚で十分綺麗なので、そういう楽しみ方もぜひ。

     

     

     それぞれの色で、SとMという感じです。

     

     もうすでに、日中であればすぐに楽しめる日もあるかもしれません。

     

     でも本格的に楽しむのはやはりこれから先ですね。夏が楽しみにもなる一着です。

     

     

     

     CIRCLE 

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんより届いたパパスショルダーの愉しさ。
      CIRCLE 青山 (01/23)
    • ル・ボナーさんより届いたパパスショルダーの愉しさ。
      谷地雅枝 (01/23)
    • CIRCLEよりとても大切なご案内です。1月後半より、定休日を変更させていただきます!!
      CIRCLE 青山 (01/15)
    • CIRCLEよりとても大切なご案内です。1月後半より、定休日を変更させていただきます!!
      ハセ川 (01/15)
    • 久しぶりに、ル・ボナー製品の在庫状況について。
      CIRCLE 青山 (12/16)
    • 久しぶりに、ル・ボナー製品の在庫状況について。
      服部蒔士 (12/16)
    • KUON(クオン)の襤褸バックパック(リュック)について。
      CIRCLE 青山 (12/10)
    • KUON(クオン)の襤褸バックパック(リュック)について。
      下村優 (12/09)
    • 久しぶりに、ル・ボナー製品の在庫状況について。
      CIRCLE 青山 (12/09)
    • 久しぶりに、ル・ボナー製品の在庫状況について。
      金山 周平 (12/07)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM