<< KUON(クオン)の爽やかさが良い、刺し子織りキャップについて。 | main | ル・ボナーさんの万年筆ケース(まずは1本挿し)がついに復活いたしました!! >>
2017.04.16 Sunday

KUON(クオン)の爽やかな刺し子織りサコッシュ(バッグ)と、わがまま放題に特別なサコッシュについて。

0

     

     今日は少しドタバタとお客様をお待たせして、ご迷惑をおかけしました!この場でも、改めてお詫びを……。

     

     やっぱり倉庫が少し離れたところにあるというのは、ちょっと不便。倉庫を借りる必要がないくらい広い店内になれば良いのにと願ったりしますが、さすがにそれはまだ望みすぎなのかもしれませんね。

     

     ブログ本題の前に一つご案内をば。Circus of Happiness×大江洋服店さんのコットンベスト、サイズ1はグレーもコーデュロイも完売し、ブラックも店頭のウォッシュ済みのみとなっておりましたが、お取り置きのお客様がノンウォッシュでなく店頭の洗ってある方をお持ち帰りになったため、ブラックヘリンボーンのサイズ1が1枚在庫に戻りました。

     

     もしよろしければ、サイズ1があっという間になくなって気になっていたのに!という方は、どうぞご覧くださいませね。店頭でも、もちろんオンラインでもご用意しております。

     

     さて、本日は。

     

     昨日のKUONの刺し子織りキャップに続きまして、同じく刺し子織りを用いた爽やかで軽やかな、今度はバッグをご案内。

     

     そしてそれだけでなく、相変わらずのCIRCLEのわがままをKUONさんが聞いてくれた、ちょっと特別な子も共に。

     

     

     サコッシュは元々、ロードバイクなどの自転車乗りが水や補給食などの受け渡しがしやすく、持ちやすいように作られた、さっと収納をして軽快に使うのに優れたバッグ。

     

     今はアウトドアのシーンで使われたり、もちろん街中で気軽に使えるカジュアルバッグとして広がってきています。

     

     そんなカジュアルなサコッシュを、KUONが作るとまた独特な雰囲気に。

     

     

     カジュアルだけれど、どこかシックなバッグになり。

     

     気軽に豊かな風合いを感じられるものになった。

     

     

     コンパクトに薄く使えるけれど、いろいろと詰めようと思えばしっかり収納力もあって、街歩きのバッグにちょうど良い具合。

     

     さっと軽やかに持って、良い雰囲気を出せるサコッシュに。

     

     

     そしてそれを見たときにCIRCLE店主は勝手に、「コレ、これをああして、こんな風に出来ないものですかね」と急になげかけて、なんとかかんとかやってもらった。

     

     でもあまりに大変だったり、コスト的に全然合わないらしくて、「いくつも作るのは無理だから、一つだけで」とレギュラーとは違うものも一つ作っていただきました。

     

     

     基本は刺し子織りの軽やかな風合いが素敵なサコッシュ。

     

     それとは別に襤褸を用いた力強いサコッシュもご案内です。

     

     

     KUON(クオン) 刺し子織り サコッシュ ¥15,000+税

     

     まずは、こちらが今シーズンのKUONで中心的な素材として使われている、刺し子織りを用いたサコッシュ。

     

     白地に黒の模様の刺し子織りは、爽やかで軽やかな空気がしっかり出てる。

     

     サコッシュにすると生地の柔らかさがぐっと際立ち、フレキシブルに使いやすいバッグに仕上がっています。

     

     

     サイズ感はボディ部分はだいたい36センチ四方くらい。

     

     パッと見の薄い感じとは異なる、結構しっかりなサイズはあります。

     

     小さなポーチ、という感覚ではなく、むしろしっかりショルダーバッグとかトートバッグ的な感覚のサイズ。

     

     

     全体に用いられた刺し子織りは、日本でただ一人しかうごかせない織機で織られた、独特な生地。

     

     柔らかくふっくらしていて、涼やかでサラリとして気持ちいい。

     

     

     自転車に乗るときでも、町歩きでも、普段使いにとっても気軽に使いやすい質感です。

     

     とっても柔らかいので、コンパクトにたたんで持ち歩き、外出先で使うバッグ的にすることもできます。

     

     

     こんな風に、結構しっかりサイズあるので、収納力も意外にばっちり。

     

     サコッシュというと「ちょっとしたモノを入れるくらい」なものが多いですが、それに比べるときちんとバッグ。

     

     

     下の部分はつまんであって、少なめですがマチができるような構造にしてあります。

     

     なので中に何も入れていないと薄いですが、入れるとそれなりにふっくら膨らんでくれます。

     

     

     口元の方は補強も含めて裏にも生地を合わせてステッチが。ステッチ、白くてほぼ見えませんけれど。

     

     

     片方の端上がこうして大きなハトメリングでがしっと止まっています。

     

     

     そこにストラップといいますか平紐を通して、お好みに合わせて結んだり、ぐるぐるしたりして長さを調節し、使います。

     

     

     裏面も同様に広く刺し子織り。表にポケットなどはなく、表裏好きなように使って大丈夫な具合。

     

     

     そして、これがストラップになる平紐。

     

     もちろんこの部分も贅沢な話で……

     

     

     表裏と刺し子織りの生地を使って、紐にしています。

     

     

     紐は片方は本体に縫い付けられていて、片方を先ほどのリングに通しながら使う。

     

     使い方は本当に自由で、どんな風に結んだりしてもらっても良いのですけれども、長めにして端っこが抜けないように結んで、フィット感の良いショルダーバッグにもなります。

     

     紐の長さは約100cmほどなので、自由に長さを変えながら、ワンショルダーのようにして使うのも素敵。

     

     

     そしてあえてぐぐっと短くしてトートバッグというかハンドバッグのようにして使うのも良い。

     

     フレキシブルにここの長さは遊べるので、「これが便利だな!!」と自分なりの素敵な使い方を見つけられるはず。

     

     

     端っこが抜けないように結んだりひっかけられれば、どんな風にも。

     

     これはストラップを短めにするために、端を折り返して二重にしてぐっと結んでみました。

     

     この辺りは、本当に自由の愉しむのが良いかな、と。

     

     

     そして肝心の内側はといいますと。

     

     どかーんと広く袋状です。なので、中にざくざくいろいろ入れてくださいね。

     

     

     内側はパイピングしてあります。

     

     

     そして片側に一つ、小さなフリーポケットがつきます。もちろんここも、刺し子織り。

     

     

     控えめにタグもちょこんと。

     

     

     ミニ財布くらいなら余裕で入るサイズなので、ちょっとした小物の小分けにどうぞ。

     

     

     と、このようにカジュアルに様々なシーンに合わせて使いやすい、柔らかで軽やかなバッグです。

     

     使い道はかなり広く、自由に遊んでいただけると思います。

     

     

     刺し子織りの豊かな生地感をぜひ、味わってくださいね。

     

     

     そして。

     

     

     KUON(クオン) CIRCLE別注PVC襤褸 サコッシュ ¥50,000+税

     

     こちらが、ちょっと特別にお願いしてしまった、同様のサコッシュをKUONさんの風合い良い襤褸PVCを用いて作ってもらったバージョン。

     

     展示会で気軽に「襤褸でこのサコッシュあったら、贅沢ですごく良さそうですね」というところからスタートし、紆余曲折ありながらも一つ製作してくれた。

     

     80年以上前の襤褸の裏側にPVC加工を施し、それを全面に使う。なかなかの面積がある上に、生地が硬めになるからか妙に作りづらいようで、「手間もコストもまるで合わないから、複数は無理!」ということで、もはやオーダーに近い感じで1つだけ仕上げてくれました。

     価格もそれなりにしてしまったけれど、これでもKUONさんサイドはほとんど利益は取らずに「絶対、量産したくない」と言いつつもやってくれました。

     

     あれなんですよね、すごく状態良い襤褸を使ってくれてしまって。いやまぁ、仕上がりとしては嬉しいのですけれども。

     

     

     サイズ感や作りは基本的に刺し子織りのサコッシュと同様。36センチ四方くらいのサイズ感。

     

     襤褸PVCの方が厚く固めの生地感なので、その兼ね合いでがっしりした感じがあります。

     

     

     収納力はもちろんしっかりと。

     

     

     マチを少し作っている感じも一緒です。

     

     

     口元なども作りは同様。

     

     

     異なるのはつまり、すごく良い感じにツギハギも入った雰囲気ある襤褸を使っているということ。

     

     強度はPVCがかかっているので、もちろん安心して使える。

     

     

     様々な生地感と色合いがさまざま。

     

     

     かつての昔の人が大切につぎはぎしては強くして使ってきた、襤褸。

     

     それが今こうして美しくまた違う形で使うことができる面白さ。

     

     

     糸を刺している部分や、ツギハギがかなり多くて良い表情の襤褸を使ってくれた。

     

     色合いに関しても、ここからまだまださらに変化も愉しめる。

     

     

     もう片面はこんな風にまたまるで雰囲気が違います。

     

     どちらを表にしても良いわけですが、そこはもう、お好みにて。

     

     

     この部分の襤褸感が個人的に好き。

     

     

     あてをして、補修してという跡が残っているのも良い。

     

     

     いろいろな表情が一つのバッグの中に。

     

     

     シンプルだけれど、結構面積をざっと一枚ずつ取っていかなければいけないので、それも多分コスト的には効率悪いのだとは思う。

     

     その分、雰囲気は良いのだけれど。

     

     

     KUONらしい、独特な味わい溢れます。

     

     

     リング部分も同様。

     

     

     こうして結んだりしながら、使ってくださいね。

     

     

     そしてもちろん、このストラップになる平紐部分も、襤褸PVCを重ねて縫って作ってもらっています。

     

     思うに、ここを作るのがやりづらいのと、長さ的に取りづらいのがネックだったような。

     

     

     良い感じに切り替わっていくのが面白い。

     

     

     ずーっとツギハギされた襤褸が繋がってます。

     

     

     両面表に襤褸が出ているので、PVCの面は見えない中に。

     

     刺し子織りの紐よりコシのある感じなので、ここは使って行って慣れていくともう少し柔らかくなる具合。

     

     

     まぁもう、言わずもがな紐だって雰囲気ありますので。

     

     

     そして中の広い部屋も同様。暗すぎて、映らない…。

     

     

     内側はこうして、PVCの面が見えます。

     

     かなりしっかりと加工してあるので、丈夫さと地味にちょっと防水的になるわけなので(完全防水とかではもちろんありませんので、あしからず)、そこも面白いかなと。

     

     

     内側のツルリとした質感も面白いものです。

     

     

     そしてもちろん、ポケットも同じく襤褸PVCにて。なんとまぁ、贅沢な。

     

     

     こういう縁も全部そうですから。

     

     

     割に合わない、と言われた意味もなんとなくうなづける。

     

     今の価格でも決して安くないけれど、できる限りサコッシュとして納得できるところに抑えた具合。

     

     

     ポケット中もPVCの感じです。

     

     

     と、こんなワガママ放題な一点ものを作ってもらいました。よくやってくれたもんだ……。

     

     

     好みは分かれそうですが、襤褸の質感を肌で感じたい!という襤褸好きな方には、きっと面白いと思っていただけるはず。

     

     

     そしてもちろん、刺し子織りの柔らかで軽やか(実際、重さとしてもものすごい軽い)な使いやすさと素敵さも。

     

     それぞれで同じ形なのに、まるで違う感じになりました。

     

     どうぞ、お愉しみいただけたら幸いです。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • CIRCLE3周年の特別製akihamaアクセサリーについて、その1(ネックレス編)
      CIRCLE 青山 (06/23)
    • CIRCLE3周年の特別製akihamaアクセサリーについて、その1(ネックレス編)
      樹 (06/18)
    • ル・ボナーさんより届いたパパスショルダーの愉しさ。
      CIRCLE 青山 (01/23)
    • ル・ボナーさんより届いたパパスショルダーの愉しさ。
      谷地雅枝 (01/23)
    • CIRCLEよりとても大切なご案内です。1月後半より、定休日を変更させていただきます!!
      CIRCLE 青山 (01/15)
    • CIRCLEよりとても大切なご案内です。1月後半より、定休日を変更させていただきます!!
      ハセ川 (01/15)
    • 久しぶりに、ル・ボナー製品の在庫状況について。
      CIRCLE 青山 (12/16)
    • 久しぶりに、ル・ボナー製品の在庫状況について。
      服部蒔士 (12/16)
    • KUON(クオン)の襤褸バックパック(リュック)について。
      CIRCLE 青山 (12/10)
    • KUON(クオン)の襤褸バックパック(リュック)について。
      下村優 (12/09)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM