<< KUON(クオン)のただ一人が織れる、刺し子織り・コーチジャケットについて。 | main | CIRCLEはもうすぐ3周年を迎えます。今年も、ちょっといろいろ準備しています。 >>
2017.03.10 Friday

石川硝子工藝舎(石川昌浩)のガラスを、豊富に揃えることができました!!

0

     

     やりたいこともやるべきことも多すぎて、やっぱり3月はてんやわんやになります。

     

     だんだん春の感じが強くはなってきて、またお散歩が気持ちいい季節になるけれど、ちょっとお散歩はまだおあずけかもしれない。

     

     ひとまず落ち着くのはきっと末ごろ。

     

     そこまでまた必死に駆け抜けたいなと感じます。

     

     さて本日は。

     

     先月に引き続きまして、石川硝子工藝舎(石川昌浩)さんのガラスがしっかり入荷できました!いやなんというか、このペースでもらえたのは、奇跡に近いか。

     

     

     先月、随分と久しぶりに入荷のできた、石川さんの素敵なガラスたち。

     

     それに引き続き今月も定番的なラインを中心にしっかりと吹いていただけて、石川硝子工藝舎の定番は基本ほとんどご覧いただける!という状況になりました。

     

     しばらく入荷できていなかったからとご好意で吹いてくださったわけだけれど、その代わりこういう感じの定番でドっと入荷できるのは、またちょっと間が空いてしまうそうな。

     

     でも間が空いても十分に愉しんでいただけるように、CIRCLE分としてたっぷり頑張ってくださいました。たぶん、CIRCLE史上最もたくさん揃った。

     

     

     定番ではない石川さんの硝子も魅力的だけれど、でもやっぱり基本的に毎日が素敵に潤うのは、いつもの定番。

     

     いつもの定番が生活に溶け込んで、「なんだかちょっといいなぁ」という気分になる。

     

     民藝的な感覚です。「ものすごい特別だ!!」という喜びよりも「なんだかちょっと日々良いよね」という。

     

     個人的にはそれはすごく幸せなことだと思っている。

     

     

     石川さんの硝子は、そんな毎日の暮らしに本当にしっくりくる。

     

     派手ではなくシンプルで。でも輝きと美しさはあって。

     

     いろんな形はあっても基本は厚めでしっかりして。優しい空気と光を運びながら、日々の生活を潤してくれる。

     

     ガラスなんて何を使っても一緒だよ!という方もいらっしゃるかもしれない。たぶん、実用的な側面だけで言えばそれはその通りだと思う。

     

     でも、それだけじゃない何かがあるから、きっと日々は愉しいし、素敵に感じるのだと勝手に信じている。

     

     

     石川さんのガラスは日常であって、非日常でもある。

     

     その塩梅がなんとも心地よくて、ついついいつも手が伸びる。

     

     一言でその魅力は表現するのは難しいけれど、「なんか良いよね」とそういう感覚。

     

     いつの間にか手に持って、いつの間にか使いたくなる。そんなガラスたち。

     

     定番がしっかり揃いました。これはなかなかに、愉しんでいただけるのではと思っています。

     

     

     石川硝子工藝舎 無地コップ(小) ¥1,800+税

     

     まずは無地コップの小サイズ。ちょこんと小さくて、でもそれがちょっとした時にほどよくて。

     

     無地コップと名前は言っているけれど、木型のデコボコ感や硝子を均して形作る時の跡とかはあって。

     

     なんだかんだとちびっちゃくて便利な子です。

     

     

     手にすぽっと収まる。

     

     小サイズは多めのひと家族分くらいの在庫量。

     

     

     石川硝子工藝舎 無地コップ(小) 茶 ¥1,800+税

     

     そんな無地コップ小サイズの、茶色バージョン。

     

     どことなく昔の琥珀色っぽい硝子の空気もありつつ、しっかり濃いめの色味。

     

     これもまた、渋くて素敵。

     

     

     これは在庫ちょっとだけです。

     

     

     石川硝子工藝舎 網目コップ(小) ¥2,000+税

     

     そして小サイズでも無地ではなくて、ぐにゃっと捻ったような独特な網目が美しい、網目コップ。

     

     大きさや基本の形はほぼ一緒だけれど、柄が違うと思っていただければ。

     

     

     こちらもやはり人気あって、この前の入荷分はほぼなくなっていたのだけど、追加できました。

     

     なので、また数個在庫できてます。

     

     

     石川硝子工藝舎 網目丸壷(小) ¥2,000+税

     

     そして石川さんの硝子の中でも、ちょこんとした感じは一番かもしれない。

     

     丸くぷっくりと、そして網目模様がぐわっと綺麗に入った、丸壷。

     

     1輪挿しとして使っていただくようなニュアンス。

     

     

     まぁ可愛いのですよ。そして上から見たこの感じもね。

     

     こちらもしっかり在庫できました。しばらくじっくり愉しんでいただけると思います。

     

     

     石川硝子工藝舎 網目丸壷(中) ¥3,000+税

     

     そして丸壷の一回り大きく、中サイズ。

     

     こちらは結構久しぶり。1輪挿しというよりも、もう少し多めにしっかり挿せる花器として。

     

     でも、水入れて飾るだけでも綺麗なんですけどね。

     

     

     こちらももちろん、上から綺麗。

     

     

     小よりもがっしりしたサイズ感になるので、こちらもまた愉しいはず。

     

     こちらも数個吹いてもらえました。

     

     

     石川硝子工藝舎 猪口 ¥1,800+税

     

     そして店主がこのところ使い勝手やっぱいいな、と感心しているのが、この猪口。

     

     それほど大きいという感じはないのだけれど、マルチになんでも使えてしまう万能感。

     

     飲み物よし、小鉢代わりでもよし、細々したのをまとめるもよし。

     

     

     こちらもたっぷり在庫できましたので、比べて楽しんでもいただけますよ。

     

     

     石川硝子工藝舎 猪口 茶 ¥1,800+税

     

     そんな猪口の茶色バージョン。

     

     薄いブラックに近くも感じるけれど、この色味もまた猪口に合う。

     

     

     これは、ちょっとだけです。

     

     色物はイレギュラーみたいなものなので、数は少なめ。

     

     

     石川硝子工藝舎 八角コップ 茶 ¥2,000+税

     

     同じく茶色で八角コップ。

     

     かくっとした底面からすーと反り上がる硝子の感じが良い。

     

     大きさは手のひらにすぽっと。小サイズのコップより背は低いけれど、しっかり容積はある感じ。

     

     

     硝子のたまりの美しさ。

     

     

     石川硝子工藝舎 八角コップ ¥2,000+税

     

     もちろんクリアのタイプもあります。クリアというか、石川さんの硝子はほんのりだけど優しいハチミツ色。

     

     キラリと輝く側面の感じが良い。

     

     

     こちらもコンパクトサイズなコップとしては万能に使いやすい。

     

     

     石川硝子工藝舎 六角コップ(大) ¥2,000+税

     

     そして地味に「これが一番使いやすい」というお声をいただくことも多い、六角コップの大サイズ。

     

     下の方はちょっと細めの六角で、上は少し広がって丸に。

     

     この塩梅が手にしっくり馴染みやすいのかもしれない。

     

     

     普段使いにも良いし、お酒とかでもほど良かったりする。

     

     六角コップもしっかり多めにもらえました。

     

     

     石川硝子工藝舎 無地コップ(中) ¥2,300+税

     

     そして普遍的な石川さんと言えば、の無地コップの中サイズ。

     

     あらゆる意味でバランス感の良いコップだと思います。やっぱり使いやすい。

     

     無地だけれど、もちろん表情は豊かです。

     

     

     毎日使いやすい、定番サイズ。

     

     これもたっぷりお願いできました。2家族分以上はあるはず。

     

     

     石川硝子工藝舎 無地コップ(大) ¥2,500+税

     

     続いてはその無地コップの大サイズ。男性は特にだけれど、「たっぷり飲みたいの!」というタイプの方はどうぞこちらを。

     

     店主も普段はこれ使うことが多いサイズです。

     

     しっかり入って、それでいて大きすぎずに握りやすい範囲。

     

     

     これはね、やっぱり便利ですよ。

     

     普段の飲み物はもちろん、ビールとかも良いですよね。

     

     これも多めに吹いてもらえました。

     

     

     石川硝子工藝舎 網目コップ(中) ¥2,500+税

     

     続いては中サイズで網目バージョン。

     

     網目の模様が石川さんらしい、と言ってくださる方もいらっしゃる。独特な模様です。

     

     捻れている感じだけれど、よくある捻れじゃない。網のように、他とは違う捻れ。

     

     

     もちろんサイズとしては万能で使いやすい。

     

     こちらもしっかり吹いてもらって、在庫できました。

     

     

     石川硝子工藝舎 網目コップ(大) ¥2,800+税

     

     そして網目コップの大サイズ。こちらはやはりたくさん飲みたい方へ。

     

     網目の感じも大きくなって、これもまた綺麗な感じ。

     

     

     うねうねと反射する光が、他にない面白さ。

     

     こちらも他同様、しっかりした数もらえました。

     

     

     石川硝子工藝舎 網目ワイングラス ¥4,500+税

     

     そして最後。これをたっくさん吹いてもらえたのが、何よりも奇跡な気がしている。

     

     網目の美しい、石川さんらしい空気の溢れる、網目ワイングラス。ぶどう酒、入れましょう。

     

     いえでも、普通にジュースとかで使っても綺麗です、もちろん。

     

     

     このぽってり感といい、絶妙に背の低い感じといい、もう愛らしい。

     

     食卓にあるだけでなんだかほっこりする良さ。

     

     

     今回このワイングラスはかつてない量を吹いてくれました。たぶん、かなり大変だったと思う。

     

     ワイングラスは工程も少し多くなる分、石川さんも吹く時期というかタイミングは年に数度に決めているようで。

     

     それもあって、今回はCIRCLE分にたんまり。

     

     あれですね、小さなレストランさんで使えるくらいの数量は!(いや、食堂くらいかな……うん…とりあえず両手以上です。)

     

     

     で、それだけ吹いてもらっているので、中にはちょっとだけ変わった子も出てくる。

     

     といってもたぶん、普通は変わってるなと思わずにスルーされて、普通に網目ワイングラスとして認識されるはずだけれど。

     

     微妙に、微妙に違う子たちが少し。

     

     

     もともと石川さんのグラスは個体差がしっかりあるけれども、それでも「この感じの範囲」というのにはもちろん収まる。

     

     これはちょっとだけ、なんとなく色が緑がかってる感がある。

     

     

     こちらは色はいつもの感じだけれど、網目が薄めで結構フラットに近い感覚でもある。(もちろん触るとしっかり網目はあるのだけれど)

     

     

     そしてこちらはそのフラット感がかなり強め。

     

     これはこれでツルンとした感じもあって、綺麗じゃないの!と思っている。

     

     でもこのちょっとだけのイレギュラーくんは、店頭でご覧いただいての販売分ということで。

     

     いや、普通は別に分けないと思うんですけど、せっかくなので「ちょっと違うんですよ」を愉しんでもらうのも良いかなと思って。

     

     

     と、こんな具合で揃いました。

     

     特殊なカタチの硝子はCIRCLEでもらっていたのも全て旅立っていった。

     

     でも逆にこれだけ定番が充実したことも珍しい。

     

     定番の個展のような、そんな感覚すら。

     

     ぜひまた、愉しんでくださいませ。春が近くなってくると、なおまた硝子が美しく感じられる季節です。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2018.05.25 Friday 22:47
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM