<< KUON(クオン)が初めて製作する、襤褸裂き織りパッチ・5ポケットジーンズについて。 | main | テルコ雑貨店のクラウドファンディング、途中経過のご報告です! >>
2017.02.28 Tuesday

ル・ボナーさんのプティトート、華やか可愛い世界が届きました。

0

     

     今日はとってもドタバタして、結局少し発送出来ないお客さま分が出てしまいました、すみません。

     

     明日は定休日ですけれど、ちょっと発送業務をできる分は少ししていきたいと思います。今少し、お待ちくださいませね。

     

     でも、こういった時期にドタバタできるというのは、本当に幸せなことなのだと思います。

     

     無理のない範囲で、もっと頑張っていこうと思います。

     

     さて本日は!

     

     こちらも思えば結構久しぶりな入荷、となりました。ル・ボナーさんのプティトート。

     

     ボナーさんのバッグの中でも、一番長く作り続けられているカタチ。今回は彩りがかなり豊かに、愉しいバリエーションで届きました!

     

     

     洋装でも和装でも、ちょっとしたお出かけでも、結構きちんとしたお出かけでも。

     

     プティトートは塩梅がほどよくて、使ったお客さまはその使い勝手のほどよさを褒めてくださることが多い。

     

     もうボナーさんでも作り続けて数十年のかたち(ル・ボナー名義でないころも含めて)。

     

     その間に使われる皮革の変遷はもちろんありますし、今のシュランケンカーフバージョンがやはりそういう意味では完成度が極めて高いと思ってもいるけれど、そもそものプティトートのかたちがきっとよく出来ているからこそ、それだけ長く愛されているのだと思う。

     

     

     一つ使って、また違う色でさらに!というお客さまも本当に多いかたちです。

     

     カラーバリエーションも毎度豊富で、色によってまた印象も変わるところも魅力の一つ。

     

     

     涙型の独特なフォルムは、マチがしっかりしているから収納力も見た目以上にしっかりしていて、ハンドルもしっかりしているから負担も少なく持ちやすい。

     

     はじめはパーンとハリも強いけれど、使い込んでいくと徐々に柔らかくなり、馴染んでいく。

     

     なんというかきっと、女性にとって絶妙なバランス感のあるバッグなのだろう、と感じています。

     

     男性の店主としては、女性はバッグのデザイン幅も広くて時折羨ましく思う。

     

     

     さ、まずはプティトートの概要を今一度。これまでのブログでも、もちろん機能性のご案内はしておりますが。

     

     今回はティングレーでサンプルに。

     

     全体のかたちは、ほんのり涙型。

     

     ぷっくりした雰囲気が可愛らしいバッグです。

     

     

     A4書類とかが入るサイズではなくで、もう少しコンパクト。

     

     でも日常的に持ち歩くいろいろなものは、しっかり入るハンドバッグ的なサイズ感。

     

     

     シュランケンカーフの風合いがよく合っているし、水気や傷にも強いから安心してどんなシーンでも使いやすい。

     

     

     流線形が綺麗な根革が表面のデザインのアクセントでもある。

     

     

     丸みのある手カンがついて、そこからハンドルへ。

     

     

     ハンドルももちろんシュランケンカーフで、しっかり芯を入れて太さもそれなりにある。

     

     この独特な太さもきっと、プティトートの良いバランス感の一つに入るのかもしれない。

     

     

     そしてこのしっかり取られたマチ。

     

     このおかげでプティトートはたくさん収納できるし、使えるシーンが広い。

     

     

     底鋲はあえてつけられておらず、シンプルに。

     

     

     真ん中で革が継がれている感じです。

     

     

     はじめはこんな風に革がパーンと張った感じもある。

     

     中に重さが加わるとこれが少し落ち着き、使い込んでいくとさらに馴染んで落ち着いていく。

     

     

     さらにはこの持ち手部分のベルトとボタンもプティトートの大切なところ。

     

     

     こうして、ぎゅっと。

     

     口にファスナーなどはありませんから、中があまり見えるのもね、というときにはここを絞っても良い。

     

     もちろん、中に重さが加わると適度に口はすぼむのだけれど、時と場所によってこのベルトは便利なパーツかと。

     

     

     真ん中にあるボタンとタブも口元を閉めるのに一役。

     

     

     開けると中はシンプルに広い部屋がドーンと。

     

     内装は軽さを重視してナイロン生地です。

     

     

     片方の面に、ファスナー式のポケットがついています。

     

     細々したものはこちらにも。

     

     

     マチも広く容積はたっぷり。

     

     たっぷり持ち運んでもらえます。

     

     

     と、こんな具合でシンプルなトート・ハンドバッグ。

     

     長く愛されるかたちは、とても分かりやすい。

     

     

     ル・ボナー プティトート ゴールド ¥47,000+税

     

     それでは各色のご案内を。まずは上品な風合いと合わせやすさを備えた、ゴールド。

     

     プティトートにゴールドはまたよく似合う。

     

     

     使い込んで柔らかさが出てくると、なお素敵な感じに。

     

     

     合わない色はほとんどないと思います。シュランケンカーフのゴールドは、通常のキャメルや茶ともちょっと違う、ほどよく上品な万能色。

     

     

     ル・ボナー プティトート ブラック ¥47,000+税

     

     続いては欠かせない色でもある、ブラック。

     

     やはりブラックはどんなかたちでも便利で使いやすい。キュッと引き締まった感じも良い。

     

     

     洋装でも和装でも、ブラックはやはり便利な色味。

     

     

     シュランケンカーフのブラックは、はじめは黒すぎない。

     

     重たいイメージが少なめなブラックの発色なので、気軽に使いやすいはずです。

     

     

     ル・ボナー プティトート ルビン ¥47,000+税

     

     写真での色出しがとっても難しい色、ルビン。

     

     シュランケンカーフの定番色ではなくて、ボナーさんが別注して持っていた色の一つ。

     

     赤とヴィヴィッドなピンク、それと紫を足して割ったみたいな感覚。

     

     ルビンのこの絶妙な色が、個人的にはすごく好きです。

     

     

     でも革量も限られているから、今回バッグで出てきたのは正直驚きでした。まだ、個数作れるくらいはあったんだ、と。

     

     

     とっても綺麗な発色です。シュランケンカーフの発色の素敵さを、改めてまた感じるルビン。

     

     

     ル・ボナー プティトート スカイ ¥47,000+税

     

     続いては淡いトーンで、柔らかな印象のスカイ。

     

     スカイのバッグもまたちょっと久しぶりですけれど、この優しさと独特なスモーキーな感じが素敵な色。

     

     プティトートの雰囲気に合っていて、春っぽさも感じる。

     

     

     パステルな色調でもあるけれど、スモーキーなニュアンスを混ぜているから甘くなりすぎない。

     

     シュランケンカーフはどこまでも色合いとしては特殊で素敵なものが多いと思う。

     

     

     このスカイのプティ、妙に表情が綺麗ですごく良い。

     

     

     ル・ボナー プティトート バイオレット ¥47,000+税

     

     続いては濃い色味で、ボナーさんの濃い色味といえばバイオレット。

     

     暗いところではブラックや茶のようにも見えたりするけれど、明るいところではしっかり紫。

     

     派手な雰囲気はなく、しっとりと落ち着いた魅力を放つ紫です。

     

     

     このプティこそ、和装にも非常によく似合うのではなかろうか、と。いや、もちろん洋装でも素敵です。

     

     

     濃いめの色味ではやはり欠かせません。万能でもあり、特徴的でもあり。

     

     

     ル・ボナー プティトート ライトレッド ¥47,000+税

     

     そしてバッと華やかに、ライトレッドも登場です。

     

     色味としてはぐぐっと強いカラーだけれど、その分ポイントで差し色的に使ったり、存在感ある発色が美しい。

     

     店主はシュランケンのレッドをずっと使っているけれど、実はなんだかんだでいろいろに合います。

     

     

     コロリとした涙型が華やかになって、他の色とも全く印象が違って面白い。

     

     

     使い込んでうっすらと光沢が出てくると、なおレッドは綺麗だったりします。

     

     

     ル・ボナー プティトート ティングレー ¥47,000+税

     

     そして最後に、サンプルでもごらんいただいたティングレー。

     

     淡めでトープっぽい雰囲気がありつつ、比べるとトープとは違ってベージュっぽさや赤みはなく、しっかりグレー。

     

     このスタイリッシュな風合いと、すっとした佇まいが素晴らしい。

     

     

     ライトグレーの淡い感じともまた異なり、色としてはしっかりグレー感があります。

     

     

     定番色ではないカラーですが、ボナーさんがしっかり別注をしてくれた色味。

     

     

     と、今回はまたたくさんの7色で仕上がりました。

     

     華やかな色あり、落ち着いた色あり、もちろん定番もあり。

     

     どことなく、とってもバランスの良いならびにも見える。

     

     店頭には各色しっかり並びました。そしてまたオンラインショップにもしっかり反映できました。

     

     今回のプティトートも、どうぞお楽しみくださいませ!

     

     

     

     CIRCLE

    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2019.01.17 Thursday 21:01
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM