<< テルコ雑貨店にて、ちょっとプロジェクトを立ち上げました。ぜひご支援くださいませ!! | main | 地味に入荷した、イレギュラー含むFABRICさんのクロムエクセル・ラフメッシュベルトについて。 >>
2017.02.18 Saturday

Workers(ワーカーズ)のサックコート(むしろシャツジャケット)について。

0

     

     お問い合わせを多くいただいている、ルボナーさんのデブペンケースなのですけれど、少しだけお取り置きのキャンセルが入ったので、こちらでもご案内。

     

     そうは言えどもさして多いわけではないのですけれども、ミコノスが一つダークグリーンが一つ。

     

     お電話で再入荷は今のところはまだ先ですとご案内はしていましたので、もしご興味ございましたらどうぞご覧くださいませね。

     

     もちろん、店頭でもしっかり並んでます。他の色味は、アイリス・ライムグリーン・ジーンブルー・ピンクがあります。ブッテーロバージョンはもう少しお待ちくださいね。

     

     さて本日は!

     

     昨日がものすごく暖かかったのでご案内しようかなぁと思いつつ、今日はしっかり冬の寒さが戻って悩んだけれど。

     

     でももうご紹介してまいります、せっかく入荷していますから。さらっと春から初夏、秋口にも気持ち良い、シャツジャケット的なサックコートがとても良い塩梅です。

     

     

     サックコートと品番的には名前がついているのですが、個人的には「シャツジャケット」という感じの方がしっくりくる。

     

     薄手のコットンポプリンを用いたジャケットは、まさにシャツの代わりに羽織れる軽やかさと気軽さ。

     

     ジャケット然としながらもシャツっぽくもあり、カジュアルなのだけれどどこか上品さも出せる。

     

     シャツジャケットはそういう意味合いで春夏秋と便利な存在だな、と思います。

     

     

     Workers スーピマポプリンサックコート ベージュ ¥21,000+税

     

     まだ季節的には、先月ご案内したばかりのスーピマニットツイルの紺ブレザーの方が、ガシガシこれから着る季節が始まっていく頃で、このサックコートはきっと3月下旬か4月から着ると心地よいかな、という薄さのシャツジャケット。

     

     でもその代わりに、梅雨明けくらいまで普通に着ていけそうですし、なんなら夏でもジャケットを着なければいけないシーンや、冷房よけ的な意味合いでも使える良い感じの塩梅に仕上がっています。

     

     カジュアルで着やすくて、でもジャケットです、という。

     

     

     ちょっと明るめに色が写っていますけれど、色合いは淡目のベージュ。

     

     チノパンの薄めの色の感じといいますか。

     

     軽やかさがあって、ボトムスは同色にならない限りは基本的にほぼなんでも合わせやすい。

     

     

     サックコートはこのポプリンの他に、シャンブレーのタイプなどもリリースされていますが、生地の厚さがこのスーピマポプリンが一番薄手で、色や形の雰囲気ととてもあっていたので、CIRCLEではこのタイプだけ入荷にしました。

     

     Tシャツ着て、シャツ着て、さらにこのサックコートでも良い。

     

     あるいは、Tシャツ着てすぐにこのサックコート、でも気持ち良い。そんな感覚。

     

     

     素材はスーピマコットンを贅沢に使った、ポプリン。

     

     いわゆる平織りの生地でブロードと言ってもほぼ差し支えない、さらりとシャツのような素材感。

     

     

     3.8オンスとジャケットとしては非常に軽やかなので、本当にシャツ代わりにさっと着れてしまう。

     

     これくらいきちんと軽いシャツジャケットって、ありそうでそんなに多くないので、助かります。

     

     

     洗濯もしやすくて、さっと羽織りやすくて。

     

     なんなら出張とか旅行先にもざっと突っ込んで持って行きやすくて。

     

     東南アジアとかでも便利かもしれない。ドレスコード的な感覚で「暑いけどジャケット着なきゃ!」というときにも活躍します。

     

     

     こうして正面から見ると、しっかりジャケット感ある。

     

     でもディテールをよく見ていくと、やはりシャツのような感覚でもあって、気軽。

     

     

     ラペルはノッチドラペル。基本的にこの形は着やすい。

     

     シャツジャケットなので、もちろんピークドラペルよりもこちらが良いなぁと個人的にも。

     

     

     そして反対側にはホールできちんと穴も開いています。

     

     と、いうことは。

     

     

     そうですね、ラペル裏にしっかりボタンが。

     

     ここも留めてブルゾンっぽく着るのも良いですし、しっかり出来ているから閉めずにただ襟を立てる感じで着るのも良いかもしれない。

     

     

     正面は三つボタン式です。上と真ん中を留めるでも真ん中だけでも。

     

     でもこのシャツジャケットに関して言えば、一番下まで留めてもそれはそれでどことなく「カバーオールとジャケットの中間」っぽいニュアンスも出せて、意外と悪くないです。

     

     

     ボタンは樹脂製。ここはもう完全に軽さを重視して。

     

     

     個人的に、このシャツ生地的な厚さのものを、ワークステッチで縫い上げていくときのこのパッカリングが何よりの魅力だと感じている。

     

     このデコボコ感や陰影、味わい深い生地の雰囲気が愉しめる。

     

     

     胸ポケットももちろん付いてます、ほんのり斜めに。

     

     

     ポケット部のパッカリングも心惹かれる。

     

     

     そしてもちろん腰部分にもパッチポケットが。

     

     

     左右にしっかりとあるので、ご安心を。

     

     とはいえシャツジャケットの薄さなので、極端に重いものを入れたり、思い切り引っ張るのはしないほうが良いです。

     

     シンプルにさっと使う感じで。

     

     

     裾まわりはワーカーズさんらしい丸みもあって、やっぱりよく出来てる。

     

     

     裏地はもちろんありません、さらっとシンプルな一枚。

     

     

     でも、腰ポケットが付いている裏部分には、一枚生地が横にあてがわれてます。

     

     なるべくポケット上部の強度は保ちたい、というところですね。

     

     

     コットン100パーセントなので、もちろん気軽に洗ってくださいね。

     

     この画像はちょっと黄色味が強く出すぎました、すみません。

     

     

     腕まわり。ここの作りはどちらかというとシャツ的なアプローチ。

     

     やっぱりパッカリングが素敵だけど。

     

     

     袖に関しても、いつものラウンジジャケットなどのように極端なカーブはつけずに、すーっと伸びていく。

     

     適度にゆとりはあって、シャツのような感覚で薄い生地だからこれはこれで着やすい。

     

     

     もちろん徐々に細くなって袖先へ。

     

     

     先の部分はこうしてボタンが二つで留まります。

     

     

     こちらはしっかり開けるようにできているので、ラフに着るのも良い。

     

     

     さらには袖をまくって着るのもかっこいい。

     

     初夏や夏時期には適度に織り上げてきてあげると、爽やかさもまたアップして良いですね。

     

     

     後ろ姿は極めてシンプル。

     

     通常のジャケット的な切り替えではなくて、シャツのようにシンプルに。

     

     

     スーピマコットンのポプリンは、シワをアイロンで伸ばして着るのも良いけれど、個人的には洗いざらしで丁寧に乾かして、そのまま着るカジュアル感も良いと思っている。

     

     シワだって、汚く入るわけではなくて、その陰影がまた良い感じです。

     

     

     ガンガン着て洗っていくと、よりコットンは馴染んで柔らかくなる。そうなるとさらに着やすくて良いはず。

     

     

     ジャケットとして着るのも良いですし、単純に「シャツを着よう」という感覚で羽織れるから、長く楽しめます。

     

     

     随所に見られるパッカリングを愛したい。

     

     

     こういう生地の楽しみ方は一般的じゃないかもしれないけれど、でもパッカリングはやはり面白いと思うのです。

     

     もちろん、パッカリングを起こさないように作った方が美しい洋服も山ほどありますし、それは形や素材のバランス。

     

     

     ちょっとだけ袖を折るスタイルで、ワーカーズさんの合わせ方。

     

     下にTシャツだけを着ていますが、さらっとした着心地なのでこれはこれで気持ち良い。

     

     ボトムスは濃いめの色だとなお落ち着きますね。

     

     

     と、まだまだ季節的には全然早いわけですけれども、かなり良い塩梅のシャツジャケットなので、もうご案内始めました。

     

     サイズ感は34・36・38と入荷しましたが、34はすでにご案内前に店頭でご覧いただいて完売してます。36サイズはSからタイト目なM相当、38サイズはMからタイト目なL相当といった具合です。

     

     まだ寒い季節は続きますが、春先のほどよい準備の一つとして、どうぞお愉しみくださいませ!

     

     

     

     CIRCLE

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM