<< 石川硝子工藝舎(石川昌浩)の素敵なガラスたち、少しずつですが入荷できました!! | main | ル・ボナーさんより、シュランケンカーフバージョンのデブペンケース、届きました。 >>
2017.02.10 Friday

1sin(イッシン)×Circus of Happinessの別注メロウネスフーディーについて。

0

     

     今日もまさか東京でも雪がちらほらして、ちょっと驚きましたね。

     

     ある意味では2月らしい寒い日が続きますので、どうぞ体調にはみなさまお気をつけ下さいませね。

     

     かくいう店主は、寒さは全く関係なく、すでに花粉症が盛大にスタートを切りました。おかげさまで夜中は地獄です。

     

     今年こそは早めに対処をしたつもりなのに、なかなか厳しいものですねぇ。

     

     さて、本日は。ちょっと特別な子達、仕上がってまいりました!!

     

     アパレルブランドの1sinさんは今シーズンは洋服がお休み。それならばと、Circus of Happinessが特別に別注をかけさせて頂いて、他にはなかなかない風合いのパーカー、1sin×Circus of Happinessのメロウネスフーディーを作りました。

     

     ものすごく、良い出来です。ぜひ、ご覧いただけたらと思います。

     

     

     1sinさんのメロウネスフーディーと言えば、名前はそのままに裏起毛のスウェットパーカーや、ジャージっぽい素材になったりしながら、シーズンで作られていたパーカーです。

     

     その中でもCIRCLE店主として特に気に入っていたのは、一番初めに作られたメロウネスフーディーで肉厚な起毛スウェットのこちらでした。

     

     すっきりと細身のフォルムが心地よく、定番的なパーカーのようだけれどフードのバランスやリブの感じなどもよく、非常に着やすく素敵なメロウネスフーディーでした。

     

     そのメロウネスフーディー初代をベースとして、Circus of Happinessが別注をさせて頂いた今回のパーカーは、またこれまでとも違う独特な雰囲気のあるメロウネスに仕上がった。

     

     

     基本的な形やディテールは踏襲しつつ、1sinデザイナーの藤原氏と話しながら、こんな雰囲気があってもいいんじゃないかと色々と打ち合わせを重ねてできた、素敵パーカー。

     

     色は3色を並べ、それぞれまるで違う空気感を醸し出す。

     

     

     オーソドックスな見た目でも、どこか少し違って。

     

     そして素材もさらに厳選してこだわり、他にはあまり見ないものに。

     

     

     ここまで色々と別注するとそれはもうロットもそれなりだったんですけれども。

     

     店主の「だって、着たいんだもん」というワガママで頑張りました。

     

     

     それでは、まず初めに優しく柔らかい空気が大好きな、オートミール色をサンプルにして全体とディテール見て参りましょう。

     

     オートミールはどの色にも先んじて、「オートミールが欲しいんです、良いスウェットパーカーのオートミールが少なすぎるんですよ」と感じて作るのが決まった色。

     

     

     1sin×Circus of Happiness メロウネスフーディー オートミール ¥17,500+税

     

     全体的な空気感は、1sinさんのメロウネスフーディーそのものをもちろんベースにしています。

     

     適度にスリムで細く、スッキリとした見た目。それでいて、細かなところでは凹凸や表情を味わえるかたち。

     

     オートミールは淡いグレーに淡いベージュを足した、柔らかなグレージュ。暖かくもあり、爽やかでもある万能色です。

     

     

     フルジップの長袖パーカー。

     

     春夏にはアウターとしてはもちろん、秋冬シーズンにはミドルインナーにも使えることを考えた。

     

     

     1sinさんのメロウネスというテーマはもちろん意識して、でもまるで異なる「心地よさ」があるように。

     

     柔らかいんだけどコシはあって、ざっくりしているんだけどふんわり感もある、そんな風合い。

     

     

     それを実現したのは、何よりもまずこのスウェット素材。

     

     素朴な風合いがありつつ、それでいてシックな高級感もある。

     

     コットンの柔らかな良さはあるのだけれど、それだけじゃない。

     

     

     というのも、このボディ素材のスウェット生地はコットンが90パーセントでさらにウールが10パーセント混ざってます。

     

     少量のウールが混ざることで、ざっくりとした質感が生まれて、汗などの発散性も良くなる。

     

     もちろん寒い中ではぬくっと暖かい、それでいて暖かい中ではさっぱりと爽やかに着られる。

     

     春夏秋冬、一年を通してとても着回しやすい厚さと質感です。

     

     

     また、コットンはペルー周辺のオーガニックコットンである、「アスペロ綿」という綿を使っています。

     

     このアスペロ綿もちょっと変わっていて、綿なのですけれど繊維がその中でもとりわけ短く太めで、まるでウールのような感覚のコットン。

     

     マスターシードコットンやスーピマ綿といった超長綿とは真逆のコットンとも言えて、その独特な風合いが良いのです。

     

     ウールのようにさっくりしていてコシがあり、でもコットンらしい滑らかさとふんわり感もある。

     

     そんなアスペロ綿とウールがほどよく合わさることで、普通のスウェット生地とはまたちょっぴり違う着心地の良さ。

     

     

     そして裏毛仕様になっているので、肌触りも柔らかでサラサラ。

     

     起毛はさせていないので極端に厚いのではなく、あくまでもサラリとTシャツの上にそのまま着ても気持ちい感じに。

     

     春夏はTシャツの上にざっと羽織り、秋冬にはシャツを挟んで着てももこもこかさばらない。

     

     このバランス感が非常に気持ち良い素材です。それなりにちょっとラグジュアリーな方のスウェット生地だけれど、まぁ何より着心地良いのが一番ですし。

     

     

     ずっと、ウールの良い質感も混ざったようなパーカーが作りたかったのです。

     

     かつてまだ若き学生時代の頃に、某ブランドでそれこそウール混じりのスウェットパーカーを作ってくれたのだけれど、その時にしてみればなかなかに高価で買えなくて、ずっと後悔していたりもした。

     

     でもそのパーカーそのまんまではなくて、もっとさらに気持ち良く着やすいものにして作りたいと思い、1sinさんに協力をお願いしたような感覚。

     

     メロウネスフーディーのもともとのフォルムやバランスの良さを生かして。

     

     

     フードや身幅のバランスなどはそのままに、少し袖の長さと着丈を調整はしています。

     

     もともとのメロウネスはあえて袖と丈を長くしてあったので、そこをもう少し着こなしやすい長さに、と。

     

     でもパターンの多くは踏襲してます。

     

     

     フード部分には通常は紐がたらんと垂れているけれど、それは無くしてます。

     

     紐を通す穴はしっかり開けているけれど、紐はなし。

     

     スッキリとさせてミドルインナーとしても綺麗に着たいことと、紐があることによるちょっとした子供っぽさを消したかった。

     

     

     袖はラグランスリーブで動きやすく。

     

     ステッチは目立ちすぎないようにボディ同色になってます。

     

     

     前はフルオープンで脱ぎ着しやすいように。

     

     閉めて着るのも良いですし、開けてラフに着ても軽やかさのある素材感なので気持ち良く着られます。

     

     

     このファスナー周りのぷっくりした感じが良い。

     

     メロウネスフーディーのこの雰囲気が好きだったので、もちろんそのまま。

     

     

     ボディはややスリムといったところですが、ぎゅっと細い!というほどではありません。

     

     きちんとアンダーにいろいろ着られるくらいのサイズ感にしてます。

     

     

     ポケット兼ハンドウォーマーもしっかりと。

     

     

     両方にもちろんつきます。

     

     

     中ももちろん裏毛なのでサラリと気持ちいです。

     

     

     また、裾部分はリブになっているので、良い伸縮具合でこれも着やすく動きやすい。

     

     そしてリブ部分はアスペロ綿が70パーセントにウールが30パーセントとウール比率がちょっと高くなってます。

     

     この微妙な質感の差も面白いところです。

     

     

     ちょっと赤く映ってしまってますが、基本はリブはボディとほぼ同色です。

     

     

     腕周りはややタイトに。

     

     スッキリと見せて着心地は良いけれど、すっきりスタイリッシュなパーカーに。

     

     

     腕の長さは元のメロウネスよりは少し短くしました。

     

     

     でも袖先のリブの長さはしっかりとっているので、ここでまた長さを調節しながら着ていただければ、と。

     

     

     ぐりりっと多めにまくっても良いですし。

     

     

     半分くらいでショートリブにしても良い。

     

     

     そしてファスナー部分でおっと思った方もいらっしゃるやもしれませんが。

     

     ファスナーにはCircus of Happinessとしてのこだわりはしっかりと。

     

     

     YKKの最高峰、エクセラのダブル仕様です。

     

     しかも、革小物やバッグ同様、渋めに優しく光るアンティークシルバー色で。

     

     このファスナーの雰囲気の良さを、パーカーにもそのまま。

     

     

     どんな色合いにもすっと馴染んでくれるので、ファスナーだけが変に光らなくて良い。

     

     そしてもちろん滑りも良好ですし、贅沢な仕上げです。

     

     アルミ製の軽いものにするかも悩みましたが、そこまでヤワなスウェットでもないので、しっかり重厚感はキープする感じにしました。

     

     

     ファスナー開けて背中の首元には1sinさんのタグ。

     

     サイズはS・M・Lの3サイズで作りました。オートミールのこちらはMサイズのサンプル。

     

     全体としてはすっきりスリム系のパーカーですが、サイズ感は基本的な洋服と同様です。

     

     普段の服がSサイズの方はSを、Mサイズの方はMを、という具合で良いと思います。

     

     もちろん、ゆったり目がお好きな方はワンサイズあげても大丈夫ですし、むしろぎゅっとタイトに着たい方はサイズ落としても良い。

     

     すでにワンウォッシュはかけているので、ここから極端な縮みなどは大きくは出ません。

     

     

     そして、品質表示などと一緒に、さりげなくCircus of Happinessのタグは一緒に縫われてます。

     

     なんか、首元に二つタグが来るのもスウェットパーカーには重すぎる感じがしましたし、そこまでこう「Circus of Happinessでっせ!!」とアピール強くしたいわけでもないしなぁ、と。

     

     むしろ最初は「うちのタグいらないです、1sinタグだけでいいです」くらいな勢いだったんですが、色々と周りから「せめてタグくらいはつけてよ」というお声も頂いたので、ここに(笑)。

     

     

     後ろから見たときのバランスもすこぶる良い。

     

     オートミールの優しい色が好きです。グレーでもベージュでもなく、ほんのり柔らかいグレージュ。

     

     

     一年通して合わせやすいカラーでもある、と。

     

     

     フードの大きさもしっかりバランスよく、また生地の皺のよるドレープ感も良い感じ。

     

     

     後ろに装飾はほとんどないけれど、生地そのものが表情豊かだからそれでいい。

     

     

     この独特な質感をぜひ愉しんでいただけたら、と。

     

     

     着て洗って、着て洗って、なんだかもうぐでんぐでんになるくらい愉しんだら、そのあとはもはや部屋着としても気持ちよく楽しめるはず。

     

     そういう着心地の良さも大切かな、と。

     

     

     1sin×Circus of Happiness メロウネスフーディー マルーン ¥17,500+税

     

     続いては、今度はぐぐっと渋さと華やかさを同居させた色味の、マルーン。

     

     この赤茶感、すっごく良いんです。ウールが入っている分適度に擦れた感じもして、古着感もあるというか。

     

     色の名称をとっても悩んだけれども、マルーンと表現するのが一番しっくり来た。

     

     ワインレッドだけれど、やや茶色っぽいニュアンスも感じられるワインレッドです。

     

     

     もちろん基本的な形はオートーミールのそれと同様。

     

     

     でも色がマルーンになるだけで、まるで異なるこの渋さ。

     

     

     男性が着るともちろんタフな感じの中に洒落感があって良いし、個人的には女の子がこの色を着るとまたものすごいかっこいいと思っている。

     

     古着のチャンピオンのパーカーとか、女の子が着てるとかっこいいもの、そんな風合い。

     

     

     良い顔してます、このポジション。

     

     

     もちろんアスペロ綿にウールが少し。

     

     

     紐はもちろんありません。

     

     

     ラグランスリーブのステッチもさりげないくらい。

     

     

     エクセラファスナーのアンティークシルバー色が、なんだかもうこのためにあるくらいによく合う。

     

     

     ポケット部分の凸凹する風合いも美しく映える。

     

     

     マルーン(バーガンディーといってもいいけれど)のスウェットパーカーも、スウェット全体から見るとそんなに多くない。

     

     だからこそ良い塩梅のものを作りたかった。

     

     

     リブの部分はやはりウールが少し多め。ごくわずかにボディと色も同色だけれど、厳密に言うとほんのり違う。

     

     

     裏毛の感じももちろん気持ちいい。

     

     

     生地の質感とこの色がすこぶるあっていると思う。

     

     

     ボロボロになるまで着て、なんならツギハギで補修しながら着たいような色合い。

     

     

     袖リブももちろん長めにしっかりと。

     

     

     男女ともに、きっと着るだけでぐっと雰囲気出るカラーです。

     

     

     後ろから見てもやはり良い。

     

     

     渋い、本当にかっこいい色。

     

     

     赤系は好みが分かれるけれど、このマルーンはきっと人を選ばない。

     

     

     秋頃にもまたぐぐっと映えるカラーでもありますね。まぁ、店主は春もこの感じ好きなんですが。

     

     

     ぜひ、外にお出かけしてください、なカラー。

     

     

     結構珍しいトーンの色だと思います、はい。

     

     

     1sin×Circus of Happiness メロウネスフーディー チャコールネイビー ¥17,500+税

     

     そして最後のカラーが、チャコールネイビー。そんな名称あるのかわからないけれど、そう表現するのがわかりやすいと思って。

     

     ネイビーなのですけれどがつんと青いわけではなくて、適度にくすみのあるネイビー。

     

     なんというかチャコールグレーの上にさらにネイビーを重ねて、そこから洗いをかけたような……絶妙な色。

     

     なのでチャコールネイビーって表記にしました。

     

     

     普通のネイビーだったらこの生地の質感には合わないので作らなかった。

     

     でもこのかすれ具合がなんとも良くて、これは生地の表情を楽しませてくれるなぁ、と。

     

     

     暗いところではもいかしたら、ブラックっぽくも見えるかも。

     

     

     でもネイビーです。明るいところでは青みもきちんとあります。

     

     

     この色はまさに一年を通して、いつでもベーシックに着られる感覚は強いと思う。

     

     でもブラックでもなくネイビーでもなく、ちょっと特別な感じ。

     

     

     アスペロ綿のおかげなのか、ウールの兼ね合いなのか。

     

     このスウェット生地の色の出方はかなり面白い。

     

     

     紐はもちろんありません。初代メロウネスフーディでも、店主は紐を取り払って着てます。上品な感じになって素敵。

     

     

     この色は着てガンガン運動してほしい感じもする。

     

     

     もちろんファスナーの相性はいわずもがな。

     

     

     光の当たる角度によっては、グレーっぽいニュアンス。

     

     

     通常のいわゆる霜降りグレーは作らずに、他にはあんまりない色ばかり作った、今回のメロウネスフーディー。

     

     

     アレですよね、売れる売れないの話でいけばきっと、「普通のグレー作んなよ」って話なんでしょうけれど。

     

     でも普通のグレー系はそれこそ1sinさんとかワーカーズさんがやってくれるわけだから、それで良い。

     

     そうではないことをやりたいから別注しているとも言えるかもしれない。

     

     

     生地選びは大変だったけれど、出来上がってこの生地にして本当に良かったと感じる。

     

     

     Tシャツ着て、パーカー。Tシャツ着て、シャツ羽織って、さらにパーカー。

     

     もちろん寒い季節にはその上にコートを着て。

     

     いつでも使いやすいパーカーになった。

     

     

     3色作るのは少し勇気がいったけれど、どの色も素敵だったから仕方がない。

     

     

     あ、リブはもちろん長いまま着るのも、昔っぽくて良いですね。

     

     

     パーカーはカジュアルなアイテムですけれど、その中にシックな空気があれば、たくさん着まわせる。

     

     

     今回のメロウネスはその感じがすごくよく出てくれたと思っています。

     

     

     チャコールネイビーの後ろ姿の、この渋さよ。

     

     

     フードはもちろんかぶれるサイジングですけれど、基本はまぁ飾りですよね。

     

     

     着丈もほどよい長さになっているので、下にシャツを着た時に、わずかに裾だし出来る感覚。

     

     

     フードの裏側は生地をもう一枚合わせているので、野暮ったくならずにスマートなおもて面。

     

     

     ぜひ、ブラックでもネイビーでもないこの塩梅を愉しんでくださいね。

     

     

     このメロウネスは完全別注の製品になりますので、販売はCIRCLEのみとなってます。1sinさんでの販売はありませんので、あしからず。

     

     きっと素敵に愉しんでいただけるアイテムになったな、と思います。

     

     どうぞ、宜しくお願い致します!!

     

     

     

     CIRCLE

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • Circus of Happinessのセミロング・ギャルソンウォレットについて。(ドラーロシリーズ)
      CIRCLE 青山 (07/17)
    • Circus of Happinessのセミロング・ギャルソンウォレットについて。(ドラーロシリーズ)
      ateliertte (07/17)
    • CIRCLE3周年の特別製akihamaアクセサリーについて、その1(ネックレス編)
      CIRCLE 青山 (06/23)
    • CIRCLE3周年の特別製akihamaアクセサリーについて、その1(ネックレス編)
      樹 (06/18)
    • ル・ボナーさんより届いたパパスショルダーの愉しさ。
      CIRCLE 青山 (01/23)
    • ル・ボナーさんより届いたパパスショルダーの愉しさ。
      谷地雅枝 (01/23)
    • CIRCLEよりとても大切なご案内です。1月後半より、定休日を変更させていただきます!!
      CIRCLE 青山 (01/15)
    • CIRCLEよりとても大切なご案内です。1月後半より、定休日を変更させていただきます!!
      ハセ川 (01/15)
    • 久しぶりに、ル・ボナー製品の在庫状況について。
      CIRCLE 青山 (12/16)
    • 久しぶりに、ル・ボナー製品の在庫状況について。
      服部蒔士 (12/16)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM