<< さっくりとのお知らせとなりますが、ルボナーさんよりマエストロ、入荷です! | main | オンラインショップへのアップと、ちょっといつもと違うポンテについて。 >>
2016.12.06 Tuesday

mukai nichikaの追加作品入荷で、お願いしていたものが全て揃いました!

0

     

     少しお知らせがございます。一部店頭やブログでもご案内をさせていただいておりました製品や入荷の予定が、ちょっと遅れてしまう具合になっています。

     

     まずはCircus of HappinessのMou-Toteですが、12月入荷は一部のカラー、あるいは一部の数という形になるやもしれません。少し1月に入荷が色や数で分かれる可能性が高くなってきました。

     なかなか職人サイドも手が回りきっておらず、遅れてしまってます、すみません。

     

     そしてまた、羽アクセサリーのakihama作品ですが、11月末〜12月上旬入荷予定をお願いしていましたが、こちらもやはりなかなか狙ったタイミングで製作が入れられず、12月中旬という具合にずれ込んでおります。

     その分、いろいろをご覧いただけるようになればと思っておりますが、詳細はまた追ってご案内させていただきたく思います。

     

     さすがの12月、師走。思ってもいないタイミングでいろいろずれてきたりして、ちょっと店主もショックの連続だったりしますが、なんとか良い12月になればな、と思っています。

     

     そんな今日は、こちらはしっかりと良いタイミングで届いてくれました、mukai nichikaの花コサージュたちの、事前にお願いしていた残りの作品たち。

     

     これで、ひとまずの全ての作品の製作完了。素敵な色の空間を生み出せていると思います。

     

     

     すでに先月にもお手にとってくださったお客様もいらして、その美しさをお褒めいただけることの多い、mukai nichikaの草木染めシルクで製作をする造花作品、アクセサリーたち。

     

     一つ一つ手作業で生み出される世界観は、ただの綺麗さというだけでなく、独特な迫力と深みを感じさせてくれます。

     

     作品のいろいろや作りについては、どうぞ前のブログの諸々をご覧いただきたく思います。

     

     先月の入荷が大半ではありましたが、もう少しだけ作りが間に合えばと元々お願いをしていた分が、仕上がってまいりました。

     

     ミニタイプのコサージュと特別な作品、それぞれ。

     

     

     もちろん、この間の入荷した子たちも素敵に店頭を彩り、

     

     

     これまでにないCIRCLEでの世界観を作ってくれています。

     

     

     男女問わずその美しさには目を留めてくださり、

     

     

     ご自身で楽しんでくださる方も、あるいはプレゼントにお選びくださる方も。

     

     身につけるだけでなく飾って楽しむことが出来るmukai nichikaの作品たちは、やはりただただ素敵だな、と感じる。

     

     

     今回の追加入荷分はこちらの日常的にもつけやすいミニコサージュたちと。

     

     

     もう一つお願いしていた、箱入りの特別な子です。

     

     

     mukai nichika ミニコサージュ No.143 ¥8,500+税

     

     まずはミニコサージュたちの追加をご案内。

     

     この143は個人的にも開けた瞬間に「おっ」と面白く感じたバランス。

     

     ピンクっぽい紫、濃いめの紫、そこに青さが加わる。

     

     

     明るくもあり、暗くもある。その塩梅が面白い。

     

     

     相変わらずの造形はやはり素晴らしくて。

     

     

     これを一つ一つ手で熱を当てて生み出していると思うと、やはりすごい。

     

     

     様々な角度から眺めたくなる美しさです。

     

     

     もちろん裏面は安全ピン的なタイプのピンと、ミニサイズなのでクリップ型の金具も付きます。

     

     洋服でも帽子でもストールでも、様々な形で使えるコサージュです。

     

     

     mukai nichika ミニコサージュ No.144 ¥8,500+税

     

     続いての144は、ぐっと大人のニュアンス。

     

     この様々な紫色で生み出されるグラデーションは、そうそう見ない。

     

     自ら草木染めを施すからこそ出来る細やかさ。

     

     

     適度に濃いめの色が加わることで、コサージュの印象が引き締まり、ぐっと全体の形がまた映える。

     

     

     単調な色合いはどこにもなく、それぞれが深みある色合いに。

     

     

     花びらの立体感も一枚ずつもちろん異なり、その広がり方も良い。

     

     

     このmukai nichikaの独特なセンスは、他の布花作家さんからは未だ感じたことのない、特徴的な空気感だと思う。

     

     

     実用ももちろんですが、飾ってるだけですでに良い気分になれます。

     

     

     mukai nichika ミニコサージュ No.145 ¥8,500+税

     

     ぐっと濃さも増していき、赤紫から紺色的な色合いへの移り変わりが美しい、145。

     

     この手の色合いは特にmukai nichikaでは上手だと思っている。

     

     草木染めは淡い雰囲気を出すものが多い中で、適度な媒染を加えて、雰囲気ある濃い色を作ってくれる。

     

     

     花びらの中でも色が変わっていく感じも、面白い。

     

     

     なぜだか斜め上から見る角度が好きです。

     

     

     あ、でもここから見た濃さがすごく良い。

     

     

     というより、どの角度から見ても綺麗なんですけどね。

     

     

     裏から見たって、葉っぱとか花びら部分、良いですから。

     

     

     mukai nichika ミニコサージュ No.146 ¥8,500+税

     

     一転して、明るくふわっとやわらかい色も。たくさんの色合いを交えて作られた、146。

     

     この優しさはある意味草木染めらしい色合いでもあり、でもここまで複雑に色合いも混ぜて出来上がるのは、なかなかない。

     

     

     これでもか!というくらいに綺麗な色が織り重なり、花の形を生み出す。

     

     

     それはもう、美しいに決まっている。

     

     

     この辺りの色の塩梅はものすごくざっくりと希望はいうものの、基本は向井さんにお任せしています。

     

     でもそれは間違いない良さで返ってくるから嬉しい。

     

     

     圧倒的なグラデーション感。

     

     

     男女問わず、楽しんで欲しいものです。

     

     

     mukai nichika ミニコサージュ No.142 ¥8,500+税

     

     そしてミニコサージュのラスト、これ店主がものすごい好きです。

     

     鮮やかな赤紫色、その一色で作られたもの。

     

     一色だけれど、単調ではない。そのなかで濃さの微妙な移り変わりを感じ、奥行きがあるカラーだからこそ美しい。

     

     

     蓋を開けた時にもう、「あ、これ好きです」と勝手に思った。

     

     

     赤紫そのものの色合いがまず発色よくて。

     

     

     重なり合うとそれが陰影ついてまた雰囲気が違っても見える。

     

     

     良いですね、とても。

     

     

     シンプルですが、それはそれでまた良さがあると思っています。

     

     

     そしてもう一つ仕上がってきたのは、この大箱もの。

     

     かなり、すごいです。ちょっと怖いくらい、手をかけてくれました。

     

     

     mukai nichika 特別セット箱 リュウゼツランコサージュ ¥32,000+税

     

     木箱のなかに入り、蓋はアクリルで飾れるように。

     

     蓋を取ってこれは撮影していますけれど、二つ並ぶ大きめのリュウゼツランコサージュたち。

     

     この二つがセットになって箱に収まる作品です。

     

     

     リュウゼツランのコサージュは小さくしたタイプをCIRCLEに作ってくれていますが、それの元々のしっかりサイズの形。

     

     ボリュームと迫力があるリュウゼツランは、また異なる魅力を発揮してくれている。

     

     

     一つは淡い色をグラデーションし、茶色っぽい紫から徐々に移り変わり、淡いブルーグレーへ進む。

     

     

     色の重なりがすごい、とても考えて色の配分を作ってくれたことがよくわかる。

     

     

     なんせこのリュゼツランの形は、細かな房のように花を作り、それを束ねていく。

     

     なのでグラデーションを作るにはそれだけの色合いのバランスを整えて、より細やかに色を切り替えていかねばいけない。

     

     すごく大変だったと思うけれど、仕立ててくれた。

     

     

     今の作品群のなかに、箱物を作るとしたらどんなものが綺麗に映えるか、そしてCIRCLEにとって良いか。

     

     それを真剣に考えてくれて、辿り着いたのがグラデーションでのリュウゼツランだったそうで。

     

     これまで製作されたことはなく、初めての展開ということですが、非常に素敵な空気になって嬉しい。

     

     

     そして、それを二つ並べるという意匠。これも面白いと感じた。

     

     もう一つはぐっと今度ははっきりした色に移っていくリュウゼツラン。

     

     この発色の良さもすごい。

     

     

     深い紺色から青へ、そして爽やかな水色を経過しながら、いつのまにか淡目の紫も顔を出す。

     

     複雑で豊かなグラデーション。

     

     

     そこに浮かぶ黄色もかなり美しいと思っている。

     

     

     二つのコサージュの位置を逆にして飾れば、またそれはそれで続いたグラデーションとしても楽しめる色合いになっている。

     

     

     こりゃ、すごいですよ。

     

     

     基本、今はこの左右で飾っていますが、自由につけかえできるので、逆にしても綺麗です。

     

     そうすると濃いめの紺色から青を経過し、紫っぽさに移っていき、そこからコサージュは移り、紫っぽさから淡いブルーグレー、そしてさらに優しい色へと変遷させて見ることも可能です。

     

     また、コサージュの向きというか角度も自在なので、お好みの角度で楽しむこともできます。

     

     

     というのも、それぞれがアクセサリー作品として独立してもいるので、箱についている磁石から取ればこんな風に。

     

     

     裏面にはブローチピンとそして髪留めとしての金具もついているので、もちろん実用で楽しんでも欲しい。

     

     

     洋装だけでなく、和服にも似合うようにと色を考えてくれたそう。

     

     言われてみれば確かに、どちらの色合いもまた和の空気にも綺麗に映える感じがする。

     

     

     様々なシーンでつけては楽しみ、そして家に戻ればまた飾る作品へと変わる。

     

     そんな素敵なことってなかなかないですよね。

     

     

     向井さんとしてはバラバラの作品としても販売できるように、とナンバーをそれぞれにふって、紙箱もつけてくれたけれど。

     

     でもCIRCLEとしては基本的にバラで販売することは考えていません。

     

     これだけ練って考えて生み出してくれた箱作品をバラすなんてのは、それはもうね、店主個人の感情としてやはり出来ない。

     

     なので、特別セット箱としてご用意となります。わがままですみません。

     

     

     と、今回入荷だけでなく、小サイズのコサージュもしっかり並び。

     

     

     ミニサイズはさらに豊富になり。

     

     

     リュウゼツランコサージュは少し残りが少ないけれど。

     

     

     でもイヤーカフもしっかり展開できていて。

     

     

     とても充実したmukai nichikaの世界が出来ていると思います。

     

     ぜひ、ご覧いただき、お好みにあった色の世界を愉しんでいただけたらと思います。

     

     きっと、良い空気がその空間に流れます。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM