<< 使ってしばらく経つ、店主のMou-Toteの具合について。 | main | お客様よりオーダー承った、KUON(クオン)の襤褸ジャケットについて。 >>
2016.11.19 Saturday

Circus of Happiness×FABRICのシルク100%ニットマフラーについて。

0

     

     もうこの年末近くになってくると、手元に届くサンプルはすでに来年のものばかり。

     

     今日はふっくら心地よいのが届いたけれど、春夏に間に合わせるか秋冬に合わせるか、悩ましくうんうん言ってます。

     

     焦っては良いものはできないけれど、早く愉しみたい気持ちも重なるから、ものづくりは難しい。

     

     

     今日は、もうすぐにでも大活躍してくれる子が、ようやく出来上がってきました。

     

     CIRCLEで巻き物は珍しいのですけれど、Circus of Happinessでマフラーを作りました。

     

     でも、普通のマフラーじゃありません。普通じゃなく、気持ちいいマフラーです。

     

     

     オープンして以来ずっと、巻き物を作りたいと思ってはいたけれど、いざどんなのが作りたいかなぁと思うとなんだか煮え切らないところがありました。

     

     カシミヤならジョンストンズをまず選択肢に入れるとそれでかなり素敵だし、コットンならtamaki niimeがやっぱり素敵だし、軽やかな感じならもはやファリエロサルティあればいいし、アウトドアな感覚ならパタゴニアとかでいい。

     

     そんな風に色々と考えるとなかなか「この素材でCircus of Happinessとして作りたい!!」が見つからなくて、作っていなかった。

     

     でも、今年その「これで作りたい!!」に出会えて、春過ぎくらいからせっせと準備して出来上がりました。

     

     

     ちょっと色が上手く撮れない自分の写真の腕のなさを痛感する。

     

     まぁそれはともかく。

     

     事のきっかけは、Circus of HappinessのMou-Toteなどを作ってくれているFABRICさんと、何気ない打ち合わせをしていた時でした。

     

     FABRICさんが国内でもかなり大きなニット工場さんと仲良くなったということで、「ニットで何か作れないかな?」と色々な素材を見せてくれていて、店主はただただ「これなら、こういうのが面白いし」とか「さすがにこれでバッグは厳しいですよ」とか、いわば互いの相談みたいなことをしていた。

     Circus of Happinessとして作るとかCIRCLEとして扱うとか、そういう次元ではなくて、単なるブレーンストーミングに近い感じで。

     

     そこから店主的に何かを感じて、全く別のものを作りたくなる時もあるし、FABRICさんはFABRICさんで全く違う何かを考えて作っている時もある。

     

     その中でふと、シルクニットのとりあえず編んだものみたいなのがあって、それに触れた時に「あぁ、これが面白い、シルク欲しい!!」と強く思った。

     

     

     そこからはFABRICさんにお願いをしながら、「シルク100パーセントのニットで、ぎゅっと目の細かいマフラーになった気持ちいいよね」と話は進んで、作り上げていってもらった。

     

     なんやかや時間はかかりつつもサンプルを通して、出来上がってきたこのマフラーは、直感的に触ってもう「気持ちいい!」と感じられる素敵な子になりました。

     

     そんなわけで今回はダブルネームということになってます、はい。

     

     

     使った素材は、先ほどからも出てきたようにシルク。コットンシルクとかカシミアシルクとかモダールシルクとかそういう混紡した感じではなく、もうそのままシルク100パーセントです。

     

     シルク糸も分類していくと幾つもあって、大きく分けるとざっくり3種類。生糸・絹紡糸・紬糸という具合。

     

     生糸はシルクの中でももちろんトップで、純粋に蚕さんの繭からシュルルルと途切れなく取れる天然動物性の長繊維。これは基本、呉服になっていく、着物だとか紬(つむぎ)だとか、帯だとか。

     しなやかで煌びやかな光沢があって、なめらか。その分もちろん、とっても高価。

     

     その生糸を取り出すときに出てくる短めの繊維だったり、あるいはちょっと潰れてたり糸口が出てこない繭とかから取った絹を、綿や毛と同様の感じで機械で紡いでいったのが、絹紡糸。これはニットにしたり一般的な衣類などに用いる。

     こちらもしなやかさはすごくて、またそこに加えて嵩がしっかりするのでふっくら感が出てくる。光沢は生糸よりは少し大人しく、上品な感じ。その分、生糸よりは半分くらいの価格で済む。

     

     さらに紬糸(絹紡紬糸とも)は、もっと色々な過程で出てくる、いわば落ち綿的な感じのシルクや、ちょっと屑などが入った部分を使って、ぐりぐりと紡いでいくいく糸。こちらは絹としては安価に使えて、靴下とかによくなってます。

     光沢はほとんどなくなって、ちょっと屑が黒っぽく見えたり、糸の太さも安定せずネップなどが多くなったりする。でもお手頃に絹を使える良さはある。

     

     

     生糸には生糸、絹紡糸には絹紡糸、紬糸には紬糸の良さがあって、それぞれ。

     

     よく生糸以外は長繊維ではなくなるから、シルクの良さは何もないみたいに書かれたりもするけれど、そんなことはありません。

     

     長さが短くても糸そのもののミクロな構造でいくとほぼ同じで、良い具合に水分を吸収しては発散してくれるし、滑らかさもしなやかさも出せる。

     

     光沢感云々はもちろん差は大きいけれど、それは「何をシルクで作るのか」で必要な見栄えは変わってくる。コットンとウールも同じですよね。つくりたいものと雰囲気によって、必要な素材の太さも長さも質も変わる。

     

     今回のマフラーに用いているのは絹紡糸。生糸でやるととても日常的につけれる価格じゃなくなるのと、そこまで光沢感が強いものをつくりたくもなかったので。

     

     ですが、絹紡糸でも120番双糸のかなり極細だけれどしっかり強さもある太さの糸を使ってます。適度に上品な光沢感が生まれて、しなやかさも表現できて、なめらか。

     

     そしてその糸をかなりの18ゲージというハイゲージで編み込んで、ぎゅっとしっかりした質感に。

     

     

     なんかちょっと赤みが薄く写ってしまうけれど、フレッシュな赤ワイン的な色です。あとでその辺りはもう少し細かく。

     

     18ゲージのニットはそこそこのハイゲージ。特にシルクの特性が死なない範囲では18ゲージがほぼマックスに近いと言われています。

     

     もちろん機械で言えば24ゲージ、28ゲージ、編み方を特殊にして30ゲージとかも出来なくはないけれど、シルク100パーセントでそれを行うとシルクらしい柔らかさとかしなやかさ、あるいはふんわり感みたいなものが無くなっていく。

     

     素材の太さと質感にあったほどほど、というのがやはりあって、その辺りはこの工場さんは見極めをうまくしてくださった。

     

     

     よくあるシルクスカーフのような「織物」ではありませんニットなので「編み物」です。

     

     なので平たいですがふんわりした感じがあり、伸縮性もあります。

     

     厚みとしてはウールのように厚くないので、どんな服装の時でも綺麗に上品につけられる。

     

     

     そしてやはりこの、触り心地がもう。

     

     サラサラでするするなめらかで、それでいてヌメっとした独特なしっとり感がある。

     

     これはもう、シルクならでは。他の素材ではまず愉しめないところです。

     

     ただただ、純粋に気持ち良い。つけていてもいなくても、無駄に触りたくなります。

     

     動物性天然繊維なので、アレルギーも起こりにくいですし、静電気も起こりにくい。

     

     

     もちろん薄めではあるので、保温性の話になるとカシミヤやアンゴラ、アルパカとかパシュミナのように、ぼわぁっとものすごく暖かいというまではいかない。

     

     どちらかと言えばシルクの保温性は、体温を逃がさずに「あ〜、ぬくいわぁ」という感じのほっこりする暖かさを維持する。その維持するというところが現代ではすごく便利だと感じている。

     

     日本はそこまでの極寒の地は少ない(北海道はもちろん寒いですが)。また、現代では結構どこも暖房がそれなりにしっかりしてて、外でものすごく暖かいストールをつけていると、いざ地下鉄に入った瞬間や建物、電車に入っていくと、かなり熱くなってしまって、むしろ汗をかいたりもする。

     

     そう思うと、シルクの適度な保温性というのは、外で温度を守り、地下や建物や電車内でも快適なまま過ごしやすい。

     

     それはそれで防寒具としては優秀ではないか、と。(極寒の地では、それはそれでシルクは肌着にしているので、もちろん暖かいんですよね、結構)

     

     さらに、シルク100パーセントだと吸湿性もあって、かつ発散性も高いので、春夏のシーズンもまた快適に変わらずつけられる。

     

     なんなら、夏は冷房よけにもちょうど良い。至れり尽くせりじゃないか、という。

     

     

     マフラーの端の部分はリブにして留めてます。

     

     フリンジとかは特になくて、とってもシンプルなストレートなマフラーに仕立てています。

     

     

     きめ細やかなシルクは気持ち良いだけでなく、見栄えも良い。

     

     しなやかさから生まれるシワやドレープが美しく、陰影と光沢が圧倒的に綺麗。

     

     

     シルクは色の発色もとてもよく出るから、そもそも色が良い。

     

     今回は3色を作りましたが、どれも見ているだけでも素敵。

     

     

     無地だけれど、ニットそのものが上質な顔を作ってくれるから、それでいい。

     

     

     使い勝手、心地よさ、見栄え、そのバランスがとてもよく出来たと思っています。

     

     

     もちろんシルク100パーセントなのでデリケートな側面もありますが、それを補って余りある素敵さです。

     

     

     肝心な大きさも。

     

     マフラーの幅は45cmに設定しました。マフラーとしてはちょっと幅が広めです。

     

     軽いストール的な感覚でも使えるように。

     

     

     半分に折った感じでも23cmくらいあるので、少し肉厚感ももたせながらマフラーとして使える感覚。

     

     もちろん、ショールのようにしても良いし、ひざ掛け的にも良い。

     

     一年中使える素材感だからこそ、汎用性の高いサイズに。

     

     

     そして長さは150cm。

     

     マフラーとしては定番的な長さですね。一般的なマフラーの巻き方は基本できる具合。

     

     もっとロングにしてぐるぐる巻くのも可愛いなぁと思いつつ、そこはある程度価格との兼ね合いも考えて。

     

     また、シルクでせっかくすっきりつけられるので、今回はノーブルにつけてもらう感覚の長さを。

     

     

     男性でも基本は十分な長さなので、女性は余裕持ってふんわりさらに巻けるはず。

     

     

     タグはCircus of HappinessとFABRICの織りネーム。

     

     ネームいらないなぁとか思っていたのですが、さすがにつけないと良くないと突っ込まれたのでつけてます。

     

     品質表示はもちろんシルク100%。

     

     工場のことも書いてあるのですが、いろいろ大人の事情でブログで工場の名前は出さないでね、と言われてるので、そこは割愛。

     

     

     取り扱いはいわゆる一般的なシルクと同様です。

     

     基本的には水洗いはおすすめしていなくて、ドライクリーニングを推奨しています。強度と色合いがよく保てるので。

     

     どうしてもシルク100%に関しては「気軽に家でどうぞ!」とは言い難い。

     

     でもどうしても家で洗うわ、という場合にはどうぞ下記の具合にご注意を。

     

     水温は30度以下にて、必ず中性洗剤を用いてください。汚れている面から水面に入れて、優しく優しく押し洗いです。すすぎも優しく(でもしっかりと)行って、その後は柔らかいタオルなどで挟んで大まかな水気をとってください。(脱水をかける場合は本当にごく短い秒数でないと変にシワが残ってしまう場合もあるので)

     

     またそれなりに湿ってるんだけどな、くらいの感じで平置きで陰干ししてあげてください。

     

     こんな風にするとある程度は大丈夫とは思いますが、まぁ年に1回か2回くらいの感じでドライクリーニングでいいんじゃないでしょうか、はい。

     

     

     と、いうこんな特徴的なマフラーさんですが、色もご案内。

     

     今回は3色となりまして、定番としてのピュアなしっかり黒さのあるブラック。

     

     そしてネイビーとブルーと紫の間をいくような、ブルーベリーの青さである、パトリオットブルー。

     

     最後に、レッドとピンクと紫の間をいくような、フルーツ入りのフレッシュな赤ワインの赤さである、サングリア。

     

     なかなか色の塩梅も良いのです。

     

     

     価格はギリギリまで粘って考えましたが、¥25,000+税となりました。

     

     当初予定していたよりも仕上げにより滑らかに心地よくなる加工もしてもらったりして、コストがかなりかかった。

     

     もっと限界まで攻められるか……と思っていたのですが、このマフラーは色を変遷したりしながらできれば時折続けたいので、攻めすぎて続けられないぜ、とかならないようにしました。Mou-Toteの経験則。

     

     でも、糸や仕上げを考えると、だいぶ頑張ってるとは思っています。

     

     

     Circus of Happiness×FABRIC 100%シルクニットマフラー ブラック ¥25,000+税

     

     ブラックは、もちろんどんな服装、ジャンルにもしっくり合う。

     

     シルクらしい上品な光沢感もぬめっと美しく輝く。

     

     

     ウールともコットンとも異なる、カシミヤだけがマフラーのトップじゃないよ、と感じさせてくれるはず。

     

     

     男女問わず、もちろん使いやすい色味です。

     

     

     Circus of Happiness×FABRIC 100%シルクニットマフラー パトリオットブルー ¥25,000+税

     

     そしてパトリオットブルーは本当に独特な青。ブルーベリーブルーといってもいい。

     

     青いけれど真っ青な派手感はなく、ネイビーだけれど鮮やかさもある。青紫っぽいけれど、紫が強すぎない感覚。

     

     この色は渋さとスタイリッシュさが同居している。

     

     

     ありそうでない青です。

     

     光の強いところではいっそう華やかに。暗めのところではしっかりとダークに。

     

     

     きっとこれも、男女関係ない。

     

     

     Circus of Happiness×FABRIC 100%シルクニットマフラー サングリア ¥25,000+税

     

     そして一番写真での色出しがしんどいけれど、美しさピカイチのサングリア。

     

     タンニンが強すぎない赤ワインに、フルーツをたっくさん漬け込んで作った、お酒のサングリアの感じ。

     

     フレッシュな赤さを感じ、でも華やかなピンクっぽい雰囲気も感じ、赤紫といえばそうだけれど、でも明るく優しい。

     

     

     暗いところではダークな赤茶っぽく見えて、明るいところではその赤さがパキっと美しく映える。

     

     

     写真での色出しが本当に難しい〜。

     

     アレです、リアルにサングリアのお酒の色を想像してもらう方がむしろわかりやすいくらいかも。

     

     

     もうちょっと、明るく濃く赤紫的な感じなんですよね。

     

     

     あ、でもオンラインショップのは結構近いかも。

     

     あとは明るいところだともっと明るいし、暗いところだと暗いしという具合です。

     

     

     なんだかうまいことご案内できている気がしないのが、すみません。

     

     でも、とにかく心地よいマフラーです。

     

     何がなんでも暖かさが第一!という方はもちろんカシミアのマフラーをおすすめしますが(ジョンストンズはなんだかんだで便利)、ほどよい暖かさで一年中活躍できて、何より「気持ちいいマフラーが良い!」という方にはすごく良いものになりました。

     

     ぜひ、ご覧いただけたら幸いです。

     

     どうぞ、宜しくお願い致します。

     

     

     

     CIRCLE

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM