<< Workers(ワーカーズ)のウールコットンサージ・バルカラーコートについて。 | main | 11月のCIRCLEの営業予定について、 >>
2016.10.30 Sunday

素敵なコーヒー豆の入荷と、もう一つ仕上げてもらったKUON裂き織りキャップについて。

0

     

     今日は友人夫婦と子供が店頭に来てくれて、ほっこりしました。店主の姪っ子とまるっきり同じ日に生まれた娘さんがやはり可愛くて、幸せの象徴よねと強く感じました。

     

     そんななか店主は秋花粉の猛威に未だにやられていて、ずっと今日は目が痒くて痛くてたまらなかった。

     

     体質改善をする方法を切に知りたいものです。

     

     さて今日は、新しいコーヒー豆たちが届きました。素敵な味わいが盛りだくさん。そしてそれと、以前入荷してすぐに売れてしまったKUONさんの裂き織りキャップ、こちらが前とは異なる色合いで一つ仕立ててもらえました。合わせて、ご案内してまいります。

     

     

     

     寒くなってくると、暖かいコーヒーがまた俄然美味しくなってきます。

     

     ブレンドの丸い味わいや優しい香りも良いですし、産地ストレート(シングルオリジン)の個性や特徴を愉しむのも素敵。

     

     それ以前に、「はー、あったまるね」と言いながらただただ暖かいコーヒーを味わうのが、細かいことを気にしなくても単純に良いよな、と思ったりします。

     

     また新しいコーヒー豆が堀口珈琲さんから届き、今回はブレンド2種にストレートが3種とちょっと多めです。

     

     

     堀口珈琲 CIRCLEブレンド フルシティロースト 200g ¥1,300+税

     

     まずはもちろん、CIRCLEのコーヒーといえばこのブレンドのこっくり甘い味わいと、しっかりとした香ばしさが良い、CIRCLEブレンド。

     

     ブラックもよし、甘くしてもよし、アイスでももちろんよし。

     

     とっても万能なブレンドで、チョコレートを感じさせる豊かな甘みとコクは、嫌いな方がほとんどいないんじゃないかな、と思う。

     

     まずコーヒーを愉しむなら、の初めにもとてもおすすめしている味わいです。

     

     

     堀口珈琲 CIRCUSブレンド フレンチロースト 200g ¥1,300+税

     

     そして、そこからもうちょっと深煎りで香ばしさをさらに出して、味わいとしても甘みを少し抑えながら、果実味や華やかな香りを少し加えた、CIRCLEブレンド。

     

     どことなく赤ワイン的な芳醇さと華やかさがありますから、ちょっと贅沢な気分になりたいときにも良いブレンドです。

     

     香る感じはしてもそこはブレンドですから、もちろんバランスが良くて飲み飽きない味に。

     

     CIRCLEブレンドとはまた異なる風味を楽しめる毎日のコーヒーです。

     

     

     堀口珈琲 コロンビア エル・ペニョン フランドリザーブ フルシティロースト 200g ¥1,500+税

     

     そして今回のストレート、まずはコロンビアです。

     

     コロンビアは世界的にもどでかいコーヒー産地だけれど、それゆえ全体的にバランスを取る政策になってしまっていて、なかなか個性ある良質なコロンビアに出会えることは少なくなってしまいました。(その分、どのコロンビアを飲んでも、ある程度美味しいという安心感もあるといえばあるのだけれど)

     

     そんな中で堀口さんが選んでくる農園のコーヒーは、時にぐっとすごいのがやはりある。

     

     このエル・ペニョンのグランドリザーブは、コロンビアらしいほんのりと果実味っぽい酸味がありながらも、そこに加わるしっかりとした甘みが面白い。香ばしい甘みでちょっとこってりした感じもあって、カラメルとか黒蜜とかそういった類のニュアンスに近い。

     

     その果実味らしい部分と甘みの部分が綺麗に合わさっていて、どちらも気持ち良く感じられるところでバランスが取れています。熟して甘さが強くなってきた果実という感覚。

     

     もちろんコーヒーらしい香ばしさと風合いも十分あって、面白い甘みが欲しい方へ。

     

     

     堀口珈琲 コスタリカ ラ・ロカ エル・アルト シティロースト 200g ¥1,500+税

     

     お次は、店主がここ数年とっても好きな、コスタリカ。

     

     決して大きな農園ではないところですが、このコーヒーの滑らかさとうまさ。

     

     酸味と甘みのバランスが良いのはもちろん、ふくよかなボディ感といいますか、舌の上にしっかりとうまみが乗る感じがあります。

     

     コスタリカは特徴的な甘みが美味しいところもあるけれど、これはその甘みを重視というよりも、コクや滑らかさを特に楽しんでもらいたいコーヒー。

     

     これ、とても良いです。

     

     

     堀口珈琲 グァテマラ サンタカタリーナ農園 シティロースト ¥1,300+税

     

     最後に、ついこの前もニュークロップで入荷させたけれど、もう一度グアテマラ・サンタカタリーナ農園。

     

     やはり美味しいんですよ、この農園は。なんだかもういつも欠かしたくないくらいに、バランスが良くて、コーヒーとしての品質が高い。

     

     ブレンド以外にストレート(シングルオリジン)を飲んだことがない方や、あるいはシングルオリジンの美味しいのにまだ当たったことないなぁという方にも良い。サンタカタリーナのグァテマラは、好みはあるとしても「これは良くないコーヒーだ」と感じる人はきっといないと思います。

     

     それくらいに、信頼感や安心感、絶対的王者的な良さを店主は感じています。

     

     その代わり「飛び抜けた個性が楽しみたいよ!」という場合は向かないので、そういう場合は他のストレートをぜひおすすめします。

     

     と、今回のコーヒーは全部で5種類。

     

     寒くなってきましたから、色々な味わいでお楽しみください。

     

     

     KUON 襤褸裂き織り 5パネルキャップ ¥25,000+税

     

     そしてもう一つ入荷をご案内です。

     

     9月頃に一つ入荷をしていた、KUONさんの裂き織りを綺麗に用いて作られた、5パネルキャップ。

     

     そちらはすぐに完売となりましたが、KUONさんに相談をしてもう一つ全く違うニュアンスの裂き織りを用いて、キャップを作ってもらいました。

     

     前のは店頭でご覧いただく合間もあまりなかったので、もう一つくらいご覧いただきたいな、とKUONさんにわがままいって。

     

     前のはベージュベースにブルーやオレンジ、ピンクなど華やかな色も多く、でも派手になりすぎないバランス感が良いものでした。(ぜひ、帽子の詳細も書いているので、こちらをご覧くださいませ)

     

     対して今回のはもっと淡いトーンを中心に、大人っぽい風合いや落ち着いた空気が出るようなものにしてもらいました。

     

     

     前のパネル部分はベージュや淡いオレンジなどをベースに茶と落ち着いた紫がポイントで入る。

     

     この顔となる部分が大人っぽくて好きです。

     

     横にシュっと入る茶色の塩梅が、良い場所に入ってくれてます。

     

     

     つばの部分もアクセントで入る色はあくまでも淡く、基本的には落ちついたトーンにすることで、シンプルにさっと被りやすく。

     

     

     こちらから見ても、前の一つとの違いがはっきりしていて、分かりやすいと思います。

     

     でも細かな裂き織りの色はしっかり入っていて、複雑な色でシンプルさを構成している感覚。

     

     

     裂き織りの素材感をざっくり感じやすいカラーになっているのではないか、と。

     

     

     横の部分も、ところどころに色線は入りながらも派手にならない範囲。

     

     下の方の淡いピンクっぽい色とか、その空気がとても良い。

     

     

     こちらサイドはもう少し色が多めだけれど、でもそれぞれの色が結構淡めで、派手さはありません。

     

     裂き織りのカラーを多く取り込みつつも、大人がかぶって心地よい明るさに。

     

     

     そして上から見たところ。

     

     サイドがベージュベースの方の上は、水色や薄オレンジ、ネイビーなどが少し入りつつ。

     

     サイドが色が多めの方の上は、今度は淡い紫やグリーン、ベージュの感じでまたニュアンスを変えて。

     

     この淡いトーンの中でもコントラストを効かせたパッチワークの配分がうまい。

     

     

     地味なだけでも、派手なだけでもない。

     

     

     個人的に薄紫と薄グリーンの色合いが大好きです。

     

     

     後ろの方はこんな具合。

     

     ポイントでちょんと入った紫がやたら綺麗。

     

     

     サイズ感はもちろんこのベルト部で調節可能です。

     

     

     つばの裏側のこの緑も良い。まぁ、かぶっている人だけの楽しみだけど。

     

     

     基本的な作りはもちろん、前の入荷と同様です。

     

     色キャラクターがまるで違うもう一つ、と思っていただければ。

     

     

     前の個体も良かったけれど、この個体の大人っぽさもかなり良い。

     

     こんな感じの裂き織り加減で!としっかりお願いをしたのが功を奏しましたね。

     

     こちらもまた、どうぞお楽しみいただけたら幸いです!

     

     

     

     CIRCLE

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM