<< Workers(ワーカーズ)のラグランスリーブ・ヘヴィースウェットについて。 | main | 10月のCIRCLEの営業予定、お休み予定について。(長いお休みが入るのでお目通しください) >>
2016.09.28 Wednesday

Workers(ワーカーズ)のヘヴィースウェット・パーカーについて。

0

     

     明日は少し、藍染めのことやCIRCLEベアのことなどで、がたんごとん埼玉へ揺られてきます。

     

     CIRCLE自体は木曜日で定休ですけれど、店主は止まらずばたばたし続けます。このやり方でどこまで出来るのか、はまだまだ分からないことも多いけれど、「バイヤー」と「販売」なんて分かれたやり方ではないからこそ出来ることや、伝えていけることがあるのではなかろうか、と思いながら変わらずに続けていきたいと感じています。

     

     やりたいことが、たくさんあります。一年一年、いえ一日一日を通して、少しでもそこに近づいていけたらと。ひとつ、ふたつ、みっつ。ひとまず見えているそのみっつは、まだどれも届かないけれど、どこかの然るべき良いタイミングで、繋がっていけたら素敵だと思う。

     

     さて本日は、ここで「秋物クライマックス」が一段落。

     

     昨日に引き続きのWorkersさんより。スウェットシャツと同じくヘヴィーな15オンススウェット生地を使った、パーカーもラインナップされました。

     

     スウェットのパーカー版でしょ?と言われそうですが、違います。そうだけれど、違います。パーカーはまた、パーカーとしての別のアプローチから、良いものに仕上がっています。

     

     

     Workersさんの品番的にも、ジップパーカーとシンプルにあったりするだけなので、昨日ご案内をしたスウェットをちょっと変わったパーカーにしたものでしょ?なんて言われてしまうかもしれない。

     

     素材としてはその通りなのですけれど、実は全然違う感覚でのパーカー。

     

     

     昨日のスウェットが、「パッと見るとすごくシンプルに普通に見えて、でも素材や作りが普通じゃないスウェット」だとすると。

     

     今日のパーカーは、「パッと見るとちょっと独特な感じに見えて、でもある種のベーシックをきちんと表現したパーカー」という感じがします。

     

     わかりづらいですね、すみません。でもご覧いただいていくと、ちょっとずつ伝わってくれるのではないか、と。

     

     

     パーカーにもいろいろありますが、今回のパーカーはフルジップパーカータイプ。

     

     そして首元などにアクセントがあって、面白い感じのつくりでもある。

     

     

     それでいて細かく見ていくと、昨日のスウェットシャツとの違いがまたあって、「あー、なるほど」と思う。

     

     Workersさんの説明でもその辺は結構ラフにされてるけれど、面白いこと。

     

     

     ジップパーカー、という名前だけれど、CIRCLEとしては「リバースウィーブパーカー」(厳密にはリバースウィーブジップパーカー)という感じが、しっくり来る。

     

     なので、ブログやオンラインショップでの表記は、勝手にですけどくわえてます。

     

     

     今回は、グレーをサンプルに詳細を見て参りましょう。

     

     まずは全体のかたち。基本的にはシンプルな全体感のあるジップアップパーカーです。

     

     スウェット素材をしっかりと全面に使い、要所はリブで着やすくという。

     

     

     ジップがあって、ポケットがついて、リブの長さもあって。

     

     

     フードがあって、首元がちょっと特徴的なチンストラップ的なパーツがつく。

     

     ここは表情としても面白いですし、実用的にもなっている部分。

     

     

     素材は、昨日のスウェットの同じく、表に30番・裏に30番・毛足に7番の糸を使って、ぎっちぎちに目が詰まった18ゲージに編み込んだ、15オンスはあるすごいヘヴィースウェット。

     

     しっかり厚くてコシもある。けれども、しなやかさがしっかりあって、硬く感じない。そもそもの素材は、同じ素敵なスウェット。

     

     

     そして組み合わされるリブは適度に伸びがありつつ、キュッと引き締まる。

     

     

     裏の毛は起毛されていてふわふわ。でも毛足はわざと短めにしてあるものを起毛しているから、無駄にゴツくない。

     

     暖かいけれど、モコモコしすぎないといいますか。

     

     

     この首元の顔は、印象的と思う。

     

     通常のパーカーにぐっと首が立つようにストラップが留められる。

     

     

     こうすることで風を防ぎながら、しっかりと暖かさを保持できます。

     

     

     ファスナー位置よりも少し上にありますが、着るとここが適度にたわんで隙間はさほどできなくなる。

     

     

     もちろん、ストラップを外して、通常のパーカー然とした空気でも着られます。

     

     

     フード調節の紐はその留め具の近くから出ていて……

     

     

     平たい生成り色の紐であしらわれます。

     

     

     寒い日にはしっかり締めて、ぐっと防寒してもらうのが良い。

     

     もちろんこの部分にも使われているのはヘヴィースウェットですから、安心です。

     

     

     留め具のボタンには、アウトドアブランド的な空気のある、Workersさんオリジナル刻印入りボタン。

     

     ちょっとしたアクセントに。

     

     

     そしてボディ。下にシャツなども仕込めるくらいの余裕はありますが、これまでのWorkersさんのスウェットやパーカー類と比べると、やはり幾分細身になっている感じがします。

     

     生地が厚いから、というのももちろんあると思いますが。

     

     

     そして下までストンと落ちながら、最後はリブで適度にキュッと締める。

     

     ふんわりしつつも、ぼわっと太くなくて日常的に着こなしやすいフォルムです。

     

     

     ポケットがついて、もちろんここも素材は同じく。

     

     

     しっかりしたがっしりポケットになってます。ハンドウォームとしても大活躍。

     

     

     なんせ、中も気持ち良い起毛具合ですから。手が冷たくなる時には、さっとすぐに差し込みたくなりますね。

     

     

     リブのしまり加減もほどよくて、伸縮性もしっかりある。

     

     

     そしてファスナーはほっと昔っぽい感じも漂う、ビスロンファスナーで。

     

     

     上下にスライダーがつくダブルで、着方を様々愉しめるようになってます。

     

     個人的にパーカーはダブルファスナーだと、より好きです。

     

     

     ちょっと下だけ開けて着ると、座った時とかにスウェット下部がもたつかずに、すっきり座れる。

     

     Workersさんも言っていたけれど、いわゆるスーツジャケットのセンターベントみたいなもんで。

     

     

     肩はスウェットシャツの方とは異なり、ラグランではなくセットイン。

     

     緩やかな弧を描く感じでついていて、アームホール自体は中にシャツを着込めるくらいの余裕はあります。

     

     そこから先に行くに従って……

     

     

     徐々に細くなっていって。

     

     

     腕先の方まで来ると、適度にタイトにフィット感が上がってきます。この辺りもいつもより少し細い感じがする。

     

     

     そして袖リブももちろん長さあるので、折り返しても良い。

     

     

     全部でも、こんな風に半分でも。

     

     

     裏は全体が起毛してるので、ふっくらやわらか、ほっこりあたたか。

     

     

     心地よい質感のスウェットパーカーです。

     

     

     って、普通に説明して、結局何が昨日のスウェットシャツと違う感覚なのかというと。

     

     

     まずは、ボディ部分。こうしてみると見えるとは思いますが、生地の目が横に流れています。

     

     昨日のスウェットは通常通りに縦向きに、これはその垂直方向の横向きに流れる。

     

     

     いわゆる、リバースウィーブの構造でボディにしています。

     

     もともとリバースウィーブはいろいろと話はありつつも、ざっくりすると、昔のスウェットは素朴で洗うと縮む率がものすごかった。

     

     普通のままスウェットにしてスポーツに使っていたら、洗うごとに縦にぐいぐい縮んで、あっという間に裾がつんつるてんな短さになっていることが多かったのです。(今でも、古着を探すとそういうスウェットは多々。)

     

     それだと困るよね!と某チャンピオンさんが考えてくれたのがリバースウィーブ。スウェット生地は縦の方向によく縮み、横はそれに比べて縮みは少なかった。

     

     「じゃあ、より縮む方を横向きにして使えば、着丈はあんまり短くならないじゃん!」なんて。なんとも、わかりやすい発想で嬉しい。

     

     でもそうすると疑問になってしまうのは、「じゃあその分、身幅がすっごい縮むじゃんか」ということ。もちろん身幅に関しては着るとコットンスウェットなのである程度ぎゅっと伸びて大丈夫というのもありますが、それにしても縮み率がすごいのではいずれキツキツになって、苦しい。

     

     

     じゃあ、他の部分につけてる伸縮しやすいリブを、ボディの横につければ、仮に横が縮んでもリブが伸縮してしっかり動けるではないですか、とすごいことを。

     

     今思うとすっごく普通に感じることですが、それをはじめにやるのはやっぱりすごい。

     

     そんな風にリバースウィーブという構造はスウェットシャツ、そしてパーカーでも使われるようになりました。

     

     このパーカーもその向きで生地を使い、そして横にはしっかりリブを入れているというわけです。

     

     

     え、じゃあ昨日のスウェットはそのうち縮んでつんつるてんになるの?というと、そういうことではありませんのでご安心を。

     

     今は昔と違って、そもそも防縮的な加工や作りがしっかりできているので、そもそもスウェット生地は昔ほど縮みません。

     

     その上、今回のこのスウェット生地はものすごいもともと目を詰めて編んでいるので、一定以上縮む余地がない。

     

     なので、実際はリバースウィーブ構造にせずとも、縦の縮みの問題は起こりません。

     

     でも、パーカーはリバースウィーブにしてくれている、そこが個人的に面白くて素敵。

     

     意味がない、というわけではなくてリバースウィーブ構造にすることで、着て洗ってを繰り返した後の縦の縮みは、一層少なくなる。そうなるとファスナー周りの縦の収縮も少なくなります。

     

     よくパーカーでファスナー周りがぐでんぐでんと波打つ感じに強くなっているものを見かけますが、それってファスナーやテープは縮まないけれど、どうしてもスウェット生地は強く収縮したり伸びてしまったりもするので、その際で起こることが原因の一つでもある。

     

     ならその伸びや縮みが少ないように作れば、たくさん着込んだ後もファスナー周りが美しく整ったまま着られる。面白さや動きやすさだけでなく、そういう意味合いでもパーカーにおいてのこのリバースウィーブの向きは、意味があると思っています。

     

     

     そしてまた、昨日のスウェットと違うのはもう一つ、袖やリブなどの取り付けにはフラットシーマを用いていません。

     

     いわゆる定番的な処理での縫製。

     

     フラットシーマは内側も平坦な面になるので、着心地は良くなる。ではなぜパーカーはそうしていないのか。

     

     この辺りはWorkersさんも特に言及していないのであれですが、くどくなりすぎないため、だと感じています。

     

     

     パーカーは通常のクルーネックスウェットに比べると、ファスナーもあればポケットもあって、フードもある。

     

     その上今回のデザインは防風のストラップをボタンで留められるようにもしている。結構、パーカーってシンプルだけれど、盛りだくさん。

     

     そこにさらにフラットシーマの特徴的なミシン目が入っていくと、かなり存在感の濃いいパーカーになる。

     

     もちろん、それを狙うのもアリだとは思うのですけれども、そこの存在感のバランスをキレイめな方にとった、ということなのかな、と。

     

     いずれにしても全体を見たときに、しっかりしたパーツがついているのにスッキリしたようにも感じるので、着やすいパーカーに仕上がっています。

     

     

     と、そんないろいろを見て思いながら、このパーカーもまた良くできている、と。

     

     細かいことをグダグダと……と店主もそれは思いますが、せっかく細かくいろいろ違えて作ってくれているので、単にスウェットのパーカーバージョン、となるのも寂しいな、と(笑)。

     

     

     さて、後ろ姿もシンプルに。フードはしっかりサイズなので、実際にかぶっても楽しめます。

     

     

     ふっくらとした感じがかわいい。

     

     

     内側も生地になっているので、サラリとなめらか。

     

     

     腰回りは締まり過ぎないので、スポーティーにならずに着れます。

     

     

     サイズ感はやはり昨日のスウェット同様、Sサイズは普段のお洋服がSサイズの方、Mサイズは普段がMサイズの方でちょうど良い具合です。

     

     CIRCLEでは全色、それぞれSサイズとMサイズでご用意してます。

     

     

     Workers ヘヴィースウェット・パーカー グレー ¥16,000+税

     

     では、改めて各色を。はじめはもちろんサンプルでも見ていただいた、ド定番のグレー。

     

     いつでも着られて、まずはスウェットのど真ん中です。

     

     

     このパーカーも細かく作り込んでいるけれど、やはりコスパが良いと思う。

     

     

     この素材と作りであれば、やっぱり2万台にはいきたいところだけれど、1万台後半(後半の中でも前半)に抑える強さ。

     

     

     ぬくぬくと気持ち良く着てもらいたい。

     

     

     Tシャツの上に直、ももちろん良いけれど、シャツも着てさらにこのパーカーというのが素敵な気がします。

     

     

     ファスナーを適度に開けて、中のシャツとのコントラストを出したりするのも良いかも。

     

     

     気軽にざっと羽織れるパーカーです。

     

     

     Workers ヘヴィースウェット・パーカー ブラック ¥16,000+税

     

     そしてお次のブラックは、落ち着きがあって良い。

     

     やはり真っ黒というよりも幾分優しい色だけれど、スウェットに比べると縫製糸の見える量が少ないので、黒さの対比が少なくて、結構しっかりブラックにも感じます。

     

     

     がっしりしたスウェットの感じにも、ぴったりあったカラー。

     

     

     首元もキュッとしまった具合が良い。

     

     

     全体的にキュッと細く見えるので、スタイリッシュ感ではブラックが一番。

     

     

     でも首元はやっぱり可愛さがあって素敵。

     

     

     着て洗って、がしがしとなじませるのが、濃い色の楽しみの一つ。

     

     

     どんどん外に着て、太陽に当たって色が変わっていくのも、面白さですよね。

     

     

     Workers ヘヴィースウェット・パーカー ホワイト ¥16,000+税

     

     ブラックと対極にいながらも、優しい色味の共通点があるホワイト。

     

     わずかにきなりっぽくて、オフホワイトっぽい白がかなり素敵。

     

     

     優しさに包まれる感じがしますね、もう。

     

     

     ぬくぬくとした心地よさが伝わるカラーです。

     

     

     ファスナーまで白になっているので、統一感しっかり。

     

     

     首元の柔らかさも一層増して感じます。

     

     

     ふっくらとふんわりと、裏起毛の着心地を楽しんでください。

     

     

     そして内側だけでなくて、実はおもて面のなめらかさも気持ち良いのが、このスウェットやパーカーたちの良いところ。

     

     

     Workers ヘヴィースウェット・パーカー カーキ ¥16,000+税

     

     書いてて思ったけれど、リバースウィーブっていう名称がそもそも、特許的にあれなのかしら。(追記:やっぱりなんかリアルにリバースウィーブなんて勝手に呼ぶと商標的にアレみたいだったので、ブログタイトルとオンラインの名前を訂正しました。)

     

     まぁうちはブログの中とかで勝手に書いているだけで正式名称でもないので、アレですが。

     

     そしてカーキの色の便利さがまたぐっとくる。

     

     

     濃いけれど、濃すぎない。淡いけれど、淡すぎない。絶妙な塩梅のカーキ。

     

     

     緑っぽいけれど、ちょっと茶やグレーの感覚が混じる。

     

     

     秋冬シーズンにもってこいの素敵カラーです。

     

     

     ボトムスもジーンズでもチノでも、結構なんでもあいます。

     

     

     グリーン系統の色味は、こういう中間色でも便利ですね。

     

     

     長くなりすぎて、すみません。

     

     Workersさんのスタイルも最後に。首をとめた、グレー。雰囲気出てる、コレ。

     

     

     もちろん首は普段開けておいても良いと思います。定番的なパーカースタイルで。

     

     

     ブラックの感じ。デニムにブラックパーカーも良い。

     

     

     少し下を開けると、塩梅がまた良くなりますよね。

     

     

     さらに優しいホワイトは、柔らかいオーラが全体で出てきてたまらない。

     

     

     いやもう、優しさです。

     

     

     そしてカーキの便利感。

     

     

     とりあえずさっと手にとって羽織れば、秋冬の良い雰囲気が出ます。

     

     

     と、それぞれのカラー、ご用意できました。

     

     この辺りでほぼ秋物は揃いました。ごく一部、KUONのシャツだけ入荷してませんが、それはもう秋物とかそういうくくり飛び越えて、通年シャツとしての感覚なので、入荷次第ご案内ということで。

     

     スウェットもそれぞれの形で、まるで違う存在感のある子達が揃いました。

     

     ぜひ、お楽しみいただけたらと思います。

     

     

     

     CIRCLE

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      CIRCLE 青山 (01/10)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      M (01/07)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      masa (12/15)
    • ル・ボナーさんのタンクトート、素敵に勢揃いです!!と最後にちょっとお知らせも。
      CIRCLE 青山 (12/13)
    • ル・ボナーさんのタンクトート、素敵に勢揃いです!!と最後にちょっとお知らせも。
      KC (12/08)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM