<< Haze(ヘイズ)さんが届けてくれた新しい和ろうそくセットは、可愛い愉しさがあります。 | main | Circus of Happinessのドラーロバージョンの新ロングL字ウォレットについて。 >>
2016.07.25 Monday

Circus of Happinessのドラーロバージョンの新ミニL字ウォレットについて。

0

     

     一昨年、昨日とイベントのためお休みをいただいており、すみませんでした。

     

     本日より、CIRCLEはまたしかとオープンしております。そんな早々、ちょっとメールの調子が悪いのか、送ったり届いたりに時間のラグが出てしまっています、申し訳ありませんが少しいつもよりも返信等にお時間をいただいてしまう場合がございます、何卒、よろしくお願い申し上げます。

     

     さて、本日はちょっと珍しくブログを2回書きます。その準備ですでにもう時間が遅くなってしまいましたが、同時にご案内したいなと思っておりましたので、ちょっと居残りをしながら更新してまいります。

     

     長らくお待たせをしていて、ようやく出来上がってまいりました。

     

     新しい皮革、「ドラーロ」とブッテーロを用いてのCircus of Happinessのウォレットたち。ロング、ミニとそれぞれ仕上がりましたので、詳細をご案内です。

     

     まずは、コンパクトながら容量もあり便利に使いまわせる、ミニL字ウォレットを。皮革が変わっただけでなく、ちょっと形もブラッシュアップして、より使いやすくミニウォレットとして成熟しました。

     

     

     L字型のミニウォレットというのは、一般的にはマチがないものが多かったり、あるいはL字を通り越して小さなラウンド型のようなタイプのミニ財布が多いように感じています。

     

     そんな中でCircus of Happinessの作るミニL字ウォレットは、純粋にL字型で、かつしっかりとマチをつけることで、小さいけれどガっとしっかり開き、ミニサイズだけれど普通の二つ折り財布くらいの感覚で使っていただけるものになっています。

     

     

     これまでのブライドルレザーのタイプもできる限りのコンパクトさを目指していましたが、そこからさらに改良を重ねて、今回の新しいL字ウォレット、ドラーロバージョンは仕上がりました。

     

     ごく控えめに言っても、自分のところで作っていてアレですが、非常に使い勝手が良く素晴らしいミニ財布になったと思っています。

     

     いろいろとミニ財布は作ったり使ったり、販売などもしてきたけれど、ファスナー式ミニウォレットのある種の到達点ではないか、と感じるくらいに。

     

     新素材のドラーロに関しては、ぜひこの間の革についてのブログをご参照ください。細かく書かせていただいてます。

     

     

     お札が入って、小銭も入って、カードもしっかり入って。

     

     もちろん長財布ほどの収納力はないけれど、これひとつでしっかりお出かけできるくらいの収納力は備えています。

     

     もともとカードや小銭を少なめにしている方は、もはや常にミニL字でもまかなえるくらいにまた便利になりました。

     

     

     またドラーロは傷がつきにくく目立ちにくいこともあり、ポケットに入れて使ったりしやすいミニには、なお高相性のように感じています。

     

     きっと、毎日のお供のミニ財布として、あるいは旅行や出張の際のお出かけ財布として、素敵な存在になってくれるのでは、と。

     

     

     まずは機能的な詳細をネイビーブルーをサンプルとしてご覧いただきたいと思います。

     

     

     全体の形そのものは、これまでのブライドルレザーを用いていたミニL字と相似といいますか、ごく基本的なスタイルは踏襲しています。

     

     ですが、皮革を変えることで大きさも微妙に変え、細部の仕様も全てのパーツが異なってきているので、全く新しい形を一から結局は起こし直しました。

     

     そうすることでブライドルとはまた異なるドラーロとブッテーロならではの質感、風合いの良さを活かせるウォレットになったと思っています。

     

     

     全体のサイズはコンパクトに手のひら、ポケットサイズ。しかしながら、ほんの少しだけ大きくなりました。

     

     横幅が11cm、縦が9cm、そして厚みはふっくらした部分で2.5cm弱。

     

     縦横に5ミリ弱サイズアップをし、厚みも機能をプラスしたことでわずかにアップしました。

     

     けれど全体でみるとまだまだコンパクトで、正直ミニ財布の中ではしっかり小さい部類です。

     

     

     ドラーロとブッテーロのハリ感をしっかり楽しんでいただけるように、それぞれの革の質感を活かした厚さにしています。

     

     ただ小さく薄ければ良いというわけではなくて、あくまでも皮革を存分に愉しめなければというのを考えて。

     

     

     外側において最も変化が大きいのは皮革もそうですが、この片面。

     

     これまでは両面ともにフラットでしたが、今回のモデルより片面にカードポケットが付きました。

     

     ずっとやりたかったけれど、さらに製作しづらい工程になってしまうので避けていたこと。でもやっぱり便利だよね、と想いを捨てきれず今回よりブラッシュアップ。

     

     

     ここにカードポケットがあると、SuicaやPasmoといった交通系のICカードや、電子マネーカードなどを入れるのにとても便利になる。

     

     これまでのものも中に入れていればしっかり反応はしてくれたけれど、外側にあることで明確に入れる場所が固定でき、取り出しもラクになる。

     

     

     サイズは一般的なプラスチックカードを入れることを前提としています。

     

     初めは革のハリがしっかりあるので、ぎゅっと押し込む感じ。

     

     そういうサイズ感にしておかないと、革が馴染んでいった後にゆるくなり、カードが落ちやすくなってしまう。

     

     外側にあるポケットはなおさら、始めは固めなくらいが丁度良い。

     

     

     こんな感じでおさまります。

     

     深さはカードジャストくらいなので、大きめのカード等になると少しはみ出ることもあるかもしれませんが、基本的にはすっぽり入りきる深さに。

     

     

     いれた状態でも外側からカードは見えてませんね。

     

     

     1枚だけ入れるのを考えて作りましたが、IC系を重ねるわけでなければ、複数カードをいれてももちろん構いません。

     

     ただし、多くカードをいれた後に枚数を急に減らすと、カードポケットが少しゆるい感じになりますから、2枚いれて使う場合は基本的にずっと2枚いれて使うという感じにしていただく方が良いと思います。

     

     

     外側をもう少し。

     

     ファスナー反対側はこんな風にマチ仕様。これがミニウォレットだけれどしっかりお財布として使えるポイント。

     

     これだけしっかりマチをつけようとすると、かなりミニウォレットは製作がしにくくなります。縫製がどうしてもかけにくい部分がでてきてしまう。

     

     けれどそこは職人と相談を重ねて、うまいこと形づくれる方法を模索して出来たこと。

     

     面倒だからきっと、普通はこういう作りにしないのだと思います。

     

     コバ面は磨き仕上げです。ドラーロも内装のブッテーロも中まで色がしっかり付いている芯通しの皮革なので、色をいれたりせず磨いていくことで綺麗な革の味わいあるコバに。

     

     

     こんな風に握りしめるサイズですから、やっぱり小さい。

     

     

     L字のファスナー部分には、もちろんエクセラファスナーを。

     

     ダブルタイプの歯でがっしりしたタイプを基本使っています。

     

     そして今回のシリーズではファスナー色を特殊なアンティークシルバーというカラーにしてもらっています。

     

     

     銀を少し燻したような、あるいは昔から愛用されてきたシルバーアクセのような。

     

     そんなほどよくくすみつつ、綺麗な輝きはあるカラー。

     

     

     これが皮革の風合いにすごくよく合います。

     

     ギラギラしすぎずに、男女ともに落ち着いて使える愉しみ。

     

     

     また、ファスナーの引き手はエクセラの純正引き手になりました。

     

     もちろん引き手も色は揃えてアンティークシルバー。

     

     

     ジジジと開けて広げると、ミニウォレットと言いつつも普通のお財布的なスペースの分かれ方。

     

     そして、ドーンと広がる贅沢に使った全面のブッテーロの存在感。

     

     表の皮革の色合いに合わせて、中の色は揃えています。

     

     そしてステッチも基本は同色にして、シンプルな美しさを出したかった。

     

     

     マチがしっかりあるので、かなり広がります。

     

     この広がりがあることで小さいけれどラクに使える。

     

     

     マチ部分は外側もブッテーロにしています。

     

     ここは型押しがない方が動きがスムーズなので。

     

     

     内部にはまず、カード棚が片面に2段。

     

     その向こうにはマチなしのカードポケットがさらにもう1室あります。

     

     

     そしてこのマチで広がる部分がメインスペースの一つ。

     

     二つ折りにしたお札や、カードをさらに入れる。

     

     お札は1万円札も二つ折りですっぽり入ります。

     

     

     あ、そして外側が型押しになったので、ロゴは内側に移動してきました。控えめにちらっと。

     

     

     さて続きで、真ん中にはファスナーなしのコインポケット。

     

     しっかり大きさを検討しているので、ファスナーがなくても持ち運んでいる時に小銭が溢れることはありません。

     

     

     そして逆側にももちろんメインスペース。

     

     

     さらにカード棚が2段に、ポケット一つ。とても豊富です。

     

     内装に生地などは一切用いていません、総ブッテーロでの仕上げです。

     

     とっても贅沢な革の質感を楽しんでもらえたらと思っています。

     

     

     ちょっと試しにいろいろ入れてみます。

     

     カード棚にそれぞれ1枚と、奥のポケットに2枚カードを。

     

     都合、カードをまず8枚いれてます。

     

     

     それで、外にも一枚。

     

     中のハリ具合によって外もハリが強くなりますが、ここは使い込んでいくとよりスムーズに抜き差ししやすくなっていきます。

     

     

     さらにお札もいれましょう。

     

     万札も綺麗に入ります。

     

     ブライドルレザーの時よりもほんの5ミリ弱ですが縦横に大きくなった分、万札をいれた時にかなり余裕が感じられる。

     

     

     小銭もジャラジャラいれましょう、ちょっと多すぎた気もするけれど、まぁ試しなので。

     

     

     反対側のメインスペースにはさらにカードいれましょう。

     

     厚めのプラスチックカードをサンプルに使ってますが、4〜5枚いれちゃいましょう。

     

     

     万札だけじゃちょっとリアリティがね、と千円札も追加して。

     

     結果、かなりの量をいれてみました。

     

     

     始めのうちは革のハリが強いので、これでいっぱいかなというくらい。

     

     でも使い込んでいくと革が慣れてきて、より柔軟になっていくので、正直もっと入るようになっていきます。

     

     というか、ミニウォレットなのにプラスチックカード13枚とか入れることは、そうないと思いますが(笑)。

     

     容量はたっぷりです。

     

     お札を多めにするのか、カードを多めか、小銭多めか。そのあたりはバランスをとりながらお好みの塩梅で使っていただけるとおもいます。

     

     

     もう、これ一つで本当にほとんどの生活ができる気がする。

     

     サブウォレットのポジションとしてミニは作っているものの、今回のブラッシュアップによって人によってはメインとしても十分になったかもしれません。

     

     これはきっと使ってみると驚く収納力。

     

     

     Circus of Happiness ミニL字ウォレット ブラック ¥23,000+税

     

     さて、それではそれぞれのカラーをご案内です。

     

     ちなみに価格はブライドルレザーの頃より、1000円だけ上がりました。外装は少しコストダウンできたのに、ポケット増やしたりファスナー色特殊にしたり、そして何より内装を贅沢に総ブッテーロにしたもんですから、さすがに同価格にはできませんでした。

     

     でも、革のコストアップ分も吸収できないくらいの幅しか値上げていないので、ご理解賜れますと幸いです。

     

     と、ブラックのカラーを見ていきましょう。ブラックはぐぐっと力強く引き締まった風合いが素晴らしい。

     

     

     ドラーロは型押しあとに少し加工している分、始めからちょっとツヤがあります。

     

     その風合いも良いですし、使い込んでいくとこれとは異なる美しいツヤと滑らかさが生まれる。

     

     

     ステッチもブラックなので、潔いスパっとした雰囲気が好きです。

     

     

     コバ面も当然ブラック。

     

     

     ファスナーテープは黒で合わせています。

     

     

     中を見てみると、オールブラックの世界。これが実にかっこいい。

     

     使い込んで中のブッテーロもツヤが出たらなお素敵なはず。

     

     

     ロゴはあくまでちょっと。

     

     

     定番として欠かせない良さがありますね。

     

     

     Circus of Happiness ミニL字ウォレット ネイビーブルー ¥23,000+税

     

     続いてはネイビーブルー。

     

     青みがしっかりとある色合いが美しく、ここからスタートをして使い込んでいくと深いネイビーに進んで行く。

     

     

     ガンガン使い込んで色合いを濃くしていく過程が、ネイビーブルーなのに愉しい。

     

     ネイビーの多くはほとんど黒に近いところのスタートで、それはそれで良いのだけれど、こんな風に変化を愉しむのも素敵だなと。

     

     

     明るいところでは結構はじめは青く、暗いところでは落ち着いた青さになります。

     

     

     こちらもブルーで仕上がります。

     

     

     ファスナーテープはわずかに濃いめのネイビー。

     

     エイジングしたのちも違和感なく綺麗に合うカラーに。

     

     

     中はブッテーロブルーです。鮮やかな青みが美しく、こちらのエイジングも魅力的なので面白い。

     

     

     サンプルでも見ていただいていたので、この辺で。

     

     

     Circus of Happiness ミニL字ウォレット チョコ ¥23,000+税

     

     そして濃い色合いをもう一つ、エイジングといえば欠かせないチョコ色。

     

     しっかり濃いめの茶色で、わずかにムラ感のある表情が良い。

     

     

     ブッテーロのまんまのチョコよりも、幾分濃い感じになります。

     

     ここから使い込んでさらに濃い部分と、明るさが出てくる部分とムラを愉しみながらエイジングさせていくのが魅力。

     

     

     立体感のあるドラーロの表情はチョコとまた一層よく合うと思っています。

     

     

     コバ面は磨きですが、マチの真ん中はコバではなく革がくるまった感じです。

     

     

     ファスナーテープはもちろんこげ茶。

     

     

     そして内装も濃いめのチョコ色で素敵なのですが、このチョコ色だけ内装はブッテーロではなく同じワルピエ社のマレンマという皮革を用いています。

     

     ブッテーロチョコだと色合いがわずかに薄く、内装にした時にイメージと違った。

     

     

     マレンマという皮革はブッテーロにさらにオイル分を足したような革で、その分色合いが少し濃くなってくる。

     

     エイジングは言わずもがな、ブッテーロ同様に良いのですけれど、そのチョコ色が内装にぴったりでした。

     

     

     マレンマは独特なオイルたっぷり感があるので、ブッテーロとはわずかに異なる表情をチョコではお愉しみくださいませ。

     

     

     そういう意味合いではチョコ色だけちょっと特別です。

     

     

     Circus of Happiness ミニL字ウォレット キャメル ¥23,000+税

     

     そしてさらに、薄いキャメルはエイジングには外せない絶好色。

     

     薄めの茶色から濃いめの茶色へ変化していく様は、圧倒的に面白いエイジングの一つ。

     

     

     適度なシボの立体感もまた良い。

     

     

     一番エイジングの変化がわかりやすいカラーになります。

     

     

     ファスナーは少し濃いめのキャメルに。これもやはりエイジング後にも違和感がないように。

     

     

     内装はブッテーロのキャメル色で合わせています。

     

     

     キャメルにロゴの刻印は、色が濃くなってなんだか綺麗。

     

     

     あ、コバももちろん磨いてますよ。

     

     

     カジュアルだけれど渋さのあるカラーですね。

     

     

     Circus of Happiness ミニL字ウォレット グリーン ¥23,000+税

     

     そしてブッテーロ系統の革でこれは外したくない(店主の好みとして)、グリーンです。

     

     ブッテーロのグリーンよりももともとわずかに濃いめですが、これが渋くてまた良い色なのですよね。

     

     

     使い込んで味わいを出していくとなお良い色合いに育つグリーン。

     

     

     ブッテーロでも素敵ですが、ドラーロでもやっぱり良いものは良い。

     

     

     こういった色合いでも染色をいれずに磨いて綺麗になるのが、今回のまた良いところ。

     

     

     ファスナーテープはもちろん、ちょっとだけ濃いめのグリーン。

     

     

     内装は少し明るめに見えるブッテーログリーン。ガシガシ使ってツヤを出して欲しい。

     

     

     グリーンのお財布はCIRCLEでは好きなのだけれど、一般ブランドとしてはきっと珍しいのかもしれない。

     

     でもグリーンのお財布ってカバンの中でも綺麗ですし、男女問わず美しく使えます。

     

     

     CIRCLEにとっては、外せないカラーです。

     

     

     Circus of Happiness ミニL字ウォレット オレンジ ¥23,000+税

     

     そして今回の紅一点、明るい発色と奥行きがよく、それでいてちょっと落ち着きもある華やかなオレンジ。

     

     何か明るい色をと考えていた時に、このオレンジはすごく素敵でした。

     

     ブライドルの時にはキャメルをオレンジっぽい色のチョイスにしていたけれど、こういう色合いは華やかでやはり綺麗。

     

     

     使っていて元気が出るカラーです。そして使い込んだ時の熟れた柿のような熟成感ある色合いはオレンジならではですし。

     

     

     仕上がってみて、オレンジにしてよかったなと強く感じます。これは、使って愉しいカラー。

     

     

     しっかり全部がオレンジです。

     

     

     ファスナーテープも少し落ち着かせたオレンジで。

     

     

     内装のブッテーロオレンジは、ドラーロのオレンジよりも一層華やか。

     

     この明るさもやっぱり素敵ですよねぇ。

     

     

     明るめのカラーは日々にまた活力をあたえてくれるイメージがある。

     

     

     ガシガシ使って、成熟したオレンジに育てて欲しいものです。

     

     

     と、こんな風に6色揃いました。

     

     それぞれ店頭にも並び、オンラインにももちろん。

     

     これからのCircus of Happinessのウォレット定番として、しっかり展開をしていけたらと思っています。

     

     相変わらず品切れをしてしまうことも多いかもしれませんが、じっくり使っていただけるように作りました。

     

     ぜひ、お愉しみくださいませ。

     

     そして、今日はこの後にまたロングのブログも頑張って書きます。

     

     そちらもぜひ、ご覧くださいね。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM