<< プチバトーのデッドストックTシャツについて。(フランス海軍支給品) | main | 今年のWorkersさんのラウンジジャケットは、また名作的な風格があります。 >>
2016.07.12 Tuesday

もう少しで、新しいトートバッグが出来上がります。名前、考えないと。

0

     

     Workersさんの秋冬の第一弾(ラウンジジャケット、ピケブルゾン、ニットタイ)が届いたり、ともすればもうすぐCircus of Happinessお財布たちもまとめて来るよと連絡があったり(革サンプルを今は愛でてます)、なんだかんだと今月はバタバタしてきそうな気配が強くなってきました。

     

     Workersさんの洋服たちは秋物ですので、これから思い切り夏本番という盛りには早いのですけれど、店頭には並んでいるので随時ブログやオンラインでもご案内をしていけたらと思っています。

     

     Circus of Happinessのお財布たちももちろん、ミニとロングがそれぞれ仕上がってくるので、届き次第随時ご案内を、と。

     

     そんな最中に届けられた、先上げの一つのバッグ。

     

     今日はブログの予定ではなかったのですけれど、あんまりアレなので急遽書くことにしました。

     

     Circus of Happinessで作っている新しいトートバッグ、もうすぐ出来上がります。そして、しっかり良い具合になってくれました。

     

     幾度かブログでも途中経過をご覧いただきながら、ああでもないこうでもない、と変遷を遂げてきたトートバッグ。

     

     今月からようやく量産の流れに入り、大部分が進み、「一つだけ、こんな具合でいいかな、の先上げね」ということで、ゴールドを持ってきてくれた。

     ありがとうございます、と職人さんにはここでも感謝を少し。

     

     量産でここは修正をとお願いをしていたポイントはしっかりと抑えてくれて、その上でなおかつさらに一つ手間をかけてくれた。

     

     そういう感じがちょっと良いなと思っています。

     店主はもちろんこれまで製品企画やらクオリティコントロールやら色々と仕事でしてきて、だから小さいお店ながらオリジナル製品も作れているのはあるけれど、とはいえ最終的には製作そのものに関しては職人さんが担ってくれていて、それでご飯を食べているプロなわけで。

     

     複雑なやりとりをしていく中でこちらがどうしたいかの真意を汲み取ってくれて、その上で「そしたらこの方が良いでしょ」と凝らしてくれる一手間は、されてみたら「あ〜、この方が良いですね!」となるけれど、一人でうんうん考えていたところで出てくる考えでもない。

     

     やっぱり製品は多くの皆さんの力で出来上がっているんだよねと常に思っているけれど、それをより濃く感じられる瞬間だったりもします。

     

     

     なんだか嬉しい時間だったから、ちょっと色々と語ってしまったけれど。

     

     ともあれ、「こんな風に出来たら素敵ですよね」という具合のイメージにはなってくれました。

     

     大元の大元、アイデアのそもそもからは打ち合わせやサンプル制作をしていく中で、随分と変わった部分もありますし、変わらない芯もある。

     

     結局のところたたき台も合わせると4回も色々と作ったことになるわけだけれど、それでCircus of Happinessというブランドは良いのかなと思っています。

     

     採算取れるのかとよく聞かれるけれど、まぁ、色々とみなかったことにして頑張ってます(笑)。

     

     

     多くのワガママを詰め込んだので、結局はサイズもそれなりに大きくなり、革の面積も相当使うし取り効率も実に悪くなってしまいました。

     

     「電車の中で座っても横には邪魔にならない」けれど「ザクザクと自由にモノを入れて、気軽に持ち運べる」サイズ。

     

     「たくさんモノを入れてもしっかり耐えて使える」けれど「女性でも愉しめるように重すぎない」つくり。

     

     「上質な皮革を用いて贅沢感は感じられる」けれど「雨でもどこでも、気楽にラフに使える」価格帯。

     

     もちろん、そんな色々を叶えるにはいくつか犠牲にしなければいけないこともあります。

     

     さすがにシュランケンカーフの革の良いところだけを選んで使うことはできないので、トラがある部分やもともと避けられない場所にある傷や、シボ感も大小といったところはできるだけ気にはしてもらうけれど、ある程度の傷やムラなどは天然皮革としてご愛嬌。

     

     もっと便利に、もっとスタイリッシュにとしようと思えばできることだけれど、必要十分な機能性と見た目で落ち着かせる。

     

     イメージは出来ているのだからと、なんだかもっと簡単に出来そうに思ってポンと動き出したけれど、全然簡単じゃなかった(笑)。でもその分、なんだか思い入れは深い。

     

     

     すべての色が仕上がってきたときに、すべての詳細や価格などもご案内をしていこうと思っておりますが、ざっくりと。

     

     シンプルなトートバッグです。

     

     ドイツはペリンガー社のシュランケンカーフを裏地をつけずに、一枚革の原厚で基本は作っています。水傷に強くて、裏が綺麗というシュランケンそのものの良さが愉しいかなと。

     

     シンプルに大きなどーんと1室に、ポケットが少しだけついてます。

     

     上の口はエクセラファスナーでダブル開閉(ちょっと渋いのがポイントです)で、しっかり口が閉じる。

     

     A4の書類やクリアファイルはしっかり入って余裕ある具合で、なんならママさんバッグ的に使えるくらい。

     

     ハンドルはやや長めくらいで、男性でもギリギリ肩にはかけられて、もちろん普通にぶらさげても地面につかない感覚。

     

     ファスナー以外に余分な金具などはついてません。なので底鋲などもありませんから、なんというか分かりやすくトートバッグです。

     

     そんなこんなで、ふっくりしてます。シンプルだけれどふっくり感を出せるような作りにしたので、ふっくらふんわり。

     

     

     価格に関しては未だ最終調整をしているところですが、ちょっとばかり前もって考えていた価格よりは、上がってしまいそうです。

     

     店頭で予価をなんとなく聞いていたお客様、すみません、ちょっとばかり上がります。

     

     それもこれも、結局結構な革量を使うサイズやつくりにしてしまった店主のワガママのせいではありますが、数千円差異が出そうです。

     

     それでもこのサイズでシュランケンカーフのトートバッグで、としてはきっと冒険的な価格になると思います、はい。

     

     別に何か特別なことをしたいわけではなくて、「自分ならこれが欲しいなぁ」を数字の面でもリアルに追求してみている感じです。

     

     

     カラーバリエーションは結局多めになりました。

     

     もうこれは、事前にお伝えしておきますが、ブラック・ネイビー・バイオレット・ダークグリーン・ゴールド・トープ・ジーンブルー・レッドの8色です。

     

     多すぎじゃないの!と言われそうですが、外せる色が思い浮かびませんでした。そしてまた、色数をしっかり作ることで職人さんのその月の仕事にちゃんとしておきたいという、店主サイドの考え方の都合もありました。

     

     結果的には、どの色も素敵なはずなので男女ともに選ぶ幅があって良いじゃないかと、たぶん前向きに。

     

     

     色々と頑張った気がしているので、性別や年齢問わずに様々な方に楽しんでもらえたら嬉しいなと思っています。

     

     もちろん、頑張ったから良いものが出来るわけではありませんし、頑張ったから良い結果になるなんてことはありませんけれど(笑)。

     

     基本、これでほぼ完成です。最後にわずかなわがままは言ったけれど、ここから大きく何かは変わりません。

     

     とってもシンプルに、なんだかCIRCLEらしいトートにはなったように感じています。

     

     

     名前がね、まだ決まっていないのですよ。一つ候補はあっても、それで良いのかなぁと決まりきっていません。

     

     すべての色と在庫が仕上がってくる前に、きちんと決めてしまわなければ。

     

     優しさを感じられる名前にしてあげたいな、と勝手に思っています。

     

     店主自身が一番、早く使いたいなと思っていたりします。

     

     あと本当に少しだけ、愉しみにお待ちいただけたら幸いです!

     

     

     

     CIRCLE

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      CIRCLE 青山 (09/17)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      ルボナーファン (09/17)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM