<< KUON(クオン)の襤褸加工メッセンジャーバッグが、一つだけ店頭に。 | main | プチバトーのデッドストックTシャツについて。(フランス海軍支給品) >>
2016.07.09 Saturday

Atelier comopti(アトリエコモプティ)の「究極のTシャツ」が改めて揃いました!

0

     

     明日は参議院議員選挙の日です。基本的にお店ですから政治的に具体的な何かをここで語ることはありませんが、ざっくりと言ってとりあえず投票はしましょうね、というアピールだけはしておきます。

     

     別にどこの政党が良いだ悪いだ、誰それが好きだ嫌いだはそれぞれ各々が考えれば良い話なので、どうでも良いのですけれども。

     

     ひとまず、投票権をお持ちの方はどうぞ投票へ。勿体無いですから。かつて日本も含めて様々な国では、その投票権を得ることすら大変な時代がありました。それをしっかり持てて、小さくとも一つの意思表示をできるわけですもの。

     

     個人的な意見をすこし言えるとすれば、「白紙の投票は無駄なんでやめましょう」ということと、「投票しないと後から批判をする権利もないからせっかくなら投票しましょう」くらいなもんで。一時期はなんだか「無記名で白紙でも良いから、まず投票を!」なんて世間で言ってることがありましたけれど、白紙は今の中ではただの無効票なのでなんの意味もありません。別に「入れたい人や政党がない」という意思表示にすらなりません。

     また、よく世間では「あいつはダメだ」とか「だからこっちの方が良いって言ったのに」みたいな声を聞きますが、そんな風に言えるのはきっと、きちんと投票をした人たちだけだと思っています。そもそもの意思表示をしない場合は、その先に何かを批判することはアンフェアに感じます。だから、もし「どうでもいいけど、ただ批判はしたいんだよ」という人も投票はしましょう。

     

     それぞれの人がそれぞれの人に対して、感情でも理論でもあるいはバックボーンの何かだとしても、すべての人に何も感じないということはないと思います。なので、自分なりに考えてということで。

     

     さ、本日はずらっと揃った美しい子たちを。見た目の上質感、触った時の滑らかさ、そして着た時の着心地。そのいろいろを突き詰めて作られたAtelier comopti(アトリエコモプティ)さんの究極のTシャツたちが届きました!

     

     

     アトリエコモプティさんの究極のTシャツと言えば、CIRCLEではデビューする前から話をさせて頂いたり、完成直後から取り扱いをさせて頂いていました。

     

     素材にこだわり、作りにこだわり、もちろん着心地にこだわり。ものすごく平たくわかりやすくすると「なんかすっごい滑らかで気持ちいいTシャツ」なわけですが。

     

     しばらくなかなか欲しいタイミングと在庫が合わずに、店頭に補充も出来ておりませんでしたが、今回は改めてなんと5色という素敵なカラーラインナップになって揃いました!

     

     

     究極のTシャツについては、過去のブログでも細かめに書いてはいますので、こちらこちらをご参照もいただけたらと思います。

     

     Tシャツそのものの考え方としては、CIRCLE店主の理想として掲げている感じにとても近いのです。

     

     先日もコモプティのデザイナーさんとやりとりしていた時にも、それは感じられて。

     

     「肌触りが滑らかで優しく」て、「首回りがバインダーで型崩れしにくく」て、「洗ってもボディがへたらないけど、分厚すぎる感じはなく」て、「一枚で着てもサマになって、もちろんアンダーに着ても心地よく」て、それでいて気軽に着られる。

     

     と、そんなワガママな理想ですが、基本的にコモプティさんの究極のTシャツはそのほとんどが揃っています。

     

     

     前に取り扱っていた時の筆頭は、まずTシャツには欠かせないホワイトがもちろんありました。

     

     

     それは今回ももちろんサイズを揃えさせていただきましたし……

     

     

     合わせやすく使いやすいノーブルネイビーももちろん入荷しました。

     

     

     そこに加わる新色たちはまた魅力的で。

     

     爽やかな明るいブルーのロイヤルブルー。

     

     

     渋さと若々しさをどちらも感じさせてくれる、スプリンググリーン。若草色的な。

     

     

     さらに、これもTシャツと言えばあると嬉しい、トゥルーブラック。

     

     と5色で揃いました!

     

     まずは、今回もこの究極のTシャツたちの面白さをちょっと見ていきましょう、やたら細かいこだわりに溢れています。

     

     

     せっかくなんで、新しい色のロイヤルブルーで見ていきましょう、これ良い色ですね。シュランケンカーフのミコノスっぽくて。

     

     

     究極のTシャツの魅力の最たる部分は、そもそもの素材です。

     

     アトリエコモプティさんのオリジナルで仕立てられているこのコットン天竺がすごい。

     

     アメリカのスーピマコットンをスイスで丁寧に紡績して糸にして、和歌山の老舗のニッターさんで通常よりもぐぐっと目を詰めて織り上げる。

     

     そうして出来た天竺生地は、表面はものすごく滑らかでしなやか。それなのにほどよく肉厚感はありつつぎゅっと締まって、すぅっと肌に吸い付くよう。適度にコットンの光沢感が感じられて、それが洗って着てを繰り返してもかなり維持される。

     

     このステラ・コンフリクト天竺は他にはまずない魅力を持ったコットン天竺生地です。

     

     

     どことなく、薄手のジャージーのような気持ち良い伸縮性も少しあり、質感は独特。

     

     一般的なイメージのTシャツの生地感とは、まるで異なるものです。

     

     

     そして作りも素敵です。

     

     まずはこの首回り、非常によくできています。

     

     バインダー方式でしっかりと首を作っていて、この形はただでさえ型崩れが起きにくく、仮に伸びてもだらしなくならないわけですが、この天竺素材だとそこがさらに強くなって。

     

     

     このステッチピッチがまた良い。Tシャツとしては驚くくらい細かなピッチでステッチを入れてくれてます。

     

     しかも、きっちり二本でその感覚も狭め。良いつくりです。

     

     

     首裏の感じもとても綺麗におさまっています。

     

     表側の見た目だけでなくて、裏側のミシンの動きもしっかり綺麗なのは素晴らしい。なかなか、出来そうで出来ません。

     

     

     また、コモプティさんのこだわりの一つとして、ブランドタグやサイズ表記はプリントになってます。

     

     アンダーとして着た時も首回りがチクチクしないように、と。

     

     店主個人としてはタグはタグで面白みがあって好きな部分ですが、確かに着心地を強く重視していくとプリントは理にかなっています。

     

     

     ボディ部分はややタイト目くらいのつくりで、体がキュっと綺麗に見えるスタイル。

     

     アメリカンなずどーんとした筒の感じではなくて、スタイリッシュな形。

     

     でもモードど真ん中ですみたいな過度な細すぎる感はなく、ちょうど良い中庸です。

     

     

     裾まわりもしっかり作られていて、だらしなくビロンビロンになる感じはありません。

     

     もちろん脱ぎ着の仕方によって、あるいは洗濯や干し方によって伸びが出る方もいらっしゃるやもですが、丁寧に扱っていれば始めのスタイルそのままでずっと愉しめるくらいにしっかりしています。

     

     

     首と同様に、当然のように二本のステッチがかなり細い中に入っている。

     

     そしてもちろんピッチは細かく丁寧。

     

     

     内側の流れも当然のように綺麗。

     

     あれですよね、コモプティさんのこの究極のTシャツを見て、「いやつくりがあんまり良くなくてさ…」なんて言えることはまず無いと思う。

     

     

     そして左裾わきには、この究極Tの唯一のアクセント、ちょっとしたループがつきます。

     

     ここにプライスタグなども下げられていますが、着ている時にはちょっとした特徴に。

     

     

     タグはオーガニックのスイスコットンですよ〜というのと、

     

     

     プライスたち。

     

     このプライスタグにはスペシャルサンクスとしてニッターさんだとか工場の名前まで書いてあります。この辺りはすごく現代らしい表示のあり方かも。

     

     

     さて、目線は上に戻して、袖まわり。

     

     袖の長さは長すぎず短すぎず。1枚で着ても綺麗に腕が出て、アンダーに着ても邪魔にならないバランス感。

     

     

     細さはアメリカン的なTシャツよりはシュっと細い。

     

     でも生地の伸縮なども加わり、ぴっちりした感じではなく心地よく着られる。

     

     

     袖口だってこの流れですから当然良いつくりです。

     

     もうあれですね、わかりやすいですが、当然のごとく細かいピッチで細めの感覚の二本ステッチ。徹底してます。

     

     

     ここまで丁寧に作ると、着心地だってそれに比例して良くなる。

     

     究極のTシャツは絶対的な価格からすると決して「お手頃なTシャツ」とは言えないけれど、クオリティとつくりから相対的に見ると「値ごろ感のあるTシャツ」では確実にあります。

     

     

     細かなところはアレとして、まぁなんというか気持ちいい素材というのが大前提であるので、それをまず愉しんでいただけたらと。

     

     タフで綺麗で気持ちいいTシャツです、単純に言えば。

     

     

     Atelier comopti 究極のTシャツ ロイヤルブルー ¥11,000+税

     

     それでは色も見ていきましょう。まずはここまで紹介で見てもらっていたロイヤルブルー。

     

     水色というよりも、しっかり青い。でも濃い青というよりは爽やかな青。ロイヤルブルーという名称はとてもうまい気がしています。

     

     さらっと袖を通してもうサマになる色合い。

     

     

     Tシャツではなかなかありそうでないブルーなような。

     

     

     コットンの質感がもともと良いので、色の発色としても適度に華やかで良い。

     

     暗く沈んだ感じではなく、明るい気分で着られます。

     

     

     Atelier comopti 究極のTシャツ ホワイト ¥11,000+税

     

     そしてもちろんホワイトは欠かせませんよね、白Tは白シャツと同じく永遠の定番の一つ。

     

     きっちり白です、生成りというよりもちゃんとホワイト。

     

     すっきりと軽やかに愉しめます。

     

     

     白はともすればアンダーっぽくなりがちですが、そこは生地の肉厚感や糸の光沢感が相まって、きちりとアウターとしても愉しめるように仕上がってます。

     

     

     ホワイトの場合はアンダーで着るならジャスト、アウターとして着るならちょっと大き目が良いなと思っています。

     

     ちなみにサイズ感はどの色合いも同じで、S・M・Lの3サイズを用意しました。

     

     基本的には普通の洋服サイズ感覚でジャストサイズですが、ゆったり目が好きだなという方はワンサイズあげる感じで。

     

     

     Atelier comopti 究極のTシャツ スプリンググリーン ¥11,000+税

     

     続いては明るさと落ち着きの同居した、絶妙な色合いなスプリンググリーン。

     

     若草色といった空気感ですけれども、これはTシャツとしては珍しいカラー。

     

     だからこそ、1枚で着るだけでもう成立する。けど緑系はアンダーとして使うと意外となんでも合うので、合わせも便利。

     

     

     ばっと明るいところでは華やかに、暗めのところではちょうどよく落ち着いた空気を出してくれる。

     

     

     

     意外な色味に思えて、実はとってもオールマイティーな一枚です。

     

     

     Atelier comopti 究極のTシャツ ノーブルネイビー ¥11,000+税

     

     そして昨今んのファッション業界ではまず外せない、ネイビーももちろんです。

     

     濃いめのネイビーですがブラックとはまたまるで異なり、しっかり青みは感じられます。

     

     

     あらゆるシーンで使いやすく、アウターアンダー問わず自由に使える。

     

     このフレキシブルな感じは白に通ずるものがあります。

     

     

     色つきのものはホワイトと比べると、ごくごくわずかに微妙な差ではありますが、ちょっとだけコシが強い。

     

     それは糸の段階での染めによるものだろうと思いますが、いずれも滑らかには違いありません。

     

     

     Atelier comopti 究極のTシャツ トゥルーブラック ¥11,000+税

     

     最後に、Tシャツでこの色は個人的には欠かせない、ブラックです。

     

     墨黒といった感じではなくて、もうしっかりとブラック。だもんで名称もトゥルーブラック。

     

     それでも重さがそこまで感じないのは、やはり生地や糸の適度な光沢感によるものかな、と。

     

     

     上品な黒です。ラフでばしーんとする感じではなくて、あくまでも上品にブラックを愉しめる。

     

     

     ホワイトとは逆に、ブラックはなるべくジャストサイズの方がアウターとして来た時も綺麗だなと思っています。

     

     

     こんな風に、Tシャツ並びたちとともに店頭に。

     

     WorkersさんのポケTの気軽さとほどよさ。

     

     Ateler comoptiの究極Tのこだわりと滑らかさ。

     

     そしてCircus of Happpinessのカットソーの柔らかさとふんわり感。

     

     どれも三者三様の良さがあって、それぞれで心地よい。

     

     

     ぜひ、楽しんでいただければと思います。

     

     ちなみに、スプリンググリーンとトゥルーブラックに関しては、今制作できている在庫分で終わりということらしく、CIRCLEの分とコモプティさんのストック分だけになります。

     

     あと数枚ということはないと思いますが、ちょっと限定的な色合いになりますので、スプリンググリーンとトゥルーブラックが気になる際には、どうぞお早めに。

     

     

     あ、そういえばもちろん新色も含めてもちろん全部箱に入ります。(2018年追記:箱のコスト高の兼ね合いなどにより、2017年後半の製作より箱は付属しない具合になりました。ご了承くださいませ。)

     

     Tシャツなのにとっても良い箱に入る不思議。

     

     

     贅沢感ありますね。もちろんプレゼントとかにも良いと思います。

     

     アトリエコモプティの考える究極のTシャツ、どうぞお愉しみくださいませ。

     

     

     良いTシャツで良い夏を。いえ、一年中気持ちいですけどね、このTシャツは。

     

     

     

     CIRCLE

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM