<< しばらくぶりのタンクトートは、上品で素敵なバッグです。 | main | 19日の日曜日は、父の日です。6月の大切なイベントですね。 >>
2016.06.07 Tuesday

FABRIC(ファブリック)のエレファント・ベーシックベルトについて。

0


     急にものすごい梅雨感が出てきて戸惑いながらも、これはこれで日本の四季だなと割り切って愉しく過ごすことを考えたいと思います。

     今日は、急遽のオープン時間の遅れで失礼をいたしました。ヴィンテージ系の素材を諸々見られることになり、先々の制作のためにそちらに足を運ばせていただきました。

     おかげさまでなかなか面白いウールやコットン、あるいは軍モノやもろもろが手に入る流れになり、ちょっといろいろなことが出来そうです。

     さて今日は、エキゾチックレザーの色々を展開してくれるFABRIC(ファブリック)さんより、また以前と少し異なるエレファントのベルトが届きました。

     よりベーシックに、気軽につける感覚のシンプルさ。これはこれで、愉しみやすいのではないでしょうか。
     

     一昨年ころCIRCLEではFABRICさんに25mmと30mm、2種類の太さにてベルトを制作してもらいました。

     その時はベルトバックルを選べるようにされていたり、あるいは鏡面の特徴的な美しさのあるバックルにしていたり、個性ありつつエレファントとの組み合わせが面白かったベルトたち。

     今回届いたベルトはそれに対して、もうちょっとベーシックなベルト感を出したベルト。

     でもエレファントレザーの面白さはもちろん変わらずで、これもまた多くのシーンで活躍してくれそうに思います。



     また、色合いもブラックとグレーに加えて、淡い美しさを感じるホワイトのエレファントでも。

     CIRCLE店頭にエレファントのベルトが並ぶのは久しぶりなので、やっぱり面白いなと感じます。

     今回のベルトはCIRCLE店主は基本口を出すことなく、純粋にFABRICさんの作りたいように作ってもらっている具合。



     FABRIC(ファブリック) エレファント ベーシックベルト ブラック ¥25,000+税

     まずはこの色は最もベーシックで定番として、ブラック。

     エレファントでもブラックはやはり欠かせませんし、濃い色味でもエレファントは独特のシワがあるため、表情豊か。



     ベルトは30mmのサイズでこの太さもベーシックで使いやすい。

     ビジネスでもカジュアルでも、いつでもすっと使える太さ。



     そしてバックルは丸みのある感じで、シンプルに。

     バックルで個性もどーんという具合ではなく、すっと馴染んで見える雰囲気。



     先端は少しすっと細くなって角形。

     この形もビジカジいずれでも対応ができるベーシックさ。



     ベルトの帯そのものはエレファントでぐっと特別な感じがありつつも、定番的に使っていただきやすい雰囲気があると思います。

     バックルの先端にはするする回るパーツつき。



     ベルト穴は5つです。2.5cm間隔で調節が可能です。

     バックル先端から真ん中の穴までで100cmあります、あらかじめ長めの設定。全長でいくと115cm。

     そこからサイズに合わせてご自身でカットしていただけるようになっています。



     エレファントの表情は部分によってもまた違って面白い。

     このデコボコ感とぱっと見はベルベットのような起毛感(でも、がっしりしつつふわっとしつつ)もほかの皮革にない空気感。



     そして裏側もベルト然とした雰囲気漂う、わずかにシボ感ある牛革にて。

     さりげなく、空押しでFABRICさんのロゴは入ります。



     バックル周辺の裏側には、ここに調節するための金具のつくりが。

     平たいマイナスドライバーなどを横から差し込んでもらって、手前にぐっと金具を起こします。

     すると帯がすっとぬけますので、必要分をハサミで切り落として、また元に戻して調節する具合です。

     なので切りすぎだけは元に戻せないので、ちょっとずつ測って合わせながらうまいこと合わせてくださいね。



     FABRIC(ファブリック) エレファント ベーシックベルト グレー ¥25,000+税

     そしてエレファントといえばこのグレーが、もちろん定番的に必要なカラー。

     ゾウっぽい色といえばそうだなと思いますけれど、グレーは色を染めてのグレーです。エレファント革は元々は生成りっぽい感じなので。



     でもエレファントと聞くとやっぱりこの色が思い浮かぶ。

     どことなく、シワ感とのマッチングも一層良いように感じるのはプラシーボ的なことかもしれませんが。



     バックルはもちろんブラックと同様です。

     でも、顔は少し違って見えますね、不思議。



     グレーは淡くもあり、濃い雰囲気もある。

     ちょっとしたムラ感もまた良い。



     グレーのベルトは意外と普通に合わせやすいです。

     気軽にブラックと同じ感覚でつけてもらっても、使いやすいはず。



     ベルト穴は真ん中か前後一つずつのあたりで留めるのがバランスは良いです。

     と言いながらも、一番奥でも一番端でも、綺麗につけられるんですけどね、もちろん。



     微妙なつぶつぶした感じがあるのもエレファントレザーの特徴。

     思い切り傷をつけようとしてもなかなか付かないほど強いのが不思議なくらい、愛らしい見た目の部分。



     裏側はブラックと同様にやはり牛革にて。

     グレーはブラックで色合わせです。



     そしてこちらももちろんですが、ご自身でカットしていただけます。



     FABRIC(ファブリック) エレファント ベーシックベルト ¥25,000+税

     そして最後のカラーが、これはなかなかに目立つホワイトエレファント。

     この存在感はちょっとほかの2色とは異なる爽やかさと強さ。



     真っ白っぽいですが、ほんのりグレー感もある。



     バックルのシルバー色と合わさると、爽やかな印象がより感じられる。



     デコボコのシワ感による陰影が実は美しい。



     もちろん白なのでほかの色よりは汚れやすいと思いますが、それを気にせずがしがし使って、馴染ませて欲しい。



     白のエレファントベルトって、あんまり見ないような気がします。



     珍しさという意味でも存在感のあるベルトです。



     そしてホワイトのエレファントの裏側は白の牛革であしらわれます。

     この爽やかさ。



     でも白なので製作中にもほんのりちょっとした色が移ったりもしやすい。

     若干のことはご愛嬌でお願いします。



     こちらも当然調整は効くのでカットを。

     無論、店頭では合わせてCIRCLEでカットもしますので、お声がけくださいね。



     金具を開けるとこんな感じです、ちなみに。

     気軽に外して調節してください。



     店頭のFABRICさんのベルトはなんだか存在感すごいことになりました。

     今年から展開しているリザードももちろん。こちらも一緒にオンラインショップに今日から反映させました。

     ぜひ、エキゾチックなレザーな世界もまたお愉しみくださいませ。



     CIRCLE
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM