<< ゴールデンウィークと5月のCIRCLE営業日程とちょっとしたお知らせについて。 | main | ゴールデンウィーク直前、ちょっと愉しんでいただけるように頑張りました。 >>
2016.04.26 Tuesday

今春のCIRCLEは、シャツがいっぱい選り取りみどりです。

0


     黄砂がびゅんびゅん飛んできているのか、せっかく花粉症が少しおさまってきたなと思ったのに、また目がかゆい。

     もう日本にいる限りはこの時期はずっと悩まされるんだなと思うと、春だけどこかに居住を移したいなと思ったりもする。

     住むならどの国かなぁなんてよく妄想しますけれど、実際問題なかなか難しい。

     前世は絶対ここだろうなという国はあるけれども、まだ若いうちはバリバリと日本で頑張っていこうと思っています。

     さて本日は。

     このところの気候の兼ね合いもあって、シャツに関する話をすることが店頭でもとっても増えてきています。

     もちろん夜はまだちょっと冷えるので、以前ジャケットやコートは手放せないけれども、日中の一番暖かい時間帯はシャツでさっと心地よく過ごせる日も出てきています。

     今春のCIRCLEはシャツがいろいろあります。かなり愉しいタイミング。ここまで多くなるのはなかなか後にも無いかなという気もするので、今のCIRCLEのシャツの様子をそれぞれご案内です!
     

     店主はシャツが好きです。なぜと言われるとそれっぽい理由はいろいろと出てくるけれど、そんな理由は後付けみたいなもので、ただただ単純に「よくわからないけれど好き」というのが一番の本音だったりします。

     日々日々シャツを着る。毎日と言っていいくらいに活躍するファッションアイテムだと思っています。

     そんなシャツをドドドといろいろご案内。少し前に作ったシャツでまだわずかに在庫あるものなども含めて、シャツ祭りブログです。



     Circus of Happiness 高番手タイプライタークロス ブルー太ストライプシャツ ¥16,500+税

     まずはシャツといえばやはりCIRCLEとしてはCircus of Happinessのシャツは欠かせません。

     作ったころもまだ新しい、ブルーの太ストライプシャツはこれからの季節がすごく良い感じに楽しめる。

     淡いグレーベースにスモーキーな水色のストライプが良い塩梅に入る。

     ちょっと珍しい幅のストライプがアクセントで存在感ありますが、実はさらっと着るだけでいろんな雰囲気に馴染みます。



     100番双糸の高番手なタイプライタークロスなので、独特なパリパリ感がありつつもしなやか。

     さらっとしていて、洗いざらしたときのシワ感も細かくて心地よい。

     洗った時も汗をかいた時も、普通のシャツよりすぐ乾きます、それも便利な子です。

     ボタンの茶蝶貝も渋いポイント。



     Circus of Happiness 高番手タイプライタークロス ベーシックシャツ ¥16,000+税

     そしてそんな高番手のタイプライタークロスで、Circus of Happinessの定番ど真ん中である白シャツはやっぱり良い。

     いつ着ても、どのスタイルで着ても、さっぱりと気持ち良く着られます。

     全体的にCircus of Happinessのシャツは襟も小さくてカフも細くて、ミニマルなデザイン。

     白シャツはその感じを一番ダイレクトにシンプルに愉しめる。



     なんだかんだと、店主も一番よく着ます。

     そしてお客様からもお褒めいただくことがとりわけ多い。

     白シャツに関して言えば、この価格帯でこのクオリティというのはなかなか無いと思っています。

     店主は白シャツ好きで、白シャツだけでも20〜30枚はあると思いますが、それでもまず手が伸びるのはこのタイプライターの白。

     Circus of Happinessのシャツで、まず着てみてほしい一枚です。



     Circus of Happiness 水牛ボタンクラシックシャツ スーピマ×スイスコットンタイプライター ¥18,000+税

     さらに、もう一つのタイプライタークロス。でもこのタイプライターは前二つの質感ともまたまるで違う。

     スーピマコットンをスイスで紡績して、単糸としては細めの60番手を作る。それをタイプライタークロスとしてギュッと織り上げて、さらにそこから柔らかさと独特の毛羽を起こすような加工を施しています。

     なのでどこか懐かしいような、独特なハリと柔らかな質感です。

     ヨーロッパ系の古着などともとっても相性がよく、シックに愉しめる。



     もちろん、洗いざらしでさっくり着るのが素敵。

     ベストなんかもよく合います。



     Circus of Happiness 高番手スーピマコットンギンガムシャツ レッド ¥15,000+税

     そして製作自体はちょっと前になりますが、高番手のスーピマコットンを用いた赤ギンガムのシャツもまだあります。

     赤ギンガムは好みが分かれるとはおもいますけれども、思い切って着ると驚くくらいに自然で、さっと綺麗に映る。

     スーピマコットンらしい柔らかさと艶がありつつも、ほどよいハリもあって着やすい。



     ギンガムのシャツたちは、まだ少しだけシャツを手ごろに作れた時にまとめて製作をしたので、コストパフォーマンス的にも良い。

     間違いなく、今はもうこの価格では到底つくれません。

     一般的なギンガムシャツとはまた異なる、高級感あるギンガムを愉しめます。



     Circus of Happiness 高番手マスターシードコットンギンガムシャツ ブラック ¥15,000+税

     そして、ギンガムのブラックもまだちょっとだけですが、各サイズであります。

     ブラックの方は珍しいマスターシードコットンを使ったギンガム。

     柔らかく肌触りが滑らかで、光沢感がまた良い風合いのコットン。

     白黒ギンガムはいつでも使えます。アウターとしてもインナーとしても。



     Circus of Happiness 製品染め濃色ギンガムチェックシャツ ネイビー×レッドブラック ¥16,500+税

     そして秋冬に良いよねと思って作った濃色のギンガムも若干ですが一枚とかであります。

     でも思えば、濃色を春に着ても綺麗なんですよね。

     ネイビーは赤ギンガムをベースにして上から濃いめのネイビーで製品染めしています。



     この色合いはかなり絶妙だと思っています。

     なかなかありそうでない。一枚で着てもサマになる濃いギンガムです。



     Circus of Happiness 製品染め 濃色ギンガムチェックシャツ グリーン×ブラック ¥16,500+税

     そしてブラックをベースに濃いめのグリーンで製品染めした方も、一枚だけ。

     この感じは個人的にすごく好きで、よくできたなと思っている。



     Circus of Happiness 高番手ブロードクロス ベーシックシャツ ブルー ¥15,000+税

     そしてサイズ在庫が妙に偏ってしまったのでずっと店頭にはあえて出していなかった、ブルーのブロードシャツ。

     100番双糸のブロードは非常に滑らかで、美しい光沢感をまとっています。

     このシャツは着れば着るほど、洗えば洗うほど、なぜか光沢感が良い感じになる。



     サイズはもう、小さい0サイズやサイズ2・3のみとなり、1はありませんが、久しぶりに店頭に出してみます。

     青シャツとしては非常に便利に使える子です。しかも、やっぱりまだお手頃に作れる時に作ったので、価格もそのまま。

     サイズが合う方は是非どうぞ、青シャツっていいな、と感じてもらえると思います。



     KUON 襤褸半袖カットソー Sサイズ ¥30,000+税

     Circus of Happinessが続きましたが、ここからはKUON。

     これはカットソーだけれども、店主としては「半袖シャツのようなもんだな」と認識しています。

     さっと羽織って、それだけでもう良い感じになれる。

     襤褸のパッチワークの具合も素敵ですし、生地感も爽やか。



     Sサイズは少しだけ明るめの藍。

     下に細めのボーダーの薄い長袖カットソーを着て、上にこれを重ねて、ボーダーカットソーの袖はぎゅぎゅいと寄せてまくった感じで、というのも素敵。



     KUON 襤褸半袖カットソー Mサイズ ¥30,000+税

     Mサイズの方はぐぐっと濃い、黒に近いくらいに色がしっかり残った藍。

     パッチワーク加減も少し強めで、あえてステッチが見えている部分も多いです。

     これもまた、雰囲気が出しやすい一枚。



     半袖シャツとしては結構な価格帯なわけですけれども、その価格に負けないオーラがKUONのシャツにはある。

     世界に二枚と同じものはありません、一枚一枚を作っているから、世界で一枚のシャツ。(区分は一応カットソーにしているけれど)

     その贅沢さもぜひ楽しんでほしい子たちです。



     KUON 刺し子麻の葉柄 刺繍シャツ ¥50,000+税

     そしてKUONの素晴らしいシャツといえば、もちろんコレ。

     透け感が少しあり、軽やかな素材の白シャツの上に、ドン!と良い風合いの刺繍を施したもの。

     この雰囲気は、他にありません。襤褸を使っているわけではなく、刺し子表現のKUONも素晴らしいものづくり。



     デザインと素材感が非常に良い塩梅でマッチしています。

     デザイナーもよくこの刺繍シャツを着ているシーンを見かけますけれど、やっぱりかっこいい。

     店主もこれは特にお気に入り。



     ここが最大のポイントですもの。

     刺繍の先がタランと垂れるのも素晴らしい。ラフだけれど、妙に上品さがある刺繍。

     「普通のシャツだけだともう、面白くないんだ」なんて無類のシャツ好きはぜひ。



     1sin DELIGHTFUL プルオーバーシャツ ネイビー ¥20,000+税

     そして、続いては1sinさんの軽やかなプルオーバーである、ディライトフルプルオーバーシャツ。

     この素材感がまた、面白い。

     サリっとしていて、ハリ感があって、涼やか。

     汗をかいてもサラサラと心地よく着られるこの素材感は、独特で気持ちいい。



     今年の顔でもあるバンドカラーで、プルオーバーというのも軽やかさがまして面白い。

     濃いネイビーだけれど、暑い日にこそ心地よさを感じられるシャツかな、と。



     1sin MELLOWNESS スウェット ネイビー ¥15,500+税

     そしてこの子。「スウェットじゃねーか」というツッコミはごもっともなのですけれども、気軽さと心地よさ、合わせる感覚としてはシャツのように扱えるので、店主の中では「シャツのようなもんだな」という。

     このジャージー素材が好きです。適度にハリ感があって、ぐにぐにして。手触りも気持ちいい。

     下に軽くカットソーだけ着て、シャツ羽織る代わりにこのスウェット、という感覚。

     サイズはもうSサイズしかないけれど、細身の方にはオススメしたい一枚。



     気軽です、本当に。

     厚さもほどほどなので、さっぱり着られます。



     Workers バンドカラーシャツ ライトグレー ¥12,000+税

     そしてWorkersさんからも今春は長袖シャツを入れていました。

     バンドカラータイプのライトグレー。

     このライトグレーの絶妙な色合いが良い。そしてまた古着を思わせるような、前立てや様々なパーツのパッカリング感が素晴らしいシャツ。

     まだ、XS相当の13とS相当の14だけですが、一枚ずつあります。



     素材感も合わせて、古着っぽいよさがある。

     高級なシャツ、というよりも日常でざっと着たくなるシャツ。

     このシワ感を愉しんでもらいたいわけです、ぎゅぎゅっと寄った感じの。

     良いなぁ、やっぱりこの感じ。



     KASE 藍ストライプ クレリックシャツ ブルー ¥22,000+税

     そして、先日ご紹介したばかりの、KASEさんの藍染めストライプ生地を用いた、贅沢なクレリックシャツ。

     左右対称に生地を用いる贅沢さと、細かさを堪能しながら着てほしいシャツ。

     生地の風合いがそだっていくのはいわずもがな。



     クレリックシャツというのが合うあわないというは、人によってありますけれども。

     クレリックスタイルが似合う方には、すごく良い感じに使える独特な存在感があると思います。(ちなみに、店主はクレリックシャツがびっくりするくらいに似合いません。)

     この生地を使ってこのプライスで出せるのは、生地を作っているところだからこそ。生地単価を聞くと、間違いなくこの価格でシャツを作るというのはブランドではできません。



     KASE 藍ストライプ クレリックシャツ ブラックブルー ¥22,000+税

     そしてクレリックの濃い色、ブラックまでグラデーションのタイプも。

     よりシックな空気も漂うこちらのカラーも、合わせやすくて着やすいはず。(繰り返しになりますが、店主はクレリックが似合わないので絶望的なのですが。この生地使って普通のシャツを作ってみたい、ちょっと高くなっちゃうけれど)



     ボディだけではなく、袖まで左右対称にしています。

     その面倒くささや大変さは、シャツを作ったことがある方はきっとわかるはず。単調な柄なたともかく、このストライプは細かくグラデーション柄。なおやりづらいし、生地効率が悪い。

     と、そんないろいろが入ったシャツです。



     Workers ABボーダー ロングカットソー ¥10,000+税

     そしてシャツじゃないけれど最後に。

     Workersさんのこのカットソー、やはり良いです。生地の質感と作りのバランスが良い。

     太いボーダーカットソーは、ざっくりと一枚で着てかっこいい。これもシャツ代わりとしての一枚になりうる。

     白黒ボーダーはサイズ2が一枚で終わりです。



     Workers ABボーダー ロングカットソー  ¥10,000+税

     そして店主が個人的に配色どツボな紫っぽいネイビーのタイプはサイズ3(M〜L相当)の一枚で終わりです。

     こちらもやはりシャツ代わりにアウターとしてざっくり着るとかなり気持ちいい。

     シャツと合わせてどうぞお愉しみいただければと思います。


     と、かなりの勢いでシャツ(一部はシャツ代わりだけれど)をドバっとご覧いただきました。

     どれも質感は全て異なり、それぞれの面白さと素材の良さを活かしたものばかりです。

     どれが一番!とかはありません。でも、これが一等好き!は人によってあると思っています。店主にももちろんあります、一等好きは一つではないですし。

     いろいろとある中から見て比べて、そして袖を通して。

     これが一等好き!なシャツがこの春にも多くの方に出来たらまた嬉しいなと思います。

     どうぞ、お愉しみくださいませ。



     CIRCLE

     
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM