<< ル・ボナー製品の今の在庫状況について。 | main | ゴールデンウィークと5月のCIRCLE営業日程とちょっとしたお知らせについて。 >>
2016.04.22 Friday

JOIE INFINIE DESIGNさんの新しい仲間、リュウズモティーフのリングについて。

0


     本格的に店主はダイエットをしています。大好きな日本酒もベルギービールもワインも控えて、同じくらい好きな甘いものも控えています。そして地味なトレーニングをやりすぎない程度にしながら。

     夏が来る前にとかそういうことではありませんけれども、やっぱり好きな服を良い状態で愉しみたい、という。

     こうしてお店のブログでわざわざ書くのはきっと、「ちゃんと痩せたんですね」とお客様に言われるために、自らにサボらないという枷をつけているのかもしれません。

     効果的なシェイプの方法があれば、どうぞご助言くださいね。


     と、一つご案内がございます。本日CIRCLE店頭にて、マエストロのダークグリーンをご覧下さっておりました可愛いお子様連れのお父様がもしこのブログを見てくださっておりましたら…。
     ちょっと忘れ物がございましたので、ご一報をいただけましたら幸いです!


     さ、本日は店主が非常に気に入っている新しい仲間をご案内いたします。

     ハンドメイドウォッチを作るJOIE INFINIE DESIGNさんより、なんともはや時計ではなく、「時計のリュウズをモティーフにしたリング」をお願いしました。

     これが、なんとも良い雰囲気なのです、実に。
     

     JOIE INFINIE DESIGNさんはもちろんメインは時計の作家さんなわけですけれども、実はいろいろな試みをしていて、歯車型のブローチを作ったり、CIRCLEの玄関先にもあるような壁掛けのからくりを作ったり、あるいはリプロダクトの時計も作ったりする。

     そしてそれだけでなく実は、リングなどのアクセサリーも制作が出来る作家さんでもあって。

     今回作っていただくことになったリュウズモティーフのリングは、JOIE INFINIE DESIGNさんの面白みがまた広がって、素敵な子。



     時計のリュウズ(竜頭)というのは、いわば手巻きでゼンマイを巻いたり、時刻調整をするパーツ。

     でもよくよく見ていくと、リュウズはそれぞれのブランドやモデルに独特な形があって、とっても可愛い。

     特にJOIE INFINIE DESIGNさんのリュウズはコロンと丸い形に、細くシュシュシュと線が入っていて、どことなくアンティーク感が漂うのが素敵で。



     そんなリュウズがリングのモティーフとしてヘッドについたらきっと素敵だろう、と制作されたリングたち。



     もともとは、JOIE INFINIE DESIGNさんでひっそりと、真鍮素材とシルバー素材にて作られました。

     それを一目見て店主はリュウズモティーフの可愛さにぐぐっと心惹かれ、CIRCLEでも作ってくださいとすぐにお願いをしてしまった。

     そしてCIRCLEはやっぱりわがままだから、シルバーのキラキラした風合いに加えて……



     なんと18金のピンクゴールドでもお願いをして、制作。

     店主は金の中でもピンクゴールドの輝き方はとても素敵だと感じていて、特に日本人が纏っていると、優しい金の風合いがあって似合うと思っている。

     JOIE INFINIE DESIGNさんに相談すると、はじめは「じゃあ、価格も高くしたくはないし、14金のピンクゴールドにしましょうか」という話になった。



     けれど、いざ鋳造段階に入った時に、「なんか18金のピンクゴールドの方が、良い感じがします」と連絡をいただき、さらには「18金でも、できる限り高くなりすぎないように、調整します」とまでおっしゃってくださり、結果18金のピンクゴールドに。

     いえもう、18金になるに越したことはないので、もちろん嬉しい発展。

     ということで、リュウズモティーフの輝きをシルバーと18金ピンクゴールドで愉しんでいただけるようになりました。



     シンプルで細身のリング部に、リュウズがちょこんとくっつく。

     この塩梅がなんとも愛らしい。

     そしてリュウズの大きさは小サイズと大サイズの2種類作っていただき、またそこでも空気感が異なる具合に。



     小さいリュウズは直径が4mmくらい。大きいリュウズは直径が6mmくらいです。

     数字で見ると「あれ、そんなに違わないねぇ」と感じるかもしれないのですけれども、こうして並べたり、あるいは実物を見比べるとしっかりサイズ感は差があります。

     小さい方は上品なおしとやかな雰囲気があり、可愛らしさが強い。

     大きい方はリュウズの迫力もぐぐっと増し、コロンとしたフォルムの具合もわかりやすくなり、カジュアルなのにシックな感じが強くなる。



     どちらも比べてみていきましょう。

     まずは、淡くキラキラと美しく輝く、シルバーのタイプを。



     リュウズモティーフ シルバーリング 小リュウズ JOIE INFINIE DESIGN ¥5,000+税

     シルバーのタイプは爽やかな風合いと、はじめはシンプルなキラキラ感があります。

     しっかりと磨いた感じに仕上げているので、ピカピカしています。

     そしてここからシルバーは自然と硫化して少しずつ色あいは変わっていきます。

     もちろんそうしてヴィンテージ感を出していっても良いですし、銀磨きの液体や消しゴムなどで磨いて、このキラキラ感を維持するのも良い。



     リュウズモティーフ シルバーリング 大リュウズ JOIE INFINIE DESIGN ¥6,000+税

     大サイズと小サイズは、リュウズの見え方も異なりますし、リングとしての雰囲気も違ってきます。

     この辺りは他のアクセサリーとの合わせ方や、どの指にはめるかによって、好みが変わってこようかというところ。

     大きいリュウズはリュウズに入っている線も幾分くっきりと見えやすく、経年変化していくと濃淡がより出てくるはず。



     リング部分はいたってシンプルに、細い。

     細いといってももちろんしっかり強度は保つ程度になっていますので、ご安心を。

     サイズは6号・9号・12号と3サイズをまずは用意しています。つけたい指に合わせてお選びいただければな、と。

     リングボディが細めなので、フィット感の違いはありますけれども6号は7号くらいの指でも結構普通に入ります。9号は10号、12号は13号の方でも。

     店主も薬指は普段13号くらいなのですが、12号でキュッとつけることが出来たので。

     線が細いリングだと、そのあたりのつけやすさがあるので好きです。



     1本でつけるのも可愛いですし、重ねづけをするのも洒落ていると思う。

     大リュウズ、小リュウズで重ねるのもアリですし、手持ちの細めのリング幾つかと合わせていっても良い。

     特徴的で個性はあるけれど、決してアクが強い感じではないので、様々なシーンで愉しんでいただけると思います。



     そしてこのリュウズリングたちも驚くべきところは、やはりコストパフォーマンス。

     リュウズは結構きちんとシルバーそのものでの塊。(もちろん18金ピンクゴールドもそうですが)

     鋳造の後に綺麗に磨き上げてくれて、このリーズナブルな価格はなかなかにすごい。



     ちなみに、シルバータイプをつけてみるとこんな風に。

     店主の綺麗でない手ですみません……。

     小サイズのリュウズタイプにて、これは9号でピンキーリングとしてつけてみています。

     小さいリュウズはすっとシンプルに指に馴染む感じ。



     そして大リュウズのタイプを今度は薬指に12号にて。

     大きいリュウズはしっかりとリュウズモティーフの存在感があります。

     個人的にこの線の細かな見え方がまた好き。



     大小どちらにもまた良さがあります。

     シルバーは時間とともに硫化していき、黒さも出てくる。そうしてヴィンテージ感を出しながら使うのもかっこいいですし、磨いてしっかりキラキラした姿も美しい。

     時計同様に、日々の時をともに歩めるリング。そういう意味では、JOIE INFINIE DESIGNさんらしいリング。



     シルバーに続いて、こちらはCIRCLEのわがままで出来上がってくれた、18金ピンクゴールドバージョンをご覧いただきます。

     シルバーとはまた異なる、淡く優しいピンクゴールドの煌めきは、ちょっとラグジュアリー。



     リュウズモティーフ 18金ピンクゴールドリング 小リュウズ JOIE INFINIE DESIGN ¥22,000+税

     まずは小リュウズの煌めきを。

     上品でしっとりとした美しさのあるピンクゴールドが、シンプルで可愛さのあるリングによく馴染む。

     すっきりしているけれど、確かに奥深い輝きが感じられるリング。



     リュウズモティーフ 18金ピンクゴールドリング 大リュウズ JOIE INFINIE DESIGN ¥30,000+税

     そしてこちらが大リュウズのバージョン。よりはっきりと、ピンクゴールドの色あいと風合いが強くなる。

     決して派手さはありません。あくまでも上品な煌めきのピンクゴールド。

     18金になったことでよりその趣がより良い感じになった、と店主は思っています。



     基本的な作りはもちろんシルバーのタイプと同様です。

     純粋に素材を18金のピンクゴールドに変更してもらっています。



     さすがに18金になると、モティーフサイズの大小で価格は少し開きができますけれど、それでもかなり抑えてくれていると思う。

     もちろんリングなどの装飾品はピンキリみたいなところもあって、日本で製作しないでたっぷりどこどこ量産していくと、いかに18金といってもかなり安いものもあったりはしますが。

     そういう手のものではないリングでの価格としては、かなり良心的。



     ピンクゴールドは全くしないというわけではありませんが、シルバーに比べると色の変化は少ない。

     この煌めきを維持しながら、じっくりと愉しんでもらいたいなと思っています。



     性懲りもなく、またつけてみたりもしますが。

     小リュウズタイプの12号。

     やはりピンクゴールドの輝きは良い意味で存在感があるなぁと。



     リュウズサイズをあげるとなおさら。

     でもアレですね、大リュウズのタイプはピンキー的な使い方よりも、他の指の方がバランス感は取りやすいかもしれませんね。

     それもまた、他につけるアクセサリー次第とは思いますが。



     それぞれの金属で、それぞれの良さがあります。

     どちらが優れているとかではなくて、どちらの輝きがしっくりくるかという差。



     シルバーの白く爽やかな輝きも素敵だし、ピンクゴールドの淡く豊かな煌めきも素敵。

     この2素材で製作をしてもらえてよかったな、と感じる。



     それぞれ、リュウズの大きさに対して3サイズを揃えています。

     店頭でももちろんこんな風に並ぶので。



     サイズがもし合わない場合には、お時間をいただければ指定サイズで別注することも可能です。

     18金に関しては、あまりにサイズが大きい場合には価格がやや変動することもあるかもしれませんが。

     もしくは、6号・9号・12号の付近サイズであれば、調整してお渡しでも出来ます。(12号を11号に〜など)



     シルバーのタイプはカジュアルリングの雰囲気もあるということで、JOIE INFINIE DESIGNさんのロウ引きクラフト袋でのお渡しとなります。
     (2016年5月9日追記:袋でと始めはしていたのですが、「やっぱり箱が良いなぁ」ということでシルバータイプがちょこんとした小さな紙箱に、18金のタイプはもう少ししっかりしたいわゆる指輪箱みたいな具合で用意することにしました。
     宜しくお願いします)


     18金のタイプは小さいちょこんとした箱に入ります。(上記追記の通り、指輪箱に入ります。)

     ぜひ、それぞれを愉しんでいただけたら、と思います。



     と、ここまで見て「あれ、今までそんなリングスタンドなんて使ってなかったじゃないか」とお気付きの方はすごい。

     良いリングスタンドないかなぁとずっと考えていたのですが、このウォルナットとメイプルの感じなら良いな、と店頭に。

     akihamaリングも新しくこのスタンドくんに収まりました。



     見え方がまた変わって、より綺麗な感じがするような。



     普通にちょこんとあるよりも、太さのある部分に通るのでつけた感じのイメージに近くなるので、ようやくスタンドに出来てよかった。



     Kyoko Hondaのリングももちろん変わりました。

     と、いう具合にまた新しい扱いとして仲間入りした、JOIE INFINIE DESIGNのリュウズリングたち。

     どうぞ、宜しくお願いいたします!



     CIRCLE

     
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM