<< CIRCLEのこれからのちょっといろいろを、まとめてざっくりと。 | main | Circus of Happiness初の、高番手タイプライタークロス・ブルー太ストライプシャツについて。 >>
2015.11.24 Tuesday

Circus of Happiness×小島屋の武州正藍染め・CIRCLEベアについて。

0


     ブログ更新が大変遅くなってしまいました、すみません。

     かわいいクマたちを一挙に見てもらおう!なんて思ってしまったばっかりに、画像がものすごいことになりました。

     でも、それに見合うくらい、とっても素敵な子たちです。

     今日はとても長いですけれども、様々な生地感で表情が異なるベアをご覧いただけますので、ぜひゆっくりと見てあげてくださいませ。

     ベアは、CIRCLEベアということにいたしました。なかなかどうして、こだわったクマたちです。
     

     ベアを作ろう、と思ったのはふとしたきっかけ。

     1sinさんとのポークパイハットを作った際に、武州正藍染めの生地でお世話になっていた生地屋さんの展示会に、今とはまた異なる手作り感のあるベアがちょこんと飾られていました。

     それを見た店主は、「藍染めのいろんな生地を組み合わせて、もっとコロンと程よいサイズのベアは作ったら、きっと可愛い!」と生地屋さんに熱弁をいつの間にか。

     それからしばらくして、本当にオリジナルの塩梅でベアを作れることになり、Circus of Happiness×小島屋(生地屋さんの小物ブランドの名義です)という具合にて、クリスマス前にどっとCIRCLEベアとして仕上げていただきました。

     これはもう、打ち合わせの段階でも既に互いのテンションが高く、ちょっとやりすぎたね……というくらいに、いろいろを詰め込みました。
     本気のベアです。そこらのおもちゃ屋さんには、決して負けません、大真面目に作りました。



     ベアは全部で13匹を作りました。

     それぞれで全て生地の組み合わせや配分を変え、一つとて同じものはありません。

     そして、テディベア専門の作り手さんが協力をしてくださることになり、一つ一つを手作りで仕立ててもらえました。

     店主の考えと生地屋としての小島屋さんの考え、そしてそこに作り手さんの美意識も加わって、想定していたよりも上質なベアに。



     13匹のうち、その中の1匹はCIRCLEの守り神的なマスコットになります。

     なので、正確には12匹をみなさまに愉しんでいただけたら、と作ってみました。

     一度の製作で10体前後が限界、という風にも作り手さんからお話いただいていたので、ギリギリの数を上げてもらって。



     素材の布地はもちろん全て、小島屋さんの武州正藍染め生地。

     ブリーチを施したり、抜染で柄を施したり、刺し子のぐっと強い生地なども合わせて。



     CIRCLE店頭には既に並んでおりますが、一応袋に入れた状態に。それぞれ1匹ずつしかいないので、ホコリや汚れも防ぎたいですから。

     旅立った先のご家庭にて、思う存分愉しんでもらえたらと。

     お渡しの際や、お送りの際にはまた異なるもう少し大きいパックに入れて、口元をタータンチェックのリボンで飾ります。

     プレゼントにもぴったりになる、可愛い仕様です。

     タータンチェックのリボンは、クリスマスギフト向けに新しく今日用意しました。また後日、それはそれでご案内いたしますね。



     CIRCLEベア 武州正藍染め Circus of Happiness×小島屋 ¥10,000+税

     この子が、CIRCLEの代表となりますベアくん。なので、この組み合わせは販売品ではありません、すみません。

     サンプルとしてこちらでどんなベアなのかをまずは見ていこうとおもいます。

     愛嬌があって、ぽってりと愛らしいベア。



     大きさはこうして座っていると高さは23cmくらい。足を伸ばすと30cmほどというくらい。

     ドカンと大きすぎるわけでもなく、生地感がわからないほど小さくもない。

     リビングやテーブルの上に飾ったりするにも、ほどよく可愛いサイズです。



     ベアの顔もいくつかのパーツでできていますが、目はあえてつけていません。

     この方が、その時々や場所に応じてベアの表情が想像できて面白い。

     首は固定されているので、回ったりはしません。ちょっと小首をかしげるくらいの塩梅になっていて、キュートです。



     耳は小さくもちろん。

     そしてメインボディに対して耳の見えるところは生地を切り替えています。



     ボディはぷっくりとまんまるとしています。

     中綿はポリエステル製のものを入れていますが、もうこれ以上は無理です!!というくらいにパンッパンに入れてくれています。

     なので、ボディも手足もほどよくハリがあり、高級感あふれるがっしりした仕上がり。

     このたっぷりの中綿仕様は作り手さんのこだわり。初めのサンプルのころはもっと緩かったのですが、生地がしっかりしているからパンパンの方が圧倒的に可愛い、と。

     結構、ここまでパンパンに作るのは大変だと思うのですけれども。



     そして、足の裏も生地を切り替えています。



     さらに、手の内側の先も生地を切り替えて。

     これだけ細かく切り替えるのはやっぱり手間なわけですが、自由に組み合わせて大丈夫ということになり、嬉しかった。



     顔の一部もこのベアは切り替えていますが、基本は顔は切り替えはありません。

     この1匹と、残る12匹のうちの1匹だけ切り替えてみました。

     なんだかコクピットっぽいので、イレギュラーとして。



     後ろ姿はこのような塩梅に。

     まるでゼッケンのように、 Circus of Happinessのタグと小島屋さんのタグが並んで背中に縫い付けられています。

     もっと目立たないところにしたかった気もするけれど、大きさ的に厳しくて。

     でも、結果的には独特の可愛さが出たので、よしということで。



     横からみたベアくん。

     厚みもしっかりあります。ドンと構えた姿が凛々しい。

     ちなみに、このCIRCLE守り神ベアは、本体に刺し子をわずかにブリーチした生地を用いて、切り替えたところには家紋柄を抜染で表現した生地を用いています。



     そしてまた、手足の付け根部分にはこんな風にボタンがあしらわれます。

     アクセントとしてもとっても良いボタン。

     初めは小島屋さんから樹脂製のものか簡単な金属製のものなら、制作費用内でつけられますけど……とご提案をいただいたものの、そこはやっぱり店主の好みがあって。

     Circus of Happinessでこの生地にあわせるボタンならば、水牛の角ボタン以外に考えられなかったのです。質感としても、見栄えの良さとしても。

     なので、水牛角ボタンは別途資材を調達して、取り付けてもらいました。

     水牛角のボタンをあえて薬剤で脱色し、そこから今一度艶出しの磨きをかけて、キャラメルのような色合いで透き通り、ツヤ感がキレイなものに。……ベアにこの贅沢な素材使いって、そうないとおもいます、はい。



     あらゆる剥ぎの部分が生地目がキレイに整うように作ってくれている。

     これはそんな風にお願いをしたいなと店主は思っていたけれど、手間を考えると申し訳なさすぎて指定をしなかったところ。

     でも、作り手さんの美意識がやはりとっても高かったのか、指定せずともそれぞれのパーツの位置で生地目がキレイに見えるように制作をしてくれた。仕上がりを見て、ただただ感服してしまったところ。



     小島屋さんのタグって立派なんですよねぇ、細かくて。このタグ高いだろうなぁ……とおもいつつも、他のデザインでなく一番渋くて美しかったコレを指定させてもらいました。

     本体の雰囲気にもばっちり合う。

     Circus of Happinessのものは帽子やシャツにもつけている、いつものです。これも、結構キレイに仕上げてるタグなんですけれどね。



     ちょっとあられもない姿に失礼をして……。

     足の付け根にもこんな風にと。

     この脱色した水牛ボタンの色を探すのが、とっても大変でした。うまく見つかってよかった。樹脂製のボタンよりも何倍も高いけれど、この質感には変えられません。



     あ、ちなみに手足は動きます。なのでもちろんベアで遊んでいただいても大丈夫。

     でもなるべく丁寧に動かしてもらえたら、とおもいます。

     こんなに可愛いベアですから。



     しかも手足と体のバランスをうまくすれば、なんとこのベアは直立もします!!

     これは店主がものすごく気に入っている部分(笑)。

     パンパンに詰められた中綿、しっかりした生地感、そして丁寧に作られた仕上げがあってこそ成り立つはず。

     無論、重心を取らないと立ちませんが、うまいことやればスックとなんとも言えない佇まいになります。



     すごいバランスですよね。



     勝ち誇った感じも出て、素敵です。



     でも、地味に接地面が少ないのでよく見ると心もとない部分もありますが、でもその危うさも可愛い。



     ……って、普段はもちろんこんな風に座らせてもらっているのが、一番安定しますので、どうぞ。

     いろいろと試してあげてください。



     CIRCLEベア 武州正藍染 家紋柄×刺し子ブリーチ ¥10,000+税

     さて、ではここからは販売させていただく12匹をそれぞれご覧いただきます。

     さすがに紹介の時だけは袋から出しました、見えにくいので。

     まずはメインボディには家紋柄を抜染で施した生地を用い、組み合わせには刺し子生地をわずかにブリーチしたものを。



     たぶん、作った中でも一番アクの強い子です。

     でもそれがまた愛らしくもある。

     家紋がキレイにそれぞれのパーツに入るように裁断してくれる作り手さんは、恐ろしいほどのこだわり。



     渋すぎます、素敵ボディ。



     合わせた刺し子ブリーチは本来道着などに用いれるもの。

     ものすごく良い生地です、正直。



     贅沢に使ってます、贅沢に。



     もう、後ろ姿はもはや任侠の世界にすら思える。



     腕や足や全ての部分にキレイに家紋が入るのです、すごい。



     CIRCLEベア 武州正藍染 刺し子ブリーチ×刺し子藍染 ¥10,000+税

     次は、ぐっとシンプルながらに面白い子。

     ボディには先ほどの刺し子ブリーチ生地を用いて、組み合わせにはブリーチ前の濃い色の状態の刺し子生地を。

     刺し子の贅沢な生地感を思い切り楽しめる仕様です。



     藍染めなので、時間や日光に当たったりすることで経年変化も出てきます。

     それも楽しいポイント。



     ちょっとパンダっぽい気もしてくるけれど、ベアです。

     まぁパンダも熊猫だから、ベアみたいな感覚もありますが。



     色合いの濃い薄いで組み合わせることで、それぞれの色の奥深さも感じられる。



     定番的でありながらも、贅沢です。



     タグもまた、よく映える。

     そして背中の生地の塩梅もキレイに目が揃って流れているのがわかりやすい。



     個体差はもちろん手作業なので、あります。

     大きさが微妙に少しだけ小さかったり大きかったり、ふっくら感が強かったりシュっとしていたり。

     刺し子はなんだか生地の印象もあってか、ぽってり感が強く感じる。



     CIRCLEベア 武州正藍染 刺し子藍染×刺し子ブリーチ ¥10,000+税

     そして、その同じ組み合わせを反転させたものも。

     ボディが濃い目の色合いになり、切り替えが薄いブリーチ色に。

     これはこれで、ぎゅっとボディが引き締まった感じがあって、素敵。



     色の配分が変わるだけで、なんだか表情も変わってくる。これだから生地は面白い。



     生地が汚れた際は、軽く水拭きしてあげてください。

     ただ、色落ちしたりする可能性もあるので、強くこすったりはほどほどに。



     ぎゅっと詰まった刺し子の質感をぜひ。



     それにしてもキレイに縫われてます、本当に。



     後ろ姿もぽってり可愛い。



     妙にぬいぐるみ遊びをしたくなる、不思議な魅力が溢れます。



     CIRCLEベア 武州正藍染 サクラ吹雪抜染×あさぎ藍染 ¥10,000+税

     続いてはちょっと柄物も。

     サクラ吹雪柄を抜染で施した薄藍色の生地をベースに、切り替えは浅葱色までブリーチを施した藍染生地を。

     刺し子のようにデコボコ感やザラリ感のある表情ではなく、もっとスムースな表情ですが、その柔らかさもまた素晴らしい。



     たっぷりのサクラが良い感じ。



     手足の浅葱色は、個人的にすごく好きな色なのです。

     糸から染め上げる武州正藍染だからこそ出る、ブリーチをした時のストタイプ模様の感じがたまらない。



     隅から隅まで、藍染だらけです。



     日本の伝統的な生地と、海外文化からきたベアの融合。



     このサクラ模様が〜って、いやがおうにも目に入る後ろ姿、立派です。



     この子も結構主張は強めかも。

     でもサクラ模様なのでどんなところにも馴染んでくれそうです。



      CIRCLEベア 武州正藍染 チェック柄抜染×刺し子藍染 ¥10,000+税

     次も柄物を。今度は細かなチェック柄を抜染した生地がメインに、手足などは刺し子の濃い藍染生地。

     このチェック模様はランダムな感じの線が多く、独特な味わい。

     そこをぐっと濃い色で引き締めています。



     良いですね、独特な柄の面白さがうまく出ている。



     チェックですら、生地目がなるべく対称っぽくなるようにあわせてくれている。



     刺し子がほどよいアクセントにも。



     切り替えで素材がぐっと変わると、また面白いですよね。



     背中ももちろん美しい。



     カジュアルでポップな印象のあるベアです。



      CIRCLEベア 武州正藍染 あさぎ藍染×横白刺し子ブリーチ ¥10,000+税

     今度は一見シンプル、でも独特ですよ。

     ボディは先にも出た浅葱色にブリーチをかけた藍染生地。

     そこに切り替えているのは、横糸だけ白糸にした刺し子藍染生地を、さらにブリーチしたもの。

     白が適度に入ってくるので、あみあみした質感が出てきて面白いのです。



     顔が浅葱色だととってもスマート。シュッとしますね。



     ボディも心なしかすっきりと感じる。



     そして耳にも出てくる横白刺し子。



     横糸を白糸にするだけで、刺し子もまた表情が変わります。



     すべっとした質感も心地よい子です。



     なんだかベアっぽいベア感がしっかりあって、落ち着く。



     CIRCLEベア 武州正藍染 あさぎ藍染×刺し子藍染 ¥10,000+税

     さらに、今のタイプの切り替え生地をブリーチしていない刺し子藍染にしたもの。このぐっと引き締まった感じ、また素敵です。

     パーツの色合い一つでまるで異なる魅力。



     どことなく、猫っぽさも感じる配色。



     手足感がとってもあって面白い。

     

     刺し子と通常の藍染生地の風合いの違いも楽しいわけで。



     じっくりそれぞれを味わえます。



     ゼッケンぽい後ろは相変わらずで。



     水牛角ボタンが良い味を出してくれるのです。



     CIRCLEベア 武州正藍染 横白刺し子ブリーチ×横白刺し子 ¥10,000+税

     まだ続きます、長くてすみません。

     今度は横糸を白糸にした刺し子をブリーチした生地がメインで、切り替えがブリーチしていないもの。

     表情豊かな感じがします。



     ブリーチの色の差が美しい。



     どの組み合わせもやっぱり魅力的です。



     どことなく、がっしり感もある組み合わせですね。



     刺し子の質感を全体から。



     背面に至るまで楽しめる。



     こんなベアはそういません。



     CIRCLEベア 武州正藍染 横白刺し子×横白刺し子ブリーチ ¥10,000+税

     そして今の組み合わせを、反転したもの。

     メインが横白刺し子の濃い色で、切り替えをブリーチかけたタイプにしています。



     急に、思い切り男の子っぽくもなる。



     オスかメスか、なんてのは決めていませんので、そこはご自由に。



     でもなんだか、色によって雰囲気はありますね。



     個人的にはこの子はオスです。ちなみにCIRCLEの守り神もオスです。



     ぐっと力強さがある後ろ姿。いやま、イメージなのですけれど。



     でも横姿は可愛らしかったりもする。うん、やはり皆様の想像次第ということで。



     CIRCLEベア 武州正藍染 太格子柄抜染×横白刺し子 ¥10,000+税

     これもまた、新しい柄物です。

     太さがランダムな雰囲気がありつつ、不思議な見た目の格子柄の抜染。

     そして切り替えには横白刺し子のブリーチしていないもの。



     なんていうんでしょう、もろもろした独特な風合いが他にない質感。いえ、生地はスムースなんですが、柄に立体感があって。



     結構、クマっぽいニュアンスが強く感じられる。毛並みみたいに見えるからでしょうか。



     切り替えの横白刺し子も良い塩梅のアクセントに。



     柄と柄が合わさっているようなものですが、ちょうど良い綺麗さ。



     ちょっと斜めに座らせちゃいましたね。



     どしーんと存在感あります。



     CIRCLEベア 武州正藍染 あさぎ藍染×サクラ吹雪抜染 ¥10,000+税

     そしてこちらはシンプルに可愛いと思っているタイプ。

     ボディは浅葱色のブリーチ生地に、切り替えがサクラ吹雪。

     とってもバランス感の良い子だと思います。



     端正な面持ちで、綺麗目な子。



     色合いとしては全体的に明るく軽やかです。



     そこに加わるサクラ吹雪がさらに軽さをましてくれるような。



     とっても飾りやすい子だと感じます。



     でももちろん、むっちり感はしっかりあって。



     ぽってりした素敵なボディ感は健在です。



     CIRCLEベア 武州正藍染 あさぎ藍染×チェック柄抜染 ¥10,000+税

     そして、これがラスト!

     ボディは浅葱色のブリーチ生地に、切り替えは細かなムラ感あるチェック柄抜染。

     そして、この子だけ頭の一部もチェックに切り替えてます。



     ちょっとだけ特別。組み合わせがとってもシンプルなので、ここでアクセント。



     一番なぜだか末っ子みたいなイメージがあります。



     あどけない表情にも見えてくる、不思議。



     手足のチェックの可愛さがそうさせるのでしょうか。



     後ろ姿までなんだかそう感じるような……。



     ぽってりした丸い感じも優しく見える。



     ……と、ものすごく長くなりましたが、このように12匹!!

     すでに今日の段階でも、そしてブログを書いている合間にも旅立つことが決まってきたりもしていますが、それぞれの子がどんなご家庭に旅立ってくれるか、とても楽しみです。

     ちょっと早めの、クリスマスに向けたCIRCLEの愉しみの一つです。

     ぜひ、ご覧いただければと思います!



     おりゃーー!!っと立って出迎えはしていませんが、店頭ではいつでもこの子で質感も確かめていただけますので、どうぞ。



     CIRCLE
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM