<< CIRCLEオリジナルブレンドとスペシャリティコーヒーについて | main | Circus of Happinessのレイルロードジャケットについて その2 >>
2014.04.04 Friday

Circus of Happinessのレイルロードジャケットについて その1

0


     シャツの上から気軽にさっと羽織ったり、あるいはカットソーの上にシャツジャケットのように日常的に着ることが出来るワークジャケットを作りたい、と思っていました。

     男性が着ても勿論のこと、女の子がちょっとオーバーサイズ気味に着ても、ヨーロッパ的な空気がしてかっこいいようなジャケット。

     Circus of Happinessとしては、カバーオールがそのジャケットのイメージで製作を進めていました。ほどよく日が暖かくなってきたこのごろ、ちょうどクラシックな雰囲気の漂うレイルロードジャケットが出来上がりました。

     レイルロードジャケット(カバーオール)は元々、かつて鉄道員や作業者などが機能性と実用性を重視し、堅牢に仕立てられたジャケットの総称です。
     ポケットがそれまでのジャケットに比べて多く、かつ腕や肩の動きが取りやすいような工夫がされ、現代に至るまで様々な素材や形で世界的に愛されてきました。

     Circus of Happinessでは、ヴィンテージや古着にあるようなクラシック感を持ちながら、今の日常で着て綺麗なジャケットになるように、素材やつくり、サイズバランスなどを追求し、細かく考えていきました。



     Circus of Happiness 撚り杢ヘリンボーン・レイルロードジャケット ¥35,000+税
     (0(XS 女性でも可) 1(S) 2(M) 3(L) の4サイズ)

     全体のつくりとしてはかっちりと見せたい肩周りなどはスマートに、動きの大きな腕や身頃などはふっくらと動きやすいようになっています。

     とてもシンプルな型ですが、随所に普通のジャケットにはないようなディテールが。

     

     色は杢グレー(ブラックとホワイトの杢)となっていて、季節を選ばず着回しの良いカラーです。

     着込んでいくごとに色の濃淡が生まれ、また太陽の光を強く浴びていくごとに、長い時間をかけて生地が馴染んでいくと、またいろの深みが変化していくのが面白そうな色。



     今回用いた生地は、撚り杢のヘリンボーンコットン。一般的なヘリンボーンとは異なり、よりランダムに柄が全体にとけ込んだ雰囲気になるのが特徴です。

     良いグレーの色と生地の風合いを探していて、どっさりと生地を検討していた時に巡り会った生地です。ヴィンテージやアンティークでは杢の綺麗なものが多いですが、今探そうとするとかなり難しいものでした。



      アップにすると生地感がわかりやすいでしょうか……。ヘリンボーン特有の細かな柄が見えますが、どことなくその柄の進み方や構成にムラ感があるのが見えます。

     この生地は、今時珍しく糸の段階でしっかりと白糸と黒糸をムラになるように紡がれていて、杢を生み出しています。その糸でさらに複雑な柄になるように編み込んでいくと、独特のうねりが利いたヘリンボーンが生まれます。

     また、糸の段階でしっかりと白黒で杢にしているため(現在よく出回る杢は、糸の段階でなく多くが生地にする段階で杢に見えるように織られています)、色合いがとても自然でまろやか。



     このカットの色が、一番直接見ていただいた色に近いかもしれません。

     古着などでとても人気のある(あまりにもプレミア化しすぎな気もしますが)いわゆる杢シャンブレーと呼ばれる色柄のヘリンボーン版のような具合です。



     襟の具合はやや大きめに。このあたりはフレンチ系のワークジャケットなどでも共通の感覚ですが、ワークジャケットの襟はややしっかりめなサイズ。この方が下にシャツやカットソーを合わせた際のバランスが取りやすく、ジャケットの存在感が出てきます。

     ボタンは一番上までしっかりと留められるよう、首回りは少しばかり余裕があるつくりです。



     前面には、ポケットが計4つついています。一つは右胸の小ポケット。可愛いサイズのポケットですが、意外にシャツポケットなみにモノが入るので、重宝します。



     そして左胸には、独特の形をした変形ポケットを。

     一見、どこにモノを入れたら良いのか……という具合ですが……



     こんな風に、ペンポケットとその隣は極小のペンポケット、それと懐中時計などを横から入れられるタイプのポケット、と区分けされているのです。

     かつての鉄道員などは、時間を全て懐中時計にて管理していましたので、その当時のディテールです。これがまた、雰囲気が良いのです。



     そして、ボディ下部分には大きめのポケットが二つ。これはもう、日常的に便利なポケット。

     ぐっと手をつっこんでいても程よいサイズ感です。



     そして、画像で既にお気づきの方も多いかもしれませんが、ポケットの上部や、袖の一部分など、補強をしっかりとしたいところにはカンドメを施しており、そのカンドメステッチは赤色で仕立てています。

     杢のジャケットは渋い空気があるのは良いのですが、あまり落ち着いて見えすぎると地味になってしまうところを、こうしてごく小さなポイントで挿し色をすることで、カジュアルに羽織った時に全体が引き締まって見えます。

     ある意味では、ヴィンテージや古着には絶対にないやり方ですが、だからこそ着込んでいってその方だけのヴィンテージに仕上げていくのが面白いと思うのです。



     明日に、続きます。
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM