<< Circus of Happinessのベーシックシャツについて その3 | main | CIRCLEオリジナルブレンドとスペシャリティコーヒーについて >>
2014.04.02 Wednesday

HAZE(ヘイズ)の和蝋燭(ろうそく)について

0


     CIRCLEは人の生活にまつわるもの、人の生み出すモノというのを取り扱っていると、自然と日本で製作されるものが多くなっています。
     その中でも、とりわけ「和の空気」を感じられるものが、HAZE(ヘイズ)さんの和ろうそくであるだろう、と思っています。

     キャンドル、ではありません。ろうそく、です。その暖かみと優しさが、CIRCLEはどうしようもなく好きなのです。
     


     和ろうそく、という響きは現代ではなかなか聞くことが少なくなりました。幼少の頃は、仏壇には当たり前のように、毎日和ろうそくを灯していましたし、夏の花火はチャッカマンではなく、マッチとろうそくで行っていました。

     そんなことをふと思い出しながら、HAZE(ヘイズ、と読みます)さんの和ろうそくを見ていると、どこか胸がほっとするのです。そして勿論、灯される炎を見つめると、さらに胸はすっと穏やかになる。

     今となっては、全国でも10件ほどしか製作をしているところのない和ろうそく。天然の植物から取り出したロウのみを用いて、しっかりと一本一本仕立てるHAZEさんの姿が、どこか嬉しくもあるのです。だから、CIRCLEにはHAZE和ろうそくを取り扱っています。



     Haze 季節の和ろうそく 1本¥720+税or¥760+税(本体の柄によって異なります)

     和ろうそくは、𥽜(はぜ)という植物の木の実から取れる木蝋を用いて仕立てられます。いわゆるキャンドル、はパラフィンという合成ロウから製作されますので、全くの別物です。

     天然の植物成分から出来る和ろうそくは、そのゆらめきの綺麗さなども素敵ですが、極論食べても害がないほどに安全。製作の過程で危ないものも出ません。エコやロハス、が叫ばれる昨今、和ろうそくは昔から日本に存在する、その最たるもの。

     原料となる𥽜は昔は全国的に栽培されていましたが、現在では九州や四国で少しずつ栽培されいるだけとなっています。それだけ、現在では合成のパラフィンが主流となってしまい、自然の愉しみがなくなっているということかもしれません。

     和ろうそくは、基本的には分業だそうです。𥽜を育てる・𥽜ロウを作る・芯材をつくる・和ろうそくを仕立てる。

     HAZEさんは福岡の𥽜ロウと芯材を用いて、独自の製法で一本一本和ろうそくを仕上げていきます。ゆっくりと、丁寧に。



     その過程でロウに色をつけたり、あるいは芯材の部分にも色をあしらったりしながら、季節や空気を感じるような、これまでにない和ろうそくを届けてくれます。



     その一本一本の姿は、勿論不揃いで、まさに人の手から生まれているのだ、と実感します。



     基本は大きなサイズのろうそくです。色はさまざまですが、香りはついていません。自然のハゼロウの素朴な香り。

     色により、ロウソクには名前もついています。「開花」や「うぐいす」、「雲間」など素敵な名前ばかり。

     ちなみに、この大きいサイズで大体70分くらいの燃焼時間です。(状況や環境により異なります)

     ゆらりゆらりと、リラックス出来るちょうど良い時間。



     HAZE 小さな和ろうそく 3本 ¥990+税(現在は取り扱っておりません、申し訳ございません…)

     小さなサイズもございます。こちらの場合は大体35分くらいの燃焼時間。お仏壇などでも勿論良いですが、日常的に少しほっとしたいとき、素敵な時間が過ごせます。

     また、小さなサイズでは本来……



     HAZE Ten ¥3,350+税

     このような、ナチュラルな色のろうそくで桐箱入りの10本セット、Tenというのもございます。

     こちらは現在、入荷待ちとなっておりますが、日々のろうそくとしてとても良い風合い。



     HAZE 和ろうそく3本 木箱セット ろうそく本体3本と木箱代¥350+税

     CIRCLEでは、HAZEさんの和ろうそくはセットでご販売させて頂いています。様々な種類が飾られている中から、お好きな3本をお選びいただき、HAZEさんのロゴ入りの木箱に。

     様々な色を入れても良いですし、統一しても綺麗です。ご自分へのご褒美でも、あるいはプレゼントにも喜ばれそうです。



     HAZE 和ろうそく2本 紙箱セット ろうそく本体2本代と紙箱¥200+税 

     また、シャレたオリジナルの紙箱にて、2本セットも用意しています。ちょっとしたお土産などもに、オシャレですね。

     少しずつ少しずつ、和ろうそくがまた日本の中でもしっかりと認識されてくれると嬉しいと思います。無くしたくない、文化。



     またHAZEさんでは、個人作家さんとともに燭台も製作しています。

     ろうそくと言えば、燭台。安全に美しく使うための道具です。燭台がない場合は、ろうそくに火を灯し、少し溶かしたロウを平たいところに垂らし、そこにロウソクを立てて固めて使うことも出来ます。

     昔は、そんな風によく立てて使ったものです。

     いずれにせよ、火気であることには違いありませんので、ご使用の際は十分お気をつけ頂ければと思います。



     こんな風にろうそくがたたずむと、妙に凛とした空気を感じます。

     ぎゅっと、空間が静まるような、そんな感覚。



     右:ぐんじょう(濃い色) 中:あわはく(薄い色) ¥3,800+税
     左:みなも(ガラス) ¥4,400+税 

     燭台は3種入荷しています。ざらっとしながらも、スルリとした質感もある陶器製と、水に浮かぶろうそくのように感じられるガラス製。

     陶器は町田裕也さんという作家の作品で、まだ若い方でありながら、存在感のある陶器を焼き上げています。

     ガラスは小林志歩さんという方の作品。ゆらりと、ゆらぎのあるガラスの美しさを表現している方です。

     それぞれ、HAZEさんの和ろうそくの雰囲気にとてもあっており、もともとセットのような。

     実は、そのうちCIRCLEでも鉄を用いた燭台を製作出来ないかと考えています。それはそれで、実現すれば面白いのですけれど。


     見ているだけでも和んでくる和ろうそくですが、やはり灯した時が一番。

     これはもう、HAZEさんが写真集のように綺麗に撮影されておりますので、そちらの画像をご覧頂ければと思います。
     (杉山正直氏・撮影)









     時に強く、時におとなしく。

     そんな風に和ろうそくは燃えます。そのゆらぎ、時間を愉しんでほしいと感じます。



     CIRCLE
     
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM