<< akihamaアクセサリー・シルバー950のエイジングについて。 | main | Haze(ヘイズ)の華やかな和ろうそくたちの入荷と、和ろうそくのお店について。 >>
2015.07.10 Friday

JOIE INFINIE DESIGNの時計は、女子ももちろん愉しめます。

0


     久々に晴れて太陽が顔を出してくれた今日の東京は、暑さはすごかったですけれども、それ以上に気持ち良かった。

     やはり人間には太陽は必要だね!と強く感じるほど、なんだか心地よい日中でした。

     そんな中にテルコ雑貨店の作り手の女子が店頭に納品に来たのです。

     そこでせっかくなので、JOIE INFINIE DESIGNさんの時計を女子の腕でつけるとどんな雰囲気か、ということで撮らせてもらいました。

     お問い合わせいただくことも結構あったので、少しでも参考になれば…と。

     

     JOIE INIFINIE DESIGNさんの時計は、明確に「男性用・女性用」というふうには分かれていません。どの時計もユニセックスとしての扱いで、男性がつけてかっこいいのはもちろんのこと、女性がつけるとまた素敵なのです。

     先日も女性のお客様が手巻き式を手にして下さいましたが(思えば、写真を撮らせてもらうべきだったと反省…)、男女問わずそれぞれで愉しんでいただける。

     ということで、テルコ雑貨店の作り手女子はちょっと小柄で腕は細めですが、一般女子的な参考になるはずと幾つかの時計のフェイスを腕に乗せて、撮らせてもらいました。

     実際にベルトを巻いてはいません。奥の方の穴に入れれば細身の女性の腕でも留まるようになっていますが、ベルトの負担にならないように撮影時は置いているだけです、あしからず。



     特にこの、手巻き機械式でスケルトン仕様のR.Rは、男性のみならず女性からお声をいただくことも多い。

     無論、男性のリクエストもいろいろいただきますけれども。



     やはりこの、機械感がありつつアンティーク感も漂う盤面が、男女問わず気に入っていただける部分。

     フェイスも32mmほどとさほど大きいサイズではないので、どちらもつけやすい。

     最近の大きなフェイスの腕時計たちとはまるで逆を行くCIRCLEですが、30mmちょっとというフェイスサイズは、アンティーク時計でも素敵なものが多く、昔は当たり前のサイズでした。

     腕への収まりも良く、どんな服装でも邪魔にならない。それでいてすっと上品な主張だけが出る。



     そのサイズ感は、CIRCLEで展開する他のJOIE INFINIE DESIGNさんの時計でも、ほぼ同じ。

     極端に大きなフェイスはありません。

     シックにシンプルに、それでいて味わいが出てくる時計であってほしい。



     スクエアの四角いフェイスのものも、女性からかわいいとお褒めいただくことが多く。

     なので、今回はそれぞれを試しています。



     まずはスケルトン機械のR.R。

     小さめの女子が腕につけても、すっと肌の綺麗なところで収まる感じがわかりやすい。

     ボコっと大きく目立つことはなく、ごく自然な雰囲気でつけていただける。



     シルバーの質感も輝きによって重たすぎず、アンティーク調の空気感がよく映える。

     機械式の場合はクォーツ電池式よりも少し厚みは出てきますが、こんな風に違和感は全くありません。



     ベルトが黒のバージョンも撮ってみました。

     ぐっとシックさが増しつつも、盤面のほどよいカジュアルさがあいまって、綺麗に楽しめる機械式。



     黒ベルトになると、より中の機械の方に目が強く行くような、機械感が強く味わえる感じもします。

     ちなみに、ベルト色はもう一つ、次の時計についているグレーでも制作可能です。

     それもまた、かなり素敵なのですよね、実は。



     続いての丸フェイスの別モデル、Cloud。

     こちらはよりスッキリとしたデザインで、かつクォーツ式の分薄くなるので、さらに女性の腕でもすぅっと馴染む感じもするかもしれません。

     ベルト色のもう一つのグレーは、このカラーです。使い込んでいくと濃いグレー〜黒に近づいていくのも面白いベルト色。



     フェイスサイズはこちらも32mm前後ですから、女性の腕でもはまりやすく、男性の場合はもちろん綺麗に腕に収まり、上品なイメージでつけられる。

     デザイン違いやベルトの色違いで、それぞれで愉しんでいただくのもよいかな、と思います。

     そしてまた、逆にこちらのモデルで黒ベルトにしたり、キャメルのベルトでももちろん制作可能です。

     CIRCLEでは色々な微妙な違いを出したりしながら、オーダー的にもJOIE INFINIE DESIGNさんの時計は愉しんでいただけます。

     無論、ブランドとしてできない改造はアレとして、こんな風にしてみたいとかあれば、どうぞご相談くださいね。



     さ、そしてもう一つの長方形フェイスのSquare。

     こちらのモデルはあえてシルバーケースに厚みをもたせて、ゴツっとした雰囲気も出していますが、これもまた実は女性の腕には意外にも馴染む。

     アクセサリーをつける感覚で、腕に巻いてもらうとシックなイメージが出てかっこいい。



     シルバーと真鍮盤面、そして青針というこの組み合わせが、CIRCLEは好きです。

     綺麗な印象と上品な印象、その中にアンティーク的な素朴な風合いが混ざり、様々なシーンで愉しみがあると思っていて。

     色々な素材の掛け合わせは、やはり面白いものです。

     いずれのモデルもパッと見るだけですと「メンズですか?女性がつけても良いのですか?」と言われるのですが、こんな風に女性がもちろん愉しめます。

     ぜひ、それぞれをお愉しみいただければと思っています。

     そして、腕につけると言えば……とついでに一緒に…



     akihamaさんのクルクル羽のバングルもお願いして撮ってみました。

     なんせ、これは店主の腕には全くもって入らないレディスサイズ。つけた雰囲気を撮りたくても、無理だったので(笑)。

     こんな風に、ふわりと腕に舞います。

     やっぱりakihamaアクセサリーはつけるとなお一層、羽の柔らかさや流れが美しく見える。



     素敵ですね、時計とはまた異なる、ジュエリーとしての綺麗さ。

     もちろんそれぞれ状況に応じて、ぐっとシルバーの深みを味わっていただければな、と感じています。

     腕周りは夏の季節はとかく寂しくなる。

     ぜひ、彩りを加えてこの夏もぱっと華やいで愉しく過ごしましょう〜。



     CIRCLE
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      CIRCLE 青山 (09/17)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      ルボナーファン (09/17)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM