<< あとちょっと、もうちょっと。色とりどりの革の愉しみ。 | main | 遅くなってしまった、今回入荷していたコーヒー豆について。 >>
2015.03.27 Friday

JOIE INFINIE DESIGNさんに特別にお願いした、シルバーの懐中時計について。

0


     ようやく春の陽がさすように、ポカポカとしてきて。それでもまだ夜は冷え込むので気をつけたいところですが、週末を超えてくると、ついに桜の季節が到来か、という具合ですね。

     CIRCLEは昼間は基本的にはずっとオープンですから(木曜日はおやすみですけれど、なんだかんだと打ち合わせや外回りが多く)、昼間のお花見で盛り上がることは難しいのですが。
     なんとか夜桜を見て、ぐっと気分を高めたいなと思うこの頃。

     CIRCLEの先日の1周年の際には、JOIE INFINIE DESIGNさんに特別な懐中時計をお願いしていました。

     なんとか当日の昼に到着!となるやいなや、気にいってくださったお客様がいらして、旅立っていって。いまだにご紹介をできていませんでした。

     というのも、JOIE INFINIE DESIGNさんでは2つ仕込んで下さったのですが、もう一つは間に合っていなかったのです、はい。

     それがようやく、参りました。ということで今日はこれまでにない、独特な雰囲気に溢れる懐中時計をご案内。
     

     この懐中時計のデザインのそもそものきっかけは、昨年のお客様からのオーダーでした。

     男性でもしっかりと手に持って使えるサイズで、渋いアンティークのような雰囲気のある、また違う懐中時計が欲しいということで、数ヶ月のお時間を頂きながら(たぶん、半年くらいはいただいていたような……)、デザインや素材やらうぬぬとJOIE INFINIE DESIGNさんと話し合いできたもの。

     その時には、基本デザインは今回と同様なものの、外側とチェーンなどは真鍮で製作し、また雰囲気の異なる素敵な具合で仕上げることができ、嬉しかったもの。

     お渡しの際に見ていると、どうしてもその形でシルバーを作ってみたくなりました。きっと、それもまたすごく良い風合いになるような気がしていて。

     ということで、せっかくならば特別にということで仕立ててもらった作品です。



     味わいが出てき始めるシルバーと、真鍮の文字盤も2種類の色が垣間見えるように。

     そして青い針が全体を引き締め、洋装にも和装にもぐっと雰囲気があってくれるように。



     JOIE INFINIE DESIGN シルバー・懐中時計 CIRCLEオリジナル記念モデル ¥50,000+税

     この顔立ちが、欲しかったのです。ぐっと穏やかな渋さがあり、それでいて端正な面持ちもあり……アクセサリーとしても、もちろん実用品としても日常に深みを与えてくれるような、そんな顔。

     ケースの直径は約39mmほど。ほんの少しだけ大きめの腕時計、くらいでしょうか。

     外側のケースやチェーンをつける金具部分など、基本的にはスターリングシルバーにて。少しだけ既にアンティーク風にしてもらっていますが、ここからさらに硫化は進み、確実に育っていく時計。



     盤面は金色が強い真鍮には秒としての数字を打刻し、さらには12個の窓をあけました。

     ほんのり丸みのある窓で、優しい雰囲気。どこか、昔のヨーロッパアンティークようなイメージ、です。

     そしてその下の段には燻したように色を変えた真鍮板にローマ数字で1〜12時までを刻印しています。

     この窓から数字が覗く意匠が、なんとも素敵な空気。

     そこに時針・分針・秒針と3針を青針にて合わせ、スマートな空気感が心地よい。視認性も良いのです。



     そして上からチェーンにつなげていく。

     このつながりの部分ももちろんシルバーです。あ、ネジ部分だけはさすがに微妙に違うのですが。



     今回のサイズの機械には、このシルバーの竜頭を合わせることもできたのが、また良い。

     機械によってJOIE INFiNIE DESIGNさんでは使える竜頭の種類がある程度決まっているので、すべての時計の竜頭を合わせることはできないのですが。今回はたまたま、です。

     ちなみに、中はクォーツ式(電池式)となっています。ですので基本的にはカチコチと勝手に動いていますので、いつでも安心。

     もちろん、電池が切れたら交換可能です。



     手のひらに乗せてみると、このような具合のサイズ感。

     良いですね大きすぎて邪魔になることなく、それでいて時計としての存在感がしっかりとある。

     懐に入れてももちろん良いですし、バッグにチェーンを絡ませてつけてもいいですし、使い方はさまざま。



     裏面の裏蓋部分は、ここばかりはやはりステンレスになっています、製作構造上の関係で、ここはシルバーにできないのです。



     このモデルには、いつものサインだけでなくいろいろとうすーくですが、彫り込んでくれています。

     「勝手にいろいろ彫らせてもらいました!」ということで、それはそれで嬉しい。

     ま、特別な記念モデルです、みたいなことをしっかりと。



     チェーンもスターリングシルバーでアンティーク系のもので合わせてもらいました。

     色は既に燻したようなガンメタリックぽい色になっていますので、ボディとの相性も抜群。

     長さは約78cmくらい。結構長めですので、ジャラジャラとつけ方は自由度が高いですね。

     場合によっては、二重巻きっぽくして首からも下げれるかな、というくらい。



     このチェーン色含め、まさに男女ともに味わいを楽しめる具合に仕上がった、と思っています。



     一つは当日に旅立っているので、あと一つの方が店頭に並びました。そして、ご遠方の方にもご覧いただけるよう、オンラインショップにも並びます。

     一気に雰囲気をぐっと渋くカッコよく仕立てられるような空気を持った、特徴的な懐中時計です。

     どうぞ、お愉しみくださいませ。



     CIRCLE
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM