<< ル・ボナーの文庫・新書カバーの入荷について。 | main | 1周年に向けて特別に制作をした、テルコ雑貨店のマーブルペーパー・ノートについて。 >>
2015.03.15 Sunday

CIRCLE一周年に用意してくださった、FABRICのクロコラウンドファスナーについて。

0


     ホワイトデーは巷でも盛り上がりを見せたようで、どことなく昔よりもホワイトデーそのものが、なんだかしっかりとイベントらしくなってきたようにも感じます。

     て、そんな風に思っているともう本当に21日はすぐそこ。

     ということで、今日はしっかりとCIRCLEの一周年に向けた色々なことの一つ。

     ちょっと迫力ある子も用意してみました。エキゾチックレザー系とメッシュベルトなどでもCIRCLEでもお馴染みのFABRICさんに、声をかけさせていただいて。

     気負うことなく、気軽に使いやすいエキゾチックを、とお願いしていました。
     

     エキゾチックレザーといえば、クロコダイル然り、エレファントやリザートや、あるいはオーストリッチなども含めてみても、基本的にはとっても高級な皮革であり、なかなか気軽に使うといっても難しいものです。

     革そのものの価格自体が、牛革やコードバンなどと比べても、それよりも数倍もしてしまうのが普通ですから、致し方ないことかなというところではあるのですが。

     それでも、何かちょっと特別に気軽に使える感じでお財布ができないか、とFABRICさんと相談をしていて。一周年なんで、今回だけひとまず何かできれば嬉しいのです、と。

     そうして色々と検討をして、結果としてFABRICさんが用意してくだっさのが、



     エキゾチックレザーといえばのクロコダイルを表面に用いた、ラウンドファスナー財布。

     ぐっと力強い印象のあるクロコダイルは、やっぱり特別感のある皮革だなとも感じます。



     クロコダイルのラウンドファスナー、となると一般的にはもちろん、どうやっても気軽に使えるというイメージにはならないのですが。

     FABRICさんが得意ともしているちょっとした工夫にて、そこを上手いことクリアしてもらいました。

     もちろん、CIRCLEへのお祝いの気持ちもこめて、という具合ではあるのですが、嬉しい話です。



     FABRIC クロコダイル・ラウンドファスナーウォレット ¥69,000+税

     ブラックとダークブランの2色にて、それぞれ一つずつで持ってきてくれました。

     こうしてご覧いただくとわかりやすいところもありますが、クロコダイルのいわゆる「センターどり」ではありません。

     FABRICさんでは時折、クロコダイルを用いてパッチワーク的なベルトを製作されたりもするので、そういった具合でど真ん中ではなく少しずれた部分などの革を使っています。

     ある意味では、効率よく皮革を使えることになりますので、センターで取るよりも少し気軽にできる価格になります。(といっても、面積は結構使うわけですが…)



     そしてこちらがもう片面側です。こちらも見て、気軽に使えるようにした工夫がわかる方もいらっしゃるやも。詳しくは、後ほど。

     ちなみに使われているクロコダイルはシャムワニです。シャムの中でもかなり綺麗で整ったシャムだな、と感じます。

     クロコダイル革にも様々な種類がありますが、シャムワニはクロコダイルの中でも最もベーシックなワニです。多くの革小物ブランドさんで用いられるのは、シャムワニかナイルクロコです。斑の目がしっかりと強く出て、革としても強さもある。ナイルクロコはシャムワニと斑の入り方、四角い斑と丸斑のバランスなどが異なります。

     最高峰としてはイリエワニやポロサス・クロコダイルというのもありますが、そのあたりは昨今の日本のクロコダイル事情としては、そうそう気軽に愉しめる皮革では無くなってしまっていると思います。
     と言いつつ、シャムやナイルに関しても微妙な差があるくらいですので、いずれにしても本来は最高級の皮革なわけですけれど……。



      ブラックはクロコダイルの強さ、がひときわ感じられるカラーです。クロコといえばブラックという方もいらっしゃるやもしれません。

     四角い斑から丸い斑へ移り変わっていく様子が、それもまた美しいもの。

     本物のクロコダイルであるゆえの、自然な風合い。



     裏面はこのように。こちらもぐぐっと力強い風合いが感じられますね。

     やはり、四角い斑から丸い斑に移り変わる模様。

     それぞれの表情が入るので、クロコダイルの色々な面を味わっていただけると思います。



     気軽にクロコダイルを使えるように、という工夫の最大のところはここかもしれません。

     実は、表面と裏面、そしてその真ん中の部分と、クロコのカットを分けています。ぐるりと一周、という感じではなく。

     そうすることで製作上はいささか手間が増えてしまうのですが、クロコ革をやはり効率よく使用できる分、少しコストダウンが図れる、という。

     もともと、FABRICさんはエキゾチックレザーなどをパッチワークに継いだりする技術が得意なために、その継ぎが大きな手間に感じないがゆえにできることかも。



     ですので、お財布の下の方の部分に珍しくステッチが入ります。

     この一枚革にしないということはお好みが分かれそうですけれども、そういった愉しみ方も皮革の味わい方の一つ、だと思っています。

     この継ぎもまた、見栄え上として綺麗なアクセントになっているので、うまいこと作ってくれているな、というイメージ。



     クロコダイルは皮革として、とても強くてそして軽いものです。そして何よりこの斑の模様の迫力が愉しい。ぎらっと、他の皮革にはない魅力です。

     きちんと本物のクロコであるポイントは、斑の中にある小さなぽつっと見える丸い形。

     シャムもナイルも、イリエもポロサスも基本的にはこの丸があります。(斑の場所によっては勿論入っていないものもありますので、どんな部分でも必ずというわけではありません、あしからず……)



     店主個人的には、四角いいわゆる竹斑の強さも良いですが、丸斑の少し柔らかな優しい空気も好きだったりします。

     この辺りは、まさにお好みの世界、でしょうか。



     ラウンドファスナーの引き手部分も、ざっくりとクロコにしてくれています。

     ちなみに、ファスナーはYKKさんの通常のニッケルタイプです。エクセラではありませんが、信頼のYKKはやはり滑りは良好です。



     それでは、ファスナーを開けて中の具合もご覧いただいて。

     中はとってもシンプルなラウンドファスナー然としたタイプです。

     基本は牛革をメインに用いて、メインの札室からカード棚までもちろん備えています。

     カード棚の裏や、表に見えてこない部分にはナイロン生地を一部使用しています。



     カード棚はまず片面に6枚分。しっかりと、分けて収納可能です。

     そしてその奥の部分は、マチなしですが長めのフリーポケットになっていますので、領収書などの長いものや、ポイントカードなどの収納に。



     メインの札室はマチがしっかりと取られ、真ん中部分にはファスナー式のコインポケットです。

     しっかりとした広さがありますので、日常使いとしては十分な量で収納いただけると思います。



     そして、もう反対側にまたカード棚が6枚分です。もちろん、奥にはフリーポケットがやはりあります。

     ですので、都合カード棚が12段、フリーポケットが2室、メイン室が2室、ファスナー式のコインポケットが1室という具合になっています。

     とってもベーシックなつくりですが、使い勝手はその分シンプルでわかりやすくて良い。



     コインポケットも広めに開きますので、ジャラジャラっと多く小銭が来ても大丈夫です。

     コインポケット内部はナイロン生地が貼られているので、ちょっとしたコイン汚れなどが見えることがあれば、水拭きしてしまっても平気です。



     と、このようなつくりにて、FABRICさんのロゴがポンと、ごく控えめに。

     シンプルに、まずクロコダイルを気軽に使っていただくには、という感覚にちょうど良い塩梅になってくれました。



     そして、こちらがダークブラウンのバージョン。
    
     ブラックと比べると優しい雰囲気が漂い、シックでありながらもややカジュアルな趣も。

     使い込んでいくと、このダークブラウンはより色濃く変化していきます。
     (あまり色を濃くしたくない!という場合には、定期的にクロコダイル用のクリームを塗布していると、色の変化はゆっくりに抑えられます)

     こちらの面は四角い斑が多め。



     そしてもう一面もご覧いただいて。

     こっちは逆に丸斑が多くまるで異なる空気感。

     こういった二面性を愉しめるのも、独特なつくりだからこそかも。



     ダークブラウンもやはり継いでいます。

     真ん中部分は丸い斑が多めですね。



     こうして光が当たると、ダークブラウンも結構な力強さ。



     この揃った四角い雰囲気ももちろん好きです。



     でもやっぱり、四角と丸がどちらも愉しめるのが面白い。



     基本的なつくりはもちろん、ブラックと同様です。



     中の構造も同じですが、革の色とナイロン生地の色は、もちろんダークブラウンに揃えています。



     カード棚はこちらも同じように片面6段仕様。



     こちらも同じように。内側の雰囲気も少し柔らかくイメージになりますね。



     真ん中のコインポケットもしっかり開き、ファスナー部分ももちろん茶色にて。



     と、こんな風にFABRICさんらしいちょっと特殊なつくりにて、クロコダイルのラウンドファスナーが参りました。

     こちらも一周年に合わせて用意をしてくださったので、21日(祝)より店頭に並びます。

     やはりオンラインへの反映は22日以降と考えておりますので、ご了承くださいませね。

     それにしても、店内の光でもこんなにギラっと光るって、クロコダイルはやはりまた面白い皮革ですねぇ。



     CIRCLE
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      CIRCLE 青山 (09/17)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      ルボナーファン (09/17)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM