<< Workers(ワーカーズ)のシアサッカー・ナロータイについて。 | main | ル・ボナー製品の2月終わりの在庫状況について。 >>
2015.02.24 Tuesday

Haze(ヘイズ)の和蝋燭、新しい年のことについて。

0


     しばらくWorkersさんの話題が続き、1月2月となんやかやと入荷入荷とバタバタしていて、しっかりとお伝えできていなかったこと。

     1月には店頭にも足を運んでくださって、季節の変化がしっかりと出てきたこと。

     Hazeさんの作る和蝋燭は、様々な風合いとカラーを味わい、そして自然にゆらぐ和の炎を感じるもの。

     ハゼロウ100%のロウは、合成のパラフィンろうとは異なりもっと融点が低く、それでいて純粋。

     炎は不規則、けれど力強く心地よく揺らぎ、余計なススは極力出ず、柔らかい天然ロウの香りが空間を包む。

     そんな日本の風景は、これからもきっと続いて欲しいなとCIRCLEは思いつつ、今年もHazeさんはしっかりと進んでいくようで。

     色合いも加わり、価格なども改定されちょっとわかりやすくなりました。
     

     Hazeさんでは一本一本、全てを手制作にて和蝋燭を制作していきます。

     太めのイグサと和紙と綿を基にした芯材に、ざっと50度前後で溶けたハゼロウを荒がけする。ざっくりとした、和蝋燭の基盤。

     そして本がけとして今度は40度前後のハゼロウを、ゆっくりとゆっくりと塗り重ね、何層にも太くなるまで続けていく。

     さらに、太さが定まったところで、また仕上げのロウを塗り重ねる。

     最後に、熱い包丁でロウを取り除きながら芯を出し、長さなどを整える。

     こんな風に出来上がる和蝋燭は、やはり暖かいと感じています。炎が、というのももちろんですが、蝋燭そのものが。確かに手で作られた跡がわかって、確かに天然ハゼロウであろうという匂いがして。

     炎は優しく強く、揺らぎます。一般的なパラフィンよりも融点が低い分、適度に不規則にロウの燃え方は変わりながら。その流れも美しく、それでいてススはあまり出ません。リラクゼーションとしても、優れたアイテム。もちろん火は使うので、火気注意という面はありますが。

     日本ではこの和蝋燭は既に珍しいものになってしまった。キャンドルが流行ってはいても、それは西洋的な合成パラフィンが主たるところで、それはそれで雰囲気は素敵なのですけれど、和蝋燭の持つ優しさとはまた異なる気はしていて。

     そうしているうちに日本でもいつのまにか、キャンドルは当たり前だけれど、和蝋燭はまだまだ生活に溶け込むには難しいものになってしまいました。
     もはや現代では、若者がマッチで蝋燭に火をつける、なんて夢のまた夢。マッチを擦って火をつけることすら、知らない世代が多くなってきています。
     少しずつ少しずつ、Hazeさんの活動を通して、そんな和蝋燭の世界が無くなることなく続けばいいなと、CIRCLEとしては微力ではあるわけですが、展開を今年もしっかりと続けていきたいと思っています。



     現代に溶け込むように、様々な試みをHazeさんは重ねて、色合いや雰囲気も様々なバリエーションを生み出します。

     今度、新しくなったというアトリエにお邪魔したいなぁといつも思うのですが、なかなかタイミングが合わずに、出来ていないのです。それができたらまた、ブログでも製作の様子などをご覧いただければ面白いな、と思っているのですが。



     Haze 季節の和蝋燭 各種 それぞれ¥700+税

     CIRCLEとして一番好きな季節の和蝋燭。様々な色合いや表情が出てきて、毎度面白いと思っています。和蝋燭には意識的な香り付けなどはしないものですから、華やかな見栄えはまた大事だなぁと感じるのです。

     甘いハゼロウの香りを感じながら、目でもゆらぐ炎とともに色合いのコントラストがあるというのは、良いものです。

     そんな季節の和蝋燭、これまでは仕上げやカラー数によって価格が微妙に違っていたのですが、今年から全てを統一されることになりました、700円+税という具合。

     価格が統一されたのはCIRCLEとしても嬉しいことですし、しかも地味に価格を下げてくれました。「より和蝋燭を気軽に愉しんでいただくには…」と考えた末だそう。



     これまでに展開してきている独特な肌合いのものも…



     色の淡いグラデーションをきかせたものも、全て700円+税になりました。シンプルでわかりやすい。



     そして、新しいカラーバリエーションもやっぱり加わりました、今回は黄色が強いですね。

     この季節の和蝋燭のサイズで大体65分くらいの燃焼。綺麗にすぅっと燃え尽きていきます、それが和蝋燭の特徴。



     新しいカラーたちにも名前がついています。

     少し間の空いているところから左が新しい顔。

     水色と淡い茶色っぽい組み合わせの「コンタクト」。グレーと黄色の相性が良い「タイムマシーン」。薄茶から濃茶へ変わるシックさが魅力の「旅は道連れ」。

     そして黒から白へと変わりゆく、「時間軸」。最後に生成り的な白さが際立ち、ねじるような表情がつけられた「瞬間速度」。

     ずっと紹介したかったものの、なかなかできないでいました、ごめんなさい。

     店主個人的には、「旅は道連れ」と「瞬間速度」が素敵です。



     Haze value ¥3000+税

     シンプルな3本和蝋燭と小さな蝋燭立てのセットである、valueも引き続き。

     和蝋燭を初めて使う、という方に便利な組み合わせ。



     蝋燭立て ガラス燭台 ¥4400+税 陶器燭台 ¥3800+税

     別途で蝋燭立てももちろんあります。それぞれ個人作家が一つずつ作ってくれているもの。

     ガラスの透明感も面白いですし、和の空気に合う陶器は欠かせない。



     Haze ten ¥3350+税

     そして、仏壇的な小さなサイズでシンプルにぎっしり箱に詰まった、ten。

     実用、という意味ではこれが最も生活の中では実用的なのかもしれません。お仏壇にしっかり使えますから。

     それだけでなく、小さなサイズなので燃焼時間も短めですので、リラックスタイムやそっと炎の揺らぎを愉しむには、使い切りやすいサイズでもありますね。



     Haze 麻炭和蝋燭 Rasen&Delight ¥1666+税

     麻炭を練りこんだ淡いブラックの和蝋燭も引き続き。

     といっても、あるだけでひとまずは終わりなのかも。Hazeさんのショップでももう無くなっているので。

     炭を使っているだけに、燃焼しながら空気清浄的な意味合いもありそうな。(科学的根拠は分かりませんが)



     Haze Void ¥900+税

     そしてシンプルなハゼロウプレーンな雰囲気を楽しめる、Void。

     完売しておりましたが、しっかりとまた並びました。価格も微妙に今年からやはり改定されて、900円+税に。

     プレゼントとしてもシンプルで可愛く素敵なVoid。

     店主が初めてHazeさんと出会った頃は、パッケージは洗練されたものの、こういうシンプルな感じがほとんどだったようにも。変わらぬ良さがあります。



     Voidの中の蝋燭の色合いはこんな風に濃いめの生成り色といいますか、柔らかくて素敵な色味。

     和蝋燭然とした佇まいもなんだか素敵。



     こんな風に店頭でもずらっと並べてご覧いただいています。

     なかなか和蝋燭、それもきちりとハゼロウ100%のものというのも見る機会が少ないものですから、そっと日常の生活に取り入れてみていただくとまた面白いと思います。
     (100%、と謳いながらも合成パラフィンを混ぜているところもあって……とHazeさんからもよく聞く話で。なんだかなぁと微妙な心持ちになります。)

     CIRCLEではいろいろなジャンルの愉しみを、円を描くようにつなげてご案内できれば、といつも思っています。

     今年も、そんな風に進んでいきたいものです。早くも2月が過ぎようとしていますが、その想いはもちろん変わりません。



     CIRCLE
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM