<< ル・ボナーのショルダーポシェット(バッグ)、アンバランスについて。 | main | ACAMALのアーティスティックな特殊なバッグたちについて。 >>
2015.02.08 Sunday

ル・ボナーの残心シリーズ、長札入れについて。

0


     薄く軽く、最低限必要な機能を持ち、しっかりと丈夫に日常的に愉しめる革小物として、神戸はル・ボナーさんの残心シリーズ。

     出来るだけ薄く漉いた皮革を2枚圧着することで仕上げ、驚くほどに薄いながらもしっかりとした丈夫さを備えることが出来た革小物。

     これまでもCIRCLEでは名刺・カード入れ、小銭入れ、二つ折り純札入れとご用意をしてきました。

     そして影ながら実は製作を待ちに待っていた、薄型長札入れ。これが、非常にスタイリッシュでスマートな長札入れで、素敵なつくりなのです。

     高級感溢れるクリスペルカーフ、漆の光沢が美しいクロザンカク、そして水気や傷にも強いシュランケンカーフと3種類にて入荷して参りました。先月に引き続き、今月はル・ボナーさんの小物ラッシュ。これでひとまず落ち着くかな、とも。

     

     シンプルで無駄がなく、スーツの内ポケットでも綺麗に収まり、旅行の時などにも軽快に活躍する。

     そんな長札入れとして、とっても素敵な残心長札入れ。



     なんと3年ぶりほどにもなろうか、という仕上がり。久しぶりどころか、おそらく見たことのない方のほうが多いのでは、と思うくらい。

     今回は3種類の皮革を2色ずつ、6パターンでCIRCLEにも並ぶことができました。

     店主は、地味にこの長札入れを待ち望んでいました。だって、本当に薄く軽く、残心シリーズを絵に描いたような出来の札入れなのですから。



     ル・ボナー 残心長札入れ シュランケンカーフ ¥12,000+税

     まずは、残心シリーズの中でも定番的なシュランケンカーフにて、トープとバイオレット。

     見た目は、まるで封筒のようにすら感じるほど、薄く軽い。



     シュランケンカーフ独特の柔らかさが際立ち、クタクタと面白い質感。

     全体の大きさは一般的な長財布よりほんのすこし小さいかな、というサイズ感。

     裏側には、ちょこんと真ん中にルボナーさんのロゴが箔押しで光ります。



     ル・ボナー 残心長札入れ クロザンカク ¥15,000+税

     そして、漆を十数回擦り込みながら、強度と独特な光沢感が魅力のクロザンカクにて、ブラックとダークブラウン。

     ぐっとシックな趣になり、和のお財布のような印象も感じられる、風合い。



     シュランケンカーフのモデルよりもわずかにハリがあり、ややカチっと。それでも、全体的にはしなやかで柔らか。

     つぶつぶとした光沢感は次第にしっとりとした落ち着きを見せ、下地の革の色味は深く変化し、優しい光沢感が覆うようになります。

     この長札入れをぐっと大人に引き締めたような、そんなニュアンス。



     ル・ボナー 残心長札入れ クリスペルカーフ ¥15,000+税

     そして最後に、現在手に入るボックスカーフの中でも、とりわけ飛び抜けた美しさを誇る、クリスペルカーフにてブラックとダークブラウンにて。

     こちらも適度にハリ感はありますが、全体的には滑らかで心地良い。

     クロームなめしながらも、まるでバターが溶けるような、しっとりとした潤いのある光沢に育つクリスペルカーフは、とてもスタイリッシュでスマートさが光る。

     

     もっとも、ビジネス的な空気が漂うと共に、シックさも強く感じられる組み合わせだと思います。

     クリスペルカーフはスレや傷がつきやすい皮革ではありますが、綺麗に使いこなした時のラグジュアリー感、高級感は他のあらゆる皮革よりもずば抜けている。

     ラフに使うにはおすすめ致しませんが、優しく丁寧にお使い下さる方には、非常に魅力的で優れた長札入れに仕上がっていると思います。



     クリスペルカーフの、このアップで見た時の美しさはなかなかない。

     細かな水しぼ模様が大人の雰囲気を漂わせ、キラキラと輝く銀面が恐ろしく綺麗。



     それは、ダークブラウンも同様に。ブラックと比べてわずかですが色合いの変化も愉しめるカラーで、奥深いボックスカーフ。



     それでは、中の機能を見て参ります。



     非常にシンプルな長札入れですので、構造パーツは少ないです。

     表側、裏側、そして中の仕切り。それぞれ2枚の革が合わさっていますが、単純に表記してしまうと3つパーツでできている。

     でも、そのシンプルさが絶妙な使い勝手を生み出す。



     メインスペースはボディがしなやかな分、すっとラクに広く開きます。

     内貼りには、フランス・デュプイ社のソフトカーフのキャメルを、すべてのモデルで用いています。

     こちらもしっとり柔らかなので、もっちり感があって気持ち良い。



     そして、間のしきりの逆側も、同様に広いスペース。



     この構造は、どの素材でも変わりません。内装の素材も同様。



     こうして仕切りの片面は、表革を同じ革が用いられることになります。



     内装の革が同じ分、表に用いられる革によるハリやふくよかさの差が明確に感じられて、ちょっと面白い。



     ハリ感としてはクリスペルカーフ・クロザンカク・シュランケンカーフと順に、シュランケンがもっとも柔らかい感じがします。



     と、いうことでメインスペースにお札を入れてみましょう。

     メインスペースは2つあるものの、それぞれで微妙に表部分の高さが違いますので、例えば背の高い方には高額紙幣、低いほうにはその他と分けたりも。



     こちら面には、小額紙幣にしてみました。

     こんな風に分けるのも良いですが、もちろん紙幣と領収書という具合などでも良いですね。

     ちなみに、メインスペースは薄くとも実はかなり入ります。100枚くらいの束までなら、なんとか収まるような具合です。



     そしてポイントは、中の仕切り部分に設けられた、スリット式のカードポケット。

     今はわかりやすいようにわざと歪ませてますが、本来はぴんとまっすぐです。



     こちら側からももちろん同様に見えるわけです。



     そこに、こんな風にプラスチック系のカード類は収納できます。

     基本は各ポケットに1枚ずつで、計3枚。

     決して多くはありませんけれど、必要十分は入れられる。



     どちら側から差し込んでも大丈夫ですが、個人的には背の高い方のメインスペースから、差し込んだ方がしっくりきます。

     こちらで見えている側も良いのですが、表面の高さがわずかに低い分、カードの長さによってはわずかに見えそうなので。

     紙幣とカード、本当にシンプルな収納ですが、だからこその便利さ。

     スーツスタイルの際には間違いなくスマートに美しく決まりますし、店主としてはご旅行の時などがまたやはり便利だなぁと。

     国によっては小銭はともかく、紙幣を結構たくさん持ち歩かなければならないこともあるのが、海外。そんな時にざっくり入れておけて、わかりやすく管理できるこういうお財布は、重宝する。



     こんなに、薄いのです、はい。

     ふっくらと作ってはいるにも関わらず、その部分を考えても全体の厚みは4ミリもありません。



     それでも、もちろんコバ面などの仕上げはしっかりしています。



     クロザンカクバージョンは、革の特性もあってなのかなお薄く感じる。

     和服の時のさっと出す札入れとしても、きっと美しいでしょうねぇ。



     こうして横から見ると、その薄さも一目瞭然。

     一見お財布なのかどうか、目を疑うようなつくりですが、いいえしっかりと長札入れです。



     クリスペルカーフは革のハリ感などもあってか、この革のカーブする下の面もまた美しく光って。

     すっと胸元からこれが出てくると思うと、なんとも素敵。



     これよりも札入れを薄くしようとすると、それこそ収納を大きく犠牲にするくらいしかできないような。

     できる限りを削ぎ落としながらできた、実用美もある。



     こんな風に、店頭では並んでいます。

     どうしてもクリスペルカーフは傷がつきやすい皮革のため、すべての色を表には出していません。(無論、展示していて簡単に傷が入るほどではさすがにないのですが)

     他の皮革も同様にすべてを出してはいないので、どうぞお声がけくださればと思います。

     また、今回の仕上がりより、残心シリーズも一部をオンラインショップにてご覧いただけるようにいたしました。

     長札入れも、もちろん並んでおります!



     そして、色が無くなっていた分も少し仕上がった名刺入れも、店頭とオンラインショップにて揃いました!

     シュランケンカーフ、クロザンカク、クリスペルカーフがオンラインでは並びます。

     在庫などの関係ですべてではありませんけれど、ご了承くだされば嬉しいです。



     小銭入れも、品切れしていたクロザンカクと、CIRCLEではお初となりますクリスペルバージョンも!

     ちなみに、クリスペルバージョンはなぜか黒だけが仕上がったので、ダークブラウンはありません。



     そして、もちろん二つ折り純札入れもしっかりと!

     小銭入れと二つ折りも、いずれはオンラインショップに並べていきたいと思っておりますが、もうしばしお時間をいただきたく思います。在庫や、もろもろの事情にて。

     ですので、それらはご遠方のお客様には、お電話やメールにてご対応させていただきます。宜しくお願い致します。


     ……と、かなり長くなってしまった、残心シリーズのご紹介。

     新たな仲間の長札入れをはじめも、どうぞご覧いただければと思いますー。



     CIRCLE
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM