<< FABRIC(ファブリック)のクロムエクセル・マルチケースについて。 | main | ル・ボナーのショルダーポシェット(バッグ)、アンバランスについて。 >>
2015.02.06 Friday

FABRIC(ファブリック)のクロムエクセル・ラフメッシュベルトについて。

0


     先日ご紹介した、アメリカはホーウィン社のクロムエクセルレザーを用いて制作された、マルチケース。

     それを制作する前の大元で話が動いていたのは、こちらのラフメッシュベルトなわけでした。

     Circus of  Happinessのブッテーロ・メッシュベルトの独特ながら端正で、洒落感を目指したものとは異なり、いわゆる「メッシュベルト然とした、ラフでカジュアルな風合いのもの」を作ろうと話していたもの。

     こちらは、制作をしているFABRICブランドとして展開をすることになりました。様々な事情を加味して。

     こちらも特徴的な面白さを持った、メッシュベルト然としていながらも、ちょっと特殊なラフメッシュベルトです。
     

     ラフメッシュベルトという言い方が果たして良いのか分からない部分はありますが、ブッテーロ・メッシュベルトとの区別がわかりやすいように、CIRCLEとしてはそんな風に表記させていただこうと思います。

     よりカジュアルに、よりファッショナブルに、というイメージ。

     一般的なメッシュベルトのイメージは、やはりこちらのタイプなのかもしれませんが。



     革はマルチケース同様の、アメリカはホーウィン社のなめすクロムエクセルレザー。

     厚みがしっかりとありながらも、油分がしっかりと染みこんでいて、しなやかで柔らかい革。

     メッシュベルトにするには、またとっても適した革の一つ。



     素材も異なれば編み方も異なりますし、やはり雰囲気はまるで別物、当然のことですけれども。



     カラーも揃えていて4色で仕込んでいただきました。

     使いやすさもあり、カジュアルシーンでは映えてくれそうなものを選んでいます。



     FABRIC クロムエクセル・ラフメッシュベルト ブラック ¥13,000+税

     まずはブラック。しっかりとハッキリ黒いボディと、裏面のナチュラル色とのコントラストが綺麗なカラー。

     かなり引き締まった印象ですね。ブッテーロタイプのものはブラックは作っていなかったので、黒のメッシュで良い革で!と思っていた方には、また良いかも。



     FABRIC クロムエクセル・ラフメッシュベルト ネイビー ¥13,000+税

     そしてほんの少し薄く、青みを帯びてくるネイビー。

     メッシュで編み上げる分、プルアップ効果が出て色合いがわかりやすくなっているように思います。



     FABRIC クロムエクセル・ラフメッシュベルト バーガンディー ¥13,000+税

     赤みと茶色の具合が入り混じったようなバーガンディー。

     こちらはメッシュベルトのカジュアル感と非常に相性の良いカラーだと思います。



     FABRIC クロムエクセル・ラフメッシュベルト アクア ¥13,000+税

     最後に、ちょっと特殊なターコイズ的な色味である、アクア。

     ベルトもこのカラーで仕立てると、どこかポップな印象にも。使い込むとそこに濃い色合い変化が出てくるので、また雰囲気は変わっていくはず。



     せっかくなので、詳細はその特殊な色味であるアクアをベースに、見て参りましょう。



     全体の編み方は8本編みのシンプルながら、手の込んだもの。

     しっかりとした密度で編んでくれているので、メッシュの質感はかなりぐっと力強い。



     ベルトのお尻の方から編んでいくような形式。

     これも一本一本もちろん手で編みこんでいきます。



     剣先は、ちょっと尖ったような形状に。カジュアルな印象が強くなり、メッシュの編みこみの雰囲気とよく合います。



     ベルトバックルは、Circus of Happinessのものよりも四角い形。

     でもバックルそのものはカドなく丸みの感じられるものにしているので、ゴツゴツした雰囲気はしません。

     色もつや消しのニッケルにしてもらっていて、メッシュベルトの革の風合い変化に準じて、バックルのツヤ感も変化していくように。

     あ、ちなみにベルトの幅は30ミリ相当です。編みこみの関係上、はじめは31ミリくらいになりますが、使い込むうちに少しほっそりするので。



     そして、ベルトを通すループの部分。これがこのメッシュベルトのちょっと特殊なところで、このループも同じ革の編みこみになっています。

     ですので、パンツにつけてベルトを通すと、表に見える部分は全てメッシュ編みこみに見える具合で、よりカジュアル感が綺麗に出る。

     やはり、ブッテーロ・メッシュベルトとはまた方向性の異なるアプローチです。



     ベルト裏の部分にはFABRICさんのロゴにて。

     このメッシュを抑える革部分のつくりも、実は微妙に違います。



     手縫いでバックルを留めているのは同様ですが、メッシュの差し込む位置や、手縫のポイントの場所など、こちらのタイプは少しシンプルに。

     全体がカジュアルで存在感の強いメッシュ編みなので、手縫いがあまり強調されないように、控えめにしています。クドすぎてしまうのを避けたいがため。



     こちらのメッシュは、厚みをもたせた一枚革で編みこんでいるので、裏側はラフに床面がそのまま見えます。

     ふわっとちょっともふっとした床面は、やはりカジュアルな雰囲気。

     もちろんこれはこれで、メッシュベルトとしては一般的で、ファッショナブルな空気もあって良いもので。



     毛羽立ちや床面の革繊維がちょっと出てきたりはもちろんしますので、スーツにはあまり向きません。

     けれどデニムだったりチノだったり、ちょっと男らしい具合のパンツには丁度良い塩梅かも。



     長さはバックルから剣先までの全長で、120cmと結構長めに設定されています、そのワンサイズのみ。

     なので、基本的には多くの方でベルトの先が余る感じになると思います。

     その先をベルトループからだらんと垂らしてもらったり、あるいはベルトにまた絡ませて垂らしたりなど、わざと余らせてその先のダラリ感を楽しんでもらうようなベルトです。うん、その辺りもカジュアルですね(笑)。

     お時間を頂ければ根元の部分からカットして、処理を直してお渡しすることも可能です。その場合はカット代という形で1500円だけ、ちょっとかかります。すみません。基本はカットなしで垂らしていただくことを前提にしているため、そんな具合になってきます。



     と、このように店頭に並びました、もう一つのメッシュベルト。

     また異なる趣のモノとなりますので、よりカジュアルでラフに決めたい方は、こちらの風合いも素敵かなと思っています。

     オンラインショップには時間の都合もあって、ちょっとまだ反映できておりません、ごめんなさい…。

     ですので、ご遠方のお客様や店頭になかなかお足運びにくいお客様は、どうぞお電話かメールにて今時分はお問い合わせいただけると助かります。振込かクレジットメール決済にて、お送りさせていただきます。

     マルチケースと合わせて、クロムエクセルレザーの風合いをまた愉しんでいただければと思います。



     CIRCLE
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      CIRCLE 青山 (09/17)
    • ル・ボナーさんのディプロマショルダーは、やっぱり大人の魅力溢れるショルダーバッグ。
      ルボナーファン (09/17)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM