<< 石川硝子工藝舎のガラス製品の入荷と在庫について(少し、ルボナー製品の入荷について) | main | Workers(ワーカーズ)の国産のシルクニットタイについて。 >>
2015.01.21 Wednesday

ル・ボナーのポーチ・ピッコロの入荷について(シュランケンカーフ・クロザンカク)

0


     今月は、ちょこちょこと分散しながらル・ボナーさんから様々な種類の製品が届いていて、今日も届いた、お待たせしましたのポーチ・ピッコロ。

     半年ぶりくらいでしょうか、ずらっと並びました。今回の製作はシュランケンカーフ、クロザンカク、クリスペルカーフと製作されましたが、まずCIRCLEとして並んだのは扱いやすく便利なシュランケンカーフと、漆の光沢が美しいクロザンカク。

     ご予約くださっておりましたお客様には、本日ご連絡をいたしておりますが(繋がっておりません方はまた、続けてご連絡してまいります)、店頭にもしっかりと並べることができました。

     

     ポーチ・ピッコロの機能性、便利なところは是非以前のブログもご覧いただきたいところではございますが、本当に使い勝手が良く、優秀なポーチ。

     身の回りの小物をまとめるにももちろん、サブバッグ的に用いるもよし、旅行時にパスポートをはじめこまごまとしたモノを整理するにも良い。さらには、やはり冠婚葬祭のときなどには、ものすごく活躍してくれる。

     いざそういう場になると、ポーチ・ピッコロってやっぱり便利だよなぁ……なんて深く思うのです。



     その佇まい、大きさよりもしっかりと容量が入り、「これでもか!」と驚くほどにモノが整理できる。

     一家に一つ、というのもおかしな話かもしれませんけれど、そういった意味合いでも重宝するポーチ。

     ボナーさんが作ったこのパターンワークは、シンプルで製作も綺麗にできるのに、ふっくらとフォルムが作れる。なかなか、他では見ることのできない仕事かな、と感じています。



     元は柔かな牛革にシボをつけ、染料で染めた後に漆を擦り込んでいく。

     そんな風にして生まれる、まさに日本らしい皮革であるクロザンカクは、ポーチになっても面白い。

     ほどよいハリ感としなやかさがあるので、ピッコロには高相性な革。

     今回はブラック、ダークブラウン、どちらもで揃います。



     また、定番としてのシュランケンカーフバージョンは、もちろんもっちりふっくらの質感。

     水気や傷を気にせず、シーンを選ばずに使いやすいシュランケンカーフは、やはりピッコロにはうってつけの素材。

     手でもった時の馴染みも良く、今のピッコロの中心素材と言えると思います。

     こちらは、お声の多いブラック、魅惑的なバイオレット、そしてシュランケンと言えば欠かせないトープです。

     一つ、一つ、それでは見てまいりましょう!



     ル・ボナー ポーチピッコロ クロザンカク ブラック ¥44,000+税

     まずは、漆の奥深い黒を堪能できる、クロザンカクのブラック。

     ツヤツヤとした表面の光沢感は美しく、他の皮革ではまず味わえない独特の風合い。

     シックで大人の雰囲気。ぐっと引き締まった表情が特徴的です。



     この表面のつぶつぶした具合が、いかにもクロザンカク。

     漆をひいた革は使い込んでいくことで少しずつ変化をします。

     粒ののキラキラした光沢は少し落ち着きながら、素地の革部分の光沢はゆっくりと上がり、全体的にはしっとりと馴染んだ光沢に変わる。それもまた、素敵なものです。



     ハンドルの部分も、もちろんクロザンカクであしらわれます。

     手を通すもよし、単純にぶら下げるように持つもよし。



     ファスナーはもちろんエクセラファスナーをダブルにて。

     ざっくりと大きく開くようになっていますので、出し入れもしやすいはず。



     内側はブッテーロにてハリのある具合。

     クロザンカクのブラックには、ブラックのブッテーロ。

     メインスペースはどっかんと広く、中についているのは仕切りとしてのあおりポケットと、マチなしのポケット。

     最低限の構成ですが、こうすることでむしろ中に入れるモノの幅が広がり、しっかりとポーチとして便利。



     ル・ボナー ポーチピッコロ クロザンカク ダークブラウン ¥44,000+税

     そして、クロザンカクのダークブラウンももちろん。

     ほどよく赤みを帯びたブラウンは、表面の漆の色濃い具合と絶妙なコントラストを生んでいて、美しい。

     ブラックとはまた異なる面白みがありますね。



     こうしてアップで見ると、その面白さもひとしお。

     渋さもある色味なので、落ち着いた雰囲気でしっかり使って楽しんでいただけるのではと思います。



     ステッチはワイン色で入っていて、洒落感もあり。



     ほどよく、カジュアルな空気もかもし出せます。



     内装のブッテーロもワインレッドにて。

     ブッテーロのワインは決して派手な色味ではない分、しっくりと馴染んで心地良い。



     クロザンカクバージョンを手に持つと、こんな風に。

     うん、良い風合いですね。



     光の角度によって光沢の表情を変えるのも、魅惑的なところ。

     ぜひ、長く愉しんでみてほしいものです。



     ル・ボナー ポーチピッコロ シュランケンカーフ ブラック ¥35,000+税

     それでは、次にシュランケンカーフバージョンを。

     しっとりとしながら、もっちり柔らかな風合いが感じられるシュランケンカーフは、やはりピッコロによく合う。

     ブラックは中でも、場所を選ばず、様々な機会で使うことのできるオールマイティーな色味。

     冠婚葬祭ではまず、大活躍の逸品。



     今回のシュランケンカーフはなんだか手に吸い付くような感触が、いつもよりも強い気がします。

     ねっとり感があるといいますか……とにかく気持ちいい感触がしっかりします。

     それでいて、表情も細やかで素敵。良い革を使ってくださるボナーさんに感謝です。



     マットな表情のブラックは、いつでも似合う。ステッチもブラックです。



     ぎゅっと引き締まった風合いもあり、凛々しいポーチという表情もあります。柔らかさだけでは、ないのですよね。



     内装のブッテーロは、もちろんブラックです。オールブラックな空気を出すシュランケンカーフ製品は、ボナーさんでも珍しい。もしかしたら、このポーチピッコロくらいではないでしょうか。

     大概は、中を少し華やかにしたり、ステッチを華やかにしたりする。けれど、ピッコロはオールブラック。その潔さが個人的にも好きだったりします。



     ル・ボナー ポーチピッコロ シュランケンカーフ バイオレット ¥35,000+税

     次は、独特な魅力に溢れるバイオレット。派手すぎず、けれど地味になりすぎず洒落感があるカラー。

     シュランケンのバイオレットは紫の空気がしっかりとありつつも、落ち着いた魅力があるので、男女ともに使いやすい。



     バイオレットも綺麗なものです、やっぱり手に馴染む感覚が妙に心地良い。

     もしかしたら、ピッコロの作りによる感覚なのかも。



     それはもちろん、持ち手のところなども同じなので、手を通すのが愉しくもなる。



     もはや、引き手を引くだけでも、そのぷっくりした感じがまた良かったりもして。



     内装は、ブッテーロのワインレッドにて。

     ブッテーロのワインレッドはもともとややパープルがかった色合いをしている分、とってもよく馴染んでいます。



     ル・ボナー ポーチピッコロ シュランケンカーフ トープ ¥35,000+税

     シュランケンカーフの最後は、欠かせない色味であるトープ。

     ピッコロでもこのカラーはやはり定番的に使いやすい。ファッションやバッグを選ばず、少しだけ明るく華やかに日々を彩ってくれる。

     それでいて、もちろん汚れがつきにくいわけですから、ポーチとしても一安心。



     相変わらずの素敵な表情。今回のピッコロは箱を開けるたびに、「良いなぁ……うん、良いなぁ…」と頷いていました。



     ま、そうは言っても、なんだかんだといつも素敵な出来ではあるのですけれどもね。久々なのも相まって、なおさらそう感じるのやも。



     トープがファスナーテープの色もトープっぽい色味で揃っていて。

     この感じがどことなく綺麗だなと思いました。



     内装のブッテーロはチョコ色。

     トープ色は明るめなカラーではありますので、どうしても輪郭がぼやけがちになりそうなところを、しっかりと中の配色で引き締めて、程よいバランス。

     ステッチの色も内装に浮かび、綺麗ですね。



     シュランケンカーフバージョンも持ってみて、こんな風に。



     うん、やはりこの安定感も良いものですねぇ。



     漆特有の魅惑的な表情、風合いが美しいクロザンカク。



     ふっくら感ともっちりしっとり感が心地良い、シュランケンカーフ。

     いずれも、良い具合に出来上がってきたと思います。

     オンラインショップの方でも、それぞれをしっかりアップできました。

     どうぞ、店頭でもお愉しみいただけますと幸いです。



     CIRCLE
    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2019.01.24 Thursday 08:43
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズの名刺・カードケースについて。
      CIRCLE青山 (08/09)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズの名刺・カードケースについて。
      Tai (08/08)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      CIRCLE青山 (06/06)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      頑張ってくださいね! (06/06)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      CIRCLE 青山 (04/24)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      業者 (04/24)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      CIRCLE 青山 (01/10)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      M (01/07)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      masa (12/15)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM