<< FABRIC(ファブリック)のエレファント・ラウンドファスナー財布(ケース)について | main | JOIE INFNIE DESIGNの時計の新しい入荷について その4 >>
2014.12.15 Monday

Atelier comopti(アトリエコモプティ)の「究極のTシャツ」のネイビーについて

0



     CIRCLEでは、はじめは白だけが入荷し、ずっとネイビーを待ち焦がれていた、atelier comopti(アトリエ コモプティ)の製作する、「究極のTシャツ」。

     もちろん、究極と言っても人それぞれの解釈がありますので、あくまでもコモプティさんの思う究極ということにはなりますけれども、飛び抜けた肌触りと独特な光沢を帯びたTシャツは、確かにすごいクオリティのもので。

     白のMサイズだけ、という局所的な入荷だったにもかかわらず、その着心地を愉しんでくださる方のもとへ旅立ち。

     ようやく、白の他のサイズを含め、そして待ってくださっていた方もいらっしゃるであろう、ネイビーも入荷してまいりました。

     冬、ですけれど。それも関係なくやはり素敵な肌触りです!
     


     究極、という言葉を製品名につけるというのは、なかなかに勇気があるなぁと思ったりもしますけれど、それくらいの意気込みで作られた特別な生地、Tシャツは、やはり他では類をみないようなモノでした。



     こんな風に、2色しっかりと並ぶとまた、雰囲気ありますねぇ。

     外はめっきり寒いですけれど、シャツ下に着ていただくもよいですし、Tシャツはなんだかんだと一年中活躍するものなので、CIRCLEもこの時期とはいえど、ご覧いただくことに。



     白に関して、あるいはこのTシャツのこだわりについてなどは、過去のブログもご参照いただければと思いますが……。

     今回は白もS・M・Lと3サイズにてしっかりと入荷しました。

     ややタイトめな作りではありますが、基本的には一般的なTシャツサイズくらいを目安に着ていただくのが良いかなと思います。

     ゆとりをもって……という場合には、やはりワンサイズアップくらい。



     そして、ようやくお目にかかるネイビーバージョン。もちろん、こちらもS・M・Lの3サイズ。

     こうしてみると、より陰影が見えやすいからか、ネイビーの方が質感がわかりやすいやも。



     Atelier comopti 究極のTシャツ ネイビー ¥11,000+税

     基本的な素材やつくり、形などはもちろん白と同様なわけですが、せっかくなのできちんとご覧いただこうと思います。



     ぎゅっと引き締まった風合いのある具合は、相変わらずの良い感触。

     ネイビーの色合いはやや濃いめですが、しっかりと青みは感じるネイビー。

     1枚でも存在感がありますが、シャツ下などに合わせていただくにも使いやすい色だなと思います。



     無論、このTシャツの一番の特筆すべきポイントは、生地なわけで。

     アメリカの超長綿であるスーピマコットンを、糸のメッカであるスイスにて紡績し、それを和歌山のニッターさんに思い切り度を詰めて織り上げてもらったもの。

     表面はさらりとしつつも適度なコットンの油分であるヌメリが感じられる。そして、非常にぐいっと強いコシがあるにもかかわらず、非常に滑らかで柔らかい。

     これだけ繊細な糸でぐっと度をつめて織り上げられることは基本的にないので、まず感じた事のない質感です。



     そしてまた、縫製などのピッチがしっかり細かく、丁寧に。

     このあたりも綺麗に作ってくれているのが、良いところ。素材が良いだけじゃ、意味がないですものね。



     店主が個人的に好きなのは、首回りです。

     ここのつくりはコモプティさんともよく話をしますが、伸びが出づらく高級感のある仕上げが良い。



     生地を巻き込んで、二重のステッチをかけていく。

     この方式のTシャツの首が、一番伸びづらくしっかりとし、かつTシャツのアクセントにもなり、ぐっと良い雰囲気が出ると思っています。

     もちろん、リブ式のTシャツがダメなわけではありませんけれど、特にこういった無地Tシャツの場合は、この襟ぐりが優れていると感じています。



     コモプティさんのロゴは、ネイビーは白で入ります。

     ピラピラとしたタグは設けずに、プリントにしたのは着ていてストレスにならないように、という配慮。

     確かに、首元のタグは気になる方もいらっしゃるのかもしれません、チクチクする場合はなおさら。



     裾周りの処理なども美しいものです。



     スイスコットンのタグなんかも付属しています。

     でもアレですね、アメリカのピマコットンをスイスで、なのでスイスコットンと言っていいのかなんとも不思議な気分ではありますが、これはスイスでしっかりと紡績しましたよ、という確かな証。



     裾の左下部分には、白のTシャツにもついていましたけれど、ちょっとしたアクセントとしてのループがついています。

     ネイビーですと、そのループもちょっとだけ際立つ。

     ここで普段何かできるとかはありませんが、1枚で着た時も裾周りがのっぺりしすぎず、良い塩梅に見える。



     サイズは前述した通り、ややタイトめですけれど普段のTシャツサイズを参考にしていただいて。

     ぴったり気味よりもゆとりを、という場合にはワンサイズアップをしていただくとほどよい。

     ネイビーは引き締まった質感が綺麗なので、大きめよりはぴったりして着ると美しいかな、とも思いますが。

     白は、ぴったりすぎるよりもちょっとゆとりがあった方が綺麗です。



     こんな風にみると、ネイビーはやっぱり良い色味ですね。

     とっても万能な色味でありながら、地味になりすぎない。



     あ、もちろん白もネイビーもこの専用ボックスに入ってきますので、ギフトにもぴったり。(2018年追記:箱のコスト高などの兼ね合いもあり、2017年後半の製作より箱は付属しないことになりました。ご了承くださいませ。)

     箱に入ったTシャツって、ちょっと珍しいですけれどもね。



     ぜひ、この機会に今一度「究極のTシャツ」、ご覧いただければと思います。

     季節は確かに冬ですが、ものともしないくらいの質感。度が詰まってるので、普通のTシャツよりも暖かい。(いえ、とはいえ冬場に1枚は寒いですけど)

     こんな具合にて、店頭では触っていただいて、オンラインショップでもお求めいただけるようになりましたので、ご遠方の方はどうぞそちらをご覧いただければと思います。

     「冬場にTシャツをプレゼントというのも、なんか乙ですね」とコモプティさんとも話していたり。

     お愉しみくださいませ〜。



     CIRCLE

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM