<< おやすみのお知らせと、Kyoko Hondaのアクセサリーのオンラインショップ追加について | main | 神戸のル・ボナーさんにお邪魔して、色々と見てお話を。 >>
2014.11.28 Friday

改めて、Kyoko Honda Jewelryのツイストリングについて(ネックレスも少し)

0


     神戸に旅立つ前に、ようやくオンラインショップにもアップすることができた、Kyoko Honda Jewelryのアクセサリーたち。

     巷はもうすでにクリスマス的な空気がどんどん濃くなってきていますが、やはりそういう時期には綺麗なアクセサリーは欠かせませんものね。

     と、オンラインにアップしつつ、よくよくブログを振り返っていると、Kyoko Honda Jewelryの入荷や試着例などはご覧いただいていたものの、特にツイストリングそのものなどについて、細かくお伝えしていたことがなかったという……。

     シンプルでありながらも、ユニークな造形、そしてキラリとさりげなく輝くダイヤが美しいリング。

     今日は、Kyoko Hondaのツイストリングについて、そして少しネックレスについても追記を。
     

     CIRCLEにおけるアクセサリーといえば、もちろん羽のakihamaジュエリーが多くありますが、もっとシンプルに日常の中でしゃらりと愉しめる、また風合いの異なるアクセサリーとして、Kyoko Honda Jewelryのアクセサリーがあります。

     異素材をあえて組み合わせながら制作をお願いしたツイストリング、そして石の種類などをそれぞれ指定しながら制作しているバスケットネックレス。(石の意味合いなどについては、過去の記事をどうぞ!

     いずれも改めてご覧いただけると面白い季節になってきました。



     Kyoko Honda ツイストダイヤリング(シルバー×14k×ダイヤモンド) ¥23,000+税

     店頭でもサイズ違いでご覧いただいている、ツイストリング。細身のボディでありながら、独特な存在感を持つようにお願いしているもの。

     ボディには、ツイストシェイプのスターリングシルバーを使うことで、日常的に使いやすくかつ気軽にお手入れできる。そしてまた、時間の経過とともに経年変化を楽しむのも良い。

     そしてカラーを変えて14金のイエローゴールドを用いて台座をつけることで、白の輝きだけでなくラグジュアリーなきらめきもプラス。

     さらには、ジュエリーの輝きとしての最たるものでもある、ダイヤモンドをしっかりと。色はクリアのダイヤになっており、キラキラと上品に光を反射するように。

     そうして色々なニュアンスを組み合わせることで、ソロでつけてもたのしみやすく、かつ重ねつけにも相性の良いリングとして、展開しています。



     この、ネジネジとツイストしたボディは面白い雰囲気。

     フラットなリングとは異なり、シルバーの輝きにも陰影が生まれて、良い立体感を味わえる。

     指にはめるときに違和感がないくらいの凹凸なので、するりと気軽に着け外し出来ます。



     シルバー、ゴールド、ダイヤとそれぞれの異なる輝きが一つに合わさることで、小さな中にも贅沢な趣。

     また、ダイヤの周りがワントーン濃いカラーに見えることで、ダイヤの煌めきも増して感じられ、シルバーの色合いも綺麗に華やぐ。



     もちろん、スターリングシルバーのボディは、少しずつ少しずつですが、硫化することで色が変わっていきます。

     消しゴムで消したり、銀磨きなどで軽く磨くとまた元どおりの輝きに。

     ですが、色が変化していくさまも、色にも立体感が生まれて綺麗に見えるリングだったりします。



     シルバーと台座の14kはくにゅりと綺麗に合わさっています。

     台座がドカンと乗っかるわけでなく、そのまま一体化しているようにつけられいるのが、面白いところ。



     アクセサリーといえば女性が愉しむアイテムでもありますが、男性にもピンキーやペアリングなどとしても愉しんでいただけるように。

     こういうシンプルな風合いと、ちょっとしたギミックの込められたリングであれば、男性もファッショナブルにつけやすい。

     店主も幾度も経験していますが、カップルでペアリングなどをつけるときは、女性がややメンズよりのものにするか、あるいは男性がややレディスよりのものにするか、というのが難しいところ。

     きっと、丁度良い塩梅になってくれるはず。



     サイズは4サイズで展開しています。画像は大きい方から3サイズ分。

     ニューヨークの作家さんなのでサイズ基準はUS規格になるので、日本の号数に直すと大体の目安にはなるわけですが、定番的にお使いいただきやすいサイズを揃えました。

     USサイズで4・5・6・7と刻んでいます。4は日本で言うところの約7号、細めの指につける際に丁度良いくらい(もちろん、手の大きさやつける指の位置によって変わりますけれども)。

     5は日本では約9号。この辺りはサイズ的に合う方も一番多いような気がします。男性でもピンキーなどであれば、このくらいから入る人もいらっしゃるはず。(かくいう、店主は小指がやっぱり9号です)

     6で約11号。日本では9号と11号くらいが平均サイズなんて言われますが、あれって 何が基準なのでしょうね。やはり、薬指なのでしょうか。

     7で約13号なのですが、微妙に大きく13.5号というくらい。やはりUS規格を日本規格に合わせると、ほんのわずかな差異が積み重なって、時折こういう中間的な具合になります。ですが、ほぼ13号なのでそのくらいで合わせていらっしゃる方には、違和感ないはずです。(店主の薬指は、13号くらい)



     女性の基本的なサイズと、細身の男性やピンキーとしてのサイズ感が揃っているような具合です。

     大きさによって、また金とダイヤの見え方も変わってきて、面白いところ。



     シンプルながら、なかなかありそうでない特徴的なリングです。

     店主個人としてはやはり、女性はもちろんのこと男性も共に楽しんでみてもらいたい、なんて思うものですが。



     普段はこんな風に真鍮製のサイコロみたいのに飾っているので、くっついているようにも見えるのですが、これは別です、はい。



     店頭ではサイズを出しているので、気軽にはめてみていただければと思います。



     リングは、こんな風なジュエリーボックスに入れて、お渡ししています。

     本来、Kyoko Honda Jewelryとしてはボックスなどはついていないのですけれど、それではちょっと寂しいので、CIRCLEとしてこのボックス。

     本体のイメージと合わせて選んでいます。



     こんな、触り心地の良い感じの質感で。といっても、基本はしまっておくためのものなので、アレですが。

     もちろん、そこからまた紙箱に入っているので、ギフトとしてもしっかりお包み出来ます。



     Kyoko Honda バスケット14kネックレス(ブルートパーズ) ¥32,000+税

     そしてせっかくなので、バスケットネックレスについてももう少し改めて。

     こちらも、それぞれのカラーの石にてオンラインに上がりました。



     綺麗な輝きの天然石を用いて(Kyoko Hondaでは、天然石の中でもできるだけクラックや不純物が少ないものを選んで使用しています)、細い14金のワイヤーでカゴのように石を支える。

     といっても、もちろん落ちたりしないように、石自体にもワイヤーを通していますが。

     ゆらりゆらりと揺れる姿が、美しいスタイルです。



     天然石の大きさと形に合わせて、それぞれ手作業でバスケットを作っていく具合。

     石の形はやや涙型のようになった、コロンと可愛い形です。

     表面はつるんとした状態ではなく、カットが施されているので、ほどよく光を反射してくれるようになっています。



     バスケットを下から見ると、こういうような。

     ワイヤーで線路を作っているような雰囲気。



     そして、チェーンに関してもしっかりと14金にて。お手頃なアクセサリーでよくあるゴールドフィル(金メッキ)ではなく、がっしりきっちり14金。

     やはり長く使用していく際には、どんなに厚くしっかりとメッキをしても、地金そのものには及びませんもの。色合いの強度としても、輝きとしても。

     イエローゴールド系ですので、場所や季節を選ばずお楽しみいただきやすいはず。けれど、やはり繊細にしゃらりとなめらかなものを選んでいるので、「いかにも金です!」というようなケバケバ感はありません。



     そんなチェーンの留め具周りにも、同様の天然石を使ってアクセントに。

     大きなのが一つを先端に、それとリングの周りなどにビーズ状のさらに小さな石を。

     ネックレスはこのチェーン周りは意外とどのタイプも普通なことが多いですが、チラと見えた時にこういう配慮はまた、素敵。



     色によっては、結構はっきりと石がわかりますし。

     ちなみにこちらは淡く美しいグリーンのペリドット



     こちらも、ずらっと店頭にも並びますので、それぞれお好みのカラーにてお試しいただければと思います。

     Kyoko Hondaのレギュラーとしては普段は作っていない、特別なルビーバージョンもCIRCLEでは。



     上の部分も、ぜひ見てあげてくださいね。



     ネックレスは、やはりこういうようなジュエリーボックスに入ります。

     素材感はリングのボックスと近い具合。

     色がブラックとライトグレーとあり、中の石の色によって微妙に分けています。



     ルビーとシトリンはブラック、ローズクォーツ・ペリドット・ブルートパーズはライトグレーという。

     石の色が綺麗に見えるのが良いなぁと思ってそうしていますが、「いやいや、箱は黒がいいな」とかがあれば、もちろんどちらでも入れてご用意いたします。



     こんな具合でさらに紙箱に包まれますので、もちろんギフトラッピングもいたします。

     なんだか、ネックレスのこういう長いボックスは、ワクワク感がありますね。

     近日中に、クリスマス用のちょっと面白いリボンもご案内します。もう少し色があるバージョンもお選びいただけるようにするつもり。あ、でもいつもの金色に赤リボンもやっぱり素敵なので、そちらは基本的なメインではありますけれど。



     と、ちょっと店内のアクセサリー配置も色々と変えながら、12月を迎えることになりそう。

     12月はもうすぐそこ。CIRCLEとしても初めての大切な月。

     様々な愉しみをお届できるよう、頑張ってまいります。



     CIRCLE
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      CIRCLE 青山 (05/07)
    • ル・ボナーさんから久々登場の、天ファスナーブリーフについて。
      SNK (05/06)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 寒くなってまいりました。冬支度はまだまだいろいろ愉しめます。
      SO (12/15)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      CIRCLE 青山 (12/08)
    • ル・ボナーさんのデブペンケース、久しぶりにどーんと勢揃いです!!
      Kun16 (12/07)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      CIRCLE 青山 (11/24)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズのエイジング定点観測 その4
      ぎんなん (11/23)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      CIRCLE 青山 (11/20)
    • ちょっとずつ、揃えられるものを揃えて、選んで楽しくなるように。
      ryo (11/20)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM