<< ル・ボナーさんより、今回もちょっと特別な具合で残心シリーズ小銭入れの入荷です!! | main | 堀口珈琲さんのコーヒー豆、お待たせしました!! >>
2020.10.03 Saturday

ル・ボナーさんの今年もちょっと特別な、残心シリーズ・二つ折り純札入れについて。

0

     

     今日はこれが二つ目のブログとなりまして、一つ目では同じくル・ボナーさんの残心シリーズにて、小銭入れと名刺入れをご案内しておりますので、ぜひお目通しいただけたら幸いです。

     

     二つめのこちらでは、残心シリーズの二つ折り純札入れを。

     

     なかなか制作されることが少ないこともあって、昨今のコンパクト財布の需要も重なってとっても人気なこの二つ折り純札入れ。

     

     今年もちょっと特別なバージョンでの仕上がりとなりました。

     

     きっと素敵にコンパクトで軽快な残心二つ折り、お愉しみいただけると思います!

     

     

     昨年は内装にデュプイ社のデッドストック革であるアテナカーフを用いて、少しずつの種類だけで作られた残心二つ折り。

     

     今年は、なんと内装にまで贅沢にもペリンガー社のシュランケンカーフを用いて、ちょっと種類豊富に仕上げてくれました。

     

     昨年のイレギュラーに続き、今年もイレギュラーな素材使いで、かつ工房内生産。

     

     色によってはわずかなものもあったりしますが、ぜひお愉しみいただけたらと。

     

     

     まずは、二つ折り純札入れの概要を、シュランケンカーフのアポロにて。小銭でもアポロでしたが、揃いで使うのも良いよねと。

     

     大きさは二つ折りにしてはかなりコンパクトで手のひらサイズ。

     

     はじめはふっくらとしつつ、パーンと広がろうとしますが、使うとペタン!と薄くなって、かなり薄く軽い二つ折り。

     

     純札入れでここまで薄く軽いフルレザーのお財布はなかなかありませんし、物理構造的にもこれ以上薄くするにはもはや「ただの封筒」にするしかないだろうな、という最小限の構造でコンパクト。でも、実はお札はしっかり入る。

     

     

     表面はおもても裏もとってもシンプルに、革の表情を味わえるつくり。

     

     余計な飾りもないので、非常にフラットな印象に。

     

     

     開くと、中はこんな具合。

     

     一般的な二つ折りに比べると、広げた時の横の長さがまず短い。つまり、折りたたまれている時も横幅は小さい。

     

     でもこれでしっかり日本の一万円札も余裕を持って入るサイズなのです。

     

     

     スリットがついていて、ここにカードを差し込んでホールドする具合。

     

     基本は1スリットにつき1枚のプラスチックカードがおすすめです。

     

     2枚入らないこともないのですが、革が広がった時に1枚にしたりするとホールドが弱くなるので、2枚差し込みたい方は基本ずっと2枚差し込んでおく具合が良いと思います。

     

     

     こちらにも同様にスリット。

     

     

     さらにあおりっぽくなっているスリット部分を開けると、奥にもさらに1スリット。

     

     生地などは一切使わず、フルレザー。

     

     しかも今回は内装全面も全てフルシュランケンカーフなので、贅沢な上に表情が統一感あって極めて美しい。

     

     

     こういう裏も全て薄くしたシュランケンカーフをベタ貼りで圧着して貼り合わせ、強度を出しつつ薄く軽やかにしている。

     

     

     ここが札入れ部分、もちろん中までフルシュランケンカーフ。

     

     この長さで十分万札は余裕を持って、出し入れしやすいくらいで収納できます。

     

     10枚とかそんな少なくでもなく、普通に20枚以上は入れられます。

     

     

     中までフルシュランケンカーフ。正直二つ折り札入れの面積からすると、価格アップ分ではもはや革の差額をペイ出来てないと思う。

     

     でも「基本はやっぱり高くしたくないから……」と最低限の価格アップで済ませている特別バージョンです。

     

     

     はじめは革の風合いでふっくらしてますが、これが使うとぺしゃんともはやフラットに薄くなる。

     

     ポケットやバッグに入れて使っていたら、すぐ薄くなります、はい。

     

     

     縫製や革のパーツも出来る限りシンプルに、これ以上薄くはもう出来ないというくらいにしっかり薄く軽い仕上げです。

     

     でもしっかり機能的もある二つ折り純札入れ。

     

     ぜひ、お愉しみいただけたら幸いです。

     

     

     ル・ボナー 残心シリーズ 二つ折り純札入れ シュランケンカーフ(内装シュランケンカーフ)その1 ¥12,400(税込13640)

     

     まずは、シュランケンカーフでその1の3色。

     

     ブラック、アントラジス、そしてティングレー。

     

     グラデーション的な3色が気持ちいい。

     

     

     ブラックは当然、欠かせません。札入れ中までフルにブラックのシュランケンカーフ。

     

     

     アントラジスもきっと人気だろうな、と思います。

     

     シックだけれど、ちょっと軽やかさが出る。

     

     

     そしてこちらが珍しく二つ折りでは初めてかな?のティングレー。

     

     アントラジスより少し淡いグレーのこのカラーも魅力的。

     

     もちろん、全てオールシュランケンカーフ。

     

     

     ル・ボナー 残心シリーズ 二つ折り純札入れ シュランケンカーフ(内装シュランケンカーフ)その2 ¥12,400(税込13640)

     

     その2であと3色。

     

     トープにダークグリーン、そしてアポロです。

     

     やっぱりベーシックな色以外も素敵でしょ?と。

     

     

     トープはまぁ、定番の色味ですがやっぱり男女問わず人気で欠かせません。

     

     

     ダークグリーンで二つ折り純札入れは、初めてだと思う。

     

     かなり良いですね。シックで渋くて、でもしっかり緑で。

     

     

     アポロは今年色々なバッグでボナーさんも使ってくれているけれど、小物でも最高に綺麗。

     

     特に女性はこのアポロの小物、きっと似合うのではないでしょうか。(もちろん、男性でも)

     

     

     ル・ボナー 残心シリーズ 二つ折り純札入れ デンマークカーフ(内装シュランケンカーフ)その1 ¥11,000(税込12100)

     

     続いては、デンマークカーフにてマルーン。

     

     二つ折りはマルーンのみでの制作となりました。

     

     これも定番な作りとは違って特別な、内装シュランケンカーフ。

     

     

     マルーンの色味が好きです。大人な赤系。

     

     

     使い込んでいくとしっとりした艶が出てきます。

     

     

     内装部分はダークブラウンのシュランケンカーフ。

     

     これがね〜、ほんと素晴らしく似合うんですよ。

     

     最高に美しくて、妙に惚れる組み合わせ。綺麗。

     

     

     裏張りがシュランケンカーフになっているので、かなり贅沢で上品な仕上がりです。

     

     

     ル・ボナー 残心シリーズ 二つ折り純札入れ クリスペルカーフ(内装シュランケンカーフ) ¥14,000(税込15400)

     

     そしてラストがお待ちかね!なクリスペルカーフ。

     

     こちらも特別バージョンで内装がまさかの贅沢なシュランケンカーフ。

     

     それでも1000円しか価格は変えないル・ボナーさんの意地。すごいな、と思います。

     

     

     やっぱりクリスペルカーフの残心シリーズは非常に美しく最高だと思う。

     

     

     まさしく大人のための軽快なシリーズ。

     

     

     内装がシュランケンカーフのブラック。

     

     クリスペルとシュランケンの組み合わせで、とってもラグジュアリーなお財布感。

     

     

     まぁ今回限りのようなイレギュラーな工房内生産ではあるので、色々やってくれます。

     

     昨年も工房内生産でデッドストックの革を使って……でしたが、今年もまさかでやってくれました。

     

     内装シュランケンカーフはちょっと贅沢すぎるのでおそらく定番ということにはならないだろうと思いますが(だって、コスト考えると、定番として量産するにはどう考えてもほんとはもっと価格上がるはずだもの)、せっかくの仕上がりなのでぜひお愉しみいただけたら幸いです。

     

     今回、長札入れは制作されませんでした。

     

     二つ折り純札入れと小銭入れ、の残心シリーズ(名刺入れはストックにあった分でもらいました)。

     

     ぜひ、大人なコンパクト、軽快なお財布シリーズをお愉しみくださいませね。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんのバッグ、小物の在庫状況について。
      CIRCLE青山 (10/19)
    • ル・ボナーさんのバッグ、小物の在庫状況について。
      小林 (10/18)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズの名刺・カードケースについて。
      CIRCLE青山 (08/09)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズの名刺・カードケースについて。
      Tai (08/08)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      CIRCLE青山 (06/06)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      頑張ってくださいね! (06/06)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      CIRCLE 青山 (04/24)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      業者 (04/24)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      CIRCLE 青山 (01/10)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      M (01/07)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM