<< Circus of Happinessより、あと一つ、ひっそり追加のスポットのミニL字について。 | main | Workers(ワーカーズ)さんの、新しいフォルムのムーングロウトラウザーズについて。 >>
2020.09.12 Saturday

Workers(ワーカーズ)さんのシックな魅力のムーングロウジャケットについて。

0

     

     目の前でどんどん大きくなっていくブランドを見ていると、嬉しいような、もっと自分も頑張らないといかんと思うような。

     

     願わくばCIRCLEも、あと1.5〜2倍くらいの規模感までは出来たら最高なんだけどなと思いつつ。

     

     負けてられないな、と気が引き締まるこの頃です。

     

     さて本日はと言いますと、Workersさんの9月入荷が順次入荷。

     

     まずは、シックな空気感が心地よい、ムーングロウジャケット。

     

     やっぱりWorkersさんは、ジャケットです。

     

     

     Workersさんは春夏も秋冬も、いくつかずつジャケットを作ります。

     

     ワークなカバーオール的なジャケットや、ブルゾン的なジャケットもそうですが、いわゆるテーラードジャケットをしっかり作る。

     

     このご時世、だんだん「テーラードなジャケットはいらない」みたいなこともささやかれたりしますが、CIRCLE店主的には「そんなことないよね」というのが正直な気持ち。

     

     ビジネスカジュアルても、シックな装いでも今は随分カジュアル全開でも問題ないくらいラフにはなりました。

     

     でも、やっぱりテーラードジャケット的なシックな空気、大人な装いというのはなんやかんやで「そもそもカッコいい」し、TPOによっては俄然必要だよねと思うわけで。

     

     夏場のスーツ、のようなスタイルは日本に合っているとは到底思わないのでなくなっていく気がしますが、「シックなジャケットスタイル」は不滅だよね、と。

     

     

     今シーズンもラウンジジャケット、クルーザージャケットとWorkersさんは作ってくれていますが、これでテーラード的な雰囲気のあるジャケットは一段落。

     

     上品で大人な空気感を持った、ムーングロウジャケット。

     

     

     秋冬の総裏地ジャケットになってくるので、真冬にももちろん対応。

     

     ウールのタイプだけ入荷……なんて思っていたけれど、コットンの一つもちょっと雰囲気良すぎたので3バージョンでの入荷です。

     

     

     それぞれで異なる雰囲気、風合いがあって面白い。

     

     やっぱりジャケットスタイルって良いよね、と今シーズンのWorkersさんは感じさせてくれます。

     

     

     Workers ムーングロウジャケット ブラッシュソフトチノ ¥36,000(税込39600)

     

     まずは、その「あまりに雰囲気よかったから」のブラッシュソフトチノバージョン。

     

     今シーズンは起毛になったチノがかなり良い素材感。

     

     そしてこのムーングロウジャケットのチノは、なんせ色が独特で良い。

     

     

     ベージュでもなく、ブラウンでもなく。

     

     キャメルか……となるとキャメルとも断言し難い。

     

     黄色味と赤み、言うなればちょっとオレンジがかったベージュとでも言いましょうか。

     

     どことなくアメリカ的な空気の漂うこの色が、絶妙すぎる。

     

     

     軽やかだけれど、でもシックさもある。

     

     温かみがあって、柔らかい空気のあるチノ。

     

     

     総裏地のジャケットにこの色と雰囲気ががっつり似合う。

     

     

     7.2オンスほどの厚すぎず、軽快なチノ。

     

     でも表面がブラッシュ(起毛)されているので、秋冬的なしっとり感と暖かさがしっかり出ていて。

     

     そこに総裏地な分、秋のしっかりアウターとしてはもちろん、冬場のインナージャケットとしても大活躍。

     

     

     この素材感は実は、明日ご案内もいたしますがセットアップでパンツも入荷します。

     

     なのでセットアップでも最高な空気になる。

     

     あ、もちろんそれぞれジャケットとパンツとして、洒落感ある子で使えるのは間違いない前提ですが。

     

     

     ラペルは大きすぎず、スリムにシュっと。

     

     

     フラワーホールはきちんと穴が空いているタイプで。

     

     

     ラペル裏にはボタンもあるので、襟を立てて上まで閉じて着ることも出来ます。

     

     防寒、防風的な感じで着たい瞬間はお役立ち。

     

     

     ざっくり羽織りやすく、肩で着ると軽く感じるジャケット。

     

     

     左胸にはちょっとカーブしたポケットを。クラシックな印象。

     

     

     今回は前の開閉は二つボタン。

     

     よりドレッシーな空気が漂いつつ、でもバランスはやっぱりカジュアルに綺麗。

     

     

     ボタンは色に合わせて茶系のムラ感ある樹脂ボタン。

     

     

     ポケットはチェンジポケット(小銭用だった小さなポケット)もあって。

     

     

     フラップ付きでパッチではないポケットで。

     

     

     両側に大きめなポケットはしっかりです。

     

     

     この裾まわりのカーブ具合もしっかりあって、シックで良い。

     

     

     アームホールは狭すぎず、中にきちんとシャツや薄手のニットなど挟めるくらい。

     

     

     腕のパターンはカーブと前振りの感じが少し緩くなったそうな。

     

     動きやすい感じは変わらずで、スッキリした印象。

     

     

     袖先はボタンはつきますが本切羽とかではなく。

     

     袖つめなどもしやすい仕上げです。

     

     

     中はしっかり裏地付き。

     

     

     前を開けるとボディ部分の裏地が。

     

     ほどよく厚みのあるコットンで、でもごわつかない着心地良い感覚。

     

     ほんのりカーキっぽさのあるダークブラウンなコットン。

     

     やっぱり裏地しっかりあると暖かさは結構違う。

     

     

     腕の中だけは、キュプラです。

     

     ボディ部分もキュプラにも出来るわけですが、あえてのコットン。

     

     Workersさんらしい、シックだけれどやっぱりカジュアルにざくっと着やすい、がしっかり出てるなと。

     

     

     内ポケットもしっかりと。

     

     

     両側にあります。

     

     

     そしてWorkersさんネームに、サイズ表記。

     

     今回サイズは素材問わず、36と38で入荷してます。

     

     36はほんのりゆったりめなS、38はほんのりゆったりめなMといった感じです。

     

     秋冬なので中に着るシャツも少し厚手になったり、ベストやニットなども着ることもあるのを考えると、基本普段Sの方は36、Mの方は38という感覚で良いかなと思います。

     

     

     後ろ姿もこの色がやっぱりポイントです。

     

     

     なかなか、日本の普通の既製品のジャケットでありそうでない、この色。

     

     それでいて質感はしっとり柔らかいのも素敵。

     

     

     アウタージャケットとしても綺麗で、コートのインナーになった時も良い差し色になってくれる。

     

     

     それでいて色合わせは、普通のベージュと同じような感覚で合わせてちゃんと着やすい。

     

     

     一応、防シワ加工がされたコットンらしく、細かいシワがつきにくく、取れやすい。

     

     納品時の大きなたたみシワはご了承くださいね、流石に。

     

     それも取れやすいので、そういうのも嬉しい。

     

     

     なんでしょうね、アメリカ映画に出てくる感じです、この雰囲気。

     

     でもしっかり秋冬に着て綺麗に気持ちいい発色。

     

     

     ボディは締めるところはキュッと締める感じのスタイルで、体に沿ってくれる感じも気持ちいいジャケット。

     

     

     今年の秋冬はどこか、シックな良さがぐっと出てて、好きです。

     

     

     ジャケット単体でも素敵ですし、明日ご案内のパンツとセットアップでも。

     

     ちなみにパンツはこの生地バージョンだけの入荷になります。あしからず。

     

     

     Workers ムーングロウジャケット グレーヘリンボーンツイード ¥45,000(税込49500)

     

     続いては、やっぱり秋冬ものジャケットですもの、ウールは欠かせません。

     

     今シーズンのグレーヘリンボーンツイードは、肉厚感と柔らかさが気持ちいい。

     

     そしてヘリンボーンが強すぎない感じも、ぐっと渋さがあって。

     

     

     秋のアウターとして、冬のコート下として。

     

     でも、結構12月や1月くらいまでなら、中のニット等で調節すると冬アウターとしても使えますね、もちろん。

     

     

     今年は9月10月は暖かめだそうで(ラニーニャ現象のせいで)。

     

     その代わり冬は厳しく寒くなるそうなので、暖かいジャケットは嬉しいもんで。

     

     

     ラウンジジャケットのドミンクスダブルクロスウールもバリバリに暖かいですが。

     

     こちらの総裏地の良さもやっぱりあるわけで。

     

     

     9.3オンスほどのほどよい肉厚感のあるウールツイード。

     

     縮絨がかけられていて、どこかぎゅっと密な感じのあるウール感。

     

     さらには、ウール100%んわけですがそのうちの5%はカシミヤになった糸を使っていて、密度はしっかりあるのに、硬くなくしなやか。

     

     着るとなお重くなく、すっきり着られて暖かいのが素敵。

     

     

     近づくとヘリンボーン感はもちろんありますが、そこまでくきっとしすぎない今回のヘリンボーン。

     

     

     良いですね、シックに使いやすいチャコールグレー的なグレー。

     

     

     断然、秋冬では活躍する風合いとカラー。

     

     

     もちろんウールバージョンも襟を立てて着られます。

     

     

     胸ポケットのカーブは、クラシックだけれどカーブしすぎない塩梅に。

     

     

     二つボタンなのでラウンジジャケットとも明確にスタイルが違う。

     

     

     ボタンはこちらも色に合わせて樹脂ボタン。

     

     

     このチェンジポケットがあると、クラシックな空気ぐっと増しますよね。

     

     

     ポケットもパッチじゃないので、やっぱりドレッシー感。

     

     

     でもそれをカジュアルに着て綺麗に作ってくれてる、上手なバランス。

     

     

     Workersさんらしいジャケットだな、とちょっと感じてます。

     

     

     肩周りはかなり動きやすい。

     

     

     しっかり暖かいのに動きにくい硬さはないので、嬉しい。

     

     

     もちろん総裏地。

     

     

     ボディ部分の裏地はやはりコットンです。

     

     この裏地選びもかなりこだわって選ばれていて、毎シーズンちょこちょこ違って楽しい。

     

     

     腕の中はやはりキュプラです。

     

     

     うちポケットはウールジャケットでは特に必須感。

     

     

     グレーヘリンボーンもサイズは36と38での入荷です。

     

     

     後ろ姿がスタイリッシュなこのカラー。

     

     

     グレーのヘリンボーンは定番と言えば定番ですが、やっぱり良い。

     

     

     でも今シーズンのは柄が淡めな感じに見えるので、それもまた雰囲気が柔らかくて良いな、と。

     

     

     今回裾にはセンターベント等はありません。

     

     

     ほんのり縮絨がかかっているので、表面の質感も気持ちいい。

     

     縮絨かけるの好きです、はい。

     

     

     しっかり密度が上がって暖かく、表情も独特な豊かさが出る。

     

     

     カシミヤが入っていることで、密度がぎゅっとしても滑らかでしなやかなのも嬉しい部分で。

     

     特に「カシミヤ入りを探そう!!」ということではなく、色の感じ等で探していてよかったものがたまたまカシミヤ入りだった、とそんな流れ。

     

     

     とはいえやっぱり嬉しいこの質感。

     

     

     秋冬、シックに決めて行きましょう。

     

     

     Workers ムーングロウジャケット ブラウンヘリンボーンツイード ¥45,000(税込49500)

     

     そしてラストが、ヘリンボーンツイードのダークブラウンバージョン。

     

     これがまた、絶妙に素敵。

     

     ヘリンボーンと言いつつも柄はほとんど実は見えないくらいダークトーンで構成されて、シックなダークブラウンツイード感。

     

     

     これがねぇ、また綺麗なんです、実に。

     

     ブラウン系のツイードってネップ感出したり、色のムラ感を強くしたりが多い中で、これすごくシックなダークブラウン。

     

     でもよく見るとヘリンボーンの構成はされて、ブラウンの色も複雑に構成されていて。

     

     

     だからこそ生まれる、深い味のあるこの色味。

     

     良いです、かなり色良いです。

     

     

     どことなくこれはヨーロッパ感のあるダークブラウン感。

     

     

     素材そのものはグレーと同じくカシミヤが5%入っているウール。

     

     縮絨もかかっていて、良い質感。

     

     気持ち(ほんと気持ちですが)、ブラウンの方がちょっと縮絨がしっかり目かなという印象。

     

     それも色合いにほどよく似合っている。

     

     

     渋いでしょ。今シーズンはほんとWorkersさんもKUONさんも、「渋かっこいい」が最高に良いと思っている。

     

     

     大人っぽいこの渋さをカジュアルに着るのがたまらん。

     

     

     渋いけれど、決して野暮ったくはない。ここがポイントで。

     

     

     もちろんこれも上まで閉めても着られます。

     

     

     ダークブラウンは優しく暖かな空気が出る。

     

     

     縮絨の兼ね合いで、ほんのりメルトンっぽさも感じるこの表情。

     

     

     ボタンはやはりボディに合わせてムラ感あるブラウン系。

     

     

     濃いめの色合いなのでボトムスはほぼなんでもいけちゃう。

     

     

     その合わせやすさも良いポイントですね。

     

     

     ここ数年はネイビーがジャケットでも台頭しているわけですが。

     

     いやいややっぱり、ダークブラウンも良いじゃんと思わせてくれます。

     

     

     スタイルと生地が似合う時、やっぱり最高だねと言いたくなる。

     

     

     まぁ「ヘリンボーンの柄が強い方が好き」という方にはこのブラウンはおすすめしません。

     

     よく見ないとやっぱりヘリンボーン感は薄いので。

     

     でもそれが良いんです今シーズンのこの感じは。

     

     

     ウールバージョンもボタンは本切羽とかじゃないので、袖を詰めたい場合も安心です。

     

     

     もちろん総裏地。

     

     

     ボディ裏はコットン。

     

     

     袖裏はキュプラ。

     

     しっかり袖通り良いです。

     

     

     しっかり実用的で、洒落感あるムーングロウジャケット。

     

     

     ダークブラウンも36と38です。

     

     

     後ろ姿も渋いでしょ。

     

     

     イタリア人とか好きそうな、この感じ。

     

     

     ブラウン好きはどうぞお見逃しなく。

     

     

     良い生地です。楽しいだろうな、生地を色々作れるのは。

     

     

     着込んでいくと、より体に馴染んでいくツイードの良さ。

     

     

     着心地も軽やかで、かなり良いです。

     

     

     スッキリシュッとスタイリッシュに。

     

     

     でもざくっと気軽に羽織れるジャケットです。

     

     

     それぞれの素材、色柄の良さがひかる。

     

     

     Workersさんのスタイルより、ブラッシュソフトチノ。

     

     うん、この雰囲気は素敵。

     

     やっぱりどこか、アメリカ感ですね。

     

     

     じゃあグレーヘリンボーンは?と言うと、都会感。

     

     ぐっとスタイリッシュな空気が増す。

     

     

     そしてダークブラウンの優しさと渋さ。

     

     ヨーロッパですね、うん。

     

     

     3つそれぞれの風合いの楽しさがある、ムーングロウジャケット。

     

     ぜひ、秋冬シーズンにお楽しみいただけたら幸いです。

     

     もう、秋はすぐそこです。朝夜は随分涼しくなってきましたね。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズの名刺・カードケースについて。
      CIRCLE青山 (08/09)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズの名刺・カードケースについて。
      Tai (08/08)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      CIRCLE青山 (06/06)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      頑張ってくださいね! (06/06)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      CIRCLE 青山 (04/24)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      業者 (04/24)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      CIRCLE 青山 (01/10)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      M (01/07)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      masa (12/15)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM