<< テルコ雑貨店のハードカバーノートの種類について その6 | main | ル・ボナーの残心シリーズの組み合わせについて >>
2014.08.23 Saturday

ル・ボナーの残心シリーズ、二つ折り純札について

0


     ル・ボナーさんの様々な小物を紹介させて頂いておきながら、そういえば機能的な部分をほとんどご案内出来ていなかった、残心シリーズの二つ折り純札入れ。

     小銭や名刺入れは既にご案内していたものの……ちょっと間が開いてしまいましたね。

     幾つかの素材で製作される純札入れですが、薄く軽やかにコンパクトに、様々なシーンで活躍してくれる便利な純札入れです。

     

     ボナーさんの中でも、とりわけ薄くシンプルに作られ、普段使いは勿論のこと多くの使い方で愉しめる、残心シリーズ。

     小銭入れは変形の馬蹄型にて小銭をジャラっと取り出しやすく、名刺入れは出し入れのしやすいあおりポケット式でありながら、名刺が落ちない工夫がされていたり……。

     そうなると、やっぱり必要になるのはお札入れ。二つ折りタイプが現在は並んでおり、これが意外なほど便利。



     ル・ボナー 残心シリーズ・二つ折り純札入れ シュランケンカーフ ¥10,000+税
                           ブッテーロ     ¥10,000+税
                           クロザンカク    ¥11,400+税
                           クリスペルカーフ  ¥11,400+税


     店頭では立てた具合で展示をしておりますけれど、こんな風に様々な素材にて二つ折りの純札入れは製作されています。

     それぞれで表情だけでなく、お財布としての特性も素材上の関係で微妙に変わって参ります。

     見た目は既に、とってもシンプルなつくり。



     カラフルで、かつ傷や水気に強いシュランケンカーフは、5色にて展開しています。画像に映っているのは、華やか系のオレンジとジーンブルー。

     他に、ライムグリーン・トープ(グレーっぽい色味)・バイオレットとあり、それぞれでまた異なる雰囲気。

     クタっと程よく柔らかく、汚れが付きづらいシュランケンカーフは、季節問わず使える良さがあります。



     そして同じようなシボ感がありつつも、独特な光沢感とほどよい弾力感のある、クロザンカク。

     こちらは黒とチョコ色の2色の展開となっており、シックな装い。



     また、最もハリ感が強く、エイジング(経年変化)の度合いも強い、イタリアのブッテーロ。

     ブラック・チョコ・キャメル・ワインと展開があります。

     ぐっと強いコシは他の皮革達とは一線を画す風合いで、使い込んだ後の艶感が最も愉しめるものでもあります。



     最後に、シュランケンカーフと同様のタンナー・ペリンガー社による、現代ではほぼ最高峰のボックスカーフと言っても過言ではない、クリスペルカーフ。

     艶やかでしとやか、もちっと滑らかな質感は、他のボックスカーフとはまるで異なる心地よさ。

     細かな水シボ模様がついているものの、傷やスレは少し付きやすい革ですが、そういったことが気にならないほどの高級感があります。

     また、クローム鞣しのボックスカーフでありながらも、なぜかトロリとまるで溶けたバターのような、なんとも言えないしっとり感と艶が出てくるのも特徴的です。



     では、代表的な素材であるシュランケンカーフを見ながら、構造と機能性を追ってみたいと思います。

     パッと二つ折りを広げると、そこにはものすごくシンプルな切り込みが二つ。

     左側はあおりのような状態になったパーツに、右側は開いた面そのままのところに。

     この切り込みが、二つ折り純札に必須のカードポケット。出来る限り薄くコンパクトにするための、工夫の一つ。



     すっと縦向きにカードを差し込むことが出来ます。

     今は薄めのショップカードを入れていますが、もちろん硬いプラスティックカードも入ります。

     あまり強くおすすめはしていませんけれど、カードの種類によっては重ねて2枚など差し込むことも、可能です。



     切り込みに差し込んでいるわけなので、その裏側にはこんな風にカードが見えてきます。

     カード棚というよりは、本当に差し込み口のような扱いで、カードを支えるようにして収納するイメージ。



     それは、もう片方のカードポケットももちろん同様のつくりです。

     一枚の革のように見えるこの残心シリーズも、薄い二枚の革を丈夫な吟面がしっかりと表になるよう、きちりと張り合わせたもの。
     なので、切り込みでカードを差し込んでも、すぐにヘタれることはありません。



     左側のあおりのようになった部分は、めくれてその下の部分にも、同様のカードポケットが配置されています。

     ですので、都合カードポケットは3段あることになり……



     こんな風にフル装備にカードが差し込まれるようになります。



     そんなカードポケット達のある部分の裏側には、クルンと仕立てられたお札入れスペース。

     残心シリーズの二つ折りは、かなりコンパクトにサイジングされているため、「これでお札、入るの??」と疑問に思われる方も時折いらっしゃいますが……



     しっかりと日本円のサイズは収納出来るようになっています。

     1万円札も少し余裕持って入ります。1万円札は世界的にも比較的大きめなものになりますので、海外紙幣の多くも収納できるという具合です。



     試しに1万円札や他の紙幣を含めて、10枚ほど入れてみています。

     札入れはまだ余裕があって収納が可能ですが、枚数が多くなるほど二つ折りにした際に少し厚みが出るので、もちろんスタイリッシュに使うには、そこそこの枚数で収めて頂くのが良さそうです。



     10枚ほどと薄いカード数枚で、閉じてこのくらいの膨らみ。

     と言えども、実際に使用を進めていくと、革そのものが馴染んでペタっとした状態となり、綺麗に薄く折りたためるようになります。

     なのではじめの内にたくさん入れると……



     こんな風にパカっとなることもあったりします。

     これがしっとりと落ち着き、薄くなっていきます。

     はじめの段階でも、革の柔らかいものなのでポケットなどに入れる際には、ぐっとたためばもちろん小さくなります。



     特に柔らかく、馴染みの良いのはシュランケンカーフでしょうか。はじめの段階からしっかりと容量を入れて頂いても、ラクな感じがします。

     次に馴染みやすいのが、ほどよく柔らかさとコシもある、クロザンカクになろうかと思います。



     そして、革としてはとても柔らかいのですが、はじめはふくよかで、ふわっとした風合いの弾力があり、ちょっと二つ折りはやや開きぎみになる具合。
     革そのものはソフトですので馴染みは遅くはありませんので、しっかりと使って頂くと早いうちに馴染んでは参ります。

     最も固めでコシが強く、バーンとはじけたように開くのがブッテーロ。こちらも使い込んでいくと勿論革が馴染み、パタっと薄く閉まるようになるわけですが、はじめは固め。

     ただ、ブッテーロには他の皮革にはない独特の強さと、経年変化のツヤの愉しみがあるので、革の個性という具合。



     手にもって見ると大きさは綺麗にスッポリ収まる程度。

     これなら荷物を多くしたくない時、バッグが小さい時、冠婚葬祭や旅行などなど、コンパクトにしたいときはうってつけです。

     メインの財布としてだけでなく、サブのお財布としても便利です。

     海外旅行などでは、こちらに現地のお金と最低限のカードを入れて歩くと、ものすごく軽快で良かったりします。



     これだけ小さいので、ジャケットのポケットなどにもすっぽり入ります。

     画像では見えるようにわざと上だけ出していますが、実際はすぽっと総て綺麗に入ります。



     CIRCLEとして残心シリーズのやはり好きなところは、ステッチが極端に少ないこと。

     最低限だけのステッチをもって、パタパタと折り畳んだようなフォルムを作り上げています。

     このミニマルな雰囲気がとても良い。



     革の色などによって、ステッチのカラーも変わっていて、その組み合わせも綺麗だったりします。



     二つ折り純札ではステッチが入っているのは、下部の部分のみ。

     この潔さ。



     コンパクトさ、革の風合い、そして便利な機能と色々と素敵ポイントが詰まった二つ折り純札入れです。

     大容量、というような使い方は出来ませんけれど、フレキシブルに愉しめる札入れです。



     そして、この札入れは小銭入れと組み合わせて、また特殊に使って頂くことも。

     って、これはちょっと長過ぎてしまうので、また今度にでも。

     店頭ではもちろんすぐにご案内しておりますが、小銭入れ付き二つ折り財布として使うことが出来ます。

     ではまた。



     CIRCLE
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんのバッグ、小物の在庫状況について。
      CIRCLE青山 (10/19)
    • ル・ボナーさんのバッグ、小物の在庫状況について。
      小林 (10/18)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズの名刺・カードケースについて。
      CIRCLE青山 (08/09)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズの名刺・カードケースについて。
      Tai (08/08)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      CIRCLE青山 (06/06)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      頑張ってくださいね! (06/06)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      CIRCLE 青山 (04/24)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      業者 (04/24)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      CIRCLE 青山 (01/10)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      M (01/07)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM