<< KUON(クオン)さんの千鳥格子ハイランドウールニット・イージーパンツについて。 | main | KUON(クオン)さんの、アーガイル刺し子生地がベスト相性なフーデッドコートについて。 >>
2020.08.14 Friday

KUON(クオン)さんの定番プルオーバー、今シーズンの素材感はとても魅力的です。

0

     

     なかなか、ここまで出張に行けないと色々と来年どうしようかな、なんて思うわけですが。

     

     なんとか秋には出張で打ち合わせしたいものです。ふむ……。

     

     さて、本日もKUONさんの20AWは続きます。色々ですね。

     

     KUONさんの秋冬の定番となっているようなかたちの、プルオーバー。

     

     今シーズンはなんとも、素材感がこれまでともまた異なり魅力的なのです。

     

     

     プルオーバーのこのかたちは、CIRCLEでももうたくさんのシーズンで取り扱ってきたので、「もう良いかなぁ……」という風に若干思っていた20AWの展示会。

     

     でも。

     

     まぁなんと言いますか、生地感が良かったんです、このプルオーバーに対して。ばりばり使い勝手も雰囲気も良いじゃん、と。

     

     これは入荷しないわけにはいかんでしょうなぁ……という良さがあったので、今シーズンは4種類で入荷です。

     

     

     秋にはスウェット的にアウターとして。

     

     冬にはセーター的にインナーとして。

     

     このプルオーバーはそんな立ち位置だと思っておりますが。

     

     

     今回の素材は、そうやって使うのにまさにドンズバな素材感になってくれて、これは良いねと。

     

     しかも色バリエーションも豊富に揃い、素敵な色だったので全色。

     

     

     カットソーの上に、シャツの上に。

     

     コートの下に、ブルゾンの下に。

     

     今回のプルオーバーはまた、便利に着まわしやすい。

     

     

     そして色違いの3種に加えて、CIRCLE店主が偏愛的に気に入った生地でも。

     

     ぜひ、それぞれの質感をお楽しみいただけたら嬉しいものです。

     

     

     KUON タータンチェック十字刺し子織 プルオーバー ブラウン ¥29,000(税込31900)

     

     基本的なかたちは、これまでと同様にスウェット的な感覚のプルオーバー。

     

     ふわっと羽織りながら、ゆとりを持ちつつ生地感を楽しんでもらうアイテム。

     

     でも今シーズンの生地はちょっと、面白い。

     

     

     ブラウンの色合いはしっかり落ち着いた風合いで、大人っぽい色。

     

     カジュアルになりすぎない塩梅のカラーが嬉しい。

     

     

     そして色柄がとても複雑に映る。

     

     これまでのプルオーバーの中でも、織としては一番時間かかりそうな感じがする。

     

     

     また、今シーズンはほんのりだけサイズ感がコンパクトに。

     

     もちろんかぶって着るアイテムなのでタイトということはありませんが、去年のプルオーバーよりちょっと小さめに。

     

     これもCIRCLE的には少し嬉しい。

     

     

     今シーズンの刺し子織の生地は、渋く色構成したタータンチェック。

     

     タータンチェックの中にさらに、太めの黒糸で十字の刺し子をあしらって。

     

     もはや機械で織るというよりも、手織りのようなペースでしか織ることができなかったそうで。

     

     

     かなりこのタータンチェックと刺し子の塩梅が、複雑な表情に見えて相性良いんです。

     

     渋かっこいい。今年のKUONさんは、ほんとその感じ。

     

     そして今回はコットン100%ではなく、ウールが22パーセントほど入っていて、それがとても良かった。

     

     ウールが適度に入ることで、独特なザクっとした質感が生まれて、かつ保温性としても生地の厚さのわりに高くなったように思う。

     

     コットンウールの感じって「秋のアウター、冬のインナー」にバランスよくちょうど良いと感じています。

     

     だからこそ、全色入荷。

     

     

     首回りは広めに、下にシャツを来てもしっかり襟を出せる感じ。

     

     

     首元のリブはそこまでキツくしていなくて、ゆったり。

     

     スポーティーにならないようなデザインに。

     

     

     肩幅は基本ゆったり目に、ちょっと肩が落ちるくらいで着る感覚。

     

     

     身幅もふわっとしたゆとりがあります。

     

     それでも去年に比べると2cmくらいちょっと細い感じがあるので、よりフィット感ある感じかな、と。

     

     

     でも基本的には、ザクっとふわっと羽織って、この生地感の揺らぎや動き、陰影を味わってもらいたいプルオーバー。

     

     

     裾のリブも決してキュッときつい感じではなく、ゆるめに。

     

     

     裏を見ても、この生地は糸が面白い感じに走って良い雰囲気。

     

     

     今回はSサイズとMサイズでの入荷です。

     

     基本は一般的なスウェットシャツ等に比べて、Sサイズが「ゆったりS〜Mサイズ」、Mサイズが「ゆったりM〜Lサイズ」くらいな感覚で良いと思います。

     

     なのでなるべくタイトに着たいなという方はワンサイズ落としたりしても大丈夫かな、と。

     

     

     アームホールもしっかり下にカットソーやシャツが着られるくらい。

     

     

     生地のチェックの見え方が独特で面白い。

     

     

     袖リブもぎゅっときついリブではなく、柔らかく。

     

     

     後ろ姿はとってもシンプルに、生地の良さを感じてもらう具合。

     

     

     今回のはウール混じりなので、なおさらセーターっぽくも良い気がしてる。

     

     

     チェックと十字刺し子のバランスが、非常に綺麗なこの生地。

     

     

     シックに、でもカジュアルに。

     

     大人っぽさを出しつつ、ラフに楽しめます。

     

     

     茶系ですが泥染めとかではないので、洗濯等は気軽に。

     

     

     だいぶ雰囲気ある生地だと思う、これは。

     

     

     初めてのウール混じりのプルオーバー。

     

     かなり使える子です。

     

     

     KUON タータンチェック十字刺し子織 プルオーバー グレー ¥29,000(税込31900)

     

     お次は、色違いでグレーに。

     

     この発色がまた、絶妙に良いんですね。

     

     どことなくほんのりカーキっぽい感じを思わせつつの、グレー。

     

     

     間違いなく使いやすいじゃないか、というこの色合い。

     

     

     

     個人的には、インナー的に着て上にコート羽織りたい気分になる。

     

     

     もちろん、秋にすぐアウターとしても素敵ですが。

     

     

     グレーと黒でタータンチェック、そして十字の刺し子。

     

     十字の刺し子がかなり細かく入ってて、それも嬉しい。

     

     

     グレーなんですけど、ちょっとニュアンスがカーキっぽい。

     

     

     基本的なかたち、仕上げは先ほどのブラウンと同様。

     

     

     色々な角度から、色による雰囲気の違いを。

     

     

     よく「そんなに長いブログいります??」と聞かれることはあるけれど。

     

     でも、出来るだけ多くの情報あった方が、楽しいじゃないですか、と思ってしまう。

     

     

     ものの色合いや、表情だって。

     

     見る角度や光の当たり具合が変われば、見え方は絶対に違います。

     

     それならどの色柄も、それぞれ色々見ていただきたいわけで。

     

     

     そんな風に思って、色違いでも同じようなディテールのところをたくさんご覧いただきます。

     

     

     リブ部分はこの素材ではどれも黒ですが、その黒とのバランスも生地の色でそれぞれ。

     

     

     CIRCLEでは、スタイリングの写真を自分のところで出すことはほぼしません。

     

     だからこそ、モノそのものはじっくりご覧いただきたい。

     

     スタイルはブランドやメーカーさんがたが良い雰囲気で見せてくれているわけなので、それで良いと思っています。

     

     CIRCLEの役割は、たぶん別。

     

     

     KUONさんでもWorkersさんでも、そのブランドさんよりも細かく全ての色で違いを感じてもらえるように。

     

     たぶんそれがCIRCLEのやり方だなぁと思っているので。

     

     グレー、良いでしょ、大好きな色です。

     

     

     ほんのりどこかカーキっぽいニュアンスの入ったグレーって、素敵だと思っている。

     

     シャープになりすぎず、暖かなグレーで。

     

     

     タータンチェックのマス目っぽい見え方と十字刺し子が合うんですよね、実に。

     

     

     着込んでいくとなお、ウール混じりのザクっと感と、生地の熟れたクタリ感が合間って、風合いよくなるはず。

     

     

     ブラウンとグレー、落ち着いたカラーのそれぞれの良さ。

     

     

     KUON タータンチェック十字刺し子織 プルオーバー レッド ¥29,000(税込31900)

     

     そして紅一点。まさに文字通りですが、レッド。

     

     3色の中で差し色的にも使えて、かつ一番イギリスっぽさを感じさせてくれる色。

     

     今シーズン、KUONさんのテーマの中にはイギリスがどこか入っています。

     

     レジメンタルもそうですし、タータンチェックもそう。そしてこの後に出てくる生地のアーガイルも。

     

     

     タータンチェックと言えば……そりゃ赤ですがな。

     

     赤と黒のチェック、これはもう欠かせない。

     

     

     このレッドが、派手すぎないのも良いところ。

     

     しっかり赤さはあるけれど、ブラックとのバランスがほどよく、明るすぎずに落ち着いた赤として着られる。

     

     

     そういうバランスの良さって、差し色的な色を作る時には大切ですね。

     

     

     良いんですよ、この生地感。

     

     暖かさもばっちり見た目からも感じますし、かつウール入りなので実際にも。

     

     

     もちろん、厚手のニットなんかと比べると、保温性は控えめですが。

     

     でも生地の軽やかな感覚を思うと、かなり使いやすい素材感だなと。

     

     

     秋冬シーズンは、どうしても黒、ネイビー、茶、グレーが多くなりがち。

     

     そんな中にこうして良い発色がくると、それも面白い。

     

     

     赤と黒はまぁ、チェックで鉄板ですしね。

     

     

     赤好きのCIRCLE店主としては、外せません。

     

     CIRCLE店主は赤、緑、グレーをこよなく愛しているので。

     

     

     でも、そんな偏愛云々抜きにして、単純にこれは秋冬シーズンに便利な色合いだと思った。

     

     

     アウターとしても綺麗ですし、何よりインナーとして着た時の差し色感が最高では、と。

     

     

     そう、今年のこの素材感のプルオーバーは、CIRCLE的にはどちらかと言うと、冬場のミドルインナー的な方を素敵に感じて入荷しています。

     

     そうやって着た時に、特に良いんじゃないの、と。

     

     

     あ、でももちろん秋はぜひアウターとして着てくださいね。

     

     

     CIRCLEでは、このチェック素材はこのプルオーバーだけです。

     

     他にも少し展示会ではアイテムがおりましたが、このかたちへの相性がピカ1だったと思うから。

     

     

     ザクっと。軽やかに羽織って。

     

     

     上にダッフルコートだチェスターコートだ、あるいはミリタリーコートなんかも素敵だね、と。

     

     

     ブリティッシュな空気と、日本の刺し子の空気。

     

     それが良いバランスで合わさっていると思います。

     

     

     そんなわけで、今回はどの色も落とせないなぁ……と3色を色違いで入荷となりました。

     

     

     きっと、寒くなるとなお最高に映ってくれるプルオーバーたち。

     

     

     KUON アーガイル刺し子織 プルオーバー ¥27,000(税込29700)

     

     そして後一つ、これだけ素材が異なります。

     

     先ほどまでのがウール混じりとざっくり感に対し、こちらはコットン100。

     

     でもこのアーガイル調の刺し子とあいまったこの生地は、もう最高に気持ちよくて好きです。

     

     もはや、偏愛レベル。

     

     

     展示会でこの生地があった瞬間。

     

     「あ、これうち基本ほとんど入れます」と宣言したくらいに。

     

     実際、アイテムとしては1種類を除いて全て入荷します、このシリーズ。

     

     このプルオーバー、ベルテッドパンツ、フーデットコート、そしてシンプルトートバッグ。

     

     ね、偏愛ですよね。

     

     

     独特なこの柄の見え方がまず面白い。

     

     グレーに黒糸で刺し子でアーガイル。

     

     先ほどの十字刺し子と比べると、もうちょっとフラットな感じの刺し子になります。

     

     これは、織っている機械そのものが違うので。

     

     

     こっちのプルオーバーはどちらかと言えば、CIRCLEとしては秋のアウター感を強めに感じて入荷してます。

     

     もちろん冬場のインナーとしても良いわけですが。

     

     

     グレーのベース部分はダブルガーゼ。軽やかでクタっと柔らかくて、肌さわりよく。

     

     空気を適度に含むので、薄さに比べると保温性もほどほどに。

     

     そこに刺し子が加わって、良い凹凸感も生まれ。

     

     

     生地の薄さで言えば、先ほどまでのウール混じりの刺し子織よりも、少し薄くなります。

     

     そのぶん、ざっくり感というよりも、ふわっと感がより強くなる。

     

     それも生地の見た目に合っていて魅力的だね、と。

     

     

     とはいえ、基本のフォルムや仕上げは一緒です。

     

     生地違い。

     

     あ、でも縮率の違いで少しだけこっちの生地のバージョンの方が、さらにわずかにコンパクトかな、と。

     

     

     といっても、小さい!ということではなく、ゆとりがどれだけあるかの違い。

     

     いずれにしても、ふわっとゆったり着るプルオーバーには違いありません。

     

     あ、首も含めリブはグレーになります。

     

     

     なんでしょうね、この生地のクタ感が良い。

     

     

     りぶとの色のバランスも、スマートで綺麗で。

     

     

     こちらもサイズSとMで入荷してます。

     

     Sは「ゆったりS〜タイトM」くらい、Mは「ゆったりM〜タイトL」くらいという感じでしょうか。

     

     

     それぞれの異なる風合いを楽しんでもらいたい今シーズン。

     

     

     この生地はグレーのみのもともと展開なので、一色です。

     

     

     でも、かなり良い塩梅だと思う。この生地はかなり好き。

     

     

     シーズンの中で、そういう偏愛的な生地ってどうしてもあります。

     

     「あー、これで作ったもの全部欲しいわ」というような。

     

     そんな感じです。

     

     

     ともあれ、ガシっとコシのある感じが好きな方には向きません。

     

     コシ感は確実にウール入りのタータンの方が良い感じにあるので、そちらがオススメです。

     

     

     その辺りの好みは、人によって全然違いますもの。

     

     

     柄の大きさとかも、なんか程よいアーガイル。

     

     

     CIRCLE店主は、もともとアーガイル柄が正直好きじゃないんですけれど。

     

     でもこれは最高じゃん、となった。

     

     

     不思議なものですね。

     

     

     テロンと、良い意味でクタリと柔らかなプルオーバーです。

     

     

     と、4種類が揃い踏み。なかなか圧巻な。

     

     全部入れてる、なんて店舗が他にない気もしますが、でもそれぞれの良さが今回のプルオーバー、しっかり出ていたので。

     

     スタイルに合わせて、お好みの風合い、色合いで楽しんでいただけたら幸いです。

     

     よろしくお願いいたします!

     

     

     

     CIRCLE

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんのバッグ、小物の在庫状況について。
      CIRCLE青山 (10/19)
    • ル・ボナーさんのバッグ、小物の在庫状況について。
      小林 (10/18)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズの名刺・カードケースについて。
      CIRCLE青山 (08/09)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズの名刺・カードケースについて。
      Tai (08/08)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      CIRCLE青山 (06/06)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      頑張ってくださいね! (06/06)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      CIRCLE 青山 (04/24)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      業者 (04/24)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      CIRCLE 青山 (01/10)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      M (01/07)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM