<< CIRCLEの営業について急遽のご案内です。何卒お目通しくださいませ。 | main | クラタペッパーさんの黒胡椒の入荷と、数量限定の白胡椒について。 >>
2020.03.28 Saturday

ル・ボナーさんより、ご無沙汰してます!なディプロマ・トートの入荷です。

0

     

     今日の28日(土)と29日(日)はCIRCLEはコロナ云々の自粛のため、店頭案内はおやすみとなっております。

     

     CIRCLE店主は発送やブログ、オンライン更新等は行なっておりますが、その最中は店に引きこもり、それが終わると家に引きこもる感じになっております。

     

     今週末を自粛すれば大丈夫!なんて軽いことではないはずですが、ひとまずは今日と明日、月曜日は営業時間を短くという具合で今月の営業となります。(31日はもともと火曜日なので定休日です)

     

     実質、3月の残りの店頭オープンは30日(月)の数時間のみとなりますが、しっかりオンラインでお愉しみいただけるようにも動いてまいりますので、何卒ご理解のほど、またご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

     

     さて、そんな最中ではありますけれども、ご無沙汰してます!という感じに久しぶりな子の到着です。

     

     今年の前半は、ディプロマづいているボナーさん。

     

     やっぱり1年半ぶりくらいになりますが、ディプロマ・トートの入荷です!

     

     

     ディプロマ・トートはディプロマショルダーのトートバッグバージョンとして作られている、やはりシュランケンカーフをダイレクトに楽しんでいただきやすい、気軽なトート。

     

     ショルダー同様、トートも頻繁に作られるわけではないくて、この前の仕上がりは2018年の秋。

     

     そうですね、ゆうに1年半近く間が開いての今回の仕上がりとなりました!

     

     街歩きや普段使いにさっと使いやすくて便利な子。

     

     今回カラーラインナップがまた面白い具合で届いてくれました。

     

     

     左よりまさかのエッグシェル!!にトープ、そしてダークグリーン。

     

     エッグシェルはそうそう作られません。

     

     今回も強い要望があったため、ごくごく少量のみ生産となったレアな感じです。

     

     

     そしてアントラジスにネイビー。

     

     濃いめの色味と明るめの色味でバランスよく、でもどれもすっと使いやすいカラーな感じ。

     

     洋服たちにもしっかり馴染んで、春だけでなくオールシーズンでお愉しみいただけますね。

     

     

     では今回はダークグリーンをサンプルにご覧いただきつつ、ディプロマトートってどんなバッグだったけ?とご案内。

     

     全体のサイズ感は横幅が27.5cmくらい、高さがメイン部分は34cmほど、ハンドル部分が20cmほどという大きさ。

     

     これが結構絶妙で、A4はもちろんファイルでしっかり収まりつつ、でも大きすぎずすっきりして見える。

     

     

     一見容量が少ないの?というように見えつつも、実はマチ幅がしっかり10cmはあるので、地味にしっかり入れていくと収納力もそれなりにあって。

     

     日常使いにバランスの良い縦型トートになっています。

     

     

     素材はドイツはペリンガー社のシュランケンカーフ。

     

     やっぱりこの革はバッグに素敵です。水気や傷に強く、発色も良いですし、手入れもラクチン。

     

     ネックと言えばもうこのところはすっかり超高級な革という感じの革になってしまった、価格くらいなもので。

     

     それでもボナーさんは頑張って制作を続けて、できる限りリーズナブルにシュランケンカーフを楽しめるようにしてくれているな、と思っています。

     

     

     ボディ部分には縦にベルトのような具合で革があしらわれて、型崩れしにくいように。

     

     

     ふっくりと膨らんだ感じもあって、表情も豊かになる。

     

     

     そして上の方まで伸びていって、そのままハンドルに繋がっていきます。

     

     

     そしてこのハンドルが絶妙で良いよね、と思っているCIRCLE店主。

     

     ディプロマトートのハンドルの高さの20cmって、ちょうど良いんです。

     

     腕や肩掛けもできて、それでいて手持ちにしても長すぎなくて。

     

     この絶妙な長さバランスは、Circus of HappinessのMou-Toteも参考にさせてもらったくらい、やっぱり絶妙に良い。

     

     

     表はシュランケンカーフで、ふっくらした表情。

     

     

     そして裏側はあえてイタリアはワルピエ社のブッテーロをあしらって、コシ感がありつつしっかり丈夫なハンドルに。

     

     どうしてもこの細さで両面シュランケンカーフにすると、少し伸びが気になるところ。

     

     そこをしっかりブッテーロの裏にすることで、伸びにも強く強度的にもよく、かつここでエイジングも味わえるバッグになっている良さ。

     

     

     ベルト部分はこんな風に下もぐるりと回って反対側へ、と。

     

     

     このマチ幅が大事。

     

     10cmあるとだいぶ中に余裕ができつつ、でも分厚すぎないので邪魔になりにくい。

     

     

     ディプロマトートはショルダー同様、この周辺部分のパイピング的な作りが、やっぱり大変。

     

     余計に手間のかかる作りになっているのだけれど、だからこそ縁がふっくりして、全体で見たときの立体感と優雅さがしっかり出てくれる。

     

     

     こういった作りの大変さと、そして裏地をつけずにシュランケンカーフの床面と活かす作りのため、革の取り効率も極めて悪い。

     

     様々なコストかかる感じもあって、すっごく安い!みたいな価格では作れないトートバッグですが、でもこの感じで今のプライスを維持できているのは正直すごいと思っています。

     

     

     中を見ていきましょう。

     

     底の部分には芯材にシュランケンカーフで出来た底板が入ります。

     

     これは取り外しもできる仕様。

     

     

     ディプロマシリーズの特徴である、シュランケンカーフの床面。

     

     裏地をあえてつけないことで、このビロードのように心地よいシュランケンカーフの床面の心地よさを感じつつ、かつ全体では重量を軽くすることができ、さらにはシュランケンカーフ本来の革のふくよかさや質感をダイレクトに感じることが出来る。

     

     素敵な要素の多い作りだけれど、大変っちゃ大変。

     

     

     片面にはファスナーポケットを。

     

     ポケット部分はしっかりシュランケンカーフで袋になってます。

     

     

     もう片方にはフリーポケットが2つ。もちろんこちらも贅沢にしっかりシュランケンカーフでポケットを作る。

     

     

     試しに入れてみた、このボリューム感。

     

     ポーチピッコロにラウンドファスナー財布、そしてデブペンケースを2つ。

     

     でもこれでも結構ゆとりあって、細かいものはまだまだ入りますし、高さの余裕もあるので色々を詰め込める。

     

     小さそうに見えて、実は結構な収納力は備えているディプロマトートさん。

     

     

     フリーポケットの部分は、残心シリーズの純札入れとかも入るので、細々したものを入れて。

     

     

     ファスナーポケットも広いので、ミニウォレット入れたり通帳とかも余裕で。

     

     

     と、こんな具合にシンプルな雰囲気の中に、実は機能と革の楽しみをぎゅっと詰め込んでいるトート。

     

     なかなか頻繁には作られませんが、ぜひお愉しみいただけたら幸いです。

     

     

     ル・ボナー ディプロマ・トート ネイビー ¥60,000+税(税込66000)

     

     それでは今回の各色をみていきましょう。

     

     まずは、なんだかんだやっぱりこのカラーはもう、完全に革の世界では定番になりました。ネイビー。

     

     しっかり濃いめなネイビーですが、青みもほんのりちゃんと感じられますね。

     

     

     ディプロマトートでネイビーは、ぐっとスタイリッシュでシャープな印象になりますね。

     

     

     ステッチはもちろんブルーです。

     

     

     ハンドル裏のブッテーロもネイビーで。

     

     

     そしてもちろん床面が美しいのがネイビーの素敵なところでもある。

     

     

     ル・ボナー ディプロマ・トート アントラジス ¥60,000+税(税込66000)

     

     続いては、すっかりボナーさんの中でも人気色となってくれました、アントラジス。

     

     このカラー無くては今は成り立ちません、はい。

     

     ディプロマトートにも合うんです、これが。

     

     確か2018年に作られたときは、あっという間にアントラジスは消えていったような……

     

     

     ブラックでもなく、でも落ち着いたニュアンス。

     

     重すぎず軽やかさもあって、そういうバランス感が良いのかも。

     

     

     アスファルトカラーなこのグレー感がたまらない。

     

     

     ハンドル裏のブッテーロはブラック。

     

     

     床面も淡いグレーで、これもまた綺麗なんですよね。

     

     

     ル・ボナー ディプロマ・トート ダークグリーン ¥60,000+税(税込66000)

     

     そしてなんだか久々な気もしますが、ダークグリーンでも制作してくれて。

     

     ディプロマトートにダークグリーンって、個人的には似合っていて好きなんですよね。

     

     

     緑すぎず、でもきっちり緑感もある、絶妙なダークグリーン。

     

     

     ステッチも明るすぎない緑で入っていて、シックなニュアンス。

     

     

     ハンドル裏はもちろんブッテーロのグリーンです、最高。

     

     

     床面は淡めの落ち着いたグリーンになります。

     

     

     ル・ボナー ディプロマ・トート トープ ¥60,000+税(税込66000)

     

     そして、一時期よりは随分お声も落ち着いたような気もする、トープ。

     

     でもこのカラーが無いと無いで「えー、トープ無いの〜!」となるシュランケンカーフのなんやかや大事なカラー。

     

     合わせやすさ、なんでしょうねやっぱり。

     

     

     欠かせません。結局このカラーはシュランケンカーフの中心の1つ。

     

     

     ステッチの生成りの塩梅も素敵でして。

     

     

     ハンドル裏のブッテーロは、チョコで落ち着いた風合いに。

     

     

     床面はトープをそのまま淡くしたようなグレー感。

     

     

     ル・ボナー ディプロマ・トート エッグシェル ¥60,000+税(税込66000)

     

     そして最後がまさかの!!エッグシェル。

     

     エッグシェルでディプロマトートって、初めてじゃなかろうか。

     

     そうそうトートバッグ系では作られない珍しいカラーで、エッグシェルの色そのものが枚数それなりに別注しないと作れない革なので、ご覧になる機会も少ないかもしれません。

     

     

     今回は「ぜひにエッグシェルを!!」というお声もあったようで、ごく少量のみの制作。

     

     指折り数える……と数えてもあっという間に数え終わる個数です(笑)。

     

     なのでCIRCLEでは店頭分で1つだけいただいてますが、再入荷はわかりません、はい。

     

     

     クリーム色っぽい優しい発色で、こういうカラーのバッグはありそうで多くない。

     

     でもたまーにボナーさんでは作ってくれて、使ってくださっているのを見ると、かなり素敵な空気感。

     

     

     裏はチョコのブッテーロ。

     

     

     そしてエッグシェルの床面って、これがまためちゃくちゃ綺麗なんですね〜。

     

     柔肌を思わせるような、この淡い色合い。これは素敵ですね。

     

     

     と、こんな具合で5色が並びました。

     

     店頭で並べつつ、こんなときですものもちろんオンラインにも早々にアップいたしました。

     

     今の騒ぎが落ち着くころにはもう、すっと素敵に楽しんでいただけるディプロマトート。

     

     ぜひ、お愉しみいただけたら幸いです。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      CIRCLE 青山 (04/24)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      業者 (04/24)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      CIRCLE 青山 (01/10)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      M (01/07)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      masa (12/15)
    • ル・ボナーさんのタンクトート、素敵に勢揃いです!!と最後にちょっとお知らせも。
      CIRCLE 青山 (12/13)
    • ル・ボナーさんのタンクトート、素敵に勢揃いです!!と最後にちょっとお知らせも。
      KC (12/08)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      MK (05/22)
    • CIRCLE店主は父親になりました!色々考えて、CIRCLEにて生誕記念祭を行います!!
      ピヨ (05/22)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM