<< KUON(クオン)のスタイル美しき、オニベジナイロン・ベルテッドテーパードパンツについて。 | main | NEIGHBOR&CRAFTSMANが誇る美しさ、canister-Sについて。 >>
2020.02.16 Sunday

NEIGHBOR&CRAFTSMANの技術の塊、美しすぎるコマ・still(gray,gold)について。

0

     

     割とこの土日は物静かな感じがしていて、それはCIRCLEがというよりも、どことなく街全体が物静かだったように思えます。

     

     昼間に一部、少し「あ、人多いな……」という瞬間はあったけれど、夜に街を歩くと妙に静かで。

     

     そういう時もあるよなと思いつつ、良くも悪くも色々なことがある今の日本の状況だからこそ、CIRCLE店主は勝手に盛り上がっていたいなと思います。

     

     良いことがあってこその笑顔じゃなくて、笑顔でいりゃいいことあると思えたら、それが良いことの序章ですってミスチルも言ってましたからね。(ちょっと古いかもしれないけれど。)

     

     さて本日は、CIRCLEに新しい素敵なブランドが加わります。

     

     NEIGHBOR&CRAFTSMAN。

     

     やっぱりCIRCLEはこういう、金属的なすごい技術というのが、たまらなく好きです。

      

     

     先日、打ち合わせが目的にあって、CIRCLE店主普段はあまり行くことがない合同展示会にまた行ってきました。

     

     そこで出会えたNEIGHBOR&CRAFTSMANさん。数ある出展の中で(たぶん100弱は出展があったと思う)、一際素晴らしい造形に目を奪われたもので。

     

     すぐに取り扱いを打診させてもらい、まさかの社長自らがCIRCLEにお足運びくださり、嬉しいことにすぐに取り扱いスタートとなりました。

     

     

     NEIGHBOR&CRAFTSMANさんは、岐阜県は美濃にある会社さんのブランド。

     

     もともとは航空機部品など、ミリ単位どことかミクロン単位での精密さや正確さが求められるモノを制作している工場さん。

     

     精密な仕事を請け負う長きに渡る歴史の中で培った技術を駆使しながら、「人生によりそうプロダクトを目指して」と掲げ、様々なちょっとニヤっと出来るような日常のアイテムを作り上げてくれています。

     

     とにかく、驚きます。

     

     

     今回まず入荷してご案内するのは、コマ。

     

     NEIGHBOR&CRAFTSMANさんの技術を、小さな中にギュギュッと濃密に詰め込んだ、コマ。

     

     たかがコマ。おもちゃじゃないかと言う方もいらっしゃるやもしれません。

     

     されどコマ。おもちゃでありながらも、その概念を飛び越えるかのように美しく素晴らしいプロダクトです。

     

     

     全日本製造業コマ大戦、という大会があります。

     

     いわば、細かな技術を誇る様々な会社さんが、いかによく回り強いコマを作れるかを競った、いわば喧嘩コマの全日本大会。

     

     2016年度といえば良いのか、第二回と言っていたけれど、NEIGHBOR&CRAFTSMAN(シオンという会社さんですが)は優勝を果たし、日本一に。

     

     日本一のコマ職人が手がけた、美しさを追求したコマ。

     

     それが今回ご案内する、stillです。

     

     

     NEIGHBOR&CRAFTSMAN still-gray ¥9,800(税込10780)

     

     stillは2種類ありまして、まずはこちらがフラッグシップ的な存在である、gray。

     

     コマって写真取りづらいですね、うん。でも、こうして置いているだけでももはやオブジェ的に綺麗で可愛いのです。

     

     金属の塊感がどっしりとあり、とにかくフォルムが美しい。

     

     

     見た目だけではなく、もちろんめちゃくちゃ美しく、そして長く回ります。

     

     土俵の上でCIRCLE店主が不慣れに適当にすっと回しても、もはや7分近く回ります。

     

     慣れて上手に回すと9〜11分は回るそうな。最長は15分だとか。

     

     小さいけれども、ずっしりしてます。

     

     中心部分の金属は超超ジュラルミン。アルミに亜鉛、マグネシウム、銅などを混ぜた、それこそ戦闘機とかにも使われていた(今は様々な工業製品に)とにかく軽くて強い素材。

     

     強さだけでなく、綺麗に切削しているので表情もとても綺麗。

     

     

     重さの決め手となっている外周部分は、タングステンを使っていて、これがまた驚き。

     

     タングステンといえば、ダイヤモンドに次ぐほどの硬度を持ち(硬度9)、鉄よりも圧倒的に融点が高く、かつ金と同じくらいに比重がある。

     

     CIRCLE店主的にはですね、やっぱりそこは文房具業界にいた手前、高級ボールペンの替え芯のボール部分だったり(カランダッシュのゴリアット芯の先端ボールとか)、万年筆の先端につけているイリジウム合金(イリドスミン)の中にもメーカーによって微妙にタングステン入ってることあったよなぁとか、そんなイメージ。

     

     とにもかくにも、硬くてずっしりして丈夫な金属で、また美しい。

     

     

     そして回る軸部分の先端には、セラミックが用いられています。

     

     回転する時の安定性が良いそうで、もちろんしっかり硬い。

     

     コマが美しく長く回るには、中心部と周辺部に重さの異なる金属を用いて、しっかり遠心力を出しながら安定して回ることが大事らしく。

     

     まぁそれ以前に、こういう金属たちそのものがもうかっこいい。(セラミックは金属ではないけれども、やっぱり面白い)

     

     

     小さいです。直径では2cmほどのコマですが、重さはなんと19.3グラム。

     

     結構見た目以上にずっしり感がしっかりあって、まさに金属の塊感。

     

     手で回す部分にはひっかかりが良いようにまた綺麗な加工がしてあって、こんなに美しい金属の塊あるかね、という勢い。

     

     

     NEIGHBOR&CRAFTSMAN still-gold ¥7,800(税込8580)

     

     続いてもう1つの、gold。

     

     基本的な造形としてはほぼ一緒になってまいりますが、使っている素材やディテールのサイズ感などが異なります。

     

     見栄えの美しさもまた、ゴールドとシルバー系の色味のこのコントラストが素敵だったり。

     

     回る時間はこちらの方が少し短めになります。少し軽い金属を使っていたり、そこも素材の差。

     

     

     基本の中心部分が超超ジュラルミンなのは同じ。

     

     大きさもほぼ一緒です。

     

     

     この周辺に使われている金色をした金属が、grayとは異なります。

     

     grayがタングステンだったのに対し、こちらはガンメタル。

     

     いわば砲金で、銅と錫の合金になります。

     

     ガンメタルといえば、大砲や拳銃なんかに使われることが多く、名前もその由来だそうだけれども、どことなく「濃いめの鈍く光るグレー」なイメージも多いかもしれません。

     

     色としてのガンメタルという言葉ではやっぱりそうなるかなというところですが、そもそもは銅と錫の合金ゆえこういった金色っぽい金属として存在しています。

     

     これもタングステンほどではありませんが、金属の比重としては結構高くて、しっかり重みのある金属。

     

     

     そして先端部分には超硬合金。

     

     ある種セラミックに近い感覚はありますが、金属炭化物の粉末をぎゅっと焼き固めて出来る金属で。

     

     これは炭化した金属を色々混ぜで作られるそうなので、詳細は非公開。

     

     ともあれ、セラミックほどではありませんが、やはり回る時の安定性が高い金属として使われています。

     

     

     こちらのgoldは普通に回すと4〜5分くらいはすぐ回ります。

     

     上手い人になると6〜8分以上回るそうで、十分ぐぐっと長く回って美しい。

     

     

     とこの2種類でstilのそれぞれ。

     

     見栄えのお好みや金属的な好みも分かれるかもしれませんが、いずれも非常に良く出来たコマ。

     

     心くすぐられる面白いアイテムです。

     

     

     NEIGHBOR&CRAFTSMAN arena コマ用土俵 ¥9,800(税込10780)

     

     そしてコマをずっと置きながら撮影していましたが、この土台も実はNEIGHBOR&CRAFTSMANさんの傑作。

     

     コマ用の土俵です。

     

     ここにもものすごくこだわりを見せていて、もうこの土俵は土俵としての素敵さももちろんなのだけれど、そもそものプレートとして非常に美しい。

     

     

     この白い面の塊は、新軽量強化磁器で出来ていて、いわばツルっとした美しい曲面を描いた焼き物。

     

     でも通常の磁器よりもぐっと軽く、そして数倍丈夫にしたものだそうで、確かにめちゃくちゃ硬い。

     

     この上でstill(コマ)を回すと、ものすごくスムーズにそして美しく回ってくれます。

     

     

     そしてその磁器部分を包んでいるのは、アルミにシャンパンゴールド色にアルマイト加工を施したもので、これがまたかなり洒落ている。

     

     もはやこの土俵、アクセサリー置きだったり、小さなオブジェを置いたりする感じにも最高に美しい土台になっています。

     

     磁器のプレート部分は少しくぼんでいく感じになっているので、フラットな台ではありませんが、だからこそアクセサリー置いたりしても取りやすそうで。

     

     

     金属部分の美しさはもう、言わずもがなで素晴らしい。

     

     アルマイト加工はakihamaさんのチタンアクセサリーでもおなじみの、陽極酸化。

     

     しっかり分厚い色の皮膜を作ることで、腐食や汚れを防ぎ、見た目にも美しく。

     

     

     と、こんな具合でstill2種と土俵、なかなか面白いアイテムだなと感じています。

     

     おもちゃと言うには存在感がすごい、ロマンを感じさせてくれる子達。

     

     あ、でもアレですよね、回っている姿も気になるだろうな……ということで。

     

     

     まさかの、回してる動画をアップしておいたので、どうぞ。

     

     無言です。無言で回したのを撮ってます。

     

     ほとんどコマに慣れていないCIRCLE店主が回しても、これだけ回ります。

     

     上記の動画はgray。

     

     

     そしてこちらがgold。

     

     回っている姿がね、また素晴らしく美しいですからね。

     

     それぞれほんとに無言の数分間ですが、宜しければご覧ください。

     

     

     なかなか「コマが欲しい!!」となることは日常的にそう無かろうと思いますが。

     

     モノ好きな方はきっと愉しんでもらえるのではないかなぁと。

     

     CIRCLEに新しく加わるNEIGHBOR&CRAFTSMAN。

     

     どうぞ、お楽しみに。

     

     

     

     CIRCLE

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • ル・ボナーさんのバッグ、小物の在庫状況について。
      CIRCLE青山 (10/19)
    • ル・ボナーさんのバッグ、小物の在庫状況について。
      小林 (10/18)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズの名刺・カードケースについて。
      CIRCLE青山 (08/09)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズの名刺・カードケースについて。
      Tai (08/08)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      CIRCLE青山 (06/06)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      頑張ってくださいね! (06/06)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      CIRCLE 青山 (04/24)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      業者 (04/24)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      CIRCLE 青山 (01/10)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      M (01/07)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM