<< オンラインショップの送料が試験的な具合に、よりお楽しみいただきやすくなります!! | main | 20SSのアパレルたち、早々にお声くださりありがとうございます!! >>
2020.02.01 Saturday

Circus of HappinessのGUIDIシリーズのエイジング定点観測ブラックに具合と、観測は次のカラーへ。

0

     

     送料に関する試験的なものをご案内しておりますので、どうぞまだご覧になってないお客様は、昨日のこちらのブログもご参照いただけたら幸いです。

     

     2月に入りましたね。一年で一番寒い季節!!のはずですが、なんだかほっこりした良い天気のスタートで。

     

     寒い日と暖かい日が今年は交互に訪れて、そのリズムで少しずつ真冬の空気と春っぽさを繰り返して、春に近づていくのかもしれませんね。

     

     2月、みなさまをお待ちしております。CIRCLEは今月たくさんオープンしてますー。

     

     さてそんなスタートの今日は、Circus of HappinessのGUIDIシリーズのエイジング定点観測。

     

     GUIDI、すごいです。やはりこの革は独特な味わいの美しさがあります。

     

     

     Circus of Happinessの定番の革といえばドラーロとブッテーロ。

     

     スポット的にサドルプルアップを用いたり、あるいは今回また見ていただくGUIDI社のカーフを用いたりもしながら、お財布類を展開しています。

     

     それぞれでエイジングの定点観測を行なっていきながら、革の風合いや経年変化の方向性を見ていただこうということで、オープンしてからずっと続けている色々。

     

     GUIDIカーフバージョンは、量産ではなくファーストサンプルのブラックを使っていたわけですが、これがなんだかもう素敵なことになりました。

     

     量産の時の革よりもサンプルのは部位的にもちょっとアレで、革の厚みなども薄くしいていてエイジングとしては少し弱くなってしまうかなぁ……と思っていたけれど、なんのその。

     

     

     こちらが使っておおよそ7ヶ月ほどかな……というGUIDIカーフのブラック。

     

     もう、全体のしっとり感もさることながら、強さと柔らかさを備えた良い光沢感、そしてより深く黒く育ったこの姿は、あまりにも良い。

     

     今時、ここまで素敵なエイジングをしてくれる柔らかいスムース系の革って、そう多くないよねと思っています。

     

     

     もちろん、年数を過ぎていくとなお育っていくことでしょう。

     

     そして、量産でお客様へご案内している子達は、革の厚みももう少ししっかり厚めにしていたり、そもそもの革の部位や質的にもサンプルのこの時よりもだいぶ良いものを用いているので、もっともっと美しく素晴らしい仕上がりに育ってくれるはず。

     

     GUIDIさん、すごいよ……とちょっと久々に感激している。

     

     

     ではまず、ミニL字の方を新品と比べてみましょう。

     

     もちろんですが、上がエイジングしている子で下が新品。

     

     もう、すでに黒さが全然違いますもんね。

     

     

     正面から写すと、光の反射の違いがものすごい。

     

     表面がしっとりした油分の光沢で包まれるので、初めの雰囲気ともまた異なる独特な迫力が出てくれる。

     

     

     初めはしっとりとしながらも、マットな風合いです。

     

     この状態でもしっかりもちろん黒いですが、さらに育っていく具合。

     

     

     GUIDIのカーフはスムースレザーですが細かいシボ感が入っていたりもします。

     

     これはこの革独特な表情なわけですが、使っていくとこの感じはどれもよりフラットに近づいていきます。

     

     そのあたりはイタリアはバダラッシー社のミネルバ系と近いニュアンス。

     

     

     使い込んでいくと、タンニンなめしで柔らかい皮革なのでもちろん傷やちょっとした凹みはついていきます。

     

     細かなスレなどはもはやぐいぐいと撫でていると消えてしまう感じなわけですが、全体についていく傷等はむしろ迫力の奥行きある表情に。

     

     そして何より、しっとりとした光沢感が良いのです。

     

     

     ドラーロやサドルプルアップともまた異なる、独特な潤いのツヤ感。

     

     今時は柔らかい革といえばクローム鞣しの革かシープとかが多くなって、タンニン鞣しのカーフでこうして柔らかく、なおかつエイジングがぐぐっと深い革って、かなり少なくなっているように感じます。

     

     そんな中でこのGUIDIカーフの良さ。これは貴重だな……と。

     

     

     全然違いますね、しっかりエイジング。

     

     ブラックでここまでしっかりエイジングが見えてくれると、また嬉しいもので。

     

     

     こちら側の面ももちろん変化してます。

     

     しっかり素敵な光沢感。

     

     

     ミニL字、L字、マルチコインケース、ギャルソンウォレットと作っているスポットのGUIDIシリーズ。

     

     なかなかどうして、これは素晴らしいと思う。

     

     

     初めのマットな感じもこれはこれでかっこいい。

     

     

     でも使い込んでこの艶が生まれると思うと、たまらない。

     

     量産は表のGUIDIカーフの部分の厚さを、エイジングした時により綺麗になるように少し厚くしてます。

     

     また、内装のプエブロも同様でサンプルよりもちょっと厚く。

     

     なので店頭でサンプルをご覧になる場合は、どうぞそういった部分も加味してご覧くださいね。

     

     

     そして、驚きなのはギャルソンウォレットの経年変化なのです。

     

     面積がぐっと広くなる分、よりエイジングが見えやすいわけですが……これがもう。

     

     あ、もちろん上がエイジングしたもので、下が新品です。

     

     

     どん!!と上から見た比較。

     

     これ、凄くないですか。

     

     こんなに風合い豊かなに、味わいがぶわっと溢れるエイジングをしてくれるなんて。

     

     

     こちらの角度からだと、また光沢感がすごかったり。

     

     柔らかいレザーでこの存在感。素敵すぎる。

     

     

     初めはもちろんマットです。

     

     

     初めも一般的なカーフと比べると、元々しっとりした感じはあるな……と思うのですが。

     

     

     いやもう、こんなに育ってくれると。

     

     しかも、まだまだここからさらに味わい深くなっていくわけで、年単位ですと。

     

     ブラックがよりブラックに、そしてしっとり感は一層しっとりして強い光沢を帯びる。

     

     

     エイジングそのものを求めない方には、逆に全然向かない皮革です。

     

     でもエイジングが大好きな方には、きっととっても楽しい皮革。

     

     

     大した手入れはしません。

     

     手で撫でてあげたり、たまに乾拭きくらいはしてましたが。

     

     定点観測前にはもちろん綺麗に柔らかい布で磨いてあげましたけれど、特殊なことは特に何も。

     

     クリームに関しては基本的には普段いらないなぁという感じですが、コバ面であったりもし触ってカサつきを感じる部分などがあれば、少しずつ塗って磨いていただいても良いかな、というくらい。

     

     

     裏面だってね、そりゃすごいです。明らかに違いますもん。

     

     

     GUIDIのレザーは日本では正直、単価でいくとかなり高い。

     

     でも、その単価に負けないくらいの魅力がぐわっとあるよね、と強く感じた今回。

     

     

     綺麗です、素敵です、でもさらに……

     

     

     最高じゃないですか、と。

     

     触り心地もよくて、大満足なエイジング仕上がり。

     

     ブラックのエイジングの方向性、雰囲気はきっとこの感じでぐぐっと掴んでいただけたかなと思っています。

     

     なので、こちらは店頭でご覧いただくサンプルになっていくので、どうぞご覧になりたい場合はお声がけを。

     

     そんなわけで、実は先月の22日より、エイジングの定点観測をあらたに……

     

     

     ブラック以外のブラウンとナチュラルのGUIDIカーフにて始めています。

     

     まだ10日間ほどなので変化はほとんど無いかなというところですが、数ヶ月後にはブラックに負けじと素晴らしい変化をしてくれるはず。

     

     ブラウンもナチュラルも、基本は色合いはやはり深まっていって、もちろん光沢感が全体を包むようになるという方向はブラックと同様です。

     

     ブラックであの良さですから、ブラウンとナチュラルも最高になってくれる。

     

     

     ただ、CIRCLE店主はナチュラルを綺麗にエイジングさせるのが大の苦手です。

     

     なんせ、使っている時は「細かいことなんて気にしない」派なもので……。

     

     でもそれでも頑張って定点観測していきたいと思います、頑張ります……。

     

     あ、ナチュラルはミニL字、ブラウンはロングL字で観測していきます。

     

     マルチコインケースが観測に入っていないのは、マルチコインケースがお声かなり早くいただけていて、各色の在庫がちょっと薄めなのでやめておきました……ギャルソンウォレットの感じを小さくした具合なので、それでイメージを掴んでいただけたら幸いです。

     

     

     と、いうことでCircus of HappinessのGUIDIシリーズ。いかがでしょう。

     

     革はやっぱりエイジングだよね!!というお客様には、ぜひ体感していただきたいこの感じ。

     

     GUIDIカーフを上品に、そして機能的にお財布にしたいなと頑張ったアイテムたちなので、どうぞ引き続きお愉しみいただけたら幸いです。なかなかこうして多色を日本で仕入れるのが大変なので、定番にはとても出来ないゆえのスポット制作ですが、ご了承くださいね。

     

     どうぞ、よろしくお願い申し上げます!!

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズの名刺・カードケースについて。
      CIRCLE青山 (08/09)
    • Circus of Happinessのドラーロシリーズの名刺・カードケースについて。
      Tai (08/08)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      CIRCLE青山 (06/06)
    • きっと良いモノになれば良いな、とサンプルをまた修正確認して進みます。
      頑張ってくださいね! (06/06)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      CIRCLE 青山 (04/24)
    • 綿Tシャツ生地の編みについて
      業者 (04/24)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      CIRCLE 青山 (01/10)
    • CIRCLEのバッグ全般の在庫状況について。(盛りだくさん!ですがお声もたくさんいただけていて)
      M (01/07)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      CIRCLE 青山 (12/15)
    • 急遽のおやすみと、クリスマスと年末年始の配送予定と、ちょっと入荷について。
      masa (12/15)
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM